可横さんのマイページ

レビューした作品

女性可横さん

レビュー数0

ポイント数2

今年度847位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

:*:・(*´∀`*)・:*:・←こんな感じで読んでました

『いじわるしないで』のカプの周りでちょろちょろしていた柏木さんが今回の主役です。
『いじわるしないで』の雰囲気が大好きなので、スピンオフは買うしかない!!!と心に決めていましたが、本当に買って良かったです。
発売を知った日から期待しまくりで、この本への評価のハードルは高目設定だったのに、結果にやにやが止まらないという満足度!

物語は柏木さんが芹沢さんを行きつけの居酒屋に誘って一緒に飲みに行くところから始まります。
その居酒屋の店員をしている和泉君の登場のシーンで既に萌えます!
柏木さんと一緒に来た芹沢さんを見た和泉君が『…初めて連れてくる人ですね』って柏木さんに言うんですが。
なにそのの三点リーダー。最初から大好き感ダダ漏れかよッッ!!!!とまず1によによ。
その後、飲み物の注文の場面。芹沢さんの注文がビールで、柏木さんがまだ何を注文したいか言わないのに『ビールと烏龍茶すね』って。和泉君が言うんですよ。
なんなの!和泉君のかもす『柏木さんのことなら知ってます』感!!!!大好物だばか。もっと寄越しやがれですよ!!!ばっちこい!
あと。柏木さんと芹沢さんの会話を聞いて動揺する和泉君とか。とかとかとかっ!!!萌死にさせるきですかよ!!!!もう幸せですww
…って、だいぶ暑苦しく語ってるけど↑これ、始まって5、6ページぐらいの出来事なんだぜ。
吉尾アキラ先生のこと、どんだけ大好きだよ私(笑)
…ほんとに書きたい萌ポイントはいろいろありますが、嫌がられる量になると思うのでここらで自重しますね(笑)

あ、あとこれだけ。
加藤くんと芹沢さんが大好きなので、脇でちょこちょこでてきてとても嬉しかったです。
もうね。芹沢さんの『人をなぐさめ慣れてないところ』の場面で、『フォブッッΣ( ̄Д ̄)!!!!!』と、歓喜で女性に有るまじき声がでました。萌死にますよあれは。

注意点は
柏木さんの彼女が、同棲している部屋で別の男と浮気している現場を柏木さんが目撃するという描写があるので、苦手な方は血管切れそうになると思うので注意!…安心してください(?)事後です(笑)
あと、なんの因果がその彼女と偶然の再会するので、以下略です(笑)

『いじわるしないで』が大好きな方にはぜひ読んで欲しい一冊ですv
ぜひぜひ~♪

青春戦争 コミック

りべるむ 

こ、これはΣ( ̄Д ̄;

リバっているから苦手な人は気を付けて!!!

ネタバレ拒否してても、3行目ぐらいまではトップページで見られちゃうみたいなんで、普段は初っ端からネタバレはしないんですが、これは勇気をもって書きました。
リバ、苦手な子にはお薦めしませんよ~!気を付けて。

わたしは愛の有るリバかぷは大好きです!!好物なんです。
でも、このリバは根底にはたしかに愛があるんだけど、リバに至った時は愛が原動力ではなくてだね?カッとなってリバったと言いますか…。でも最終的にはお互いにわだかまりなく、むしろリバった事は正解なんです。
…説明下手には説明が難しい。結局二人は幸せなので一件落着のハピエンです。その点には文句有りません。

あと、読んでる途中に『…ん?話が飛んだよね??』ってちょっと戸惑ってしまう所がありました。

もう一つ気になるのは、背景が驚きの白さな部分がある事かなww
でもそれも、話の流れやテンポが良いのでそんなに気になりません。…たぶん。
背景が白いのは、2人の会話を際立たせたかったんだろう!と思えば、納得できる気がしないでもない!!…ハズw

↑に目をつぶっていただければ、随所に萌え所が有ります。
おもしろかったです。

古賀くんかっこいいなぁ~。

後ろ表紙には『高校生の甘酸っぱい 青春恋模様をお届けします!』と書いてありますが、『高校生の 青春もだもだ模様をお届けします!』ぐらいだと思います。

ちうしてるけど『恋!』と言うほどズバーンと明確な感じで押していく物語ではなくて、可愛いものきらきらしたもの好きの男子(佐々野くん)が同じ学校のイケメン(古賀くん)をこっそり眺めるのが楽しみだっただけなのに、ひょんなきっかけから徐々に近づいていき、友達未満&恋未満だった二人の関係が変わっていく…。って感じでしょうか。

要所要所で可愛いんですけど、ぎりぎり萌?って感じでした。ぬ~ん。
ささのんが引き過ぎているのがちょっと気になったからかなぁ。そんなに遠慮せんでもよいと思うよ?って感じで。
対する古賀は高校生らしい不器用さもありながら、『かっこよさ』が有りました。

う~ん。もうちょっと。
ほんともうちょっとどうにかならなかったのかしら。
何だろう。わたしからすると、佐々野くんの感情が『好き』と言うよりは、かっこいいへの憧れ止まりな感じがして萌きれなかったのかしら。
そして、佐々野君のメガネがどうしてこの形なの!?って所が、さらに、ぬーん…。てさせられるのです。うぬぬ。

しかし。
メインカプ(?)よりも、杉山と日比谷の方に激萌しました。
たぶん杉山と日比谷は見守っている友人ポジでカプじゃないのに…。
う~ん…。

…ところで。

佐々野くんのお姉ちゃんは魔性なのか?ww

佐々野君がバーガー屋でアルバイトを始めた理由についての4コマ漫画です。
接客苦手そうなのになんでなのかなーと聞いてくる古賀くん。
店長が姉ちゃんの元彼で、バイトするならためしにどう?って声かけてくれた。と答える佐々野くん。
親切な人なんだね…。と古賀君が言っている所に、佐々野くんが、うん。なくした信用を取り戻すためにもがんばっているらしいよ。と。
古賀と一緒に来ていた日比谷とが、親…切…?と戦慄するなか、我が道を行く杉山がポテトを注文する。
四コマの上には古賀がバーガー屋の衣装を着ているサービスショットがあります。

四コマ漫画、佐々野君の姉と店長の間に何があったのか!?
ってか姉への未練あり過ぎだろう、店長www

なんですかあなた様はッッ!!!

ちくび神であらせられますかッ!!!ヽ(´∀`*)ノ
↑って、左京先生に言いたいwww

それくらい衝撃的です。
表紙から最後まで。まるっとぬかりなく『ちくび』がいい仕事をしてるジーンww
遠くからでも、小さいコマでも、いついかなる体勢でも!!陥没の時は陥没ちくびってるのが分かるし、逆に陥没じゃない時も遠目からだって状態が分かる!!本当に圧巻のちくび描写!感動すら覚えます!←めっちゃ笑ったけどww
小っちゃい絵なのに、ジーンのちくびがいまどんな状態かが一目で分かるだなんて、さすがです。『プロって!プロってこういう事ッッ!!』って思いました。←笑いましたけどね!(しつこい)

物語は『愛し方』と同じ時系列で高見沢・ユージン視点で何が起こっていたか版。
タイトルは『不機嫌彼氏のなだめ方』…
確かに高見沢は不機嫌。そしてユージンも機嫌よくはない。確かに。確かに…。
でも、誰もどっちもなだめてないYO!!!左京先生もツイッタで言っていたけど、ホントになだめてないwww

冷静に考えると、最初から両想いの2人なので、ぼんやり『これって仲違いプレイじゃないのかな~~~』と思ってみたり。ユージン泣いてたし、高見沢ちょっと怒った風だけど。やっぱり最後のらぶらぶぶりを見るとプレイ感が否めないwww

ハピエン厨なので、酷くならないこの手の話は大好物です。
33歳が泣いたり拗ねたりヤツ当たりしたり、姫抱っこされるのが大丈夫であれば、どうぞ。
そんぶんにちくびってくださいwww
++++++++++++++++++++++++++++++++++
↑『ぞんぶんに』です。
寝ぼけて書いたら誤字ってしまいました////(6月5日追記)

たった2ページなのに大満足!!

『百目鬼、サウナに行く。』←って、なにこのタイトル、なごむw

本編で矢代に練習して出直して来いって言われた後。ホントに上野のサウナへ行ってきたけど、『で、どうなんだ!?』 …って話。
2ページという短さなのに、三角も天羽も、竜崎も、七原も杉本も。もちろん矢代も百目鬼も!それぞれの個性とかがはっきり出てて面白いです。

ページの都合上削られた話を、おまけペーパーの2ページ漫画用に仕立ててくれたのかな?って感じの雰囲気です。この話が本編から削られずに本編に組み込まれてたら、どんな風だったんだろう??と思わずにいられません。

…ああ。
ふつうに発展サウナから出てきてしまう百目鬼、かわいいwww

神です。…神だけれどもッ!

ヘヴィっす。
この本はしばらく間を開けないと読み返したくない!←神評価しといてこれ!!そんな感じの本なんですww

3巻はドスンとした筋がばちこーん!と通ったお話です。でもそれだけじゃなくて小ネタもコミカルな会話も可愛い(?)所も『わお!』な所もあって、最初から最後までまるっとすべてが面白いです。
でもでも、ずっと漂ってる緊張感がね!胃のあたりをチリチリさせてくれます。ちょいちょいあるコミカルなやり取り無かったらきっと読むの無理(;_:)だった。本気で。
だからでしょうか。今回、『痛いとこおしていい?』とかじみにひどい事言うけど、久我が癒しだった。あと杉本も癒し係り。
そして矢代が要所要所で可愛い。←…可愛いよね?あれは、可愛いって表現でいいんだよね??

あとは百目鬼との仲も進展はしてませんが変化している気がします。
矢代がムラっとして右腕動かないから左手でする時に『やっぱ左手じゃ…』って思う所があるんですが。(ノ´∀`*)あらぁ。矢代の左手は奥手(上手じゃない)なのね?←って思ってすいません。
でも、重症の矢代と百目鬼のからみ(?)には、『(;_;)それ痛そうだから、治ってからッッ!!!(思う存分)ね!?』って思いましたよ?
ほんといたいのは心配になるので、早く回復して欲しい。
3巻読んですぐになんなんですが、今後の展開がめちゃくちゃ気になります。はやく次号をください!!って気持ちでいっぱい。

そして。竜崎けっこう好きだし、七原も嫌いじゃない。バカでひどいとこもあるけど、情があるところが良いですよね。なので、どうか無事に!!と思わずにいられない。
竜崎の唯一の救いは、矢代が感づいているって事なんだろうなぁ。でも、「だから狙われるんだよ矢代!」って感じ。
視野広いし、三角の信頼あるし、金作るの上手だし。オンナだったし。←そんなのが、会長の代理までやっちゃう三角の近辺うろつくの、目障りなんだろうな。って想像。
…ああ。この先の展開をちょっと妄想しただけでも、次回も相当バッキバキになりそうな気がして気が重い。でも早く読みたい。←なにこのジレンマ!!!

ああ。
三角さんお願いしますよ(;_:)どうかひとつ!!

伊介、可愛すぎか!

題名からしてかわいい。
『内緒の猫耳パーカ』ですって。

梅雨時の肌寒い日。
部屋干し中で上着のない伊介に廣乃がパーカを貸してあげる話なんですが、廣乃の洋服派手だからなぁ~って躊躇している伊介に、廣乃が真っ黒のパーカですよってパーカ着せるのですが、実はそれが猫耳のパーカ。
開人も廣乃も伊介の猫耳パーカ姿絶賛してます。ほんと伊介可愛すぎ。
普段男前だから忘れてたけど、伊介、かわいいよ、伊介っ!!

…余談ではありますが。
今までの描き下ろしペーパーって、輪転機で作ったの!?みたいな雑いコピーってイメージだったんですが、さすがのKADOKAWAサマ。なんか良い紙で、黄緑と濃い緑の二色刷り?(←詳しくないので言い方違うかも)で『おお~。プレミア~↑ フルールコミック力入ってるゥ~』とテンションあがりましたww
『ペーパー付けりゃいいんだろ?』みたいなやっつけ感なくて嬉しかったです。

陽だまりのような物語です(*´∀`*)

やっぱり今回も、もえもえきゅんきゅんです♪
そしてそして、開人ぜってーモテる人だ感がまたしても炸裂してます。
だって、優しくて包容力あって、相手が嫌がらないぐらいのちょっとした強引さもあるし!開人の人生モテモテ人生だったんだろうなぁ…。って妄想が繰り広がります

さて。ネタバレ感想ですが。
「大人気!ケンカップルの青春同居ラブ(ハート)」と帯には書いてありますが、そんなにケンカしてません!いちゃついてますw

初っ端に伊介が道端で拾ってきた廣乃という人物が出てきます。
だいたいどんな物語でも『遅れてきた男』は当て馬感漂うものだと思うのですが、廣乃は違いましたね。ただの邪魔です←ww
廣乃はとびきり素直で元気なノンケ(たぶん)で、開人と伊介の間に騒がしい感じで居ます。廣乃が割り込んで開人と伊介の間に波風が立つわけではなく、ただの障害物or騒音みたいな感じ。←ひどい言い様ですが、わたしは廣乃大好きです。勝手に鈴村さんヴォイスで脳内再生してましたw

今回2人それぞれの夢のために頑張ります。
開人の夢のため、念願だった厨房勤務に入って忙しない毎日。伊介の前ではかっこつけたい開人と、開人の弱音だったら受け止めたい伊介…。
この『お互いに想ってるからこそ』の気持ちの一方通行がちょこっとありますが、会話して、エロスして、分かりあって思いが深まるところが良いです。
モノローグで『こんなに思っているのに!!』で済ませてない所が好きです。会話して理解しあって仲が深まる。←これ。会話重要。

そしてそして、ここからラブラブいちゃいちゃ展開が続くのか!…と思いきや、廣乃が二人の住居に転がり込んできますw
夜中(エッチ後)に廣乃を部屋にあげる前の開人と伊介のわたわたしてるところがかわいいwあと、伊介のキスマークを隠すためにパーカーを着せてチャックを閉めつつチュってする開人っっ!!このイケメン様めッ!!て感じでグッときました。
思いっきり邪魔な廣乃ですが、開人と伊介には邪魔扱いされてません←表現難しいな。
廣乃がいる時はいる時でわいわいして、廣乃がいない時に開人と伊介がちょっとしたコミュニケーションや、やきもち焼いたりしてやっぱりらぶらぶしてて、もうほんと苦しくなる展開にならない所が大好きです!!ほのぼの安心して見ていられて好きです。

この後、おじゃま虫していた廣乃にアパートが見つかって、出て行ったのですが。さあ、ラブラブ展開きますか!?と思ったら今度は伊介が夢のためのがんばり時で忙しくなって。開人も更に修行のため海外へ行くことを決めるんです。
いつもと様子が違う開人が伊介を求めてエロスするんですが、終わったあと河原でイタリアへ行くことを伊介に告げる…。←ここは何度読んでもうるうるする。
『いいことだらけじゃん』ってぽろぽろ涙流しながら笑顔で言う伊介!!!
(;_:)伊介ぇぇぇ~~~~!!!可愛すぎか!!!!

2人でいる未来のために、一年を別々にがんばる。←これ、とっても素敵ですよね。
…物語の中ではさっくり1年過ぎ去ってますがww
会えなかった1年も、やっぱり会話して、分かりあってきたんだろうな~。

あと。
店長の話も好きです!!ナチュラルボーンいけめんの志木がにやにやするぐらい好き!
描き下ろしもめちゃ萌で好き!!!
感想書きたいけど、もう既に長いので好きです!!とだけ書いておきます☆

波風立つ物語よりも、平穏が好きな方にお勧めです♪

大好きなんです~~!!

2冊目の単行本、お待ちしてました!!!
表紙見ただけで興奮MAXになるくらい大好きな先生です。
だって、なんですか、この表紙!
…汗なの?シャワー後なの!?そ、それとも事後!!?って感じで、よく見ると髪とか首とかヒザしたとか太ももとかとかっに水滴がっ!!首と肩の間の襟足あたりもなんだか赤いしっ!!! ちょっと~~!!!どうゆう事です!?(歓喜!!)←表紙だけでこれな。

【幼馴染みの~】これね!好きですっ!
幼馴染同士で付き合いたてで仲良しで、でもチウしてエッチへ進もうとしたら拒否られて…からの2週間。聡はなんにも手につかなかった様だけれど、彩の方も彩の方で下半身の事情を話すにしても、ずっとバレない様にしてきたことだし、結構恥ずかしいやらかっこ悪いやらでずいぶん言うの悩んだんじゃなかろうか!?妄想できたので、訪ねてきた彩に聡がまくしたてた言葉と『ずっと俺と一緒にいてくれ…!』は嬉しかったんじゃないかなぁ~と思えて、うるうるきました←注:全然泣くとこじゃないです。妄想補填有ですw
そして、もちろん仲直りしてエッチな事までしてしまいます!とってもラブがあるので、にやにやしますし、エロページは少ないけど、妙にエロイw
このCP。仲良しで、行き違いとかがあっても、会話して誤解を解いてさらに仲良くなるとことが好き。ちょっとしたヤキモチも可愛いし。あと、なんといっても受けが攻めより良い体してるのがいいww可愛いところがあるけど、かっこ良さもある受け!←これ
描き下ろしの話で、自分から腕枕しに行くのもにやにやが止まらなくて、ぐー!です。

【目と目をあわせて】これ、大好物です!!
表紙めくった所にあるのはこのCPのカラー。少し服が乱れて襲われてる感のある攻めと、乗っかる男前受け。…童貞攻め、最高です。
他人の目が見られないコミュ障の伏見と、ちょっかいをかける課長の比良。
なにが良いって、伏見が頑張るところが(:_;)超絶いい!!! 伏見はとっても可愛いけど、かっこいいんです!!そして、このあったかい職場!!!すごい好き!!!!この職場の壁になりたいww あと、比良課長が男前で、初エッチの時に伏見の手を引いて「おいで」って!!「おいで」ってさぁ!!!!!←これほんと、にやにやしながら机を叩きまくりましたよww「おいで」いいっすわ←しつこいww

【おバカさんの初体験】
『栄くんと千種くんは付き合って3ヵ月目のラブラブカップルです』という割に、栄のテンション低いのがなんかツボりましたwwしかし、栄はテンション低いのがかわいいんです。テンション低めなのに、耳が赤いとか。あと、なんといってもエッチの時の素直さ。…そりゃ、千種の理性も吹っ飛びますよ~!!!
対する攻めの千種はにくめない感じのおバカさんで、ポジティブで素直で、栄にたいしてとっても愛があるのがいい!!
表紙裏漫画もね、がつがつしてるけど『あ、あと… 大好きです!』って、エッチしたいのは大好きだからこそ!!!って感じがあふれてて好き!!!
でも、2回ともえっち、失敗するけどね☆どんまい!
…いや、ほんと。エッチ、いつか成功するといいね(遠い目)

気づけば童貞だらけの本で、男前受けの比良課長も、もしかすると童貞…?なんて思うと、より一層感慨深い一冊ww
とっても大好きで、私の本棚の『大好きな本置き場』に置いてある本です♪