あたまゆさんのマイページ

レビューした作品

女性あたまゆさん

レビュー数1

ポイント数17

今年度647位

通算--位

  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

かわいい!おもしろい!キュン❤︎!

いやー!この作品でうり先生のこと大好きになっちゃいました!
可愛くてニコニしながら読みました…!疲れた心身に染み入る幸せタイム…ファンシーショップがまさか平成発行の本に出るなんて…!レトロファンシ〜大好き人間には刺さる刺さる!ギャグもシュールで面白くて声出して笑ってしまいました。
しかし!かわいいだけではない!!
漫画の表現も表情の描写もとても素晴らしく、2人が出会うシーンにゾクゾクしました!
はじめてやっちゃうときなんかもー、抱かせてやるんだからなって上から目線な顔するのに頬が赤く汗をかいているルイくんが素晴らしくて五体投地です。プライドエベレスト受け、最高ですね。
そしてそもそも表紙が素晴らしくかわいいんですよね…実際に手にとってみるとわかるんですけど、キラキラ加工ですごくかわいい!そしてファンシ〜なグッズが飛び交う中、バイコーンの涙目美青年が、モノトーン×赤でドーーン!!
素晴らしい…額に入れて飾りたいくらいです…
同時収録の作品もめちゃくちゃ面白かったです!こちらもここ!って時の表情の描写がぐさっと刺さります…うり先生ワールド、ぬけだせない〜!

読後感がすごく気持ちいい…

全部の分量がちょうどいいんです、黄金比というか、読者に余韻を持たせる作品としてとても秀逸です。読後にァァァこの2人をもっとみていたい…と思わせる、気持ちいい読書体験ができます。かなりオススメです。
あと、最後のキスシーンには震えました。コマを四つに割って、まだ状況を受け入れられていない小田島のスローに流れる時間の表現…素晴らしい。片岡の人としての魅力も半端ないです。片岡を慕っている舎弟たちの、人として惹かれる気持ちがわかる気がします。

きゅんきゅんがとまらない…

普段は闇の腐女子なのであまりというか全く読まない系統だったのですが、試し読みでみてなんだか気になって購入しました。
結果から言うと、自分の直感信じてよかったイェ〜〜!って感じでした。
私はナヨナヨしてて守られてナンボみたいな愛され受はあまり好きではないのですが、今作の受、榎木くんは見た目は弱そうで細くて小さいのに、人としての太い芯がしっかり通ってる素敵な人物でした。
ストーリーの運びも、え?いつ好きになったの????ああこれはBL漫画だから2人は男同士くっついたんだな…みたいなものではなく、この2人だからこそ惹かれあったんだなぁと納得させられるものがありました。
そして何より!!!きゅんきゅんが止まらない…!!!大きくてクールでかっこいい攻の白滝くんの、初めて見せた笑顔、、、!なんだかこちらまでドキドキが止まらなくなってしまいました。

幼い頃初めてよんだ少女漫画のときめきと頬の熱さのような、ピュアでやさしい感情を呼び起こされる素敵な作品です!
普段このようなジャンルを読まれない方にもオススメです!

青年誌ヤンキー漫画好きにお勧めしたい

最高!やばいです、ほんとに…
青年誌のヤンキー漫画が好きで、作画の奥嶋先生の作品をよく読んでいたのですが、まさか奥嶋先生の絵でBLがよめるなんて…こんなにミラクルハッピーがあって良いのでしょうか…
丁寧な展開でいて、間延びせずキメるところはキメる!!!喧嘩してて初めて名乗るシーンとか、も〜〜〜〜かっこよくてこれぞヤンキー漫画だ!!!ウホ〜〜〜〜!!!っとなりました。
でもちゃんとBL的な展開もしてます!(笑)
SHOOWA先生好きだけど作画の方の漫画は読んだことないなぁとか、奥嶋先生好きだけど原作の方の漫画は読んだことないなぁという方にはもちろん、お二方の漫画読んだことないけどヤンキー好きだ!という方に是非読んでいただきたいです!

あああああああもっと読みたいいいいい…!!!!!!

なんだこれ…衝撃で眠れそうにないです…前作も素晴らしかったですが今作も神でした。
吾妻先生は本当にキャラの表情や仕草、心情の表現が神です。絵も素晴らしいし、展開や台詞運びもとても好きです。
牧歌的な雰囲気かと思いきや、ドライブインシアターからのシーンはえっちすぎて(でも全然わざとらしいいやらしさがないからすごい)もーーーー何回読み返したからわからない(笑)
ラストのシーンで泣き虫なテオが泣かなかったことがわたしの涙腺を破壊しました。
迷ってる方がいるなら絶対に買って後悔しません。
ついでに前作も未読の方は本当にオススメなので合わせてお楽しみいただきたいです(笑)

油断していたら背後から戦車でひかれるような衝撃

やばい。かなり面白いです。作家買いリスト入りです。
表題作はギャグテイストで、エロシーンとのギャップがたまりません。背景にベーコンとレタスの星が飛んでいるシーンは爆笑してしまいました。
しかしこの本のすごいところは他にもあります。同時収録「水底に棲むこどもたち」、本当にがっつり心を掴まれました。
表題作がギャグテイストなので油断していたらこれです。死にます。
普段わたしはシリアスめの作品が好きなのですが、そういう作品がお好きな方に是非オススメしたい。
下記のキーワードにピンときたシリアス大好きマンの方、購入のご検討を。
※ネタバレキーワードです。
歪み愛 共依存 過干渉と放置された子 立場逆転 リバ

優しいのに胸が苦しくなる物語を集めた珠玉の短編集

最高です。これまで三月先生の作品は全て読みましたが、短編集も最高でした…。
胸がギュッとなってため息がフゥ〜ではなくハアッ…苦しい…という風に出ます。(伝わりますかね(笑))
優しいけどそれだけじゃない、心のどこかにチクリと刺さって抜けない流石の作風です。
三月先生がカバー裏の後書きで仰っていた、「”オレなんかのために”という台詞は、受けが言っても攻めが言っても大変ずるい」…激しく同意です。
収録されているどの作品も、切なくて、でもいじらしくて、読みながら萌え転がりました。
ありがとうございました。

表情の魔術師…!

先日「結んでほどいてキスをして」で三月えみ先生の世界観にドップリハマり、こちらの作品を作家買いさせて頂きました。
もう、あれです、最高…。
最近BL本の読みすぎで何を読んでもフ〜ンヘェ〜ホォ〜みたいな感じになっていたのですが(笑)、三月えみ先生の作品に出会えて、こんなに心が動かされることがあったでしょうか、いやない。
話も登場人物の感情の動き、表情が丁寧に描かれていて、特に表情が素晴らしいです。
例えば、すきだと告白した後の表情、場面は違いますが受攻どちらも見せてくれます。とくに両思いになったあとの抱き合うシーンの表情は本当に受攻どちらも好きが溢れていて相手のことを欲しい欲しいと思う感情がひしひしと感じられ萌えすぎて暴れます。
思い悩む顔、覚悟を決めた顔、相手を想う顔、もうこんなにいろんな顔見せてくれて本当ありがとうございますといった感じです。
もう先生の家の方向に足向けて寝れません。
攻のバイト先の先輩もすごくいいキャラすぎて好きになりました。

攻めの笑顔が忘れられない…!

本当によかったです…ずっとこういう作品を探していた気がします。(笑)足立の一途さにやられました。この作品の神なところは攻の笑顔だと思います。特に攻ってなかなか受の表情の変化に対してあまり描かれないことが多いと思う(個人的に)のですが、足立(攻)に関してはかっこいい笑顔、かわいい笑顔、切ない笑顔、幸せな笑顔と、笑顔一つ取ってもたくさんバリエーションがあって、読んだあとは全てのキャラのことを大好きになってしまう力がこの作品にはありました。この作品を読んですぐ三月先生を作家買いリストに追加しました(笑)攻の足立にかかわらず全てのキャラにおいて表情の変化が読んでいるこっちを惹きつけて離さない作品だなと思いました。