Sakura0904さんのマイページ

レビューした作品

エキスパートレビューアー2023

女性Sakura0904さん

レビュー数12

ポイント数95

今年度23位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 特典
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

INCITE withボディガード、推させてください

 ストーリー展開、攻め受けのビジュアルと性格、アイドルという特殊な仕事ならではの魅力と大変さの盛り込み、どれをとっても素晴らしい作品でした。序盤ではもさかった男子高校生がトップアイドルになれるものかしら、なんて思いましたが、実在する美形俳優でも、学生時代はぱっとしない隠キャだった方もいらっしゃいますもんね。やっぱり素材を活かす髪型や服装、努力を経た自信って大事なんだなぁ。一度は根暗なゲイで終わるだろうと決めかけた人生の天井を自身の力でここまで大きく突破してみせた智也の、せっかく得たチャンスを無駄にしないいつも素直で一生懸命な姿に感動しました。

 そして、攻めであるケイがまた途轍もなく魅力的なんですよね。まず見た目に大人の色気と深みが溢れていて、私も智也に負けず劣らず終始見惚れてしまっていました(笑)。大島先生の画力に大感謝です。ゲイバーで会った時も、再会してからも、恋人になってからも、過剰な甘さや優しさ、受けへの愛情表現がないところが逆に現実味があって、だからこそ彼が智也を可愛い、愛おしいと思う瞬間を表情から読み取れると、とても尊いものを見せてもらった気持ちになりました。分かりやすい言葉は少なくても、彼は態度や行動、案外豊かな表情で、智也を大切にしていることを十分伝えてくれます。安易な励ましや上辺の賞賛もせず、智也が弱音を溢した時にはそっと受け止めてくれる静かな寄り添い方にも好感が持てました。好きな人に愛される歓びを知った智也にはこれからもっともっと輝いていって欲しいですね。

この歳でこんな目をしているのは哀しいから

 今の鴫原が形成された背景が見えてくる3巻。彼が自分で語らないから、知り合ったばかりの第三者から情報を引き出そうとした陸の行動力はもちろん向こう見ずな勢い任せなものではあるけれど、北白河の言う通り特別な情がなければできることではないし、嫌いじゃないと思いました。流されたり萎縮し過ぎたりせずちゃんと自分で抜け出して、その足で鴫原の家へと向かう芯のぶれなさも受けとしてはとても好みです。

 鴫原は父親と同じ行動をすることで自分も彼と同類の人間なのか知りたかったのでしょうか。不快に感じるものにあえて突っ込んで、そこから見える世界を自分の目で確かめたかったのかもしれない、なんて思いました。大丈夫、あなたは人をまともに愛せる人。次巻以降は陸が光の方向へ導いてくれそうですね。その過程で、陸が受けた傷の深さにも鴫原がちゃんと向き合ってくれるといいな、と思います。

好みは人それぞれだから永田の愛を否定はしない

 今まで読んだnoji先生の作品は全部好みでしたし、今作も表紙の雰囲気からも好きになれそうな気がして、期待値を上げて読みました。結論から言うと、受けの百瀬にまったくハマれませんでした(笑)。永田の苦労人感も離島のスーパーという舞台ももちろん絵も好みなのに、百瀬の宇宙人感はまったくタイプではなかったです。

 初対面が酷かったからちょっと良いことをするとすごく良い人に見える、みたいな展開は現実でも創作でもあからさまだと苦手かも。本当に自然に上手くやってくれたら気になりませんが。借金で追われているかもしれないのに他人の家に勝手に入り浸ったら家主に危害が及ぶ可能性があるし、結局永田が保証人になるのも断らなかったし、その借金が賭け事が原因なのは百歩譲っていいとしても追われなければ踏み倒していたのでしょうか? ヤクザ相手でも自業自得の借金を返さない人は人間として好きになれません。受けは絶対精神的負債を背負っていて欲しいなどとは思っていませんし、のほほんとポジティヴにその日暮らしを楽しむキャラは見ていて爽快なのでけっして嫌いではありません。が、百瀬はそれ以前のところが私の倫理観に合いませんでした。

ミカイルの言動にも納得

 BL漫画でここまでの世界観を描けることは心底すごいなぁと感心するのですが、如何せんBLというジャンルであるが故に、風呂敷を広げれば広げるほどメイン2人の愛云々と言っている場合じゃなくなってくるので萌えが薄れてしまい、自分の中で評価が上がらないというジレンマに陥りました。新しく出てきた設定などにもまた某一般漫画の影がちらつき、これも純粋に2人の関係性に集中できない要因に。BL漫画で二番煎じな展開なんて多々ありますが、ファンタジーで特殊な設定だからこそ特別目立ってしまうし、大作と比較するとやはり5巻という長さでは、たとえば近世と現代が並行しているという驚きの展開にもなかなか馴染めません。未だにタブレットが登場すると混乱し、ちょっと萎えます(まったく先生があちらを意識していないなら、読者の勝手なデジャヴに付き合わせてしまい大変申し訳ないです)。

 覡が長い歴史の中で受けてきた仕打ちは本当に酷いもので、どうにか世界をひっくり返して欲しいですが、そこを頑張ろうとするとやっぱりBL要素は薄くなりそうですね。ただ、2人の愛が脆いものだと言っているわけではありません。どの要素をどこまで描くかが、各々のBL漫画読者の好みと合うかどうかということなんだと思います。自分はこのシリーズに何を求めるのか、次巻までにじっくり考えてみたいと思います。

案外前世のレオンも内心こんなテンションだったのかも

 前世の2人の関係性を知れば知るほど、現世で初の見た目がここまで変わってしまったのが残念だなぁと感じずにはいられませんでしたが、さすがに慣れて上巻を読んでいた時ほど気にはならなくなりました。でもやっぱり前世の2人が気になってしまいますね。レオンハルトの冷たい美貌の中に苛烈な執着を隠しているところ、ウィルの大らかで何ものをも恐れない性格、両方とても好みです。気持ちが通じ合う前に呆気ない死別を経験した2人が、やっとありふれた恋人らしい日常を過ごせるようになったことは嬉しいですね。ミアによって明かされた呪いの繰り返しには驚きました。シリアス調で読んでみたかった気もしますが、あんな別れ方をしたからこそ今度は笑って楽しく、という意味ではこれくらいのラブコメで良かったのかもしれません。

前世の見た目の方が好み

 久々に中川先生の作品を読んだのですが、こんなに中性的な画だったっけ……と初のビジュアルを受け入れるのに結構時間がかかりました。大きくいつも潤んだ目、ぷるぷるの唇、長い髪、極端にくびれた腰、小ぶりに盛り上がったお尻、と女性的な要素がてんこもりで、前世の雄々しい姿とのギャップを大きくしたかったにしても、正直もう少しちゃんと男の子な部分があったらなぁと思いました。連日痴漢に遭ったり、初対面からレオンにキスを迫られたり、ただでさえ前世がファンタジーなのに現世ではBLファンタジー要素が多すぎて、せっかくの転生という美味しい設定が霞んで見えました。その辺をラブコメだと割り切って楽しむには、せめて受けの見た目がもう少し男でないと私にはハードルが高かったです。下巻では前世と現世の2人をもっと楽しめたらなと思います。

レオにも守りたいと思う人が見つかりますように

 前巻でもっとこうだったらいいなぁと感じていたことが、この続巻では解消されていたので萌え度が上がりました。アオハは何が起きてもずっと変わらず、シノに優しさと惜しみない愛を注いでいて安定感抜群のDomですね。前巻ではいつも腰が引けていたシノも、おどおどした態度は変わりませんが、芸能人であるアオハに引け目を感じたり彼の愛を疑ったりすることはなく、彼の恋人であることにもう不安は感じていないようなのが嬉しかったです。新しく接点を持ったDomには2人で付き合い方を考える、これほどベストな対処法はありませんね。

 忙殺される日々から南の島でのバカンスを経て、2人は1段階上の関係性へ。世間やDom/Subの関係性における常識に囚われず、自分たちが良いと思うかどうかで判断しようという2人は、これからどんな壁にぶつかっても力強く乗り越えていけそうですね。続巻として誰もが満足できるストーリーだったのではないでしょうか。

壁を造ってばかりじゃなく、もっと攻めの心を見ようと努力して

 攻めのギャップはとても良かったんですが、受けの言動が最後まであまり好きになれなくて、もどかしく感じました。いわゆる極端に自信がないタイプ。ダイナミクスがランク外と診断されたことで、今までいろんな不安や苦労を抱える羽目になったところには同情します。が、だからこそこんなに相性の良いDomと出会ったのなら、こんな好機はもう二度とないかもしれない!ともっと積極的に動いて欲しかったなぁと。

 アオハが自分を疎ましく思っていないのは、2回目以降も彼から誘いが来たことで十分分かりますよね。プレイ中だけじゃなく普段から優しさも見せてくれているし、アフターケアも怠ったことがない彼が、遊びや気紛れで付き合ってくれているだけじゃないことも分かるはず。ランクや芸能人相手ということばかり気にして素面だと常に腰が引けているシノに好感が持てませんでした。最後はなんとか自分で気付いてくれたので良かったですが。逆にアオハ視点で考えると、顔や体の相性以外にシノのどの辺に惹かれたのかまだ詳しく描かれていないと思うので、2巻で見えてくるといいなと。イメージに似合わずとても思いやりのあるアオハのことは大好きになりました。

ポテンシャルはあるんだけど

 こういう既に付き合っているところから始まって、そのほのぼのとした日常を淡々と描き連ねていくような作品は大好きなんですが、こちらは少し惜しかった、物足りなかったかなぁという印象です。普通の作品のように2人の出会いや恋人になるまで、お互いのどういう所に惚れたのか、今に至るまで苦労したことなどを順を追って語らない分、会話の中や仕草、日々のたわいないやりとりの中に滲ませることで、いきなり恋人同士として紹介される2人に徐々に親しみを感じ、萌えられるようになると思うんですね。そういう描写が少なくて、ずっとちょっと離れた所から2人を見ている感じでした。

この顔で訛りが強いのはご褒美

 デビュー作がとても良かったので、吾瀬先生の次の作品を心待ちにしていました。やはり今回も良かった……! 美麗な絵、色気と水気たっぷりな濡れ場、体の関係を持つのが早いのでエロ重視かと思いきやストーリーでもしっかり魅せてくれるところ、一見サディスティックに見える攻めが実は人間として出来ていて多様な魅力を秘めているところ。

 ヤクザ×駆け出しの医者ということで、普段から背負うものが重めの2人。天授は聖高のことを眩しい眩しいと言うけれど、己の手で人の体にメスを入れ生死を左右する経験があるというのは、たとえ人を救うためであっても一般人とは違った世界を見てきていると言えると思うし、医者はただ頭が良い、技術があるだけでは足らず、大きい覚悟も必要な職業。歳も下でオペがトラウマになっている聖高はまだ子供に見えるかもしれませんが、過去を克服しようと懸命な彼はもう立派な医師です。一度壁を乗り越えたら、天授の想像を超える力強い人間になれるだろうと感じました。組で足元がぐらついた時、天授が思わず甘えたくなるような瞬間がこれからたくさん訪れるだろうなぁと想像が膨らみます。続編があると嬉しいですね。