肉太郎さんのマイページ

レビューした作品

女性肉太郎さん

レビュー数0

ポイント数2

今年度1697位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

青の王がデレるまでは…

評価が高かったのでなんとなく
サイトの試し読みから入りました

そして見事にハマりました…面白い(笑)
もともとファンタジーは好きな方なのですが、この作品は世界観が 王道だけどきちんとしてるなぁという印象。

確かに、説明が理解できないところや、
時間軸の前後や移動についていけなくなったり、
あれ??いきなり半年後??
半年間ウィロウから音沙汰無かったのに気にしなかったの??とか…(ある意味歴史モノだから感覚が長いのかな??)
赤の王が後半は空気!!てか、5人中、2人くらい王が空気!!とか… まぁ ありましたけれども…

そこは文章の勢いにまかせて読み進められました。

一番キツかったのは…
なんかもう、セージは本当に幸せになるのか??
ってくらい 次から次へと不幸が押し寄せて来るのが…
精神的にきましたね…

大切な人を失って、裏切られて、反乱、裏切られてボロボロになって、また大切な人を失って…反乱、さらにボロボロに…

いやいや!!
辛い!!!!
西方の混乱が全く治まらない!!!!
妹ヒソクを救うのも難しい…
作者様は受けをどこまで不幸にできるか考えながら書いたとインタビューでおっしゃっていました。悪い方に悪い方に行くんですよ…もうやめてあげて(泣)

そんなにも過酷で辛い本編なのですが

『いつか…青の王がデレてくれるはず…』
と、それだけを希望に頑張って読みました。

傲慢で不遜で冷徹でドSで この人 本当にセージのこと好きになんのかな??無理じゃない?? と最後の最後まで思わせる難攻不落の要塞の如きブラコン(重症)青の王。

たまりませんね。
たまに見せる甘さが たまりません。





余談ですが 本編読了後に
サイトに掲載されている「5人の王 外伝」も読みました。

シアン視点で語られる 青の王(アージェント)が難攻不落すぎてヤバいです(笑) 近衛時代の若い頃なんで更に殺伐としてる(笑)

どうしようもない寂しさを味わいたい時はぜひ

元々、一穂ミチ先生の話は個人的に合わず
なんだか苦手なんだよなぁ…と思っていたのですが

(『雪よ林檎の~』『is in you』『オールトの雲』など読んだことがありましたが すみません…)

これはとても好きです。傑作。

「ヒトにとって セックスとは?」
を問うような切り口で、ふわふわしたファンタジーでは無く、リアルで生々しい社会人の悩みを描いていらっしゃいます。

あまりお互いに良い印象を抱いていなかった同期のふたりが
間違いメールをきっかけにやりとりをはじめて
他人には言えない、言いにくい悩みを相談しあう仲になる
という展開も 「いつ相手の正体に気づくんだ??」というドキドキ感が良いですよね(笑)

主人公のふたりがぐるぐる悩んだ挙げ句 突然 吹っ切れたみたいに よし!!セックスするか!! となるシーンが好きです。

なにより 物語全体に流れる 静けさというか
孤独感というか シンプルで整えられた部屋にいるみたいな寂しさというか。たまらないですね

竹美家先生の絵がそれを引き立てていてすごく良かったです。

偶然にもどしゃ降りの雨の日に読んだのですが

や、ほんと
雨の夜に読むのがオススメです

ある意味、豪華。

平河寮シリーズの5冊目。

今回も甘い、主役の峯神&名田の脇で
おなじみの宮津&荒木の古株コンビに

まさかのSAT時代の遠藤&神宮寺

まさかの山下…
(地味すぎて一瞬わからなかったツヴァイの攻エイ。)

と、シリーズ通して読んでいる方には
ある意味 豪華な脇役陣

私的には 物語本筋よりも
そっちが気になって 仕方ないという(笑)



とにかく『甘い水』の遠藤が大好きなので

SAT指揮班時代の遠藤が出てきた時点で
テンションがあがり
最強と名高いスピードでの一撃必殺を披露され
さらにテンションがあがり

名田視点の切れ味あるクールな遠藤たまらない♪
と、思っていたら のちほど まさかの再登場。

そんなに出てきて良いのか遠藤。
嬉しいけども。


本編後、ショートの『夏色ボーイズ』は
作者様曰く同人誌ノリで(笑)

オールスター状態で海に遊びに行く内容。

名田視点なのですが、遠藤の子供っぽい言動に
「あれ…?こんな感じだっけ?」となってるのも
なんか よかったです。
ウツボの怖さを真剣に語る遠藤萌え。

峯神と名田も同棲を始めたようで
よかったねーというかんじ。

作者さまあとがきに
ショートに山下も登場させるつもりだった
と、いう主旨のコメントがありましたが…

かわいさん、それは無理です(笑)
山下はビーチには来ません(笑)たぶん。
と、思ったのは私だけでしょうか???

誘われて断る役とか…?
いや、山下のくたびれた感じ、たまらなく好きですが…夏色ボーイズには混ざれないでしょう…

ペラ1枚の初版特典

ペラ1枚のペーパーですが…



なんかリアルな…油田を堀当てるっぽい夢をみた 寝起きの譲





お金大好きな鷹尾が今年いちばんの笑顔で
「油田…?////」





「お前、自分の金運バカにするなよ

正夢かもしれないだろ?

おい、場所おぼえてるか?」

と、いつになく乗り気の鷹尾になんだかモヤモヤする譲



という(笑)
ふたりらしい掛け合いが見れます(笑)かわいい。


フロあがりでいちゃつくふたりが仲良くて微笑ましい1枚

。なんだかんだ言って、鷹尾って譲が大好きだよね…みたいな。

小悪魔?

(詳しい内容は他の方が書いてらっしゃるので割愛)

『悪人を泣かせる方法』の譲と鷹尾がただただ、いちゃいちゃしてるだけの話ですが…

なんかこう…
本編がシリアスだったせいでしょうかね?
日常の些細な二人の暮らしを読んでいて
ホント、よかったね…(嬉)みたいな。

なんだかほっこり幸せになれます。



Sだったり
Mだったり
調子のってたり
健気だったり
コスプレしたり(妄想)
パンツ履いてなかったり
エロかったり
しんみりしたりする鷹尾が見れるので



鷹尾好きにはオススメです。

濃ゆいのが読みたい時にどうぞ

「普段、耽美ぽい作品読まないんだよね…」という方にもオススメです



・宗教団体(淫祀教団つまり邪神教)が母体の全寮制学園。

・建物はもちろんゴージャスで和洋折衷

・自分の生い立ちは不明で外の世界から隔離されている少年たち

・名前は皆、偽名(竜生名)で花や樹木の名前

・宗教施設は五重の塔

・表紙左、攻めの常盤様(竜虎隊隊長)の移動は馬

・神子選びと神託の儀式が同性間のセックス



という
作者様が「好きなものをつめこんだ」という濃密!!妖艶!!淫靡!!な世界観なのですが…



主人公の薔(ショウ)が
そこまで薔薇っぽい…可憐!!みたいなかんじの性格ではないので安心して(?)読めます。



内容が濃ゆいので、現実から離れたい時にどうぞ。



あと、特に制服・軍服フェチの気は無かった私もときめいた彩先生の作画がとてもキレイなので必見です

恋まで百輪 コミック

雨隠ギド 

鷹尾がかーわいい

『悪人を泣かせる方法』にハマり鷹尾目当てで購入しました。

鷹尾、初登場シーン
全くカタギに見えません(笑)インテリヤクザにしか見えない!!

仲が悪い弟、虎二との再会シーンはシリアスですが…

コタロー君をいじるシーンでは完全に調子のってニヤニヤしてます。可愛い。




何より、ひっそり鷹尾の側で付き従う譲にたいそう萌えました( ^∀^)


主役カプ本編は皆様レビューなさっているので割愛。コタロー君可愛い。

作者様、初BLコミックスとのことですがとても完成度が高く読みやすいです。

愛すべき悪人

雨隠ギドさんは『密室の密かな星』から入り

鵜飼の可愛らしさと近道のヤンデレがハマって『他の漫画も♪』と軽い気持ちで読んでみたのですが…


これは…
鷹尾が…ヤベー可愛い…


表紙では悪人ヅラして笑っていますが

皆さんレビューで仰るように、そこまで極悪非道なわけではなく

お金が大好きで
計算高くて
性格が悪いくらいで…

どちらかというと
生きるのに不器用で
繊細で傷つきやすくて
可哀想なかんじ。



昔は美少年でしたが
今は悪人ヅラで体つきも成人男性で、受けっぽさは皆無なんですけど…

なんかすごい
可愛いんですよね…
なんでしょうね、これ…


対する攻めの譲は
そこまで印象に残らない残念なイケメン(笑)

しかし
影うすい常識人を装っていますが、初恋相手の鷹尾のために株で60億稼いだ、常軌を逸した執着野郎です。

鷹尾に振り回されてわたわたしてる感じが可愛い


物語自体はさらりと読めるのですが、何度も読み返すと味が出てきて最終的にはキュン死にします

作者様、お上手です…
続きが出る予定らしいので楽しみに待っています


それにしても
調子のってる鷹尾が最高に可愛い(笑)

本当の、仕事というものを知る

許可証シリーズの4

タイトル通り、工場は定期修理中。

といっても仕事が全く無いという訳ではなく、弘はクローズドシステムで使用するろ過装置の実験。前原は工場機械の管理責任者として、忙しくしています

弘の目下の悩みは、独り暮らしをはじめたことで、毎晩のように家にやってくる前原の存在…。

そして弘を真剣に狙う、製造部OBの辻本老(笑)

と、仕事よりプライベートが多めな今回です。(今までが多忙すぎたとも言う)


なので、今巻だけ見るとお仕事ダイスキーな私には多少パンチが足らないような…気が…しますが

弘が仕事とプライベートの両立、前原との将来を真剣に考える重要な回です!!





許可証シリーズの醍醐味は、ガッツリ骨太なお仕事描写にあると思います

昨今のBLにありがちなオフィスラブ『貴様ら何イチャこいてんだ仕事しろ馬鹿野郎ぅおおおぉ!!』

とは逆で
『いや、そろそろ過労死しちゃうから寝なさいよ…半月くらいまとめて休暇とって温泉にでも行ったら?』と、こちらが不安になるくらい仕事に全力です


弘も前原も
仕事を通じて出会い
お互いを知り
信頼しているということ

仕事に真剣に打ち込み、結果を出す相手に心底惚れている

反面、本気で悔しく
さらに切磋琢磨する

仕事という目標に将来の展望があるわけです
社会人ですから。


次巻で前原の父、中尾さんが『男にとって仕事とは、それ以上の意味を持つ』とかなんとかおっしゃっています。

その通り。

仕事とは、ただお金儲けけだけでは無くて、名誉云々の前に、試練であり達成目標であり人生のスパイスで充実であるわけです。

「仕事と私どっちが大事?」とか…そんな簡単に割り切れる訳ないじゃないですか…もちろん恋人も大事、大切だけど


人生には両方、無くてはならない物なんですから。

前原健一郎という男

許可証シリーズの3

フォークリフトの免許→異物混入→排水問題→埋蔵配管のメンテ→慰安旅行…

と、様々な問題を乗り越えてきた弘と前原が次にぶつかるトラブルは水不足。

渇水の影響で生産停止に追い込まれる工場、迫る納期

試作段階のクローズドシステムと前原の修理した冷却機は持ちこたえられるのか(1・2と読んでいると不思議と工場の内情がわかるような気が)

さらに迫る台風十号の水害…弘の住む自宅の売却問題…と

問題は山積みになっています(笑)





今回、何故か自作の拘束具を弘につける前原(笑)いきなり何やってんだお前(笑)と思うんですが…

許可証シリーズの醍醐味は、本編・弘視点の後日談・前原視点にあると思います。

弘から見た前原は
・寡黙で男らしい
・仕事に真面目
・同僚から慕われ頼られ
・動揺しない
・肉体も精神も逞しい
・判断力、実行力がずば抜けている
・突然、猛烈なアプローチをしかけてくる(笑)

表情があまり動かないので何を考えているかわからないが、なんか完璧超人みたいに見えます。


でも、前原視点を読むと

迷いの無いように見える彼も、弘の一挙一動に反応して狼狽え、悩んだり

意外と大人げないし、余裕なんて全く無くて、悔しがって焦れる様子が可愛いというか…

あー…前原もそのへんにいる兄ちゃんなんだな…みたいな…

その表現がすごく上手いなと思うんですよ、鳥城先生…


前原から見た弘は
アホの子じゃなくて、なんかミステリアスに憂いを帯びて、なかなか手に入らない難攻不落な男に見える不思議。



よくある、「お互い何を考えてるか100%わかりあえる甘い幸せハッピーエンド」とは違い

お互いを認めて、理解しようと努力してるけどやっぱり相手は何考えてるかわからない。でも好きだし公私ともにパートナーで必要だけどもどかしいみたいな…

たまらないです…