aaaiiiaiさんのマイページ

レビューした作品

女性aaaiiiaiさん

レビュー数11

ポイント数49

今年度130位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

可畏 精神的にキツイよ〜

潤が連れ去られて手掛かりもなく日にちだけが過ぎていく。
ジーウはニコニコ!マーマもニコニコらね!
コーも、コーもニコニコしゅるよ!
コーたん!パーパニコしたよ!
ん、ニコらねー。ジーくんもパーパも、おげんきらね
と子ども達に支えられて何とか耐えてる可畏。
父だし、強くあろう、泣いてはダメだと奮い立たせてるのがギリギリの状態。

つい、拷問も残虐になってしまう。
こんなところ潤には見せらんない。
今回、残虐なシーンがシリーズ1多かったかも。
にごたん重傷負っちゃったし。
(地味にユキナリが苗字だったのが驚きだった)

一方潤は、ツァーリに自分は[ガイ]で潤のパートナーだと洗脳されても違和感を感じまくる。途中で完全に洗脳解けたけど、生き残って可畏と子どもたちに会う事を目標に、洗脳された状態を演じ続ける潤。
貞操は守りながらも、身体は重ねてたんだなー。
潤は、感受性豊かで、共感性高いからすぐ絆されちゃう。愛情はないけど、憎めないって思ってるもんな。

で、双子ちゃんの能力スゴイ!
湖の氷が割れてこのままじゃ水中に、落ちてしまう大ピンチ!って時に慈雨くんの氷を瞬時に凍らせる能力でパーパのピンチ救っちゃうし
倖くんは、慈雨くんだけじゃなく
チーム可畏を空中に避難させちゃうし。
わるいちと!ないなーい!で、瞬時に氷を溶かしてルチアーノとファウスト兄弟を湖の中に消え去る所行を行っちゃうし。
暴君竜の、可畏が呆気にとられてしまってる。
潤と過ごすうちに人間的な道徳観念が育ってんだな。
みんな成長してるなー。

ツァーリの虚しく切ない気持ちもわかるなー。
1000年以上1人で生きてきてると
神のような視点になってくるんかな。
潤の事は諦めてなさそうだし、ラストあれは絶対
ツァーリの子ども身篭ってると思うから
自作でも絡んでくるはず。
コーくんは予知能力があるのか、はたまた潤みたいにテレパシー的な事が出来るのか。

奪還された潤と可畏のSEXシーン!
激しくてすんごくよかった。
子ども達がハート型になって手を繋ぎながら寝てる隙に、バスルームで立ったまま激しく。
後はツァーリに許してない、可畏だけって伝えた瞬間
堪らなくなって姫抱っこでバスルームに連れ込む可畏。
感情昂り過ぎて、涙も流しちゃう可畏。
こんないろんな可畏を見られるなんて、1巻から読んでる読者は感無量。

今後も難関が待ち構えてるだろけど
見届けたいし、まだまだ続いてほしいシリーズです。

可畏絶体絶命大ピンチ!

表紙、誰か知らん男の膝に潤くんおっちんしてるよ。
なんか、元気なさげ。ファー着てるから新ブランドのモデルのお仕事?と思いきやちがーう!!!
拐われちゃったよ、竜人組織のツァーリに。

高校を卒業して新生活、可畏は大学に籍を置きつつ本格的にビジネスに力を注いで、潤は家族の為に栄養学科で学ぶ道に。
また、新ブランドのミューズも務めるべくレッスンも欠かさない。
新キャラ続々登場にいい人そうでも誰も信じられんなーと読み進めるも、潤くんは素直に懐いてる。
もう1人のモデルのリュシアンにもダメだと思いながらも心惹かれてる。
相思相愛でも、別の魅力の前ではどうしようもないのかー。

完全防備だと思われてたのに、異能力で拐われちゃう。微毒で洗脳されちゃう。子作りしよう♡ってモードに潤くんなっちゃったよー。
慈雨くんのグラスの水越しに潤の姿を見るって
新しく目覚めた能力で奪還出来るのか?!
早く続きが読みたくなる終わり方です。

今回のエッチシーンは、がっつり立ちバック。
最近は、子どもを気にしながらの声を殺してこっそりだったのが、今回は別の部屋(今後やり部屋になるのか?!w)だったので存分に乱れて声出して気持ち良さげでした。

子育てBL編

表紙からしてかわゆい、
2人の双子の息子、慈雨くんと倖くん。
卵から孵化して1ヶ月で1歳児ほどの見た目と言動。高校3年生卒業間近に家族が増えてめまぐるしい竜嵜ファミリー。
18歳にしてパパママになった可畏と潤。
可畏は、家族を守る為にどんどん立派に頼もしい存在に、潤は今までは順応性があって大らかだったのが逆に心配性でくよくよするようになってるのが面白い。

子育てメインのほのぼの回ではありますが、しっかりときめきもアリ。
卒業式後のプロムパーティーで可畏と潤のダンス。笠井あゆみ先生の挿絵もステキです。
潤の夢みるような笑顔が溜まりません。
その後の、可畏のスピーチも家族を守る為の宣言で痺れました。

エッチシーンは、なんと言っても初潮吹き。
すんごい恥ずかしそうな潤と、満足げな可畏。
「漏らしてもかまわねえし、黄金水を俺にぶっかけてもいい。お前のなら喜んで飲んでやる」ってw
体液自体が竜人にとってはご馳走と言えども恥ずかしいよね。
2人のやりとりにニヤニヤでした。

母と妹に息子を何とか紹介出来たのもよかった。
NASAの技術で男同士でも子どもが出来るって理屈が通る2人でよかったw

今回は、双子の可愛さと2人の成長物語でした。
ただ、ラストが不穏なムード。
次巻では、大変な事が起こりそうな予感。

NOTオメガバ BUT DK子持ちに

親になる2人の話だけど、しっかりガッツリエロエロしてます。

前作から予兆があった潤の体調不良。
なんと竜人の卵をご懐妊。
最強種ティラノのパートナーだけに、跡取り問題が今後つきまとうはずだったけど、
知り合って1年未満で双子ちゃんの子持ちになっちゃったよ。
潤くん、チート過ぎる。

今回は、2人の絆と成長を見守る巻だった。
高校生にしてここまで母性育まれてる潤くん凄いし
あんな俺様暴君だった可畏が、
潤くんの身を案じて泣いてしまったりするなんて
この2人、出逢えて本当によかった。
だいたいこんなもんよなーと緩く人生分かった気で生きてた潤くんが、可畏に出逢って180度違う生活強いられてても幸せに感じてるのって、順応性高くて楽観的な潤くんだからこそ。
これ、違う作品の受けちゃんとチェンジしたら全く違うストーリーになっちゃうよね。
今までの子と同じ様に飽きたらポイされて
兄と母に犯されて殺されてたかも。

どうやって妊娠して出産するの?って疑問を
こうくるか!と驚きの方法でクリアしたのも
面白かったです。
やたら精液飲みたくなったり。

今まで輸血された3タイプの竜人の特徴を持った子ども達。笠井あゆみ先生の挿絵、天使の様な可愛さ。
とんでもない能力秘めてそうだから今後の4人が楽しみ。
あと、リアムが先に子持ちになると思ったのに潤くんが先こしちゃった。
リアムがママになる日も期待してます。

子どもに営みを邪魔されるのもあるあるだけど
こんな大惨事になっちゃうのは大変。
今後子ども達がもっと大きくなった時、邪魔されずにどうエッチするんだろか。

大好きなシリーズのコミカライズ!

小説既読、ドラマCD視聴済み。
コミカライズ化され何通りもの楽しみ方が出来て
喜ばしい。
ムシシリーズはじめての人でも漫画から読み始めるのもありだと思う。
オメガバース的な側面もあるのが私は好き。

小説の挿絵の街子マドカ先生のイラストとはまた違ったテイスト、少女漫画の様な華麗さとヒーロー感がある。
脇キャラの兜は、よきお兄さん感(まだ変態感は原作でもなかったのでw)、真耶は、女王様って言うよりキラキラ王子様、央太は、かわいい弟キャラだった。でもたまに、翼に対して無意識にオスの目線向けちゃって戸惑ってる感じが原作よりも感じられました。
何より、入浴シーンでの翼の後ろ姿の色気にドキッとしました。あれは、ドキマギしちゃった央太の気持ちもわかるよー。
原作のあのシーンやこのシーン、一体どんな風になってんの?ってトコが作画されてて、楽しめた。央太と翼の入浴シーンでの、羽を広げたトコ、澄也のタランチュラの糸は指先からこんな風に???とか。
翼の乳首が女子的なぷっくり感で(性モザイクだから女子的なのかな)SEX中の表情も幼さの中に煽るものがあって凄く良かったです。

描き下ろしの翼と央太のルームウェアいちゃいちゃ、
めちゃ可愛かった〜。
澄也、案外素直に感想言うんやなーなんて思っちゃったり。最後のコマの兜とマヤマヤが可愛い2人のジャレ合いを見てホッコリしてるのもぽいわー!!!ってなりました。

陶也も出てきてないとこで1巻終わっちゃって何巻まで出るんだろう3巻くらいかな?と思ってますが、続きがとっても気になります。早く読みたい。
ムシシリーズ全作コミカライズして欲しくなってしまう。

のばら先生らしさ満載のお得な短編集

久しぶりに読み返してみたら、すんごく私好きだわ。

のばら先生のさまざまな側面を短編で楽しめる、
短編なのに満足度の高い一冊。
BL漫画の中では、一冊に短編が2話収録の物でも内容が薄く感じて物足りないものもある中、こちらはなんと6作品収録なのに1話1話が秀逸。

◯印が秋山くんが好きな人が好きそう
◆印がよこいぬが好きな人に刺さりそう

ちなみに私は◆がど性癖。
巻末のインタビューで、成人漫画も好きでとおっしゃられていて、のばら先生もTwitterでフォローされている某成人漫画家先生の作品に近しいものを感じました。

【ネコジタSPIKY】◯
【あの太陽は君のもの】◯
【泣き虫 funny days】◯
【舐め猫】◆
【Rousalka】◆
【猫舌SWEETIE】◯

こうなっちゃったか…

帯に書かれてた、[禁断の愛、衝撃の終幕。]
正にその通りだった。

なんも予想せず読み進めてたんで、突然の展開に驚かされた。
胸が苦しいしポッカリ感があるって事は、
竹蔵に同調してるからなのか。
あー、私は結局BLにおいてハッピーエンドが好きなんだなー。
お話が面白ければ酷い話でもいいって思ってたけど
しんどいな。
死ぬ系は、ダメかも。
しかし要くん、この先拗れた性癖
どうなっちゃうんだろ。
叔父さんとお父さんの戯れは、愛があったんだよ。
愛する人見つかってくれたらいいな。

要くんグッジョブ!

物語の初めの方で、小学生の要くんに叔父の竹蔵が焚きつけられて義理兄であり要くんの父である忍を犯させてそれを鑑賞するんだもの。
そんなの惹きつけられるに決まってる。
掴みは、かなりオッケー‼︎
要くん、怪獣のスリッパ履いてたり見た目可愛い子ちゃんなんだけど、なかなかいい仕事してくれたとゃったよ。
でも、こんなの小学生で見ちゃったらもう、性癖になっちゃうやん。エッチすぎる。
明日美子先生は、くせ毛、目が大きめ天然系攻め✖️つり目強気眼鏡受けがお好きなのかなー。
(メガネ男子大好きなんで大歓迎)
忍さんの色気が溢れまくっています。
目隠しプレイってのも背徳的でいいです。

うーん、あと一息っ!

煽動的な表紙デザインとイラストに惹かれて読んでみたかった作品。
もう、存在自体が色気の塊な榛臣。
髪型、身体つき、視線の送り方、手付きといい思わせぶりすぎでしょ。
10年ぶりに会った初恋の相手夏生の目の前で友人である雁屋にフェラするなんて勝負仕掛けてさー、超煽りやがんの。
そのクセ挑発に乗った夏生にガン掘りされたら可愛く乱れてさぁ。
淫乱だけど恥ずかしそうにしてるって最高かよ!

両片思い拗らせ歴10年の2人。
案外攻めの夏生が昔の自分の態度を後悔している事もあり素直。
挑発した受けの榛臣のがややこしい。

なんやかんやあってハッピーエンドでよかったよかったなのですが、もうちょっと欲しかった部分がある。

描き下ろしでMっ毛のある榛臣とアブノーマルなプレイして欲しかったー。
最初がハプバーで3P紛いだったし、榛臣のセフレおじさんと、マニアックな遊びしてた位なんだから2人で性的にも極めていって欲しいところだった。
まぁ、そんな事しなくても満たされてるからって事なのかもしれませんが、榛臣は虐められて花咲くタイプだと信じていますw

タイトルが物語ってる

イケメンで女子にモテモテの棗くんは、幼馴染の葉介くんが大好き。
好きを拗らせて、隠し撮り、盗聴、ゴミ漁り&コレクション、観察日記する始末。
その事実がうっかりバレてしまって、1ヶ月付き合う代わりにストーカー止めるって交渉を受ける。
とにかく、葉ちゃんがチョロくてなんだかんだで棗くんの事好きになってしまう。

で、両思いでハッピーエンド〜てならない辺りがよかった。
実は、盗撮バレは葉ちゃんの性格を見越しての棗くんの策略だったーとかちょっと黒いとこがあるのが好き。
ためこう先生、黒い策略の粘着質キャラ割と出てくるな。カッコウの夢といい、ララの結婚といい。
好きです。

タイトルのなつめくんはなんでもしってるってストーカーしてるからってものあるけど、葉ちゃんの性格ごと熟知しちゃってるって事。

ためこう先生の絵は、とっても可愛い。ちんちんもふっくらしていて可愛い。もちもちしている。
たまに先細りちんちんのBLあるけど全然良くない。
それに引き換え、ちゃんと亀頭がふっくらしていて肉感がよし。

一度ちるちるで作家さん別ちんちんのディテールのコラム書いていただきたいな。リアル血管バッキバキ系、ふっくらもっちり系、怖くない草食系、全然見えないのに心で見える系などw