aaaiiiaiさんのマイページ

レビューした作品

エキスパートレビューアー2023

女性aaaiiiaiさん

レビュー数24

ポイント数226

今年度30位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 特典
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

まずは試し読みしてみて欲しい、心掴まれるよ

試し読みで心鷲掴み!こんなん好きに決まってる‼︎結果、最高作品でした。
生意気でイキがってる子が圧倒的攻めに分からせられるなんて、大好物です。泣き顔可愛い、こんな顔見せられたらもっとやっちゃうよ。
キスだけで腰砕させるってどんなテクニックなの!?スゴイ。人生経験豊富そうだよ、さつきさん。

生意気だけど素直で反省もするし自分と相手の事をちゃんと考える子なのよね、主人公の敦くん。

恋の駆け引き、からかわれてる騙されてるんじゃないかなと思いつつも気になって気持ちが止まらない敦くん。最初は懲らしめのつもりが、敦くんが可愛くなってきてしまったさつきさん。
自分の発言で気分を害させたゲイコミュニティの方たちにも素直にごめんなさい言える敦くん。みんな憎めなくなっちゃうよ。なんだかんだで界隈で可愛がられちゃいそう。

別の大人気作品とちょっと属性やらキャラが被ってる部分があるのですが、こーゆーのはナンボあってもいいですからね。

特にエッチシーンの見応えがたまりませんでした。アングルがよき、手でほぐすシーンでタマがたふたふしてるのがなんともよいです。

圧倒的攻め感を醸しているさつきさんが國寛相手だとされる方ってのがまたよかった。

こんな評価高くて評判なら続編来るでしょ!期待して待ちます。

シーモアで購入
修正甘い!細い白線修正でほぼ見えてる。

百と卍 6 コミック

紗久楽さわ 

ちょっと難しめだった

今回番外編的な百と卍。千と兆のお話なのです。
いつもよりお話が難しく感じました。
何でだろ、7割くらいしか私理解できてない気がする…。
でも、大筋は理解したところで言わせてもらうと、兆さん儚げで怪しげで色気があって魅力的だと思ってたけど、今回あんまり好きじゃないかもって思ってしまった。重いし、メソメソだし陰気臭い。
こりゃ、兆の双子の弟、億政のが華があって魅力的だわ。性格も思い切りがよくてかっこいい。お互い好きな気持ちのまま亡くなってしまったってのも大きいな。

エモさ爆発な関係性の千と兆と億政。こりゃバッドエンドくるかなと思いきや、やっぱBLだからハッピーな結末でした。
しかも、私の心の中でずっとモヤモヤしてたなんやかんや言うて兆さん妻子持ちやん、妻と子ども可哀想じゃないん?って部分が最後都合よく解決してました。好きじゃない相手と親が決めた縁談で結婚して子どもを授かったから好きな人が出来たら応援してあげたい考えの妻だなんて、まぁなかなかないよ。優しい世界だな。

今回、千さんの色気が爆発してました。唇のホクロが本当に色っぽいですね。初っ端から大ボリュームな雄っぱいが惜しみなく露出し、攻めキャラに珍しい乳首にはトーンまで貼ってある。
ムキムキマッチョな千さんもいいのですが、10代の頃の美少年ぶりも堪らないです。

攻めの色気に魅了される事が私は少ないのですが、今回見応えがありました。紗久楽先生筆がノリに乗ってるなと感じる作画だらけ。

あと、面白かったのがほぼ全編シリアスなのですが、お色気シーンのオノマトペや喘ぎが[ひくっ♡ひくっ♡][はっ♡][あっあ…♡][旦那…っ♡]なことでした。
百ちゃんと卍さんなら♡喘ぎわかるのですが、この2人でもそうなんだと。

次巻は「百と卍」最終章って最後に書かれています。楽しみなような寂しいような…

今回の帯の担当編集さんのコメント
「嫌いな人、いないやつです…
(天を仰ぐポーズ)」
面白かったです。

紙本で購入
トーンで描いてある感じ。白抜きや白線修正なし。

ぴんとこなかった

初めて読んだケーキバース作品で面白かったので続きを楽しみにしてました。1巻を読み返さずに2巻を読みました。

ラブラブな2人にはフォークもケーキも何の障害も無さそうに思えるな。気持ちいいのが味でバレるのは恥ずかしいけどむしろそれもプレイとして有効な気がするし。
なんて思ってたらフォークの少年メグミくんからの横やりで不安になってきてこじれる2人…?
これがあんまりわからなかった。
フォークなんか好きになる奴いる訳ない!って言われたからどうやねん?!だって、実際アンタらラブラブやん?
なんで、こんな事で揺らぐ?ってちょっと理解できなくてお話に入り込めませんでした。
なんかもっと凄い障害なんだったらわかるけど、感情が昂り過ぎると制御できなくてケーキの稔世を食べてしまうかもしれんと自己嫌悪する達成。
でも、自分の腕噛む位で抑制出来たやん?大丈夫よって思ってしまう私は間違ってる?

シリアスなストーリー部分に対しては納得出来なかったけど、2人のラブシーンに感しては満足でした。誘い受け味のある稔世、いいぞ!エロい。

紙本ドラマCD付きで購入
白抜き修正。若い世代に人気の先生作品は修正が厳しい気がする。

他にない独創的かつ王道ラブコメ

タイトルで内容がわかる通り、転生モノなのですが変わってる点は、かつて姫だったが転生したらムキムキマッチョなスーパー攻め様になってる事。でも顔付きは乙女だし仕草と言葉遣いは丁寧でお姫様なんですよね。男なのか女なのか、もう性別は関係ない、好きな相手が現世では男なんだ。

でも、ずっと違和感は感じます。マッチョだけど乙女だから。可愛いのがカッコいいのか。
もう一人の主人公、かつて王子だったが転生したら大学生。彼は見た目こそ前も今も変わらずフツメンだけど、器の大きさがカッケー、いい奴なのです。
姫に抱かれる事もいとわない。ただ、姫の姫がマグナム過ぎて失神してしまいましたが。
たまにやってくる劇画調絶望顔が面白いです。

二人以外にも過去から転生している人達がいてみんな近くにいてます。(都合がいいのはフィクションだから)

とんでもない設定だけど、お話は王道なのですんなり読めます。マンガが上手!

スピンオフも今後予定されているそうで楽しみです。瀬羽と賢士ですよね、よくケンカしてるし。どっちがどっちだろう?ていうか、私の好みは賢士×瀬羽です。

シーモアで購入
白線と複数の白玉での修正。珍しいやつ。
割と見えてます。

残されたオモチャと映像の謎解き

愁堂れな先生初読みです。
笠井あゆみ先生のイラストが大好きなので、こちらをチョイス。
淫夢も買ってあるのに、スピンオフのコチラが目についたので先に読んでしまいました。

タイトル通り、大人のおもちゃがキーワードなお話です。なんだか推理小説の様な趣きでシリアスなのですが、いかんせん主題がおとぼけです。

たった1人の肉親、離れて暮らしていた2歳年上の病弱な兄が急死。
残された主人公は、家の権利書や書類を探している最中にクローゼットからビデオカメラと大人のおもちゃを大量に発見してしまう。恋人との逢瀬を撮った録画ならお相手にも兄の死を知らせねばと映像を確認するとそこには兄の淫らな姿が…

と、なかなかなショッキングでお間抜けな事が起こるのです。そういう事してそうな人だったら笑えるお話なのですが、恋愛の話も性の話もした事ない兄のとんでもない映像見てしまうってショックだよ。

受け止めきれずに、親友に相談し信頼できる人と親友に紹介された人にも相談しに行ったりして。

果たして、兄の相手は誰なのか、オモチャは誰が購入したのかを推理していくっておもろ過ぎません?

シリアスなのかおもろなのかどうとればいいのかと思いながら興味深く読み進めました。
やっぱりなーという結末でしたが、面白かったです。切ないとかキュンとするとか共感するとかとは違った作品で新しかったです。

淫夢も読みます。

攻めくん素直でかわいいな

金欠で困ってるって言ったら同僚から高額バイト紹介されて行ってみたら体感型VRのモニターだった。
って、こーゆータイプのやつって大体が受けがひどい目に合うパターンだったりしません?

今作は、攻めがイタズラされるのです。
開発者の飯田さんは儚げメガネ美人で、過去のトラウマから恋人を作れなくなってしまった拗らせゲイ。でも、性欲はあるもんだからVRの被験者としてバイトを募ってVR+イヤホン+拘束で身体の自由を奪った上で動画にあわせて触ったり咥えたりしてたんだって。(合意でないこの行為って、犯罪だよー、考えてみたら)
いつもは、バレる前に数回でバイト終了だったんだけど、主人公の馬場くんはオナホ2個買って金欠なった位快楽に弱くてお顔も好みで反応も可愛くて、ころりと騙されているところにつけ込んでしまって、行為がエスカレート。
ついには挿入までしてしまうんだわ。

今日はVRの映像と動きがズレてて連動してなかったって馬場の感想に対して、自分好みのプレイになる様に映像を編集してその動画と動きがずれないように練習までして寝不足になってんのよ、飯田さん。

この作品の2人ってどんだけ性に貪欲なんだよw

こんなやりとりの2人だけど、最後は両思いのバカップルに昇進。
お似合いだと思う。

そんな事でトラウマになるかね?と思ったけども、ふと自分に重ねてみるとわかる気もした。

作者さんがあとがきで書かれていましたが、今回あずみつな先生作品にしては珍しいキャラ設定なので読む価値ありです。

ところで、タイトルの意味がよくわからないんですが、なんでヒツジ?

シーモアで購入
白抜きも白線もないトーンで描かれた局部。
あっさりのところと割とちゃんと描いてるところがあり。

知らないカルチャーが知れた

魅力が爆発してるたけるがストーカーに襲われそうになった事をキッカケに長治さんちでプチ同棲始める2人。仕事順調、このまま世間にも公表してハッピーエンド?なーんて簡単なお話ではなかった。

ちゃんと たけるの成長も描けてて、サブキャラクターのヤミくんの変化も見れて良かった。
私は女装男子好きなので、ヤミくんお気に入りキャラです。職業上女装してるけど、女の子になりたい男子ではなく男として男が好きなゲイで尚且つタチ。女の子の時は可愛くて男の子の姿もカッコいい、しかもタチって言うのがポイント高い。
今後ヤミくんのスピンオフ出ないかなー?

今回そんなのあんの?とへぇーと思った事がいくつかあった。

[テクい]ってワード何の意味?って検索しちゃったわ。長治が観覧車モチーフのピアスをたけるにプレゼントした時にデザインの説明を聞いた時にたけるが発したセリフ。
[テクニック]からきてる言葉ってのは予想できたけど、要約すると[上手!よく出来てる]って意味なのね。そんで2005年くらいに出てきた造語って。知らんわー。

あと、あんな大ぶりなデザインのピアスって男子もつけるの?今の時代ジェンダーレスだからなのか、わからんなー。男性のピアスといえばシルバーなイメージくらいしかない昭和脳。

クライナーチャレンジも知らんかったよ。
これも検索した。あぁ!ドンキホーテに売ってるの見たことある!ミニチュアのお酒。
そんな楽しみ方があるのか。えっちいなぁ。

描き下ろしでずっと見たかった型取りバイブが登場しました。いつもがっつり白抜き修正だったので、長治さんの凶器的な性器がどんなもんかわかんなかったんですが、バイブは無修正だったのでトンデモないデカさだと認識しました。
あれを体内に納めているたける、強靭な穴してるな。そりゃ、指4本入るまで下準備した方がいいわ。

シーモアで購入。
大きめ白抜き修正。2人のちんがまとめて白い塊にされてるとこまであってちょっとそれは…と思ってしまった。

ますます可愛くおバカに

晴れて両思いになった長治とたける。初彼氏で浮かれつつもあんなカッコいい経験豊富な彼氏と恋愛初心者マークの自信のない自分は釣り合わないと1人で不安になってアワアワしてるたける。
いやぁ、長治さんだいぶメロメロ溺愛ですが。

生意気そうなのにいちいちリアクションが可愛いんだわ、たける。それに対して、決めるところ決めてくれる長治さんには痺れる。
あのテレビ収録の時、クライミングで失敗して転落したたけるを慌てて抱き止めた長治さんめちゃくちゃカッコよかったよ。

憧れデートで観覧車のてっぺんでキスしたらそのカップルは一生別れないジンクスがあるって聞いて積極的にキスするたけるも可愛くてキュンとした。煽られちゃう長治さんの気持ちもわかる。

当たり役だった映画、ムジナ以降男性に性的対象にされる役柄またやっちゃってるんですね、たけるくん。その役があまりにもハマってるからヤベェファンがストーキングって怖すぎる。
そりゃ、守りたくて一緒に住もう!って長治さん言っちゃうわ。
さて、下巻ではどうなるのか。もう公表しちゃいなよ、アンタたち。

あとあのDIYした長治バイブ(なんか電動になりそうな器具挿入して制作してたからディルドじゃないんよね?)使うとこ見られなかったので、下巻で出てくるのが楽しみにして続き読みます。

シーモアで購入
白抜き修正。残念なくらいの白抜きなので、18禁バージョンも出たらいいのにな。

わからせ溺愛よき

恋愛不行き届き数年前に読んだけど、記憶にないままこちらのスピンオフを読みました。
どうやら、前作にもこの2人は出てたみたいで、たけるくんはクズな事してたみたいね。
そんな奴にはまずはザマァ展開を望んでしまうのですが、蝶子さんこと長治が割と早い段階でたけるの事を気に入っちゃったもんだから、オネエの雄味ある抱き方を何度も堪能出来るし、グズグズになってしまうたけるを可愛く思えてしまう。

八つ当たりで鞍馬に酷いことしてたのも、自ら認めて反省出来る素直な子だったりするからだんだん読んでるこっちも絆されてきてしまった。

長治とたける、感情豊かでよく泣くし好きって気持ちをちゃんと伝えるし嬉しい気持ちも伝えるところが好感を持てました。

普段オネェなのに、男の姿もカッコいいって長治反則!
同時収録の恋愛不行き届きーフォローユアハートー
もとてもよかったです。
桐島家実家に鞍馬を連れてきた賢人がエッチしたいのにお互いに気を遣ってなかなかどうしたらいいかわかんなくなってる時、たまたま同じタイミングで実家エッチしてた長治とたけるの素直に求め合う姿を見て感化されて自分から積極的になる鞍馬がよかったです。

生意気な奴が可愛くなる姿っていいよねと思わせてくれる作品でした。

シーモアで購入
白抜き修正

色々斬新

WEBTOON作品だからてっきり韓国の漫画なのかと思ってた。結局どっちなのかわかんないけど、日本の作品なのかな?

絵の感じやオールカラーってのも、今までなかった感覚。
主人公は、宇宙人と人間のハーフのシオくん。
性的興奮するとパーン!とスライムみたいに散っちゃうのが特徴。
ピンク色の物体でカラーだから可愛いし綺麗なんよね。みんなこぞって動画撮りたがってSNSにあげてるのよ。

そんなことばっかしてるせいで、退学からの全寮制男子校に転校。女の子とイチャイチャして散る事が楽しみだったシオくんなのに男子しかいない学校にゲンナリしたのも束の間、お世話係の相馬くんにも欲情しちゃうんよね。

どっちかというとオトコ毛嫌いしてるのに、ばいんばいんの相馬くんの生雄っぱいにラッキースケベ状態になって散っちゃうんよ。男の胸と女の胸違うと思うし、ストレートなのに男の身体に興奮ってあるんかなー?って思ったりするけどまぁそこはフィクション。心よりもカラダが反応しちゃったのかな。

[散る]事を受け入れてもらえず、異物扱いをされてきた事に傷ついてたシオくん。
気持ち悪い、ムリ!って人ばかりだったのに、相馬くんは、「綺麗だと思った」って全肯定してくれたからここから恋に発展するんだろなーってとこで1巻が終わり。なんか短かった。おまけも合わせてページ数自体も138ページしかないもんな。
カラーっていう特別感あるけど、ページ数は普通のコミックスくらいはあって欲しかったです。
このボリュームで1200円は高いかな?

スライムみたいになる時透明感のあるピンク色だから全然気持ち悪さない。これが、人間の身体のまま爆発する感じで目ん玉とか内臓とか飛び散るならヤバッ!ってなるけど、この描写で気持ち悪く感じる作中の人物は信じられない。

スプラッタ感のある散る描写でも、綺麗だなと受け入れる相馬くんだったら狂気感が漂ってちょいアブノーマルな作品に寄ってしまうかもしれないけど、そういうのも嫌いじゃないです。(万人受けしないニッチな作品になってしまうかもですが)

修正の必要な描写は無し