ぷーめろさんのマイページ

レビューした作品

アドバンスドレビューアー

女性ぷーめろさん

レビュー数33

ポイント数374

今年度78位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

エロ〈ストーリー

自分の好みのせいであまりいいレビューではないです、すいません。

前作からの本格的SMに期待して買いましたけど、描写少ないです。
二人のその後が描かれてるんですけどそこまで印象に残るような内容でもなかった。1巻で付き合うまで、2巻では信頼とか絆を深めようとお互いすれ違いそうになったりするけどちゃんと丸く収まってハッピーエンドってかんじでした。
1巻があんまりない設定でSMとエロとストーリーのバランスがよくて大好きだったんですけど今作はエロが削られてるかんじがあってかなーーーり物足りなかったです

エロはあるんですけどね、なんだろう…
前作ではキスですらエロかったのにストーリーとエロがあまりマッチしてない感じがして少なく感じたのかな

SMプレイもあるけれど、違うんだよなーー。うーん自分の好みの問題なのだろうけど、1巻のあとがきのプレイが見たかったなー

何度繰り返してきたんだろう。

記憶障害の残ってしまった受けは8年もの間時間が進んでないまま
毎日毎日タイムスリップしてるような感覚で覚えてない約束、1日の出来事、自分気持ちetc…普通耐えられないですよ。さぞ辛い思いをしてることでしょう。その辛い思いも忘れてしまう。これが一生ですよ酷いですよ。
本人も辛いけど、恭一がとってもとっても一途で可哀想。でも恭一と会ってるときだけミチは21歳に戻れる。会う時間が終われば29歳のミチは未来(いま)に戻れる。
すごい執着心だと思います。なんど傷ついてきたんだろう、と。作品の時系列までの8年間繰り返してきたんだと思うと並大抵の好きではやっていけてないな、と。恭一は覚えてますからね。とんでもない辛さですよ
でも恭一はミチがいない未来よりミチがいる過去がいいって言うんです…もうほんっっっとに大切な人なんですよ。

灯さんも良い人だったんだけど、結婚する動機が軽すぎるし、恭一の愛には勝てまい。


なんといいますか、まずは上巻を読んでみてください。
ストーリーがスーッと入り込めば下巻はあっという間に読めてしまいます。
どうにも逆らえない逆境にどうにかして立ち向かおうとする二人をみてとても感動します。
そして綺麗にまとまって終わってくれます。

すでに辛い

素直に面白いです
記憶喪失系って結構辻褄合わないこととかあるんですけど設定がちゃんとしてて納得のいく内容
先が読めない展開なので楽しめます。

嫁を含む三角関係。受け結婚しちゃってます…地雷の方は注意ですけど、好き合っての結婚じゃないので私的には許せました。
みんな可哀想だし、誰が悪いとかがないからこそ、みんなの気持ちを考えると辛い。のだけれど、どーしても恭一が一番可哀想ですでに泣きそう笑

これから下巻読むので一旦深呼吸。
どんな結末なんだろう。ドキドキです

あーほんっとに買ってよかった…

攻めと受けの設定が超超ドストライクすぎた

ここ最近のBLではあまり読めない設定で新鮮だったーーー!
こういう暗〜い、異常な執着系好きなんです。

攻めはどっかネジが外れてる感じがいい
多分本気の恋を知らなくて、今後嫉妬やらなんやらで気付いていく感じですかね〜
もっとネジが外れてて予想の上をいってくれたらいいなぁ〜
受けもちゃんと嫌なのに心の奥底では攻めを忘れられてない感じがいい。おかしいやつってわかってるのに忘れられないなんて可哀想なんだけどそんな受けが好き。快楽に負けずに頑張ってるところも◎

ただ続きものなので今後の展開次第では評価が変わってくるな、と。
今後も読み返すと思います
買ってよかった〜

順調に調教されてる

シリーズ通して読んでます
新刊ありがとうございます、読む前に最初から読んだんですけど受けは顔つきから違う。最新刊では完全にトロッてる。顔つきとか性格までも攻めによって変えられたのか…って思うとめちゃくちゃリアル調教。身体はもちろんのこと精神までも上手いこと調教されてますね。


受けは終始トロ顔なんですけど元々ゲイでシリーズ通してみれば納得できるので気になりませんでした。
ストーリー的にはベタですけど好きなシリーズだったので楽しめました。
新鮮味的には物足りなさがあったので萌評価にしました。
欲を言えばせっかくSM設定だし、本格的にオモチャとかも駆使してもっとガッツリ調教SMしてほしい!!!!!ガチSM作品少ないんでお願いします!



壁になれた(森さんサンキュー)

カップルのイチャイチャを読むことができます
甘い作品を読むにあたって自分は壁になって読みたい派なのですが、まさに壁(森さん)になってセッを覗けます。
とりあえず甘いカップルのセッをひたすら覗いてニヤニヤできる、まさにBLの真骨頂を貫いてくれた作品です
辛いとか重いとかそんなのありません
心をエロか甘かにスイッチすればスラスラーっと読めます

ほんとに糖度の高い作品って少ないし絵柄も良いので甘々作品好きな人全般に受けるんじゃないでしょうか。

東条先生の作品が好きな方は好きだと思います

ギヴン(7) コミック

キヅナツキ 

「ギヴン」が読みたいのに

辛口です。注意してください。

正直スピンオフでよかったのでは?と思うレベル。
話を広げすぎてメインはどうなってるんだ状態
さらには違うバンドグループですからね。軸がブレブレだしここまでカップル乱立してしまってはストーリーに影響大なのでは?

内容的にはよかったんですけど、ギヴン完結後にスピンオフとして掘り下げてくれた方がそっちに集中できたと思う。玄純の異常さも初期からではなく突発的に6巻くらいから匂わせてきて無理矢理入れ込んだ感じがしてならないです。

ギヴンが読みたいんですけど、全てを踏まえてギヴンと言うなら仕方ないですね。

もう少し買ってみよう

辛口です。
寄り道が多すぎて、続きを読みたいと思えなくなっていたんです。ただ主なストーリーの進展があるのなら読みたいな、と思っていたのでこちらのレビューを読んで買うのを決意しました。

やっと軸が戻ってきたとゆうか、ようやくメインカップルが読めた。ってかんじ
でも正直もう書きつくしてるのか、読んでるこっちが読み尽くしたのか、新鮮味がなくなってしまった。
母親の問題も残されているがそこをどう盛り上げてくれるのか、それ次第では購入継続したいと思った。
シリーズ作品なので仕方ないとは思うが、初期のトキメキがmaxで最近マイヒ読んでもキュンとしないのが少し残念です。

もう、だいすきっす

シリーズ最新作、とてもとても楽しみに待っていました。
ネタバレなしでじっくり読んだほうが心にもくるので詳しくは書きませんがシリーズで一番好きかもしれません。買ってよかったと思えた続編です!
コールの絶妙な精神描写とアレックスの性格ほんと全然違うのに、ちゃんと違和感なく二人の歯車が合うのをうまく描いてくれてます
ほんとこの二人大好き!面白かった!

安心して読めた…が

アマミヤさんのタッチと舞台が海ってだけで頭の中で情景が浮かぶんですよね〜

今作、スーッと全てが上手くいく平和な作品
なにも深読みする必要なく、安心して読めます
内容的にも二人の付き合うまでの過程が9割程なので少し物足りない感があるかもしれません
攻め、受けにベタ惚れ→受け、攻めのアプローチに惹かれていく→好きになる→両思い。の過程がスーッと上手くいく。付き合うか悩んでから付き合ったはずなのアッサリ受け入れる精神力に驚き。もう少し尺が長ければプロセスを丁寧に描いてくれたのかなぁ。bl作品が溢れかえるようになったからか、自分に欲が出てきてるので新鮮味がなかったと感じただけかもです。
けれど攻めが受けにベタ惚れなのでちゃんと甘いところも読めます。

絵柄と平和な作品読みたい方はぜひ。
キスのシーンがエロかったな〜