masaBLさんのマイページ

レビューした作品

マスターレビューアー

女性masaBLさん

レビュー数0

ポイント数190

今年度45位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

弱気な執着愛

【幼馴染をメスイキ調教〜好きだからNTR(寝取り)ます】続編

付き合いだした二人だけど、自分の愛のデカさ重さを自覚して不安になっちゃう蒼と、相変わらず天然(純粋?)で蒼の不安に微塵も気づかない与。

与の天然っぷりは見事。小学生低学年男児を見ているかのような感覚。
でも、エロ&快楽への弱さはデカい。
無自覚で蒼を煽りまくるし、部屋に入るなり喋りつつも流れるように服を脱ぐ・・・恥じらいを持て!!(笑)

そんな与に煽られまくってエッチしまくってても自分の執着しすぎる愛が与を傷つけるんじゃないかと心配したり、自分が寝とったみたいにいつか他の人に寝取られるんじゃないかと不安になる蒼は可愛かったです。

蜜月<妖怪ファンタジー

【河童の花嫁】続編

今回は「蜜月」ですが、予想したほどラブラブイチャイチャはありませんでした。
なにしろ二人っきりになれるチャンスがなかなか無い♪
「妖怪ファンタジー」色の方が濃いので今回は新しく天狗が登場。
そして弟の菖蒲も未だ菊と同居中なので、表紙で想像した「しっとりイチャイチャ」というより「みんなでわちゃわちゃ」って感じでほっこりでした。

前作で”水谷の家系”になにやらありそうな発言がありましたが
今回はそこが明らかになりました。
その”水谷”のおかげで天狗の隼が人間になりすまし竜人に近づき花屋で住み込みバイトを始めるが、隼が竜人を誘惑♪
どう見ても攻めの隼による攻めの竜人口説きは、何も起こらないとは分かりつつもドキドキしました♡

そして今回またも私を焦らしてくれた菖蒲。
前作で火村に飛び掛かるシーンに若干過剰に反応してしまい、今回は隼にキャンキャン吠る姿に過剰反応してしまいました(汗)
菖蒲にBL展開を期待するもボッキボキフラグを折られるのが癖になりそうです♪

ふがいない!!

年上幼なじみ・圭一に片想いをし、叶わぬ恋を忘れるためにセフレたちと割り切りセックスをする維人。
久々に再会してからまた連絡を取るようになるが、ある日圭一と居酒屋で食事をしてる際にセフレのマサキと遭遇。
「アイツもどうせセフレだろ」と言われたのを聞いていた圭一。
結局他にもセフレが居ることを自分からばらしたがそういうのは止めるように言われる維人。

その後、マサキに会った際にマサキに自分と付き合うよう提案され了承。
後日マサキと一緒にいる時に圭一と遭遇し、そういう関係は止めたんじゃないのかと責められ「付き合ってる」と返す。
そこでマサキに席を外してもらい話してるうちに圭一に好きだったと告白される。
マサキの元に帰った際に好きなら好きとちゃんと言うように背中を押され再度圭一の元へ。。。。

マサキィィィィィィ!!!
ってなりますよね。

好きだからこそ、兄弟の様に仲良かったからこそ、素直になれないのは切なくて尊いですが若干維人のマサキ振り回し具合が引っかかりました。
圭一にセフレ関係を止めるように言われメールでマサキを一旦切ったにもかかわらず連絡を取ってくるのが理解できないしマサキになんで連絡してきたのか聞かれ「わからない」と答えるのもなんとも(笑)

マサキにはぜひちゃんと他のかわいこちゃんと幸せになって欲しいですね。

ツンデレおちびさん♡

童顔大学生・唯純が飲み会の帰りにお巡りさん・天沢に職質と言う名の補導をされそうになる出会い方がなんとも可愛い♪

料理サークルに入ってるほど料理が好きな唯純が、バイト先のコンビニで毎度弁当を買う天沢の食生活を心配しちゃう展開。
最初はただ純粋に食生活を心配してコンビニ弁当を選んであげるのむちゃんこ可愛かったです♪
天沢が優しく話しかけたり褒めたりするたびに照れる唯純も超絶可愛かったです!

唯純の友人二人もナイスキャラで可愛かったです♡

どシリアルかと思いきや♪

表紙・タイトル・帯、どれをとっても切なさ全開なのに、読み始めてびっくり。
中盤までは完全にコミカルなアホ可愛さメインでした。
所々で「ほほぉ?」と謎めいたところも出てきますが、その謎の部分も国巳本人が現状のワクワクを優先しちゃうほどに後回し♪
終盤にドドーっとシリアス感で締められてて切なさも堪能できました。

どこまでが同じ過去でどこからがやり直しの過去だったのか脳内が若干ゴチャっとなっちゃいましたが結果オーライで考えるの止めました(笑)

泣きながらも心あたたかくなる

シリーズ3作目にして完結巻。

優しくあたたかく素敵なお話でした。
今回は大きく3つに分かれてて
前作でも登場した狸の「団三郎・嵐太郎」のお話。
円仁が連れてきた壷の付喪神「阿国」のお話。
玉嵐と円楷の天寿のお話。

どれも感動でした。

嵐太郎の恋のお話では、嵐太郎の感情に気づき・じっと話を聞き・優しく話をする円楷の立派な姿に感激しました。
1巻で「なまぐさ坊主」だった姿とは比べ物にならないくらいに人として成長してる姿はカッコよかったです。
阿国の話はとにかく泣いちゃいました。どれもそうですけどこれもやはり優しいお話で。切ないんですが最後はあたたかくなる展開に泣きました。

ラストは玉嵐が円楷を生涯最後の相手と決めたお話。これも勿論切ないんですがやはり心あたたかくなるお話でした。
BLというよりヒューマンドラマですね。

可愛いが過ぎる!!

アナニーにハマった藍之助がお尻でイってみたくて出会い系サイト見てたらオッサンに痴漢されて、そこを助けてくれた奥海にスマホ画面(出会い系サイト)が見えてたことも指摘されついでに番号渡される!
手が早いイケメンリーマン奥海(笑)

ゲイな訳じゃないけどお尻でイってみたいとバカ正直に話しちゃう藍之助可愛いし、それに対して「うまいよ、俺」とどや顔の奥海も可愛い♡
トロトロに気持ちよくしてもらって身も心も落ちちゃう藍之助♪
可愛い藍之助の可愛いエロ姿にさらに落ちちゃう奥海♪

もぉ可愛いしか感想が出てこない語彙力崩壊させる作品(笑)

かわいいかわいいかわいいかわいい

タイトル通り。とにかく小悪魔のスピカがかわいい!!
まぁなんてったってこの表紙から分かる!うん。かわいい♡

サキュバスに憧れ、精力吸い尽くそうと頑張って人間界に行き最初にターゲットにしたムギに襲い掛かる。
夢だと勘違いしたムギはノリノリでセックス♪
翌朝目が覚めたら魔力がなくなっていたスピカ。魔界へ帰れなくなったのでムギの家に居候することに。
一生懸命で純真なスピカの可愛さにメロメロになっちゃうムギカッコよかった♪

何日か経った頃に他の悪魔に魔力が消えたままだとそのうち姿も消えると忠告されたスピカはムギにセックスおねだりしまくるが仕事も忙しくなったムギの体力が心配になり他の男の精力を貰おうと夜の街に出る。
声をかけてきた男に路地裏で襲われるがムギ以外の男とのセックスが嫌で泣き崩れたところを偶然ムギが通りかかって助ける。
無言のまま帰宅する二人にドキドキわくわくでした!!

スピカの兄と名乗る天使に、実はスピカは天使だと告げられ天界に連れていかれそうになるがサキュバスとしてムギとセックスしてることを知った兄が怒って二人を冥府へ落とす。
気を失ったムギを抱えて歩く姿には胸がキュンってなるし、以前忠告した悪魔に遭遇してムギを助けて欲しいと懇願するスピカにも胸打たれるし、結局スピカの天使の羽と寿命を引き換えに二人そろって人間界へ戻してもらうのですが戻ってからその時の話を聞いたムギがスピカの背中の羽がなくなった傷を見て心痛めるシーンはもぉたまらなかったです!!!!

最高にツボな作品でした。

コミカルファンタジー

死神と幽霊(仮)のドタバタラブコメファンタジー。

目の前で少女が車に轢かれた瞬間、死神・淵に間違えて魂を取られてしまった男子高生・京星。
魂狩ったはいいが間違えてた淵は戻し方がわからないから自分のミス隠蔽も兼ねて京星の魂を冥府にもっていこうとするが、京星に頼まれ(?)元の体に戻れる方法を探すことに。

トラブルで京星が悪霊になりかけてしまうと「悪霊を祓うにはセックス」だと言いセックスしだすのには笑っちゃいました。
ツッコミどころは満載ですがコミカルファンタジーなので笑って流せる感じでした。

全体的にアホ可愛い雰囲気ではありましたが、個人的には好みなテンポではなかったのでキャラにもストーリーにもなかなか萌えなかったです。

蒼真の変わりっぷりにビックリ

同人シリーズの亮太と強引シリーズの蒼真のお話ですが、今回の作品ではそれぞれ設定を削っているので元々のシリーズから好きだった人より今回初読みの方の方がキャラがすんなり入るんではないかな?という印象でした。

男たちに襲われてるところを蒼真に助けて貰ってから蒼真に惹かれ始める亮太は蒼真に出会ったハッテン場の入り口で彼に会えるのを毎日待ち続けるも不発の日々。
それを毎日見ていた蒼真は体調の悪い中待っている陵太の前に再度現れる。
「新しいおもちゃ」を手に入れた感覚でいる蒼真に対し、これ以上蒼真にハマるのは危険だと分かっていても気持ちが止められない亮太。


純真な亮太が蒼真の暗闇の中にどんどん埋まっていく感じは見ていてドキドキしましたし、亮太が蒼真と住む世界が違うことを実感し蒼真の元を去った後の蒼真の壊れっぷりは最高でした!
しかし、そこからハピエンへ向かっての展開がなんとも強引な感じがしてちょっとラストは萌えが半減しちゃいました。
あそこまで闇全開だった蒼真が亮太を手に入れるために改心(?)して光の住人のように爽やかに変貌を遂げたのにはびっくりでした。