ちゅんこ6さんのマイページ

レビューした作品

女性ちゅんこ6さん

レビュー数1

ポイント数11

今年度910位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

シイナ兄の本

1巻が大好きだったので、シイナ×アオイと可愛いノエルの続きが読めることを楽しみにしていました!
シイナとアオイがラブラブなとこ見れるかな!?とかもしやノエルに弟妹ができたり?シイナ実家に帰ったり?とかめちゃくちゃワクワクして開いたのですが半分以上がシイナ兄のユミツグcpの話でした...
めちゃくちゃ楽しみにしてたのでショック...

ノエルちゃんはめちゃくちゃ可愛くて、お友達もできてよかったあ(涙)なんですが、1巻から引き続きユミツグがどうしても好きになれず...
ほんとは攫ってきたΩにひどいことしてなかったと知ってもなんだかなあ...て感じです。。
ていうかシイナ一家を期待してたからユミツグに八つ当たりしてるのかも、すみません

ユミツグに番できたし、今後シイナ一家と和解したりするんでしょうか
続編あったらいいなあという気持ちでいっぱいです。

何度でも愛を叫んでくれ〜〜(切実)

1巻でめちゃくちゃ好きだった受けの隼人くん、この2巻ではラブラブバカップルで幸せそうな姿が見られるかな!?と超ワクワクして読み始めました。
結果、あああーーーーっっっああっ切ない...確かに攻めに愛されてるけどもう少し糖度がほしいっっ...3巻熱望...なんかデートしたり軽い嫉妬イベントがありながらもひたすら隼人くんが愛されるだけの1冊3巻でください...となりました(笑)

1巻の最後、童貞卒業した攻めの和成くんががっつきすぎてて若干モヤったのですが、2巻の彼を見て、いや高校生だしああなるかあ〜〜〜めっちゃ隼人くんのこと愛してるじゃん良かった〜〜〜!と拍手しました。めっちゃ隼人くんのこと好きだし大事にしようとしてます。
ただまだまだ若いのでスパダリとか愛で受けを包む!みたいな攻めではないのですが、なんかこれからもずっと大切にするんだろうな〜って感じですごく好印象でした。好きです。
隼人くんはほんと全てが可愛いです。和成くんがちょこちょこ隼人くんのこと 可愛い///って思うのですが、同じタイミングで私も ぎゃわいいいいいいぃぃぃ♡♡♡♡ってなりました、はあ愛おしい...
元彼とのターンはしんどかったんですが、和成くんがボコボコにしてくれてよかったです。あと普通に考えたらほんと浦部くんの立場キッツ...て感じです。まじでそりゃ情緒不安定になるわって思いました彼も可哀想...。
浦部くんと隼人くんのツーショはなんか二人とも顔がいいせいか微妙に距離が近いせいか若干あやしい雰囲気漂ってる気がするので、それを見た和成くんの嫉妬イベあるかな?と毎回謎にワクワクしてましたが今回もなかったです(笑)

和成くんと隼人くんは仲直りの度にエッチするんですが、これがこの先付き合って数ヶ月数年たっていって、エッチしないでも仲直りできるようになったらイイネ...エッチしなくてもそこには愛があるから大丈夫...みたいなのが無意識に分かればいいなあとか思いましたが、まあ高校生だし普通に性欲溢れてるわな!エッチするわな!!!で終了です。

あ〜〜3巻読みたいなあ、エッチだけじゃなく可愛い隼人くんのいろんな表情見たいです。ただただ和成くんが隼人くんのこと 可愛い///////って思いめちゃくちゃ大事にしてラブラブするだけの続編待ってます!

Ωが「さかり」と呼ばれている

時代もののオメガバース作品はこちらが初めてだったのですが、設定がとてもツボでした。
まだ抑制剤とか特効薬とかが何も開発されてない時代、街中で発情期になってしまった「さかり」(Ω)は警察に捕まってしまうようです。やはりこの世界でもΩは蔑まれているし、現代ものオメガバース世界よりも人権なんかなさそうです。

私は今にも消えてしまいそうな薄幸受けがとにかく大好きなので(笑)、受けのマヤは本当にツボでした。マヤはたぶんハーフで、これはこれで時代柄差別されて嫌われています。

お話はα×Ωの王道CPシンデレラストーリーでした。身分差もあります。マヤは本当に可哀想な目にあいまくるんですが良くも悪くも内容はかなりあっさりしていてすぐに読み終わっちゃいました。設定もマヤのことも大好きだったのでもう少し長く読みたかったなあ...。

攻めの征爾とマヤの2人、ふわふわしていて超可愛いです。純愛〜〜!!って感じがします。征爾にもらったビスケットを食べるマヤ、征爾に会いに行けることが嬉しいマヤ、征爾とあんずを一緒に食べたいマヤなどめちゃくちゃ健気で可愛くて守ってあげたいその笑顔...。そして一番最後、マヤの満面の笑みはこちらまで幸せな気持ちになりました。マヤ〜〜よかったなああ〜〜ほんとよかったなあ...って結婚式に参加してる親戚のオッサンみたいな感じになります。

そしてマヤは作中でよく涙を見せるのですが、涙と瞳の描写がとても綺麗でした。これからマヤが流す涙は嬉しい涙だけであってほしいなあ...征爾よ頼む...。。

ビスケットの箱を大事にしているマヤ、そりゃ征爾も更に愛おしくなっちゃいますよね〜〜私もなりました。
義父とも仲良しみたいだし、これから幸せに暮らすんだろうなあ。ほんと、もう少し先まで読みたかった2人でした。

俺も立派なエーシストってやつだぜ...

久しぶりに商業で声を出して笑いました。丸々一冊、同じ二人の話です。
本作の受けの推しは俳優ですが、俳優じゃなく例えば二次元のキャラクターでもなんでも、一度でも何かにドハマりしたことのある人は作中の受けの気持ちに共感して笑えるのではないでしょうか(笑)あるある〜〜めちゃくちゃ分かる〜〜!!って感じで面白かったです。
でもギャグ漫画ではなく、絵もキャラもすごく可愛いし作風が始終明るいテンションなのですぐにお気に入りの1冊になりました。


以下ネタバレです。
光属性俳優の年下攻め×ネトゲ廃人オタクの年上受け。ネトゲ廃人とは受けの南戸くんが自分で言ってることなんですが、ゲーマーでゲーオタ・仕事が在宅ゲームプログラマーなので引きこもりがちなものの性格は若干人見知りというくらいでそこまで廃人じゃないです。むしろ素直で愛嬌のある可愛らしい受けです。
攻めの北川くんはとにかく顔が良いです。彼氏にしたい芸能人1位に選ばれた今をときめく若手俳優で、高そ〜な家に住んでいてオシャレ〜な店で単価3万前後の洋服を大量買いできるくらい人気です。でも全く擦れてない超イイコです。南戸くんのオタク言動にも偏見は一切なくいつもニコニコしています。
北川くんと南戸くんはオンラインゲームで出会い、文字チャット→音声チャット→二人でオフ会!みたいな流れで関係が始まります。北川くんはメディアによく出るようになってから周りの態度がコロリと変わったことに辟易していて、そんななか家にテレビもなく芸能人に疎すぎるせいで自分のことを全く知らなかった南戸くんの新鮮で正直な態度に惹かれていきます。
初めて会うときの待ち合わせの場所が北川くん指定の恵比寿だったり、ランチに入った北川くんおススメのご飯屋がめちゃくちゃお洒落だったりと、街に迷い込んだ野生の小動物みたいな南戸くんとの温度差が笑えます。
でもその後互い好きなゲームの話で盛り上がり、一気に仲良しになり、イベントへ一緒に行ったり家へ行ったり...と二人は最初から最後までずっと仲良しで微笑ましいです。
家で遊んでるとき、寝てしまった南戸くんに北川くんが思わずキスをしちゃうんですね。なんとなく意識のあった南戸くんがここから北川くんのことを意識しだし、童貞を拗らせてエッチな夢を見ちゃったりします。
その後、新作ゲームの打ち合わせで会議に参加した南戸くんの元に、そのゲームのCMに出演する北川くんが現れて芸能人なのがバレるー!?みたいな感じです。
北川くんが芸能人だと知ってから興味本位で検索していたらいつのまにか立派な北川ファン(通称エーシスト)になり更にガチ恋ファンにまでなってしまった南戸くん、北川くんの表情ひとつでキュンキュンするしバックに花が見えるようになるので笑います。
そんな感じでまあ両思いになり、途中からは付き合ってる二人の話です。「北川英梓にハマりたてのオタク」である南戸くん、めっちゃエーシストをエンジョイしています(笑)
南戸くんの友人2人も出てくるんですが、私はここが一番笑いました。とりあえず南戸くん含む3人、服がずっとダサいです(笑)モサいシャツをインしてたりモサいパーカーを着てたり、ジワります。ただクセの強いキモオタ友人2人ですが、カミングアウトした南戸くんを素直に祝って応援してくれる普通に良い人たちです。
その後初エッチを軽く済ませて本編終了です。小ネタやキャラは面白いし可愛いですが、BLの面はかなりサラリとしています。2人はすんなりくっつくし、当て馬もいなければホモを脅かすクソ意地悪な女子もいません。(ほんのちょっっとだけ南戸くんにチクリと言うモブ女子がいますが、ほぼいないと思って大丈夫かも)
だから頭を空っぽにしてひたすら楽しく可愛い商業が読みたいときにぴったりかと思われます。私は元気になりました(笑)

描き下ろしは、北川くんの写真集を買って握手会へ行くガチ恋ファン南戸くんのお話です。もうそれだけで笑っちゃいますね〜^^

2人ともほんわかした雰囲気だったので、これからもずっとほんわかしてたらいいな〜〜って感じです。南戸くんは今後、北川くんの舞台とか試写会とかにも足を運ぶんだろうなあ...(笑)