>
>
>
第2回 BL小説アワード

第2回 BL小説アワード

第2回ちるちる小説アワード。「魔法使い」というテーマで10000字の中にたくさんの思いを込めていただきありがとうございます!

■決定方式
2016年2月12日~2月28日間のユーザー発表 1pt
ちるちるスタッフ票 5pt

応募作品数 61作品
選考作品数 20作品

3月10日 最終結果発表

  • 大賞 俺の好きな人が真の魔法使いになるため三十歳まで童貞でなくてはならないなどと意味不明なことを言っている 筆者:カマボコ 34Point
15,000円分の図書カード、またはamazonギフト券
編集部コメント

メインキャラ二人のコミカルで軽快な掛け合いが微笑ましく、会話からそれぞれの性格が掴みやすかったです。ライトノベル風のタイトルからコメディタッチの作品を予感させつつ、本編できちんとオトす構成にも驚かされました。また、禁術とされている『魔法』の内容がしっかりと組み込まれており、一万字という制限の中でストーリーがきちんとまとまっている点も高評価に繋がったのではないかと思います。

筆者コメント

まさかこんなことになるとは思ってもおらず大変驚いております。何かを書いたことがある人間ならこういうところに素敵なコメントを書く自分の姿を一度は夢想したことがあると思いますが、そこで鍛えたはずの妄想力は全く仕事をしてくれておりません。そんなわけで何を言いたいんだかさっぱり分からない状態になる前に全力で感謝の言葉を叫んで〆ようと思います。本当にありがとうございました!

  • 準大賞 涙滴の無言歌 筆者:真夜野ふみ 22Point
5,000円分の図書カード、またはamazonギフト券
編集部コメント

情景の描写が丁寧かつ美しく、流れるように展開する物語が印象的でした。『魔法使い』というテーマならではファンタジックなストーリーでありながら、安定した文体により無理なくのめり込むことができ非常に読みやすかったです。エロシーンもしっかりと濃厚で、字数の中でストーリーとエロが無理なく両立している点も特徴的でした。

筆者コメント

「BL小説頑張れ」という心意気に賛同し、参加させていただいた「ちるちる小説アワード」。そこで準大賞をいただけるとは、望外の喜びです。第1回への応募がデビューのきっかけになったりと、個人的にも思い入れのある企画なので、今後もますます盛り上がってほしいです。最後に、編集部の皆様と、何より小説を読んでくださった皆様に、心からの感謝を申し上げます。ありがとうございました!

  • 優秀賞 君のこと、もっとシリたい 筆者:me9 20Point
3,000円分の図書カード、またはamazonギフト券
編集部コメント

設定・ストーリー展開共にとてもユニークで、独創的な発想に多くの読者が驚かされたのではないかと思います。淡々と語られる尻や脚との生活は奇妙なのにどこかさっぱりとしていて、その独特な読み心地が印象的です。最後まで読むと「なるほどな」と納得できるタイトルも○。文字通りカラダの関係から始まった二人の今後が気になる作品でした。

筆者コメント

自分が魔法を使えたらどうするだろう…という、願望を詰め込んだお話が書けてとっても楽しかったです。お話を書く事の難しさも痛感しましたが、自分の想像を具現化できる創作って楽しいなぁと改めて感じました。そしてそれを人様に読んで頂けた事がとても嬉しかったです。ありがとうございました。

来栖みさ
グッジョブ

コメント

  • ハタケカカシ 16/02/15 23:31

    読ませる力のある作者さんだと思いました。
    惹きこまれるいいお話ではあったんですが、作者さんの書きたい物を優先されたのかという気がします。
    「魔法使い」というテーマからずれているように思いました。

  • にのにの 16/02/19 12:36

    「魔法使い」というテーマでこれを持ってきたところに惹かれました。
    ファンタジーに走らず、でもきちんとテーマをクリアしていて、しっとり読ませてくれる。
    会話も淡々としているし話に抑揚がないけど、短編でこの内容だからこそ淡々としたこの文章運びがとても合っているように感じました。
    三人称視点固定だったのですが、読んでいて一人称?いや三人称?となったので、いっそ一人称の方が読みやすかったかなーと思いました。
    読ませてくれてありがとうございました。

森山ゆうき
グッジョブ

コメント

  • センチミリ 16/02/16 21:34

    タグと題名からこう……ひたすら血生臭いものを想像してたんですが、
    読んでみるとそれ以上に悲しい、悲し過ぎる…。
    そしてその悲しさを最高潮まで高めたところで物語を打ち切るところが酷い!(※良い意味で)
    魔法の正体といいなんといい、とてもザクッと来る話でした。

カマボコ
グッジョブ

コメント

  • ひかこ 16/02/15 18:52

    予想通り、期待通りのハッピーエンドへ!と思ったら、
    そこで終わらず、もう一つどんでん返しが用意されてたのにびっくり&ホロリ。
    瀬戸くんの魔法、全世界に迷惑過ぎます(笑)が、全て愛の成せる技?
    ちょっと遠回りだったけど、二人とも本当に良かったね・・・と、言いたいです。
    あ・・愛は地球を救った?(笑)

  • ハタケカカシ 16/02/15 22:35

    タイトルに惹かれて一番に読んでしまいました。
    タイトルからギャグだと思って読んでいたら、意外な展開にびっくりしました。
    あまり文章を書きなれていない作者さんなのか、特に長文になると日本語がアヤシイところもありましたが、オチのきいた面白いお話でした。

  • 山瀬みょん 16/02/17 18:19

    テーマ規定のせいもあり、オチの半分はすぐに読めてしまった
    おかげで正直途中で投げようと思ったが、ちゃんと大オチが用意されてていたのが良いと思う

    ただ、そこまで読まないと途中に張られている伏線っぽい物が単に推敲してないだけに見える上、
    下手なんだか態となんだか分からない癖のある、小説として微妙な文体も相まって
    最後まで読もうという気持ちを削られるのが難点

  • YUKINOYU 16/02/25 19:19

    フランスに渡米は無理ですよヾ(;´▽`A``
    でも、なんか面白かったです。
    読ませて頂きありがとうございました!

スピカ
グッジョブ

コメント

  • YUKINOYU 16/02/25 19:34

    コリンが可愛いです!
    途中のシーンでは、レフの気持ちが分かります(^ω^*)
    悲しい話なのかと思ったら……………よかったです。
    読ませて頂きありがとうございました!

me9
グッジョブ

コメント

  • ハタケカカシ 16/02/16 22:05

    さすが安定の面白さでした。
    ただこちらの期待度が高かったせいか、ラストはもう一ひねり欲しかったです。
    こじんまりとまとまってしまったのが、惜しかったかな、と。

  • 山瀬みょん 16/02/17 18:28

    壁尻ネタと魔法使いネタを組み合わせるというアイディアに脱帽
    ただ、冒頭のインパクトが強すぎたせいで、オチが相対的に弱く見える点が残念
    しかしBL小説に対する期待を裏切らないという意味では
    そのオチの弱さも長所になり得ると感じる

  • 月田朋 16/02/20 18:46

    成長するキカイもおもしろかっですが、こちらも想像の斜め上、いや斜め後ろ?をいく内容で最後まで楽しめました!壁から生えた尻……エロおもろい…!!

伊佐治祝
グッジョブ

コメント

  • センチミリ 16/02/21 20:27

    この魔法は切ない…!
    この作品に出て来る魔法使い達が何を思って魔法を使ったのかを考えると胸が締め付けられます。
    しかし魔法によって与えられる救いをぶっ飛ばし、
    辛いかもしれない未来に立ち向かうことを選んだ主人公の強さは、
    この話に出て来る魔法使いにより強い救いを与えたんだと思います。

    キーアイテムの使い方がすごい!

AR:D
グッジョブ

コメント

  • ハタケカカシ 16/02/16 12:36

    まず文頭は一字下げましょう。
    タイトルと内容があっていません。
    他にもいろいろ突っ込みどころはあるのですが、それ以上に攻めが大変魅力的でした。
    今回、ベスト攻め賞があったらぜひ差し上げたいくらいです。
    ラブラブ、クレメンースッ!

  • 山瀬みょん 16/02/27 15:03

    一万文字で非現代日本ものという難しい設定にも関わらず、
    設定の披露に終始したりセルフ二次創作状態になったりせずに
    作品として完成させているバランス感覚が素晴らしい
    結末が若干ご都合主義な感じがするのは否めないが、
    そうなって欲しいと読者が望みながら読み進められるよう誘導出来る位に
    キャラクターが魅力的に描かれていると感じた

藤井流星
グッジョブ

コメント

  • ひかこ 16/02/15 18:04

    とにかく、ミルテの健気さ!そして苦しみが伝わってきて・・。
    特に中盤の大事件~ベッドシーン直前のミルテは、可哀想だし切ないし・・・。
    そんなミルテが、終盤で『名前』を呼ばれるシーンがもう・・・素晴らしいです。
    どこか御伽噺のような素敵なファンタジーに、心が洗われました。

  • センチミリ 16/02/16 22:21

    BLで男の娘に目覚めるとは思ってもみませんでした。
    王道展開の安心感と緻密な心理描写のおかげで、
    普段あまり読まない設定の話なのにどんどん入り込めました。

ai
グッジョブ

コメント

  • センチミリ 16/02/21 21:04

    可愛くてほっこりする話。
    視点が頻繁に切り替わるので読み進めるのが少し大変でしたが、
    最後まで読んでよかったと思いました。
    お約束ながらもやっぱりそうでしたか!
    と心地よくニヤニヤできるようなオチ(おまけ?)が嬉しかったです。

自由水
グッジョブ

コメント

  • ひかこ 16/02/15 18:26

    タイトルに惹かれて、絶対読みたいと思ってました!
    終盤の展開とタイトルの繋がり方が、本当に素敵の一言です。
    ファンタジックな魔法の世界の話じゃないけど、
    まほちゃんは紛れも無く魔法使いで、沢山の人達に、素敵な魔法を掛けていますね。
    そしてそんな魔法使いだったまほちゃんが・・・・
    ・・・と、あまり書くとネタバレになってしまうので止めますが、
    心が温かくなるようなお話で、読んで良かった!と、思いました。

レトラ
グッジョブ

コメント

  • ハタケカカシ 16/02/15 22:43

    子供の頃のお話がほのぼのしていてかわいらしかったです。
    ラストもオチがきいていてよかったのですが、ふたりが別れてからの主人公のあれこれは省略して、ふたりが交流を持つところから空港で出会うまでをリアルタイムで書いたほうが臨場感とリアリティがでたような気がします。

  • センチミリ 16/02/21 21:35

    前半の話では、無理に「魔法使い」というキーワードを使わなかった方が良かったのではないかと感じました。
    もちろん最初の話の「魔法使い」と後半の「魔法使い」の間にはしっかりと繋がりがあることは読み取れますし
    ある意味そこが肝なのは分かるのですが、
    張られる伏線が最初の話に組み込まれておらず
    中盤に主人公の回想という形で後出しされるのもあり、
    ストンと来ないというか、「え…?」となってしまう人も多いのではないのかな……と。

    なんて書いてしまいましたが、
    一万字という限られた文字数で十年以上に渡る物語をこれだけ違和感なく纏め上げ、
    驚きも用意させられる作者さんは素直にすごいと思いました。
    勿論萌えと爽やかな読後感も。

  • YUKINOYU 16/02/25 19:01

    すてきなお話でした。
    ベスト・脇役賞があるとしたら、きっとユカ先生です☆⌒d(*^ー゚)
    読ませて頂きありがとうございました!