ウサギと狼の紳士協定

usagi to iikami no shinsikyoutei

ウサギと狼の紳士協定
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
9
評価数
3件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
オークラ出版
シリーズ
オークラコミックス(コミック・オークラ出版)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784775511008

あらすじ

兎川涼司は玩具メーカーの販売促進課の新入社員。同期入社の甲斐狼玲司とは、顔を合わせればケンカになる犬猿の仲。なのに、その甲斐狼と一緒に、着ぐるみでの街頭キャンペーンに出向くことになってしまった。仕事中いちいちイヤミを言ってくる甲斐狼にムカつきながらも、更衣室で見せつけられた甲斐狼の色香とそそる体に、欲望を抑えきれなくなってしまった兎川は……!? 兎×狼の煩悩リーマン・ラブコメディ。

表題作ウサギと狼の紳士協定

同期社員 兎川涼司
同期社員 甲斐狼玲司

同時収録作品桜の氷姫

高塔 産休代理教師 35歳
藤代 化学教師

同時収録作品真剣愛

伊達 ヤクザ
柏木 晶 

同時収録作品誘惑フレグランス

結良 食品会社研究員
美樹本 食品会社企画部社員

その他の収録作品

  • ロンリーウルフ ワイルドラビット
  • ウサギちゃんのお願い
  • 不埒な禁断症状
  • 愛のルームリサーチ
  • おまけまんが
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

眉間のしわが麗しい受けです

 うさぎ×狼のお話。かわいい系の攻めが、かっこいい受けを存分に愛しまくります。同期入社ということで、ライバルでもあった二人が、互いに意識しあう根底には愛がひそんでいたんですね。
 結ばれてからの展開をもっと長めに読みたかったな。

0

可愛い狼さんに首っ丈w

黒髪のツンっぽい方が受wと知っていこう読みたくてしょうがなかったこの作品。積本のなかに埋もれてそうで怖いんですが、買ってきてしまいましたww
面白かった。
表題作『ウサギと狼の紳士協定』
あいえばにらみ合い。まさに水と油。犬猿の仲だったこの二人。
とあるイベントで、一緒に仕事をすることになってしまったのです。
ウサギのきぐるみに狼のきぐるみ。
この狼さんがなんとも色っぽく!つやっぽく!エロめかしい!
食べちゃいたい(ノ=´∀`=)ノLOVE♪
ツンを気取っていた狼さん。なんとホントはまんざらでもなく・・!?
即物的、ソッコーなので、もうちょい情緒をもてよwwと思わなくも無いんですが、組み合わせ的に好きなアングルからの攻撃でたまらずキュンv
ウサギはエロエロな生き物なので、狼の性が果てるまで子作りにいどめばいいとおもう。
受け入れているときの狼さんの顔のエロさも半端無いので要チェックです!
眉間のしわがエロいよ!!
贅沢を言えば、濡れ場をもっとねちっこく長く描いていただけると嬉しかったかな。結合までもはやかったけど、結合してからも早すぎたorz
■桜の氷姫。
続き
美人の先生が窓際からいつも見つめるのは桜の木。
だれがモーションをかけても落ちない氷姫。
溶けない心。本当は・・・?!
再会ものですねww昔~の一途な思いにキュン。
レイプが未遂なのがおしxy・・(殴
■真剣愛
ヤクザさん。一人の少年を監禁し、みはってろ。
それが今回の仕事なわけなのだが・・・?!
オチが予想外でちょっと面白かったww
堅物が落とされるっていうのはなんにつけてもつぼです。
もっと堅物な男を最近みてしまっているので、ちょっとゆるいかな~と思わなくもないのですが、基本マジメな男ってやつには惚れてしまいそうですw
■誘惑ふれぐらんす
良い香りのガムを開発すべく~な二人であります。
本当にそんなガムができたらどなのよ。・・と思いますが、媚薬~といわれるものとおんなじようなもんなんでしょうか。
■おまけまんが
これがすきww赤ずきんちゃんのパロディなんですけどww
狼さん・・・狙ってないのに狙われ。
がっつり赤頭巾にたべられてしまうwwwあ~~~れ~~~w

0

なんでこっちが受けなの?

この二人どう見ても攻め受け逆なのでは?
と思ってしまいます。
今までこうゆうのは見たことなかったので新鮮です(^-^)
同期社員の二人はいつもけんかばっかで、仲が悪いように見えるんですがある日一緒に仕事をすることになって、その仕事が着ぐるみを着てのお仕事で!
それに萌えたらしく、関係を持つんですね!
受けのほうはずっと前から好きだったみたいで、
ハッピーエンドはいいですね♪
エレベーターでのチューとかなんか好きです。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ