瞳は海の色

hitomi wa umi no iro

瞳は海の色
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
10
評価数
4件
平均
2.8 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
ビブロス
シリーズ
スーパービーボーイコミックス(コミック・ビブロス)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784835212296

あらすじ

超モテ×2転校生、ブロンド王子・アレクから「運命の結婚相手」だと猛アタックをかけられた秀一。アレクの国にさらわれ、何日間も閉じ込められて、彼の好きにされるがままに…!? 表題作続編描き下ろしや温泉旅館でのロマンス、男子寮での新年×××等も同時収録!
出版社より

表題作瞳は海の色

アレクシス,留学生
青木秀一,学生

同時収録作品愛 LOVE 湯~☆

朝倉崇弘,旅館の宿泊客
村瀬敦,旅館の息子

同時収録作品First Dream

村上,学生
国井,学生

同時収録作品Tastet of Love~愛の味~/Love Cook ~Tastet of Love Ⅱ~

小田桐征司,名家のグルメな当主
鈴木裕介,住み込み調理師の応募に来た青年

その他の収録作品

  • 海の瞳に溺れたい
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数4

見事に…

全部で4組のカップルのお話が収録されています。
登場人物は学生、セレブな名家の当主、外国人と色々なんですが、お話の流れがどれも似たような感じでした。
パターンとしては攻め様の片想い(あるいは暴走(笑))→受け様の合意を得ないHへと流れ込む、といったパターンです(笑)。
この流れはこの作家さんのお話にはよくあるパターンなので、それを知っていればこの作家さんらしいなぁ~という感じで読めると思うのですが、お話のヴァリエーションを求める方には物足りないかも。
強引な攻め様ばかりの作品集ですが、ラブもちゃんとあるので、甘々な雰囲気で安心して読めると思います。

0

アラブー!

CJ Michalskiさんのアラブ、良かったです。
ものすごくアホアホで楽しかったです。
拉致監禁レイプをきっちり取り揃えたアラブものでした。

金髪碧眼のアラブの王子様は、お告げによって東洋の男の子と結ばれることが決まってしまう。
以来、何年間も恋心をあたためてきた王子様。
会った瞬間から気持ちが溢れて溢れて、ついにはレイプ拉致監禁レイプ…
この王子様、なんかアホ可愛いんですよ。受けに出会ってから色んなことをいちいちじーんと感動してる色ボケっぷりで。
さらに王子様の部下であるカイがプチ腹黒なのも良かったです。
主役の受けくんのかわゆらしさは言うに及ばず。
CJ Michalskiさんのアホアホなテンプレ作品は、テンプレに食傷してる私の何故かツボにくるようです。

他短編いろいろ。
美食家の話も好きでした。
げっそり痩せた攻めのガイコツっぷりが面白すぎて吹き出してごめんなさい。

0

お告げ正しかった!

王子のアレクは、10歳の時に占いによって、将来の人がみつかる。
秀一に猛アタック
秀一は戸惑い、アレクを拒否。
アレクは時間をかけて気持ちを向くように考えていたが、ムダと考え自分の国に秀一を連れ帰る。

0

ちょっと古めの作品です

アラブ系の一角、厳かに占われる王子の将来。そこで出たのは、東洋の少年と・・・・・

そして数年後、日本にすむ、普通の少年の下に、金髪美形の外国人が転校してまいります。少年はとっても外国人が苦手。なのに、なのに!!なんでこんなに付きまとってくるのさ!?
可愛いなんていわれてドキドキしちゃって、このキモチは何なに!?

ページ数に似合わずかなりのアップテンポなお話。
王子転校してきて、初日から猛アタック!!少年がおどおどしていようとお構いなし!
家に押しかけ、いつの間にか泊まることになってるし、夜中自分が寝たと思ってキスとかしてくるし、翌日にはなに?もうエッチなことされちゃうし!!!

しかもなんだよ、目覚めたらココはどこ!?

・・・・・・・・


短編だからですかね。かなりハイスピードなストーリー展開です。
しかも、一方的な攻王子からの求愛!
こんなん外国人が苦手な少年じゃなくても戸惑うっちゅーねん。
付きまとわれたら怖いっちゅーねん。
「僕のこときらい?」
「きライダーーーー」
で、「僕をすきだといって」で犯してしまうわけですが・・・。
続き急を競りすぎ。そんなに時間ないか?
であって次の日には・・って。
しかも、犯されてるほうも
「なんで、こんなにきもちよくなっちゃうのーーっ」って・・・
それはもう、一言「漫画だからです!」
いっちゃった☆
相変わらずショタっぽい受が気になりどころですが、
一途に想っていた~という後編も含めてまずまずです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ