闇に遠吠え、胸に棘 (新装版)

yami ni touboe mune ni toge

闇に遠吠え、胸に棘 (新装版)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
14
評価数
3件
平均
4.7 / 5
神率
66.7%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
スーパービーボーイコミックス(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784862633934

あらすじ

「俺が御主を守ってやる!」魔物を呼び寄せてしまう体質の高校生・大神祝詞の前に現れた“天狗の狛(こま)”。前世で交わした“誓約の証”で二人は惹かれあうが、狛の兄弟や美しき宿敵が立ちはだかって…!?
 宿命で結ばれた高校生と獣オヤジ♪の永遠の愛の営み★新装版!!
出版社より

表題作闇に遠吠え、胸に棘 (新装版)

大神祝詞(のりと)・高3・17歳
狛(犬の妖怪・竜族の十男)

評価・レビューする

レビュー投稿数2

読めば読むほど愛すべきおっさんが増える漫画

というか、主人公の高校生以外全員がオッサンである(苦笑)
あ、違った唯一敵対側の天神はかろうじてオッサンじゃない・・・か?

狛、元々がワンコ(狂犬とか言われてるけど)な上、
オッサンのうち末っ子(十男!)だからかもしれないが、
エッチされてる顔も、大きめの目からコロコロ涙流すのも、
祝詞に被害が及ばないように自分から離れてしまう所も何もかも可愛い。

その兄たちがその狛の様子見てからかったり、人間の手に落ちたとなじったり
場合によっては天神と組んで敵対したり・・・と様々な立場をとりますが、
総じていうなら「みんな大人げない」w
神々の争いというべき壮大な舞台もあるんだけど、正直わかりづらいけど、
それ以上におっさんの大人げなさに萌えてしまえばいいではないか。

いや、心が枯れてない所が直野さんの書かれるオッサンのいいところなんですけどね?
あと・・・直野さん、女性に見える女性かけるんですね!(こらっ

そしてまさかと思って表紙をはずしたら長髪美形オッサン×ガテン系コマオッサンな組合せが!
ほんと・・・おっさんにしか萌えなくなったら責任取ってください続き、直野さん(困惑)

2

おやじハーレムだよ♪全員集合!!

オヤジ三昧~~♪ふんふんふん、、思わず鼻歌をうたってしまうほどに、オヤジ、しかもオヤジ受け!
そしてそのオヤジが魔物とくるからオイシイことこの上ない!!
普通魔物といえば、美麗男子、どんなに何百年生きていようと綺麗な青年なのが普通ですが、これはオヤジ!
どんだけオヤジって連呼するのか、とおもうほど魔物がみ~んなオヤジなので浮足立っているのです♪♪♪

自分に近づく人間は皆不幸になると、周りをよせつけないようにひっそりとくらしている高校生・大神祝詞(のりと)
その祝詞が不思議なモノに襲われた時に助けに入ったのが”天狗の狛”(イヌ)というオヤジv
その昔、捕えられたところを祝詞の前世”御主”が助け血の契約をしたというのです。
前世の記憶がよみがえった祝詞は狛と共にあることを再び誓い、同居することになります。

と、書くと一見真面目なファンタジーっぽいんですが、実はコメディ満載ですww
シリアス一辺倒でないところがいい!使い分けが上手い!
魔物の絵も、ちゃんと描かれていて迫力があります。
狛は人間である御主が先に死んでしまった為に精気不足で仮死状態になって、現れるの続きが遅れたとか(?)
何故か狛とセットで兄の赤かがち(ヘビ)が付いてきてちゃっかり一緒に居候してるし(汗、)←これがまたオヤジで軟派
その後、やはり狛を追って兄のライオン・牡丹も現れ同居←またまたオヤジ!
オヤジハーレムになる祝詞のアパート。
しかも皆チビキャラに変身できるので大家さんに、猫と犬のペットとして認められてるし。
あ、蛇の赤かがちはいつも布団にす巻き状態なんで父とごまかしている(爆!)
狛の出す食事も爆笑もので、毎回変なものが・・・書き下ろし4コマでは宮崎アニメに登場するアレまで食卓に出ていたようだ・・・
そんなコミカル要素も含みながら、実は天地創造や神々の争いなどという壮大な話になっているところがスゴイ!!

後半オヤジブラザーズの敵である天神(マルドゥーク)が登場して、駆け引きに至るシーンなど魅せる部分も大にあるのだが、そこはオヤジものとして、やはりマルドゥークにも狛の兄弟のオヤジが恋人としてついているあたり、オンパレードで楽しくなってしまうのである。
狛は10人兄弟というので、一部亡くなったのもいるみたいだが全部揃ったらものすごい迫力ですよ。

BBCには珍しく表紙をはずした中にも4コマ漫画が満載で、とことんオヤジ三昧なのである。
オヤジ好きにはたまらない、とってもたまらない一冊になっているのです♪

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ