コミック

  • 魔女集会で番いましょう
  • 魔女集会で番いましょう

魔女集会で番いましょう

majoshuukai de tsugaimashou

  • 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作魔女集会で番いましょう

ロイ、仔ドラゴン、28歳、α
バート、魔女、25歳、Ω

あらすじ

【魔女×オメガバース】

ある日、仔ドラゴンを拾いました!?

ーーαを誘惑するフェロモンを持つΩ。
彼らはその特異性からーー「魔女」と呼ばれている。
魔女の主な収入源は自らのフェロモンを抽出して作る媚薬。
しかしフェロモンは年齢と共に減少し、やがては底を尽きてしまう。
それは、魔女にとって廃業を意味する。
年若いΩのバートは避けようのない将来へ不安を抱えていた。
そんなある日、超絶レアな生き物“ドラゴン”の赤ちゃんを発見したバート。
売れば一攫千金も夢じゃない…!?
突如として訪れた埋蔵金発掘レベルの幸運に狂喜するバートだが、この仔ドラゴン、かわいい見た目に反して予想外な秘密を持っていた……。

[ベイビー(?)ドラゴンα×老後が心配な魔女Ω]
あざとかわいい赤ちゃんドラゴンにメロメロ~~~
だけど、人型に変身するなんてーー!?

『有休オメガ』の藤峰 式がおくる、異世界ファンタジーラブコメ。

作品情報

作品名
魔女集会で番いましょう
著者
藤峰式 
媒体
漫画(コミック)
出版社
ふゅーじょんぷろだくと
レーベル
POEBACKS THE OMEGAVERSE PROJECT COMICS
発売日
電子発売日
ISBN
9784865897807
4.3

(54)

(27)

萌々

(20)

(5)

中立

(1)

趣味じゃない

(1)

レビュー数
9
得点
231
評価数
54
平均
4.3 / 5
神率
50%

レビュー投稿数9

先生の笑いとセンスが好き


こちら、
Xで流行っていた
#魔女集会で会いましょう に寄せてますよね

因みにこのハッシュタグの内容は、
「『魔女が拾った男の子が成長して、魔女よりでかくなって(ごつくてむさくてがっしりしてて)魔女を全力で愛して守る男になる話』の絵を描きますので、誰か描きたい方いらっしゃればこのタグつけて好き勝手に・・・」というものらしいです。

先生の方から明言されてないと思いますが、
笑いだけでなく、このセンスが好きだー
と、勝手に盛り上がった次第です。

話のストーリーも、上に書いたものに寄せていて
魔女がドラゴンの赤ちゃんを育てるところから
物語が始まります。
そこにオメガバース設定が掛け合わされるんですけど、

ここでいう魔女は、その特殊な体質から
世間で魔女と呼ばれ爪弾きにあっているΩ達
という世界観。魔術は殆ど使える人はいなくて
抑制剤を節約しながら貧乏暇なしの生活をしてる受けのΩが主人公です。

とにかく、貧乏性でセコいのがまた可愛い受けと
一途な事以外はズレまくる攻めが
噛み合ってるのかないのか分からないながらも
気付いたらそれモダモダってやつ!という
相変わらず笑いを堪えながらも恋心にときめく最高のストーリーでした。

思い出しながら、今も笑っちゃうんですけど。
本人たちはいたって真面目でおかしい
愛おしさの塊になること間違いなし、です。

続きものなんですねー
読んで分かったんですけど

楽しい気分で読みたい時におすすめです♪

0

子どもドラゴン、可愛すぎるよ〜〜!そして面白すぎるよ〜!

もう、めっちゃくちゃ面白かった〜〜!!序盤から中盤までは笑いっぱなし。

同じ作者様の「有休オメガ」も面白かったので新刊にも期待していたのですが、期待以上の面白さでした。
散らばるギャグ要素に、心置きなく笑わせてもらいました。

序盤、主人公・バートがドラゴンの赤ちゃんを見つけて、いの一番に思ったことはー
「ローン…組まなくて良かった〜〜〜!!」

のシーンから笑えた。

そして子どもドラゴン姿のロイの可愛さたるや…!
あんな大きなうるうるおめめで見上げられたら、おやつも何でもあげるしぎゅーってハグしたくなるし、セッッだって許しちゃう……とはならないけどギャップ萌えはする。笑

セッッシーンもそこそこあるのに、エロに振り切ってはおらずちゃんとストーリーで切なさを感じさせてくれるところがすごい・:*+.

後半の別れのシーン。残りのページ数でこの二人、どうなっちゃうの!?と思っていたら、、

…これ続きものなんだー!1巻表示に気づかなかった;

もう、早く続きが読みたくて仕方ないです。2巻、待ってるよーーー!!

1

身体は大人、語彙力赤ちゃん…!?

身体は大人(28歳相当)、語彙力は赤ちゃんなドラゴン、ロイ(笑)
こんな生き物カワイイに決まってた…!!!

そしてバートがまたカワイイからこの作品、好き過ぎる
バートはすごく普通~な感覚を持ったΩさん
この世界ではΩはその特異性から「魔女:ウィッチ」と呼ばれています
実際魔術を使える魔女は限られているらしくて結構Ωにとっては生き辛い世の中構造になっているようです
バートは森に住む魔女仲間達と月1で集会を開いては「先行きが見えない不安について」を最近はお話ししている様です
魔術・魔女というファンタジーから一気に現実的な世界に笑っちゃいます

そんな将来に不安を抱えるバートが拾った仔ドラゴンがロイ
このロイがとてもかわいい!!
ドラゴンは大分この世界でも希少種!
一瞬打算的な事も頭を掠めるバートですがあまりのロイの可愛さにメロメロでお世話します
そして愛情たっぷりに育てられたロイもバートに懐きまくりでかわいい~

そんな穏やかな日々を送る2人でしたがΩにはつきものの例のアレが突如やって来ます!!
そうです、発情期!!!
予期せぬ発情期に苦しむバート
そんな姿はロイに見せられないとお部屋にこもります

が・・・???
という所から急展開の開始です

きっと大方予想は出来ていたかと思いますが、、、ロイ君、人型になれちゃいます♪
肉体的には28歳らしいですw
でも、思考的にはお育ち中の赤ちゃんドラゴンなので語彙力キッズです
なので発情期に苦しむバートを慰めるロイですが語彙力が乏しいのですが感想がストレートwww
「バートのここ…なんか…なんかすごくいい  気がする」
笑うしかなかったです笑笑笑

衝撃の初えっち!
めちゃくちゃおもしろかったしその後とかもやっぱりおもしろいので楽しい先生作品がお好きな人にはおすすめしたいです


ロイがドラゴンな上に更に秘密があったりしてバートの老後以上に気掛かりな事が実はたくさんです
早く続きが読みたくなる1巻でした

4

藤峰式さんらしいオメガバース

藤峰式さんらしいオメガバースものでしたね。
本当に所々、面白いこと言う!!

攻めが今度は魔獣なドラゴンで。
好き同士…♡、ギュン!です。

藤峰式さんのオメガバースものは攻めが独自の価値観?で暴走して受けのことを手に入れるために、人権問題!!なのが多かったイメージでした。
受けがいつまでも、違うのに…と戸惑ったり抗ったりも。

でもこのお話は赤ちゃんドラゴンから人型になって、しかも受けことバートを助けたい!→守りたい→抱き合いたいなところが良かったです。
特に巻末のロイが一生撫でてあげるって言うのが萌えました。

やっぱり正体不明の赤ちゃんだし、バートのことしか知らないのにエッチするのは良くないとの葛藤があるんですかねえ。
好き同士ですること…。喜ぶロイがまた可愛いんですよね!

3

さすがの面白さ…!

魔女集会、支部でよくあさってました。
魔女が子ども拾って、その子供が成長して、集会に行く魔女に執着するあれです。

それがBLに、しかもオメガバースに、しかも藤峰先生なんて、もう買うしかない。

オメガ=魔女という設定でみんなで森に暮らしてるという世界です。
普段はフェロモンを媚薬として販売してるけど、フェロモンは年とともになくなるので
老後の生活のために農業始める苦労性オメガが主人公。もうこの時点でワクワクしかないです。

1話からかなりぶっとばして、え、これ1話??ってくらい濃かったです。
ドラゴン拾って育てて、母性生まれちゃったりして。発情期やってきたらなんと、そのドラゴンが人型になってエチ突入。怒涛。怒涛なのに主人公バートの1人ツッコミが秀逸なので面白くもあります。

ドラゴン的には赤ちゃんのロイ(人型だとアラサー)
とツッコミ力抜群のバート、離れ離れになってしまった挙げ句ロイの正体がわかって、これからバートはどうするんでしょう。

またまだ1巻で、序盤なのでこれからの展開が楽しみです。

2

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP