発情するので出世させてください!!

番手当って出ますか?

tsugaiteatette demasuka

番手当って出ますか?
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神163
  • 萌×289
  • 萌28
  • 中立5
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
33
得点
1260
評価数
290
平均
4.4 / 5
神率
56.2%
著者
藤峰式 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ふゅーじょんぷろだくと
レーベル
ポーバックスTHE OMEGAVERSE PROJECT COMICS
発売日
ISBN
9784865896091

あらすじ

天才ミュージシャン・ミナトに見初められた腹黒Ωマネ、南雲。
千載一遇のチャンス!!かと思いきや、ミナトの目当ては“発情(ヒート)"だった!?

傍若無人なトップアーティスト×昇進に取り憑かれた芸能マネージャー


大手芸能事務所EVER SOLID(エヴァー ソリッド)でマネージャー業に勤しむΩ、南雲 春人(なぐも はると)。
彼は出世をするためなら手段を選ばない人間だった。
タレントの仕事を得るため、本日も取引先に土下座からの色仕掛けを決行。
上手く釣れたと思いきや、クライアントが突然誰かに蹴り飛ばされる。
そこに現れたのは事務所きっての大人気アーティスト、ミナト。
驚く春人をよそに、ミナトは「俺のマネージャーになれ」と命令してきて…!?

出世に心を捧げたΩ。果たしてこのビッグウェーブに乗り切れるのか。

表題作番手当って出ますか?

ミナト,α,ミュージシャン
南雲春人,Ω,25歳,マネージャー

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • あとがき

レビュー投稿数33

番手当って出ますか?

​めちゃめちゃ良かったです。すごく好き。最初から藤峰式先生の面白世界が炸裂してます。キャラの濃さが際立ってます。それぞれなかなかなキャラクターなのに、受けちゃんと攻めくん以外はまったく気にならないのも不思議。この世界観、大好きです。のっけから攻めくんの横暴さが際立ってますが、受けちゃんのしたたかさもなかなか。お互いの利害が一致しているような、もともと攻めくんは受けちゃんを求めていたような、そんな甘酸っぱさもありながら、笑いあり涙ありの展開はさすがです。言葉少なな攻めくんの一言一言がすごく素敵でした。展開は激しいですが、ほんとに1冊にきれいにまとまっているのがお見事。読み応え抜群でした。

0

テンション高めのエロキュンラブコメ

藤峰先生の作品の中で、この作品が断トツで一番好きです。
基本がギャグテイストなので、オメガバースだけどトラウマ要素や暗さは一切ありません。

ひたすら明るくテンションが高く、ハッピーな作品です。

「出世するためなら何でもしてやる!」と意気込む腹黒Ωくん(芸能事務所でマネージャーをしている)が、同事務所所属の大人気アーティストαにマネージャーに抜擢されて…というところからお話が始まります。

で、その抜擢された理由が【Ωとヒートセックスするため】なんです。エロ確定展開(笑)
『曲作りがスランプだから、Ωとヒートセックスして「理性の蓋を開けたい」』と攻めが言い出します。
字面だけで見ると「は?何言ってんの?」って感じだと思いますが、この「何言ってんの?」の部分を、受けがいちいちモノローグで突っ込み入れてくギャグスタイルなので、とても笑えて面白いです。

でも笑えて楽しいだけじゃなく、ちゃんとキュンラブ要素も散りばめられていて、【笑い】と【エロ】と【キュンラブ】のバランスが絶妙なのが推しポイントです。

攻めと受けの漫才のようなやり取りが明るく楽しい、笑いありキュンありのエロラブコメです。
テンション高めでハッピーなBLが好きな人にオススメです。

0

明るめのオメガバース

有休オメガのシリーズを先に読んで、こんな新感覚のオメガバースあるのか!と衝撃を受け、そのまま番手当も購入しました。有休オメガの受けの子の従兄弟役として出ていた春人にクローズアップしたスピンオフ作品でしたが、別に有休オメガは読まなくても全然大丈夫なやつです。

いや〜思ったよりも良かった!!!!枕営業の何が悪い?みたいなスタンスの受けの子の性格とか、発情してやらせろ、なんて言う攻めとか、どっちもクズすぎて大丈夫か?となりましたが、ほんとお似合いカップルでした。途中まで、なぜ攻めのミナトが受けの春人を好きになったのか謎でしたが、おそらく「ミナト」としての自分ではなく、本当の自分そのものを求めてもらえた気がして、惚れちゃったのかな。あとは読んでて何度も思ったけど、ミナトあんなスカした感じで、意外と恋愛経験なさそう笑笑

途中、芸能人設定にありがちなスキャンダルによるすれ違いがありましたが、もうそこが切なくて切なくて泣
あの腹黒で自分の出世のために抱かれるような子(ミナトにしか抱かれてないぽいけど)が、ぼろぼろ泣いて…。いつも余裕そうなミナトのあの表情も切なかったな。
けど試練を乗り越えた先には光があります!最後の幸せえちえち最高にきゅんでした!

3作品とも素晴らしかったので、他の藤峰先生の作品も購入しましたー!楽しみです。

3

ミナトがビジュ爆イケすぎる(ノД`)♡♡
終盤はグッて苦しくなるけど、本当にハッピーエンドで、、最高の1冊ですね。
春人がだんだん心を開いてお互いが惹かれあってゆくのに、、芸能界は厳しい( ˊᵕˋ ;)
でも、生放送でのアレは本当にこころがキュンキュンした、、、
番になる時はエロエロでしたね、、
これからも幸せな2人で居て欲しいですね
有休オメガ三三九度で2人の結婚式が描かれているのですが、それも素敵で作者様ですほんとうに。


2

番手当あってもいいよね

『有休オメガ』に次いで2作目の藤峰式先生のオメガバース×コメディでした。
あとがきに鈴谷(有休オメガ)と春人は従兄弟の設定とあり、びっくり。
演技が上手い、二面性持ちな所は似てますね。
春人はΩである事も出世の為なら武器にする逞しい受けです。そういう部分も鈴谷に似てたのでよく似たお話だなぁと最初の方は思ってたのですが、前作より笑い、エロ、ラブの3大要素を大幅に上回ってくれました。

理性の蓋を取っ払う為に春人をマネージャーにしたミナトと、その機会を両方してのし上がろうとする春人。
そんな2人がお互いに本気の恋に落ちて行く様子が良かったです。
キュンとするような甘いシーンの直後にギャグで落とされるのもクセになる楽しさでした。
激しいHのあとに必ずご飯を作らされる春人、不憫ですが笑えます。

トップアーティストであるが故の孤独に寄り添いたいと思うようになる春人が、やむお得ずミナトの元から去らなければならなくなった所は切なくて、春人の泣き顔に釣られて泣きそうに。
コメディなのに切なさもあって、生放送でのプロポーズなんかもドラマチックでとても好きでした!

2

枕営業の恋が育っていくまで

テイストとしては『有休オメガ』に似た感じで、そちらが好きな方はこちらも面白いと思います。

身体の関係から始まったわけですが、春人がだんだんミナトを好きになっていくのがすごく良かったです!最初のエッチのときの春人の可愛さよ…クールなミナトがギュウン!となるの、めっちゃわかります!!あんなセリフ言われたらたまらんでしょうね~。

夜景デートのときの二人がとても幸せそうで、でもその後の展開がヤバくなるのは分かったので嬉しいのに可哀想で複雑でした。だから春人が玄関から出たときに、私の涙腺も崩壊…。

ま、ミナトはスパダリですからね!どうなってもミナトの元に帰っていくのは分かってましたけどね!!公開プロポーズとか、かっこよすぎて炎上どころかファン増えまくるでしょ。

あと、初井さん達がどっちだったのかな~って私も気になってるんですけど!なんで答え合わせないの?有休オメガの続編にでも出てくるの!?

そちらは完結まで待っているのでわかりませんが、藤峰先生のまた楽しくて切ないオメガバース読みたいなって思っています。

2

奏でられる豊かなハーモニー

藤峰さんの作品はどれも登場人物が楽しくて好きなのですが、こちらもとても楽しかったです!ツッコミ所満載!冒頭から楽しく笑わせていただきました!

春人の強かさと狡猾さと真面目さと有能さとパワフルさと純情さが好きです!狡猾なのに純情!更に、どんな苦境でも決して諦めず、今できることは何か、最善策は何かを考えて行動する前向きさが眩しいです。その姿に元気づけられました。
ミナトの才能はもちろん、横暴ぶりや俺様ぶりも作品内で重要な軸となっていて、最後の最後まで輝きまくっていました!最初は「利用価値がある」程度の感情しか抱いていなかった春人に対して、それ以上の感情を抱くようになっていく過程で、彼自身のロマンチックさが引き出されていくところもとてもよかったです。
最初は本当にお互いに利用し合うし、ミナトの言い分も酷いもんでしたけどね!(笑)
それがぶつかり合いながら、二人でともに過ごしていくうちに思い遣りや愛情が芽生えていき、かけがえのない相手になっていく。思い合うからこそ別れを選んだ春人の決断には胸が痛くなりました。ですが、そこで春人の想いの大きさや深さを感じられたのも事実です。あの春人が!?と(笑)
初井さんをはじめ、脇を固める登場人物たちも個性があって魅力的です。最初は全然懐かなかったうにとトロが、いつの間にか飼い主のミナトよりも春人に懐いている様にほっこりしました。可愛い!

オメガバース設定が溶け込みつつもよく活かされていて、オメガバ作品としての読み応えもありました。藤峰さんのオメガバ作品は他作品でもオメガがたくましくて好きです。アルファも決して嫌味なだけではないところが良いと思います。
そして、エロい!日常パートの明るさやおもしろさに意識を持っていかれがちですが、ひとたびそういうシーンになるとエロい!ヒートでめろめろとろとろになってしまう春人も、そんな春人に興奮してしまうミナトも見応えがありました。かと思えば、胸きゅんキスなどもあり、盛りだくさんで満足です。

紆余曲折を経てのラストに感動しました。
芸能界という業界ものの華やかさと、いち会社員の出世欲や柵という世知辛さ、笑いやツッコミ所のあるおもしろさとエロさと純情さなどが、豊かなハーモニーを奏でてくれている作品だと思います。

2

もういっそコミカルに

天才的シンガーソングライターのミナトと、そのマネージャーに抜擢された春人のカップル。オメガバースです。

春人は、枕(直前で気絶させて未遂)の振りをしてハニトラを仕掛けるのも厭わない、芸能プロダクションのマネージャー。これって犯罪では。

一方、ミナトはそこの超売れっ子ヒットソングメーカー。傲慢なキャラで、春人を引き抜く。出世のためならなんでもするという春人に、インスピレーションを湧かせろとヒートHを要求。この辺はBLファンタジー展開なのかな〜
そのうちにお互い本気になります。

ところどころ結構コミカルで、それがまたギャグセンスが冴えてて、こっちの方に振り切っちゃえばいいのに、という感じがあります。
そうじゃないと、春人の、出世のためなら何でも、というあたりがやりすぎ感があってちょっと引っかかりますね。関連作品でも、とにかく仕事をさぼりたいというあまり感心しないキャラが出てましたし。

まあ、すごく甘い感じで、お話の細かいところはあまり気にしない方がいいかもです。

1

レビュー読んでから買おうと思ってるんだったら、一回読んで。

正直な感想をいうと、悔しい。
何が悔しいかっていうと、普通に読み応えがあった。
読み応えありすぎて、途中で読むのやめたもん。読んでると、おなかいっぱいになるの。続きはまた明日ね!ってくらい。

藤峰先生の受って大抵強かなんだけど、今回も例に漏れず。攻はαだからもちろん勝ち組なのね。そんで、今回の攻がなんだかんだ無口でクールなんだけど、純粋な男性。
話の展開が90年代のラブコメみたいでおもしろい。90年代のラブコメ…?2000年代のラブコメくらいかも。とにかく、ラブコメって感じで見る人を引き付ける。

……思ったんだけど、ちょっと読んでみて。
レビュー読んで買おうと思ってるんだったら、一回読んで。
ボリュームがありすぎるし、ドラマみたいだし、読んだら絶対おなかいっぱいになるから。
作品紹介で一個でも性癖に刺さったら、読んだほうがいいねコレは。

現場からは以上です!!

2

じつは超ドラマチック!

最近、ハマっている藤峰式先生の作品です。
藤峰式先生は絵が丁寧で、スッキリしているので読みやすいです。

ミュージシャン ミナト(α)とマネージャー 南雲 春人(Ω)のお話。

芸能事務所のマネージャー 春人は、出世のために悪知恵を働かせて「生き馬の目を抜く芸能界」を生きていました。
ある日、超売れっ子ミュージシャン ミナトからマネージャーとして指名されます。
突然のことで、戸惑う春人…でも、これは「超特大チャンス」なのでは?
しかし、事務所の規定で、Ωの春人がαのミナトのマネージャーにはなれません。

ミナトが春人をマネージャーに指名した理由は、理性を飛ばして曲を作るためでした。
「ちょっと発情してセックスさせてくんねえ?」
少なからず悩んだ春人でしたが、出世するためにミナトを利用することにします。
春人の「心の叫び」が面白い!
『有休オメガ』の鈴谷くんを彷彿させます(笑)
事務所に内緒で強制発情セックスをすることになった春人。
あまりの気持ち良さに、途中から記憶を飛ばして「番にしてぇ♡」とおねだりしてしまいました。
この言葉がミナトの考えを変えることも知らずに(笑)

大好きな音楽を追求していくうちに孤独になったミナト。
そんなミナトの初ラブソングは、春人のために書いたんですよ。
春人と付き合うようになり、ミナトはいろいろな表情を見せるようになります。
ミナトは春人に恋しているんですね~。
一方、最初はミナトを利用しようとあれこれ我慢していた春人ですが、俺様だけど不器用なミナトの心に触れて好きになってしまいました。
イケメンで超売れっ子ミュージシャン、そしてラブソングのプレゼント。
うーん、好きにならないわけがない(笑)
そんな2人にキュンキュンするのですが…幸せは長く続きません。
2人がキスしている写真をカメラマンに撮られてしまいます。
なんとか事務所が揉み消しましたが、規定違反の春人は事務所を辞めることに…。

このお話には、当て馬が登場します。
事務所のミュージシャンで清司六です。
自分より人気のあるミナトに嫉妬しているのですが、いろいろと行動が大胆です(汗)
他に脇キャラでは、事務所の役員や同僚も登場しますが、とくに重要なのはベテラン俳優 初井賢史とマネージャーの内海です。
個人的には、ネコのうにとトロがお気に入りです。
春人がいなくなってことで、ミナトより荒れていた2匹が可愛いな~。

Hシーンは、たくさんあります!
どれもエロくて濃厚ですよ。
感じまくっている春人くんの喘ぎ声がたまりません(笑)

描き下ろしは、とうとう番になる2人の発情セックスです。
噛まれ過ぎだけど、大丈夫?

オメガバース設定に、コメディとラブストーリーとエロ…と、『有休オメガ』よりもパワーアップしております。
藤峰式先生のオメガバースは本当に面白いのでおすすめです。
あとがきに「春(番手当)と鈴谷(有休オメガ)は従兄弟です」と記載がありましたが納得の血縁関係!!
あの鈴谷くんの従兄弟なら、春人はしっかり「番手当」を要求しますよね(笑)
いつか、コラボが読めたら嬉しいな~。

ちなみに、ミナトがセックスの後にリクエストした料理は…
パトゥルジャン・イマム・バユルドゥ(トルコ料理)
ブッフサレ・リ・ド・ヴォ(フランス料理)
何でも作れる春人のマネージャースキルはあっぱれです(笑)

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う