NOW HERE

NOW HERE
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神33
  • 萌×28
  • 萌14
  • 中立1
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
23
得点
240
評価数
61件
平均
4 / 5
神率
54.1%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
蒼竜社
シリーズ
Holly Novels(小説・蒼竜社)
発売日
価格
¥857(税抜)  ¥926(税込)
ISBN
9784883863488

あらすじ

朝目覚めると、福山の隣にみすぼらしい中年の男が眠っていた。酒に酔ってお持ち帰りしたらしい。見覚えのある顔、細い綺麗な指。・・・男はなんと、福山が努める会社の経理部の部長・仁賀奈だった。仁賀奈は、五十歳の今まで童貞で、女性は勿論男ともつきあったことがないという。初心で化石のような男が新鮮で、福山は「年下の可愛い恋人」としてつきあい始めるが・・

表題作NOW HERE

30歳・営業係長 福山智
50歳・経理部部長 仁賀奈正敏

評価・レビューする

レビュー投稿数23

現実の50歳はもっと結構若いよね

枯れもの大好きな私でございますが、同じ年の差20歳でも、20歳と40歳だとビターラブな感じなんですけど、30歳と50歳になった瞬間、とてつもないオヤジのにおいがします。
そういったオヤジっぷりも、普通のBLなら会社社長で渋めのオジサマ筋肉質、みたいなキラキラ設定になるのに、この話ときたら

おしぼりで顔拭く
弾力がない柔らかい肌
ED寸前の遅漏

お、終わってませんかね……終わってませんかねコレBLとして!!
設定だけでハードルが高すぎて、万人受けどころか完全なマニア向けじゃないかと心配になりました。
しかし読み出したらやっぱり最後まで強引に引っ張られるこの恐ろしき吸引力はなんでしょうか。
気がつけば恋に落ちてるこの不思議。

私は木原作品で色々な萌を開眼してきましたが、加齢臭すらしてきそうな草臥れオヤジ受に嵌ったのは間違いなくこの作品の影響です。

2

ダメ男×オヤジ

原作未読。
攻様の福山がとにかくBLに出て来る典型的ダメ男なんですよ。
イケメンなのをいいことに適当に食っちゃ捨てしてて、
30歳だから若かった頃より上物のヒット率が下がったなんて思ってる。

酔ってヤリまくった朝、目覚めると隣にオヤジが‥。

原作読んでないんで、どういう描写かわからないんですが、
仁賀名さん50歳のお声じゃないです。もはやじーさんです。
全国の50歳のオヤジに謝ってほしいくらいの枯れっぷりです。
飛田さんイケボなのに(涙)。原作者さんの要望だったとか。
待ち合わせに遅れて(正確には忘れてて)走ってくるとこなんか、
息も絶え絶えで「ええー!?死んじゃう、死んじゃうから!!」
‥本気で心配するほどでしたよ。

鳥さんはイケメンボイス全開で口説いてくるので、
仁賀名さんとの年齢のコントラストが、
お声でわかるのってすごいですね。
私はオヤジスキーでないので「萌え」はしませんでしたが、
じわじわまた聴きたくなる不思議なCDです。

1

ヘタレオヤジスキーにはたまらない一品

シルバーウィークなだけにシルバー受をチョイス。

しかも徹底的に容赦も手加減も無くシルバーです。まごうことなきオッサンです。
鈴木ツタ先生の挿絵がさらにお話を銀色に彩ってくれてます。

この話の何が好きかと言いますと、受の50歳童貞のオッサンを表現する木原節のエッジがききまくっているとこ。
「仏壇に飾られる落雁みたいに食欲をそそらない中年男の体」
「シーラカンス男」
「枯れ落ちる寸前」
など、とことん魅力を感じないオッサンが受なんですが、
そんなオッサンに約20歳も年下でイケメンな攻が、ほんとうにいつのまにか夢中になってしまっているお話です。
最初の攻が酔い潰れた一夜の過ちから、遊びのつもりで恋人ごっこをしていたらハマりにハマってしまい、恋に浮かれて有頂天かと思ったら、受の容赦ない拒絶にドン底に突き落とされ、攻がそれでも諦められずになんども上がったり下がったりして粘り勝つ流れは、さすが木原先生というか。
最後の受の心境の変化は木原先生だから納得できるオチではないかとおもいます。

総評としては『痛い』話なのですが、ところどころの木原節がウケてウケて…
「シ続きーラカンス男」と「俺から半世紀の匂い、しない?」には笑った…www
ほかにもウケた文章がたくさんあったので、痛い内容のわりには重い気持ちになることはなかったです^ ^

3

こんなオジサンどこにもいない

作中で50歳→51歳になる純粋であるがゆえに逡巡する経理部長と、自分勝手な思い込みから予想外の悲恋を味わう29歳→30歳になる営業係長の愛が実るまでのお話。ハッピーエンドとなるまでにドタバタな展開なのですが、さすが作家さんの文章力で無駄がありません。
お話の途中まで、この弱弱しいオジサンが立ち直れないくらいに貶められるのかと思うと気の毒で読むのが怖いくらいにドキドキしておりましたが、心配無用でした。お話としてミエミエの展開ではなく、「普通はそうだよねー」な設定になっています。
安心してお読みください。おすすめ小説です。
私、仁賀奈とたいして変わらない49歳なんですけど、同い年の男をどれだけ見渡しても仁賀奈さんみたいにカワイイおじさんいません!善人すぎる!純粋すぎる!仁賀奈は社長のことをイマイチよく思っていないようですが、世間を知ってスレた面もあるからこその社長が仁賀奈を保護して今があるんだろうな~と勝手に考えてしまいます。

4

どこにでもいそうなおじさん

 福山が昨日の飲み会で声をかけたのは、経理部の仁賀奈です。まだ若い福山からすると、久しぶりだったとしてもなぜ仁賀奈だったのでしょうか?(笑)
 その上、仁賀奈ははじめての経験だったのに、福山のその一回に奪われてしまったのです。

 ものをはっきりと言う福山と、奥手すぎるほどの奥手の仁賀奈です。何度か遊んで、それでなかったことにしたいという福山でしたが、何度かデートをするうちに、遊びだったはずなのに、だんだんと仁賀奈に入り浸っていくのです。50歳から51歳になる瞬間も仁賀奈と体を重ねるのです。
 福山は自分の誕生日を危うく忘れられそうになったときは、子供のように怒り出すものの、仁賀奈に花束についていたリボンをつけさせ「仁賀名さんをください」と言うのです。これが一番のエロだったなーと思うのです。

 ところが、このだらだらとした関係が終わる日がやってくるのです。仁賀奈が密かに思いを寄せていた社長の妻、利子に別れ話が持ち上がるのです。

 仁賀奈は福山にはっきりとつきあえないと断るものの、どうしても福山はあきらめられないです。

 体を触られれば感じるけれど、それが本当に続き好きかなんて本人しか分からないことです。私は、一方的に押しつけてくる福山を「よく断った」と仁賀奈寄りで読んでいたのですが、本当の展開はその後にあるのです。風邪をこじらせた仁賀奈が入院したとき、福山は、お見舞いの品を届けたくても届けられないし、ましてや病院に入りたくても入れないのです。

 戯れから始まった二人の関係は、ちゃんとハッピーエンドになっているのですが、仁賀奈さんというどこにでもいそうなおじさんが素敵に書かれているところが印象的でした。

2

ゲテモノ食いか、はたまた純愛か

冴えない上に無口で、50まで男とも女とも致したことがない(ある意味、社会的アウトサイダー?)なおっさんと酔った勢いで30歳の美形男・福山が寝てしまう――。
ここまではまぁアリかなと思うんですが、その後、なぜか美形の彼は面白半分でおっさんにアプローチをかけていく→リアクションうすっ!→そのうち好きになってしまう→無反応
完全一方通行にもほどがある!なんじゃあこりゃあああ!ステージがいっこもクリアできないゲームにムキになってやってるようなものじゃないか!
途中、冴えないおっさんのリアクションに一喜一憂しながらも、あまりにうっす~い反応に「うわ、リアクションすくなっ!」と福山に同情すら覚えましたよ、ワタクシは…。健気ですらある。
挙句の果てには、どう考えても冴えないおっさんに「あなたは一方的に押し付けてくるだけで、あなたのことは好きじゃない」とまで言われる、おっさん、ある意味残酷すぎます。
この二人、頑なまでに青春時代の片思いにこだわる仁賀奈と、リア充臭たっぷりなのに、なぜか見返りのうっす~い恋愛に頭っからつっこんでしまう福山、ベクトルは違えど、どちらも「満たされないものに一生懸命続きつぎ込む」って点ではピッタリと一致しているのがおかしい。
でも、恋愛ってこういうものじゃないかなぁ、という気がしないでもない。
周りから「うぇ、なんでそんなものに…」と変な顔されても、見返りがなくても、自分の悪趣味に呆れるほどなのに、いや、逆にそうだからこそ、ハマってしまう心理ってあるんじゃないかな。
腐女(男)子のみなさ~ん、心当たりあるでしょー?ありえない金額と時間をBL本にぶっこみ、世間からは「うぇ」と言われ、ワクワクテッカテカで買った新刊本には裏切られw 膨大なコレクションに自分が嫌いになりそうなのをウッとこらえるw 無機物でもこれだけタチ悪いのに、それが人間だったら…と思うと考えるだに恐ろしい話でありました。

6

好きになったら仕方ない

久しぶりに再読。

何が痛いかって、攻の福山が、
自分でも「あり得ない」とバカにしていた相手に
本気になってしまうことですよね。
そこが、福山をかわいい存在にしてくれているのですが。

そんな福山に仁賀奈も、ちょいと流されてしまっていますが、
甘えさせたく、そして、甘えたくなったのかもしれません。

あり得ない相手に追いすがる姿が、何か心にしみて、
ついつい読み返してしまいます。

ただ、未だに謎なのは、初めて関係をもった日、
どうして、福山はこのオジサンに告白をしたんだろう?

3

50歳のおっさんが萌えの対象に…

私も初めての体験…50歳受なんてっ!!!
そして、50歳のすすけたおっさんが可愛いと思ってしまった。もぉ愛おしくて可愛すぎて…まさか50歳のおっさんを可愛いと思う日が来るなんてね。そう思わせ、萌の対象と感じさせる描き方をされる木原さんが一番すごいですけどねw

本気じゃないのに、酔いの勢いで同じ会社の経理部長を抱いてしまう福山。朝起きたら一切忘れてるし、その後も興味本位で仁賀奈と関係を続けます。とにかく性格最悪なんですがミイラ取りがミイラ取りになるようにどんどん仁賀奈に惚れこんでいきます。仁賀奈が別れを告げた時も告げた後も仁賀奈に縋るシーンは胸が締め付けられた。

最初はもちろん仁賀奈視点で読んでて、福山にイライラしてたけど、後半は福山視点で仁賀奈にイライラしてました(笑)
なかなかうまくいかないんですよ、読み手としてすっごくじれったくて「どうしてそうなるんだって!!」一人憤っていました。

でもでも、甘アマで萌滾るシーンも、コミカルなシーンも切なくて仕方ないシーンもいろいろ盛り込まれて良かったです。福山の「丸焼きにしたらおいしそうだね」の発言に吹きだしちゃいましたw
続き

おっさん受万歳!!50歳万歳!!木原作品万歳!!

4

究極のオヤジ受け

初めの頃は福山はイライラしてるし仁賀奈は常にビクビクしてるしでどうなるんだと思ってましたが、段々と本気になっていくのが面白いように分かります。多分2回目に抱いたときにはハマってたんじゃないかなと。
あらすじを読んだ時点で福山の方が本気になるんだろうとは読めますが、さすがです。その後は全然読めてませんでした。

幸せから突き落とされた瞬間を…!
本気になった途端、最初の頃の弄んでいたツケが回ってきた福山。くたびれたおっさんでいつも受け身だった仁賀奈から告げられた事実はショックだっただろう。
立場逆転した展開は福山には悪いけど堪らなく面白かったです。でもこのとき切なすぎて泣きながら読んでいましたが…

振られても裏切られても少しの付け入る隙を見つけてはすがっていく姿は可哀想で苦しそうで読んでいてつらい。
前半こいつ性格悪いな~と思っていた福山をいつの間にか応援していて、いつまでも望みの見えない状態からハッピーエンドを迎えたときの喜びは半端ないです。
タイトルのNOW HEREも仁賀奈の気持ちを引き出すために使われていましたね。

30歳×50歳、本当に最高でした!

5

色々まさかのオヤジ受け

BLの中でも半ば確立した一ジャンルになりつつあるオヤジ受けですが、ここまで力一杯オヤジなのも珍しい。
受の仁賀奈は50歳で童貞で奥手で内気なの普通のおじさん。
描写だってまったくきらきらしさがありません。なんてったって「水気が抜け、古ぼけた男」です。
年だけはいい年だけどどこか若々しい他の作品のおじさんとは比較にならない。っていうか仁賀奈さん性格的にオヤジを通り越してややご老人より……
だけどねそんな仁賀奈は純情で一生懸命で結構かわいい……そんな風に見えてきたらあなたはもう立派に木原さんの術中です(笑)

対する主人公の福山は木原さんお得意のサイテー男。
サイテー男が何かのきっかけで少しずつ変わっていく……そんな作品が多い中、この福山はあんまり成長しません。
最後、仁賀奈が自分の意志で彼から離れようとした時の荒れ方もただのだだっ子のよう。
まあそんな福山が最後は仁賀奈に追いすがるのは、ほほえましいと言えなくもないけど。

ゲイバー店主のレヴィのかっこよさは異常です。

そういえば以前に挿絵のツタさんが、枯れたオヤジ受けが描きたいとどこかで熱弁なさっていたのを見続きた気がして……なんか今回イラストの仁賀奈が輝いているのはそういう理由もあるのかなーなんて思ってみたり。

3

シルバー受け

50歳まで童貞で、優柔不断な冴えないおじさん受けです。自分的には最近おじさん受けにはまっていることもあり、かなり満足させていただきました。

攻めの福山はゲイで男前な30歳。歳をとったぶんモテなくなってきたとはいえ、過去にSEXの相手に困ったことはない。後腐れない付き合いは数知れず、自分から相手を捨てても、飽きさせるSEXしかできないお前が悪いと思っちゃう自己中心的な男です。

自分に自信があるから、好意を持ってくれている冴えないおやじに俺が色々してやってるんだから相手は当然喜ぶにきまってる。みたいな思考なんですよね

なんせ常に自分が主導権を握る恋愛しかしてきてませんからね。

そんな福山が徐々に仁賀奈に嵌まっていく様子に目がはなせませんでした。
振られてボロボロになってすがって。
適当だった人間が恋に翻弄される姿がおもしろい!!


切なくて幾度と無く胸がキュウキュウと締め付けられました。

1

少し痛いけど、これもありですよね。

CDを聴いたので、本編もレビューしておこうと思いました。

仁賀奈さん50歳の経理部長、黒い腕カバー付けてる人など今時そうそういないと思うが、性格もまた今時いないだろうと思われる余りに純粋で初心すぎるおじさんだ。
前向きに初心なら許せるのだが、何せもう半世紀もこのままで生きてきてしまったから、今更変えろといわれてもよほどの事がない限り変われないと思う、停滞、どちらかといえば後ろ向きの初心。
そして、その余程のことの相手が20歳年下の少し軽めの男福山だったのだと思う。
しかしその余程に気付くのに物語の最後までかかってしまうのですね。
福山はいい男だけど多少いい加減なところがあって、仁賀奈を最初は面白がって相手をしていたのに、仁賀奈の初心さにカワイイと思ってしまい一生けんになったのでしょうか。
読みながら思いました。
だとしたら、ひょっとして出会う相手が年下の初心で不器用で一生懸命な男の子だったらどうだったんだろう?
ひょっとしたら、福山には出会いさえあれば、この選択もあったのかもしれないと思ってしまいました。
しかし、福山なんだかんだと結構仁賀奈に甘えているのかもしれ続きません。
彼が色々知らないことを逆手にとり、言葉責めに近い恥ずかしい言葉を発しております。
でも、それは彼の愛情表現なのかもしれないと思いました。
素直に自分の気持ちを言わないから、素直に福山が発言しているのだと。
結局やり直すことになった二人、半世紀の性格を突然変えることは無理だけど、福山に押されながら新しい自分を満喫してね、仁賀奈パパ(?)

この鈴木ツタさんの絵の仁賀奈、知り合いのおじさんに似ていて親近感がわきました。と、いってもこんなに枯れ果ててはおりませんが・・・


3

腐りかけた肉は美味い

半世紀、古ぼけた男、落雁、シーラカンスな男、枯れかけたオッサン、お父さん・・・
これ全て50歳のオッサンこと仁賀奈(受け)を
30歳の福山(攻め)が例えた言葉の数々。

またこれ、ほんとに脱いだらすごいオッサンとかじゃなくってね
肌に張りがなく尻の肉が扁平とか書いてあるんですけどっっw
でも、締まりだけは良いv
腐りかけた肉は美味いとか、ほんっと酷い言われようのオッサン仁賀奈に
ハマってしまう福山。

正直、序盤は私も福山目線で、ネタとしてとらえていたのですが
終盤から切なくって切なくって泣いちゃいましたよ。
カップリング的にかなり異色だけど、しっかりした恋愛小説。

歳の差なんでね、しかも相手がオッサン。
傍にいるだけでいいなんてプラトニックだったら願い下げな話だけど
肉体関係込みで、きっちり仁賀奈を欲してる。そこが良かった。
作中、福山が吐くセリフに

「肉体関係がない想う気持ちは、綺麗だとか純粋だとか思ってない?」

「そういうのはいびつ極まりないね。気色悪い。」

に、賛同。

乙女なオッサンに萌えたーとかでも
自分勝手で自己続き満足な攻めに萌えたーとかでもなく
子供みたいに泣いてすがって全身で好きだって言える
【本気の恋】に激しく萌えた。

5

いろんなことが予想外

はじめにこの本を知った時、30歳と50歳のお話と聞いて
読んでみたいという気持ちがほとんど湧いてきませんでした。

そして、実際に読み始めてみても
最初の何ページかを読んだ時点では
「こんなくたびれたオジサンのこと、何処がどう転べば好きになっていくのかわからない」
という印象しか持てていませんでした。

特に見た目が若い訳でもなく、とてもハンサム(敢えてイケメンとは言わないw)と言う訳でもなく
仕事がバリバリ出来る訳でもなく
しかも、50歳になるまで男女共にお付き合いをしたことがない童貞中年・仁賀奈。。。
かたや、20代の頃は道を歩けばあちこちから声を掛けられるくらいにもてていて
恋愛は遊び位にしか思ってないような最低な男・福山。。。

それが、酔って記憶をなくしている間に
このサエナイオッサンをお持ち帰りし、セックスまでしてしまったことをキッカケに
自覚のないまま、仁賀奈に嵌っていく様が見事なまでに描かれていて
この辺りまで来ると、読者もすっかりこの福山の気持ちに自分の気持ちがリンクしてきて
なぜかどうしようもなくこのオジサンがかわいく思えて来てし続きまってるんですよね^^;
この時点では、仁賀奈がまるで初心な乙女の様だな、と思ってました。
(その思いは、後半大きく裏切られるわけですが。。。)

福山も、もうすっかりこのかわいいオジサンに夢中になってたワケで
このあと、仁賀奈の行動に振り回され、傷つけられても
それでも何度も何度も期待をして、また打ちのめされるのが痛々しくて
報われない福山の気持ちを考えると、涙が止まりませんでした。

もしかして、このまま福山は救われないままなのだろうか?
もうこの最低男を赦してあげて?
そんなことを心の底から願いつつ
ラストまでビクビクしながらページをめくることになりました。

普通のBL作品なら、ラストは確実にハッピーエンドになる、と思えるんですが
そこは木原作品。。。
このままもやもやした気持ちを抱えたまま本を閉じることになる可能性も有ったので。。。

ラストは、実際に読んで確かめてください。



この作品を読んで
恋に落ちる時は、なにがきっかけになるかわからなくて
しかも、相手の条件なんてあってないようなものなのかな?と
そんな昔の甘酸っぱい気持ちや
本気で恋をした時の終わりの辛さが蘇ってきて
そして、それでもまた恋がしたい、と思ってしまいました。

そんな気持ちにさせてくれたこの作品は
私の中では神作品です。

5

菊乃

>カヲルさん
コメントありがとうございます。
恋をしたいと思うかどうかは人それぞれかもしれませんが
作品自体はそれほどハードルの高いものではなかったので
是非手にとって見てくださいね!

カヲル

木原作品はなにかあると思っていても、このあらすじじゃ手をださないカモ。
ですが。恋をしたいと思わせるというレビューを拝見して、読んでみようかと思いました。
恋か…(遠い目

意外と王道。

全てを読んでるわけじゃないんですけど、それなりに木原作品を読んできて、今回読後に思ったのは、「木原作品的にかなり王道」って事でしょうか。
性格が悪いと言い切れない程度の性質の悪い登場人物、重なり合ってたと思わせて、全然違う事を考えた二人のすれ違い、結構痛いどんでん返しなど、今まで読んだ作品と、同じではないけど既視間を感じるところがあった。
それが悪いって言うんじゃないです。どっちかと言うと嬉しかった。
このレベルのから入った自分は、これくらいが丁度いいんで。

あらすじは既に書かれてるので省略するとして、50歳のおじさんをかわいいと感じるまでの変化を、攻めの30歳の福山視点で語られてるので、割と入りやすかったです。
この仁賀奈というおじさん、ドリームの入ってない、掛け値なしのおじさんで、細かく語られるしぐさ、行動、全てがおじさん!なんですよ。
そんなおじさんに萌えどころが!?と思うんですけど、あるんですよね、これが。
見つける気もなく、面白半分で付きまとってた福山が、それらにどんどん翻弄されていく様がなんだかほほえましかったですね。

そして、序盤では、仁賀奈はまっ続きたく冴えないただのおじさんだったのに、終盤のある出来事に巻き込まれてからの行動が、ものすごく「恋してて、情熱もある一人の男」なのですよ。
その行動も実にこう、ピュアなんですけどね。
そういうの見せ付けられて、ショックを受ける福山に、序盤のイケズがあるので、軽くザマミロと思ってみたり。

この本なら、木原さん初心者でも、薦められるな~と思いました。
読後感がさわやかでした。

7

木原さんならでは

木原作品でなかったら絶対に読まなかった、50歳の受け。
私にとってはその辺が神作品。

オヤジ同士ならともかく(それはそれでいい)30歳の相手が50歳ですよ。
普通、プロットでもそんなこと考えない……すごいなぁ、と感心しながら読んだ。
読んだ……別に変じゃなかった(笑)

うまくいかない恋は年齢に関係ないし、恋に容姿や年齢は関係ない。
自分自身の持論ではありましたが、お話にはロマンを求めてしまうもの。
木原さんの作品は恋愛の部分だけでなく、それって人間としてどうなのよ?って人が度々出てくるんですが、実際世間にはそう言う人もいるわけで、むしろいい人の方が少ないかも知れないし、恋もうまくいかない方が多い。
あばたもえくぼと言うし、人の好みはそれぞれ……と色々な言葉を思い出したりもする(笑)

つまり、木原さんの作品はファンタジー的にはどうなのよと思うけれど(BLはファンタジーともいうので)人間模様としてはこれほど面白く納得させられる話を書ける人は居ないと思わせる作品です。

6

インパクトありすぎです。

ほかの方のレビューを読んで、驚愕。
おじさん、人気あるなぁ…(笑)

私は、どっちのキャラも、好きになれなかったんですよね。
相手を見下して、思い通りにいかないと駄々をこねる独りよがり攻めと、
はっきり意思表示しないイジイジ流され受け。
このカップルじゃ、ちっともときめかないぞ、と。
おまけに、仁賀奈さん、完璧初老じゃないですか…。

それでも、最後までぐいぐい引き込まれて、一気に読んでしまった…。
彼らの感情の動き方とか、心の綺麗な部分と醜い部分とか、
ものすごく生身の人間っぽくて、納得できちゃったんです。
木原先生の文章力って、恐ろしい…。

なんだかんだ言いつつも、面白かったです。
そしてすごくインパクトのある作品でした。

3

エゴ、そして一人よがり

あらすじは他レビューに詳しいので割愛。
私が感じたのは萌えではなかった。
イヤなのにイヤと言えず、相手の勘違いを訂正できず、流されるオジサンの姿に、ウザかった昔の体験がオーバーラップしてしまった。ぶっちゃけ気のない相手にここまでグイグイこられるのはウザい。
エゴまみれで一人よがりな主人公のいいところは、正直なとこ。最初は遊んでやってるつもりだったのに、だんだん本気になり、相手の本心を知って傷つき、それでも醜くすがりついてしまう姿が痛々しかった。なのに「好きな相手の幸せのために身を引く」なんて偽善的なことは考えないのが正直で、それが逆にすがすがしいほど潔い。
相手役がツンデレっていうのはよくあるけど、主人公がツンデレっていうパターンも珍しくて良かった。
ラストも良かった。
一度失ってから気づくっていう展開はありがちだけど、説得力がある。

4

思わぬ伏兵

木原先生の作品が好きで読み始めたのが根本ではあるんですが、今回の一番の目的は、50歳のオジサン受にトキメイタためです。
有る意味初老・・・いや、まだ今は50じゃ初老とは言わんのかな。
最初にパラパラ見た感じでも、上手い具合にニヤニヤしておりました。
しかしですね、最終的にトキメキを頂いたのは攻でした(笑

しょっぱな、自分のほうが優位に立ち、俺様的思考。
なんて可愛げの無い酷い男だとおもったのですが、徐々に、いっしょに居ることが誰よりも楽で、なんでも心許せる相手になり。
だれよりも好きで、誰よりも甘えたくて。
だれよりも・・・・。
変化していく気持ち。
甘える姿がすごく可愛かったのです。
まさか、そういうことだったのかよ!!
という、オジサンのどんでん返しも面白かった。

あるいみ、木原先生の攻って同じ雰囲気を持ってると思うんですが、どの作品でも(私が読んだ作品中)同じ、こぉ・・・・純粋にまっすぐ好きっていう気持ちが溢れるというか。
好きな人への甘え方っていうか。
気持ちよりも、ちょっとした仕草というか。

めちゃんこ可愛かった'`ァ,、ァ(*´Д`続き*)'`ァ,、ァ
オジサンに夢中になっちゃう若人っていう設定がとりあえずツボ

4

設定がすごい。

そりゃね、あたしはMLが好き。リーマン、スーツってなんか色っぽいじゃない。
でもそれは30代の男性の話ね。


この本を手に取ったのは単純に評価が高かったからで木原先生のことも知らなかった。
あと設定。
この話は「オヤジ受け」と言っていいのか分からないわ。
だってね、親父って40までじゃない?大目にみても50歳でしょ。
でもこのオッサン51なんだもの。びっくりよ。
それにそこはかとなくお爺さんの匂いがするのよ…。
あたしの実の親父も今年51だから余計ね、初めは複雑だったんだけど。

話はいろんな意味でBLっぽくないと思ったわ。
詳しく心理描写があるわけじゃないのよ。
むしろ客観的なの。

だから登場人物が恋に溺れてゆくのがその人の行動で分かるの。
その人ですら自分の気持ちに気付いてないのに、あたしは分かるっていう。
読んでる最中ニヤニヤしちゃう。
たまらないわね。
このへんが木原さんの持ち味なのかしらね。

あと、主人公の福山に不覚にもキュンときたわ。やっぱり愛する人にはあれくらい縋りつくべき。
情けない姿も見せるべき。

でも51の続き老体にちょっと無理なセックスさせすぎじゃないかな。
ってね。
そこがまた良いんだけど。

本当にこの本は読んで良かったと思うわ。
途中、目から何か出てきて止まらなかったし。
大どんでんでん返しがあってのめり込んじゃうし。

読み終わった翌朝アニメイトへダッシュして木原さんの他の本を買い漁ったほどね。

間違いなくあたしのなかでは神作品。

親父受け好きじゃない人も自分の父親が51歳の人もぜひ読んでみて。



(以下本文・扉絵より)



『誕生日だって言ってただろ。五十一歳おめでとう』

わざわざ年齢を強調する。
仁賀奈は小声で 

『ありがとうございます』
と呟いた。

3

ピュアなオヤジは好きですか?

普段は小説は、買ってしばらくして読むのですが……これは表紙を見てシルバーなツタ先生の素敵な初老のおじ様のイラストを見て、一瞬で購入して、帰ってすぐ読みました(笑)
オヤジスキーな人にはたまりません!

恥じらうオヤジ!でも段々絆されてデレるオヤジ!
今時珍しいピュアなオヤジ!

何度小説を閉じて床をバンバン!とした事か……!
主人公が遊び人で「何でこんなオヤジと?」と疑問形から始まるんですが、これは読者と気持ちが被さるので入り込みやすいかも。
ほのぼのな恋愛なのかな?と思ったら、いきなり木原先生特有の痛さが来て、主人公共々「死ぬ……」と思いました……。
一々共感するのよね、この主人公。
最後のみっともない程に愛を乞う姿が泣けて泣けてしょうがない。

オヤジスキーがもっともっともっともっともっと増えるといい!!!!!!
オヤジが苦手……という方是非見て下さい!!!!!!

2

胸がつぶれたよぉ~~~(T T)

なんか色々もっともっと感想とかあるんですが(もちろんいい感想) なんだか、読み終わった後はそれら書く気なくなりました。
あんま細かく言うと全体の余韻が逃げる。
決して最後悲劇とか痛いとかじゃなかったんですがね、途中からマジ胸苦しかった・・・・・

おじさんだからこそ、若いからこそっっっ真剣なのがひしひし伝わってきたんですね。
攻め視点だからこそ、受けの心理がこうもうまく引き出せた、ってカンジがします。

私おじさん好きですが、もし嫌いだったとしてもこの作品読んだら、やっぱ最後胸苦しかったと思うんですよ。(でも嫌いだったらそもそも読んでないのか・・・・・好きで良かった、自分)

2

恥らう50歳に、読者はめろめろ・・笑

ユニットヴァニラの同人誌から、杉原理生さん名倉和希さんとの合同誌に渡り歩いて書かれた作品の加筆修正作品です。
同人誌では、46歳だったのに、更に年齢がアップして50歳です!!そして主人公の福山は同人誌で33歳だったのが、若返って30歳に!なんと年の差20歳!一回り違うと表現していたのが、今回親子にグレードアップしてるし。木原先生、さすがオヤジスキー。
仁賀奈の最後のどんでん返しは、このところの木原作品にあるパターンです。
好きだったと思わせといて、それはあなたの勘違いですって急に牙をむく恋人相手に、読者は主人公ともども、天国から地獄にまっさかさま。。じくじく血が吹くような胸の痛さを味わうことになります。
でも木原ファンは、また突き落としてほしくて新刊を待つんですよねぇ。
50歳だというのに、耳まで赤くして恥らうオヤジのかわいらしさをあらわす表現力、さすが木原先生です。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ