俺に愛をくれないか

俺に愛をくれないか
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
8
評価数
4件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥514(税抜)  ¥555(税込)
ISBN
9784344814417

あらすじ

昔から好きだった兄の親友で従姉の元夫・龍巳と束の間暮らすことになった京悟。独占欲から京悟を抱いた龍巳に京悟は・・!?
出版社より

表題作俺に愛をくれないか

俳優・25歳・甘えたがりのワンコ系
大学生・21歳・世話好き

評価・レビューする

レビュー投稿数3

よかったけど……

 大学生の藤谷京悟は、従姉に従姉の娘・千里子の子守りを頼まれる。
 ところが、子守りで訪れた家には、京吾の四つ上の幼馴染みで従姉の元夫である芹澤龍巳がいた。
 人気俳優の龍巳は、骨折したので元妻の家で静養しているのだ、という。
 昔から片想いをしている龍巳と暮らすのは苦しかったが、放っても置けない。ところが、甘えて来る龍巳へ京悟の想いは募る……。

 ある日、仕事仲間だという友人と街に消えた龍巳を見て、ヤケになった京悟がキスマークをつけたのを見た、帰ってきた龍巳は京悟を押し倒し……

 という話でした。

 よかった……と思います。
 そんな状況で押し倒された京悟がよくあるパターンの「嫌よ嫌よも好きのうち」にならなかったことが一番よかったと思いました。
 こんな状況で感じさせられても哀しいだけで……というのが、切実に伝わってくるのがよかったです。
 だって、いくら好きでも、京悟の言う通り、心が伴ってなかったら虚しいだけですよね。

 けど、一つだけ不満があるとしたら、龍巳が骨折した原因となった女の人の扱いかしら?
 いくら龍巳と結婚できるかもしれないって唆続きされたからって、ちゃんと幼馴染みと両想いで付き合ってるのに、龍巳と結婚しようとは、普通の理性のある女の人だったらしないと思うんだけど。
 これで、その幼馴染みが結婚を渋ってる、とか、全然稼ぎのないフリーター的な職業の人、とかいうんだったらまだわかるけど、そんな描写もまったくないし……。
 むしろ、結婚して引退しようとしてた……って。
 それでも別の男といくら稼ぎがいいとか、見た目がいいとか、いろいろ特典があるにしろ、結婚したいと思うってどんな女なんだよ……ってつっこみたくなりました。

 まぁ、BLで出て来る女の人が所詮、恋敵にすぎない、とはいえ、この書き方はないかなー……と思ってしまいました。
 ありえないでしょ、普通……。

0

俺に愛をくれないか

表紙の長髪+俳優という設定にひかれて買ってしまった…
そんな買うつもりなかったんだけどなあ;
いとこの元旦那であり兄の親友であり人気俳優の男と、その娘と三人で二週間暮らすことになるっていう話…。
ごめん、あんまりだった…orz
この俳優の男がダメ男でまったく生活能力ないんだよね…そういうの嫌いじゃないはずなんだけど、全然萌えなくてさorz
最後まで読んだけど、何か設定も話も中途半端に感じてしまいましたよ…。
まあ、人それぞれだと思いますよから気になる方は読んでみてくださいwww

0

遠回りの恋

あるきっかけで、片想いしていた相手と期限付きではあるものの同居を強いられることになる。
溢れてしまいそうな想いを隠すのは辛いけれど、一緒にいられるのは嬉しくて・・・とわりとよくある展開から始まり、実は相手も思いっきり気があるのに本人は気づいていないとこれまたよくある感じだな~と思いましたが、幼馴染である二人が子供の頃からお互いを思うようになるエピソードがちゃんと考えられていて、それが説得力あるなと思えるものだったので、「ヨシ」という感じですね。(なんかエラソー?笑)

二人とも結局小学生の頃からお互いを求めていたわけですけど、気づくのに随分遠回りをしました。
そういう意味では二人ともかなり鈍感でした(笑)。
しかし龍巳(攻)が、その生い立ちから父母子と揃った家庭こそが『幸せ』と幻想するのは無理ないかなと思うので、仕方ないかもしれません。

ただ、龍巳や脇役たちの行動に好感持てなかったのも確か。
一番欲しいものが手に入らないなら一生一人で・・・というわけにはいかないのはよくわかりますが、自堕落になるのも真っ当とは思えない。

でも、甘えたがりの年上ワンコは可愛かったで続きす。
年下の京悟(受)の方がしっかりしていて口調も年上っぽいのがいい感じ。
しっかり奥さんになりそうです。

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ