華は貴族に手折られる

華は貴族に手折られる
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神7
  • 萌×25
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
62
評価数
15件
平均
4.2 / 5
神率
46.7%
著者
イラスト
作品演出・監督
阿部信行
音楽
佐藤啓
脚本
中野睦
原画・イラスト
門地かおり
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
インターコミュニケーションズ
収録時間
79 分
枚数
1 枚
ふろく
ポストカード(予約特典)
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

時は明治中期。由緒ある高塔伯爵家の御曹司・高塔 葵は気位高き美青年。そんな葵の人生は父の借金によって崩れ落ちる。その借金を肩代わりしたのは、華族嫌いの速見桐梧であった。「お前の主人は俺だ」桐梧は葵を女郎扱いし、恥知らずで淫靡な行為を強要する。嫌だと思いながらも葵の体は反応してしまう。肉体だけの関係だったはずなのに・・・時折見せる桐梧の優しい気づかいに、葵の心はひかれてゆくのであった。

ブックレット:書き下ろしSS ORIGINAL STORY「ささやかな午後の会話」 (6頁)

表題作 華は貴族に手折られる

速水桐悟 → 遊佐浩二

高塔葵 → 岸尾大輔

その他キャラ
神代修三[福山潤]/ 望月[杉田智和]/ 高塔伯爵[宗矢樹頼]/ 葵の兄[花輪英司]/ 市橋[堀内賢雄]/ 小間使い[冨田裕美子]

評価・レビューする

レビュー投稿数7

すれ違い

成り上がりの資産家男爵・速水桐悟×没落貴族の末息子・高塔葵
速水桐悟は、葵のことを「プライドが高い性格」と評していましたが、わたしには素直で、やや潔癖な性格のように見えました。

速水に借金を肩代わりしてもらう代わりに、男娼として囲われることになった葵。最初は、速水に言われるがままに女性物の振袖を着せられ、男を誘惑する言葉やポーズなど、屈辱的な命令に従わされますが、この初夜の後、速水は自分の気持ちを早々と?自覚し、葵に優しくするようになります。葵もそんな速水に惹かれ、二人は恋人のような時間を過ごしますが、葵は、この関係が対等ではなく、速水は本来どのような女性でも妻にできるような男であって、自分は慰み者にすぎないことを思い出し、「体は好きにさせても心までは明け渡さないと誓ったじゃないか」と頑なになってしまいます。しかし、貴族たちに誹謗中傷を浴びたこと、速水が自分をもとの屋敷に戻そうとしていることを知って、葵は素直に自分の気持ちを告白。速水も素直になり、最後のラブラブエッチにいざ突入・・・
というところで、皆さんも指摘しているような無駄に壮大なBGMが・・・思わず笑ってしまいました続き

他のエッチシーン突入時(初夜、2回目、舞台袖等)でも、無駄に退廃的なBGMがかかっていはいたものの、まぁそれはそれで・・・明治時代の雰囲気は出ているし・・・と思っていたのですが、最後のBGMは壮大すぎた。

プレイとしては、初夜に葵が屈辱的なポーズを取らされたり、振袖をきせられたり、言葉攻めが全体にある以外は標準的なエッチだと思います。

お話自体は、速水と葵の気持ちの機微が、遊佐さん、岸尾さんの声に乗って丁寧に描かれており、すれ違いものとして楽しめました。BGMの音量だけでももうちょっと控え目だったらよかったなぁーと、ちょっとそこだけ残念でした。

1

演技が神なのに、壮大すぎるBGMにどうしても吹く

原作未読。
先日聴いた貴族シリーズがツボに嵌ったので、続編買わなきゃと思ってたら、積みCDにこちらの作品が埋まってました。何か凄いお得感。

壮大なBGMは相変わらずで、出だしからツッコミどころが満載なんですが、前作よりも更に色々とヒートアップしてます。
没落伯爵家の葵(岸尾さん)は借金のカタに、華族嫌いの男爵・速水(遊佐さん)のものにされてしまいます。
そこで遊女の格好をさせられて陵辱され、夜毎不本意な行為を強いられていたのに気がつけば……という、まぁ不憫受のお手本のような岸尾さんの演技が非常に素晴らしかった。
岸尾さんって、美人受をさせたらピカイチだと思います。もう癖になりそう。

今回の作品の何が凄いって、濡れ場が凄い。
ドSな遊佐さんの容赦なさっぷりに腰砕けになり、だだ漏れになってる色気と、聴いてる方が恥ずかしくなるような言葉責めに床を転げ回る羽目になりました。
岸尾さんが「もう勘弁して」とか言ってますが、こっちももう勘弁してって感じですよ!それに加えて、何も知らないみたいな真っ新な子を演じておきながら、しっかりド淫乱な岸尾さんにも眩暈がしそうです。
「も続きっと強く吸え、へたくそめ」というとんでも鬼畜発言からはじまった、たどたどしいフェラが、回を重ねていくととんでもないことに。
それ素人のフェラじゃないから! と叫び出しそうになるほど凄いです。
嫌なんです、こんなことしたくないんです、みたいな可愛い素振り見せておいて、いざ銜えてしまえば某清○寺シリーズの「美味しい」状態です(笑)
フリトで遊佐さんも仰ってましたが、岸尾さんの自前SEだったことに衝撃が走ります。

ドSな速水ではありますが、時折見せる不器用な優しさに葵は惹かれて行くんですが、最後の方のエッチとかベッドがやばいです。
前作では安物ベッド疑惑が出ましたが、今作はそれの比じゃなかった。
ギシギシよりも、バッサバッサお布団ひっくり返す音が凄くって、やめてもう笑わせないでよ、と。
こっちのベッドは安物じゃないと思うけど、バッフンバッフン凄すぎて、壊れる、ホント壊れるから、もっと優しくゆすって下さいって、壮大なBGMも相まって飲んでたお茶吹き出しそうになりながら、笑ってツッコミ入れる羽目に。
このシリーズ、絶対BGMで笑いを取ろうとしてるとしか思えない。
しかも、最高に盛り上がるエッチの時に流すとか、ホント勘弁してって突っ込まずにはいられないです。

なんかエロのことしか書いてなくて恥ずかしいですが、そのくらい私の中では衝撃的な絡みでした。遊佐さんと岸尾さん、色々と凄すぎます。
遊佐さんの鬼畜演技には、沼に足を突っ込む勢いで嵌りそうで怖いですね……。
遊佐さんって、そつなく格好良いという印象だったんですが、これには完全に持っていかれました。最高です。

3

んー、王道がおいしすぎる!

かなりBLCD 慣れてると思っていた自分ですが、このストーリーの王道のわりにいやらしい初夜の音はインパクト大です。
遊佐さんも鬼畜だし岸尾さんもいやらしいし、あぁ///←

個人的には、音楽会のボックス席裏側?でやっちゃうとこがかなりドキドキします!
きゃーばれちゃうわよーっ!と叫びたくなる届かぬ老婆心。

福山さんの悪キャラも存在感ピカ一で悪いです(笑)

しかし、最近は甘いからはほど遠い空気間な二人のくっつきが、わかっていながら美味しく味わえる作品です(*^^*)

ごちそうさまです。

0

SEがエロいぞ!

貴族シリーズの中ではこの作品が一番好き。
岸尾さんの健気なんだけどプライドも持ってる、でも健気な受けっぷりが実にいいです~。
華族の次男でありながら、この父親に商才の才覚が皆無であげくの果てには詐欺師めいた奴らに借金を作って自分と兄夫婦は外国に逃亡しちゃいます。
そこで一人残ったのが葵〔受〕(岸尾)で、その美貌に目を付けられ金貸しに囲われそうになるんですが、その借金を肩代わりしてくれたのが 速水男爵〔攻〕(遊佐さん)
速水は葵が自分のモノになる代わりに借金を払ってやると持ちかけ、そして他に方法の無い葵はそれを承諾します。
最初の夜は振袖の内掛けを着せられ、自ら裾をまくらされたり、フェラを強要されたりと言葉責めを仕掛ける遊佐さんがエロいです。
それに輪をかけてエロいのが岸尾さんとそのSEですよ!!!SEが凄いです!
自分が持ってるBLCDの中でもベスト3に入ると思います。
生々しいSEのエロさは是非聞いて確かめていただきたい!!
最初の方こそは下働きをされたりと虐げられますが、それもわずか数日なので華族を憎むとか言ってても結構甘いなー、速見男爵って感じ。
ストーリー自続き体は結構王道なんだけど、岸尾さんの優し気だけど芯は強い受となんといってもSEのエロさがひじょーーーによろしかったです。
普通に聞いたら萌えなんだけどSEの素晴らしさに萌えが萌え萌えで。

2

手折られます・・・・

この作品のタイトルずっと「ておられる」と思ってました^^「たおられる」です。

原作は読んでないのですが、内容もわかりやすかったし、音楽もちゃんと時代背景に合っててレトロな感じを醸し出してる作りがよかったですね

でも遊佐さんはどうしてこうもドS役がピッタリなんだ!orz聴いててゾクゾクしました~何度御堂部長(キチメガ)を彷彿とさせたか・・・・攻め声もバッチリいただきました!!

今回の岸尾さんの声は高め、役に合ってたからいいんですけど、やっぱり個人的に低めが好きかも・・・・

このCDの聴き所の一つとして、岸尾さんの擬音技です^^まさにネ申!

Hシーンは3回くらいあって多めなのも嬉しい^^

ちょっと残念なのが、最後のラブラブ激しい濡れ場でモノローグがかぶってしまったところorz

でも、桐梧目線のモノローグと、葵目線のモノローグが交差し合って、どこでどんなところでお互い意識しだすのかわかりやすくてよかったです、いきなり恋愛に発展して心理描写が物足りない。。。聴き手に伝わらない。。。ってパターンがあるんで

最後のキャストのトークもフ続きリートークって感じではなかったですけど、良かったんじゃないでしょうか?時間切れ?でフェードアウトしてましたが^^

ありがちなシナリオパターンだと思ってたけど、結構楽しかったです!ゆっちーXダイサクのCPで手折られてください

1

ドSな遊佐さん、神

貴族シリーズの三作目ですが、シリーズ間でストーリーの関連性はないので(登場人物の誰かがどっかね国の貴族、というだけ)、他作品を聴いてなくても大丈夫です。
このシリーズはどれも王道テンプレで陳腐なものも多いんだけど、この作品は文句なく面白いと思います。

面白さの最大の理由が、攻めの遊佐さんの鬼畜っぷり。
ドスをきかせた声でのレイプシーン、怖いやらセクシーやらで心臓がドキドキ、脳ミソが混乱しました。
もうもう無条件でひれ伏します。ドSな遊佐声って神すぎる。
この最初のレイプは、明らかに相手への愛はない(少なくとも自覚してない)ので、臨場感がある。
岸尾さんの泣き声もまたイイんだわ。今も頭に残ってるよ。上手いなァ…。

脇役の福山さんが珍しく腹黒キャラをされてるのも良かったです。セリフは少ないけど存在感たっぷり。
杉田さんもちょっとだけ出演されてました。途中思わせ振りなセリフを喋ってたわりに、最後ぜんぜん出てなかったけど。もっと活躍してほしかったな。原作ではもっと活躍してたのかしら。このへん脚本の甘さを感じます。

ラストのエッチの激しさも特筆すべきだな。
萌えるよりも笑えました。「どんだ続きけー!」って古い突っ込み入れたくなりました。あれは家具とか倒しまくってそうだ。
遊佐さんも岸尾さんも頑張りすぎw ありがとうございますw

1

エロいっす!ヤバイっす!!

このドラマCD昔は1回聴いたっきり封印してたの。あまりにもエロすぎて・・・。
しかもドラマCDに免疫のない頃だったから余計に恥ずかしくてさ。ウブでした。

今でも恥ずかしいし、エロいし、クサイし、エグいしで身悶えるけどさー。

もうさぁ~桐梧がクサイのなんのって、どうするよ。(笑)
葵のこと好きなくせにさ~、辱めてみたりだとかしちゃうわけよ。でも優しくしてみたり、急に激しく求めてみたりだとかさ。
あーもう、ベタベタですがな。このかっこつけめ!

お話的には葵の戸惑いとか、屈辱感とかがもっと深く表現できてると良いなぁと思ったけど、まあ原作があるものなのでね・・・。

声優さんは遊佐さん目的で購入したので、お声を聴けただけでも満足だったりします。
葵ちゃんを求める時のちょっとかすれた声がセクスゥィーです。
門地さんイラストの桐悟を思い描きながら聴いているので余計にぐっときます。
想像をめぐらして門地さんの絵でコマ割ってたりします。音楽会のおいたのシーンとか、このセリフ言っている時はアップだよなぁ~とか。

葵役の岸尾さんはどっかで聞いたことあると思っていたら続き「この世異聞」の昭雄ですね!!あら~。
この世異聞でもめっちゃエロい声だなぁと思っていたけど、今回もやっぱりエロ声でした。とても好みの受け声です。
あいうえおひとつ取っても、なんてエロいの!音楽会の「もう勘弁して」と言った時のかすれ声が印象的でした。
これまた門地さんの絵で想像をして聴いてまして。
今まで読んだ門地さんのまんがのえっちシーンを思い出しては、こんな表情かな?あんな表情かな?と妄想しまくりです。楽しい!(笑)

どこまでも妄想は広がっていくわ~!

音だけの世界だからこそ想像力をかき立てられますね~。そして、そんな風に声だけの表現で妄想を誘発できる声優さんはやっぱり凄いです。


原作を先に読んでいたので、このドラマCDを聴いて原作を読んでみたくなるかはわからないなぁ。でも多分読まなくてもおもしろく聞けるんではないかと思います。実際私は原作をあまり覚えていなかったけど楽しく聴けました。

えっちぃCDとして私の中で頂点に君臨しているので神評価です。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ