白衣の悪魔に愛されちゃう? 2

白衣の悪魔に愛されちゃう? 2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
9
評価数
3件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
イラスト
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
LADY BUG(株式会社アスガルド)
収録時間
74 分
枚数
1 枚
ふろく
なし(フリートークは初回版のみのボーナストラック)
フリートーク
なし
発売日

表題作 白衣の悪魔に愛されちゃう?

佐久間泰臣 → 森川智之

藤重水琴 → 鈴村健一

藤重皆人 → 宮田幸季

泉谷正一 → 岸尾大輔

評価・レビューする

レビュー投稿数3

萌えと中立の中間くらいです

前作よりも面白く聴けました。
どんなタイプの作品なのか、把握した上で聴いたからだと思います。
タイプ、つまりザ・ヤオイ、ザ・テンプレ。
でも全体的にやっぱり私の趣味じゃなかったかな。
悪漢に拉致される受け、助け出す攻め。
学校の授業を受けにサボらせるほどエッチする攻め。まぁそれは愛しすぎてるがゆえっていう理屈なんだけど、オトナなら我慢しなさいよと思ってしまいました。攻めにとっては勤務時間中のエッチで、そこも萎えポイントでした。
トンチキBLだし、気にしたら負けなのは分かってるんですけどね…。分かってはいるんだよ、うん。

あと、受けの言葉遣いがまるきり女の子でした。

「〇〇なの」って口調とか、話をお話と言う乙女喋りとか。

聴きどころは鈴村さんのショタ演技ですね。
ひたすら可愛いです。ぜんぜんいけます。三十路の声とは思えない。
森川さんもさすが上手い。

あと脇カップルに宮田さん×岸尾さん。濡れ場あり。宮田さんの低音攻めが聴けたのもオイシイ。

あとあとフリトもかなり面白いです。
ネタ合戦に吹き出しました。

聴きどころもいっぱいあったので萌え評価ですが、ストーリーだけなら中立以下続きです。

0

宮田幸季さんの大人ボイス攻め、受けるはショタじゃない岸尾だいすけさん

高校の保健医だけど実はヤクザの跡取りの泰臣(森川)と
かわいい高校生の水琴(鈴村)は恋人同士v

シリーズ2弾目ということですが、このCDからでもOKです☆

ま、シナリオは、世の中の保健医とヤクザさんに謝れw的な
どっちも両立って難しいんじゃないの?www
まさにBLファンタジーな設定である。
ヤクザの恋人とくれば、拉致監禁→救出→愛深まる
このパターンであるが・・・このパターンであった(^∇^)アハハハハ!

高校生の水琴(鈴村)が、ちょっと天然?というか
かなりかわいいショタ系なんですよ・・・
ほんとどちらかというと・・・鈴村さんよりも
宮田さん岸尾さんのほうが合ってるようなw
かなりがんばって鈴村さんが役づくりしてた感がひしひしとw

もうひとCP
骨董店を営む水琴(鈴村)の兄・皆人(宮田)と
水琴(鈴村)の友人・正一(岸尾)
が、入ってまして!
このキャスティングにびっくり!!w(゚o゚*)w
宮田さんがちょい大人ボイスで攻めなんですよ。
いっぽう岸尾さんは、かわいい系じゃなくわりとさばさばした少年系なんですよ。
うはーv声聴い続きててもカップリング逆じゃね?逆じゃね?と思いつつ
大興奮しました!なんていうかいつもと違うと萌えちゃうvvv

お話は、正一(岸尾)が水琴(鈴村)と自分どっちが大事なんだよ?って
皆人(宮田)に聞いちゃって・・・
弟(鈴村)と恋人(岸尾)をどちらが大事なんて選べるわけないよwという。
まあシナリオ的には、たいしたことはないのですが

なにしろ!

宮田×岸尾

これに尽きますね。
おもしろかった。大変興味深いCDです。

---------------------------------------
フリト 約5分 (森川、鈴村)
---------------------------------------
反省会と題して盛り上がるおふたり。
前作の収録が半年くらい前だそうで、前作と今作の話しを織り交ぜて。
ちゃんとお仕事覚えてるんだなぁと。
終始盛り上がっていて聴いていて楽しかった。
前作も聴きたくなるフリトとしては優秀なトークだと思いました。

0

宮田×岸尾じゃん!!

声優大好きな私にとって宮田×岸尾は、かなり悶絶ものでした・・・。
だって普通は逆じゃねぇの??と思いました。
正直、何回も何回も、「その時彼らは・・・」だけを聴いてた・・・。
そして毎回ニヤける(笑)
いや・・・。泰臣×水琴も好きだけど、皆人×正一の方がかなり私的に萌えた・・・。皆人さんがセミロングっていうが、もうたまらないっ!!
(どんだけセミロング好きやねん)と思うくらい大好きです!!
ちゃんとシリーズの小説読もうと思います。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ