バカな犬ほど可愛くて

バカな犬ほど可愛くて
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×22
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
37
評価数
11件
平均
3.5 / 5
神率
18.2%
著者
イラスト
作品演出・監督
鈴本雅美
音楽
宮本空
脚本
月本真
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
サイバーフェイズ
収録時間
78 分
枚数
1 枚
ふろく
ファンブック(初回特典)、ブックレット書き下ろしSS
フリートーク
あり
発売日
価格
¥3,000(税抜)  ¥3,240(税込)

あらすじ

推理小説家の成瀬聡には最近ひそかに、とっても地味に惚れている男がいた。十年来のつきあいになる二歳年下の駄目ワンコみたいな後輩・苅谷志郎。これまでずっと普通につきあってきたのにどうしていまさら…。だがある日「先輩、俺、好きな男の人ができたんです」―あろうことか苅谷が同棲への恋を打ち明けてきた!!だが相手は自分ではなく…。成瀬は決めた。可愛い後輩の恋の手助けになろうと―。(帯より転記)

表題作 バカな犬ほど可愛くて

苅谷志郎 → 川島得愛

成瀬聡 → 平川大輔

あて馬
宇藤悟郎 → 小杉十郎太
その他キャラ
谷野和己[水島大宙]

評価・レビューする

レビュー投稿数4

英田さんにしては珍しいフツーの恋愛のお話。

ゲイだと知っても避けなかった苅谷と長年友人として接してきた成瀬が、気がついたら苅谷に恋をしていて。
けれど、今の距離を失いたくないから絶対にこの恋は言わない。
密かに想い続ける恋。
そんな中で苅谷は成瀬の紹介で作家の谷野と出会って好きになって。
実践経験のない苅谷は無理を承知で成瀬にレクチャーを頼んで…。
身代わりなんてゴメンだと思いながらも、好きな相手の願いなら聞いてやりたくて。
たとえ身代わりでもその一瞬は自分のモノになるのならと了承してコトを進めていく成瀬がなんだかせつない。
そして、レクチャーしながら進めていく様はなかなか色っぽい。
平川さんの成瀬はぶっきらぼうでありながらも本当に甲斐甲斐しくてなんかステキでした。
一方の川島さんの苅谷は実にヘタレでした。
ヘタレワンコ。
川島さん、BLでは初めて聞きましたがヘタレが似合ってました。
あとは小悪魔的な大宙(水島さん)とかフェロモンムンムンな小杉さんとか脇キャラもなかなか。
でも、やっぱり萌えたのは「練習えち」というそのシチューエーションでしょうか。
頼む方も頼む方なら教える方も教える方だと思いますが(続きいや、それぞれに理由はあるんだが)
教える側である成瀬の方が受け身なわけで、教えながらも気持ち良くなって喘いじゃって「スイッチ入っちゃったらごめん」的なセリフにも萌えましたw
いいな、練習…。
本番?本命えちよりもこちらの方が萌えたかも。
最後はキャストコメントで平川さん、川島さん、小杉さん、大宙。

0

「俺のダメワンコがトチ狂った~!」

原作が好きで好きで大好きで、何度も読み返してるもんで、思わずドラマCDのほうも購入してしまいました。
思えばこの作品で、ヘタレワンコ攻めと誘い受けのコンビが大好きになったんですよね。
このドラマCDのほうも、ホントに面白かったです。ドラマ性ばっちりです。
原作からはしょられた部分があるのはちょっと残念なんですが、気になるほどではなかった。

とくに最初の『セックスの練習』がたまらない。
切ないんだけど笑える。笑えるけど切ない。
コミカルさと切なさの匙加減が丁度いい具合の配合で、絶妙なバランスになってます。(エッチなシーンに限らず、全体的なストーリーでもばっちりな匙加減なんですが)

神にしたいんですが、萌え評価になったのは、脇役の十郎太さんの声が…先にレビューされたミドリさんも書かれてますが、彼が喋ると、ストーリーとは関係ない部分で笑っちゃうんですよw
悪い声じゃないんです。いい声。宇宙戦艦ヤマトを歌わせたくなるような、低音で濃厚な甘い声。
でもこの作品のなかだと、浮いてる~。
他の声優さんたちはハマり役でした。

0

ヘタレワンコかわいい~!

原作未読ですが、とってもとってもよかったです!!
タイトル通りのお話です(笑)
年下ヘタレワンコ×年上ゲイの女王様。
大好きなカップリングなんですよね~vv
年上ゲイの聡が、年下ノンケのワンコ・苅谷のことを好きになって、
でも苅谷はノンケだから手を出す気にはならなくって、プラトニックな恋愛を楽しんでいたわけですが、
そんな苅谷がある日ゲイの和己のことを好きになって、聡にエッチの練習に付き合って、と頼むのですが…
ノンケのくせになんで男を好きになるんだ!男を好きになったくせに何でそれは自分じゃないんだ!ともがく攻が愛おしい。
経験豊富な女王様気質な聡なのに、年下“ダメワンコ”(聡自らダメワンコと言っちゃうところが可愛いw)苅谷との恋愛はなぜか上手くいかない。
ワンコ・苅谷も可愛いけれど、そんな苅谷に対して不器用な恋心を貫く聡がめちゃくちゃ可愛いんです。
そんな聡に平川さん。相変わらずお上手v
可愛くってもしっかりとした男を演じさせたら右に出る人はいないんじゃないでしょうか。
私としては意地悪男(イタキスの入江くんとか)を演じてほしいんですがw
そしてヘタレワンコ続き・苅谷に川島得愛さん。おぉ~見事なヘタレだよww
ワンコ時と、ワンコの逆襲時(笑)の変貌っぷりもナイス!
ヘタレワンコというか時々番犬になってましたけどね!
エッチも実地練習(笑)なので、それなりに萌えさせていただきました。
女王様がワンコにいろいろと教えてくれますよ、手取り足取りナニ取り…(最低)
あて馬の十郎太様は…ゴメンナサイ、私BLでは十郎太様は聞きたくないんです(笑)
濃いすぎて、なんか恥ずかしいんですよねーハハハハ
和己役の大宙さんは可愛かったww小悪魔vv
ストーリーも、ありがちな話だったんだけど、最終的にはどんでん返し(私的に)があって、めっちゃ嬉しかった~!
ありがとう和己!大好きになったww
最終的には、“むっつりヘタレダメワンコ”の称号を苅谷にあげよう(笑)
聡も両想いになってからの誘い受けはたまらんかった~激しくしてとか我慢できないとか…ムフフフ

英田さんってハードめなのが多いのかと思ってましたが、こーんな可愛いお話もあるんですね~
あー可愛い可愛いv原作も読みたいです!
麻生海さんの絵柄も可愛いし、お話ともピッタリですねー

1

へたれわんこばんざい!

切なさもあり、笑えて萌えて気持ちがほっこりする作品です。

川島さん演じる後輩・苅谷がすごくダメダメなワンコなのですが、それが何ともかわいいです。落ち込んでる時なんて、耳がヘタッと折れてしっぽがしょんぼりしているのが目に見えそうなヘタレぶり。(ですが『飼い犬に手を噛まれ』そうになる展開もあります。)
一方、平川さん演じる先輩で小説家の成瀬は強気で美人で男前ながら、遅れてやってきた片思いをひっそりと大事に抱えているようなキャラなのですが、その複雑さを絶妙のバランス感覚で表現されてます。
脇を固める小杉さんや水島さん(小悪魔役お似合いです!)、バーのママ(笑)の安定感もよいです。
CDを聴いてから原作を読んだのですが、エピソードカットも無理のないレベルだと思います。Hシーンも少し減ってしまっていますが、メインは『練習H』です。これがかーなーりー萌えでした。切ないんですよね…。そして聴いててとても照れます;
それからちょっと「おっ」と思った場面が上記の『手を噛まれ』そうになる場面です。『練習』からしばらく経ち、酔ってヤケになり襲ってきた苅谷を拒否する成瀬が、言うことを聞かない後輩続きに対し「いいけど今からお前は俺をレイプするんだ」と言い放つところです。こうきっぱりと言い切る受けって意外と少ないんですよね…。たいてい、好きだから嫌だけど抱かれちゃう~って展開ばかり見る気がします。それと異なるのが面白かった。

CDの話に戻りますと、書いた通りとにかくキャラの魅力はとっても強かったのですが、少しですが所々BGMの入れ方に何となく違和感を感じる部分がありましたので、神でなく萌え評価に致します。
ブックレットのSSも可愛いです…。うーん流石英田先生。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ