hollowman./また明日

hollowman mata ashita

hollowman./また明日
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
18
評価数
6件
平均
3.2 / 5
神率
16.7%
著者
 
媒体
コミック
出版社
ふゅーじょんぷろだくと
シリーズ
POEBACKS Baby comic(コミック・ふゅーじょんぷろだくと)
発売日
価格
¥560(税抜)  ¥605(税込)
ISBN
9784893936004

あらすじ

虚ろな日常に、キミというスパイス。

遠い思い出、大切な人に裏切られた記憶。
過去に抱えたトラウマから、深い人付き合いを嫌う主人公・前田。
一夜限りの遊びを繰り返す冷めた日々の中、
出会った相手は飄々とした…ユーレイ!?
マイペースなユーレイ・育郎に翻弄される前田だが…?

どう考えても異常だけれど、こんな毎日も「アリ」。
ハートフルでストレンジ、
どこか懐かしい香りのするクロオ千尋待望の初作品集、
大幅描き下ろし78ページを加えフレッシュに登場!

出版社より

表題作hollowman./また明日

英一(高校時代) 唐沢(?)
前田(高校時代) 英一(?)

その他の収録作品

  • hollowman.1
  • scene1:つまらないことの天才
  • scene2:アバウト
  • scene3:暇つぶし
  • scene4:天才再び
  • scene5:無神経な男
  • scene6:ランチタイムを一緒に
  • hollowman.2
  • hollowman.3
  • hollowman.4
  • scene7:クマとの遭遇
  • hollowman.5
  • epilogue
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

何度も読み返したい

淡々としたオムニバスでした。

主人公の移り変わりも、幽霊と同居するお話から隣人へ、過去の話から初恋の相手・英一へとゆるやかに入れ替わっていきます。
英一と前田とは結構ニアミスなんじゃないかと思うんですが、再び出会うことはないのかなぁ。出逢ってほしくて、続きが読みたかったです。
育郎の生前や眼帯のわけも知りたかったです。

絵もお話も雰囲気もしみこんでくる何かがあって、じんわりと癒される気がしました。
何度も読み返したい一冊です。

0

腰つきが色っぽい

「幽霊との同居」っていうファンタジーから始まって
高校生時代の初恋話、その初恋の相手は今?話、と
大きな物語の、一部を切り取ったような1冊。

表題作、前田と城戸、お隣の桜のことも気になるけど、
それよりもっと気になるのが、英一
立ち姿、腰つきがメチャクチャ色っぽい。
つかみ所のない性格もイイ。
ゲイな人々のお話っていうだけのこの本の中で、エロ事を一手に引き受けている。
熊男・唐沢とは、未遂で終わっちゃうの、残念だったけど。

と、こんな感じ(オムニバス形式)で、いろいろなエピソードをつないでいるうち、いずれは、英一と前田は再会したるするのかなぁ。
この続き、物語の全容を読んでみたい。

1

ユーレイと居る毎日。

ちるちるさんの「オススメBL」を拝見して、あらすじと表紙に惹かれて購入してみました。

過去に大切な人に裏切られたトラウマを持つ主人公・前田が、マイペースなユーレイ・育郎に出会い、翻弄されていく中で、育郎やお隣さんの桜(ダメンズ好き)に少しずつ心を開いていくお話。

その他に、
前田が高校時代に、先輩・英一と付き合っていた頃のお話
大人になった英一メインのお話
が、収録されてます。

読後の感想ですが…まだ続きが読みたい!

元に大きな一つのお話があって、その中に出てくる登場人物のオムニバス形式な短編集といった感じでしょうか…
こういう感じも好きなんですけどね(笑)

まだまだ、前田と育郎が今後ラブい関係になっていくのか!?とか、唐沢(通称クマ)は英一を諦めてしまうの?とか、桜にまとm…良い恋人は出来るのか?!等々、その辺のお話も読んでみたいです!

登場人物は、おっさん(笑)からワイルドなお兄さんへと変貌を遂げた唐沢が個人的に気になりました(笑)
前田は眼鏡ない方が好みかも…(高校時代、めっさ可愛いです。)
前田と育郎は、漫才みたいなやり取りしながら、ほのぼのラブラブしてて欲しいなぁ続きと思いました。
どちらかと言えば、育郎×前田でしょうか?
それにしても、育郎の眼帯は最後まで謎のまま…

絵のタッチは、帯にも書いてあるように、どこか懐かしい香りがしましたが、随所に四コマちっくなオチがあったりして楽しい所は楽しく、シリアスな所はじんわり来て、好きな作風でした(´`*)
秋の読書にピッタリだと思います(^-^)

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ