そこからは熱情

sokokara wa netsujou

そこからは熱情
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
11
評価数
6件
平均
2.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
リンクスロマンス(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥855(税抜)  ¥923(税込)
ISBN
9784344818941

あらすじ

同居している従兄弟の根津に恋心を抱く澄川創哉は、9年間続けてきた根津との身体だけの関係を断ち切ろうと家を出る決心をするが…。
(出版社より)

表題作そこからは熱情

根津貴成,工学部研究員,27歳
澄川創哉,絵本作家兼CADオペレーター,24歳

その他の収録作品

  • ここからは情熱

評価・レビューする

レビュー投稿数1

攻めに振り回される受け

「同じ声を待ってる」のスピンオフです。
私は前作未読でしたが、特に支障はなかったです。訳知り顔で登場するキャラもいなかった気がしています。

表題作と続編の中編2本が収録されています。創哉の目線で進んでいきます。

「そこからは熱情」
創哉(受け)両親の海外赴任を機に、従兄の貴成(攻め)と同居する事になった。憧れのお兄ちゃんだった貴成に強引に抱かれうようになってから9年。セックスはするが、セフレでも恋人同士でもないという不毛な関係を解消するべく、創哉は家を出ると貴成に告げるが…。

「ここからは情熱」
相変わらず俺様な貴成に振り回される創哉。同居解消は止めたものの、恋人同士かと問われたら首を傾げざるを得ない状況の中、創哉は仕事の相手・北島に言い寄られてしまい…。

貴成の俺様なのに、鈍いというか天然のような貴成の言動が面白かったです。
そんな貴成に振り回される創哉が単に嘆くだけの弱い男じゃなくて、思い切りも良ければ拒絶もする、読んでいて気持ちの良いタイプで好感が持てました。

創哉がシリアスな思考をしないので、全体の雰囲気は切なさよりコミカルな印象でした。
続き

恋愛というものに疎い情緒欠陥ぎみな俺様攻め、なんだかんだ振り回されても結局攻めが嫌いになれない受け、社会人カップルがお好きな方にお勧めです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ