b-boy HONEY 3 不細工特集(アンソロジー著者等複数)

b-boy HONEY 3 不細工特集(アンソロジー著者等複数)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×22
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
27
評価数
7件
平均
3.9 / 5
神率
28.6%
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
発売日
価格
ISBN
9784862637406

あらすじ

表紙:田中鈴木
ラインナップ:田中鈴木、池 玲文、日高ショーコ、新田祐克、琥狗ハヤテ、草間さかえ、七織ニナコ、国枝彩香、高野イコ、遙々アルク

表題作b-boy HONEY 3 不細工特集(アンソロジー著者等複数)

アンソロのため割愛
アンソロのため割愛

その他の収録作品

  • 君よ知るや南の国/国枝彩香
  • アイツの大本命/田中鈴木
  • ここは、愛の惑星。/遙々アルク
  • 花降る地下街/池玲文
  • あらかじめ消える世界/草間さかえ
  • ヘヴィースウィート/高野イコ
  • 美しくなりたい/七織ニナコ
  • またいつかここで/琥狗ハヤテ
  • 二度目の恋/日高ショーコ
  • w劇場/新田祐克

評価・レビューする

レビュー投稿数7

どれもレベル高いです。

日高ショーコさん目当てでしたが、どれも良かったです!
特に気にいったものをあげさせてもらいます。

『二度目の恋』日高ショーコ
元よりギャグセンスの善い方だとは思ってましたが、コメディを全面に押した作品は今のところこれだけでは?
まだ単行本未収録ですよね?!『初恋のひと』の続編です。
藤原のブサ専ぶりに笑い倒しましたw
不細工な男見付けてはふらふらする藤原を心配する唐橋がまた可笑くも可愛い。
そういえば可愛い顔した受け(藤原)って、日高さんキャラでは少ないですね。

『君が知るや南の国』国枝彩香
好き嫌いが分かれると思いますが、、ここまでくると笑うしかない!
凄すぎる!不細工への愛に溢れてます。歪んでますが(笑)
麗しい絵柄が台無しな不細工ぶり&ヘンテコぶり。笑いすぎて顔が疲れました。

『ヘヴィースウィート』高橋イコ
可愛い!絵もお話も。学生ものでイケメンと真ん丸体形のコの話です。

『花降る地下街』池玲文
近未来もの。こちらもイケメンとお腹ぽっこりの男の子とで、痛い過去がありつつの純愛です。
男前な性格の姉さんとのやり取りが楽しい!

続き
『ここは、愛の惑星』遥々アルク
頁数が少ないながら読ませる短編でした。これが一番リアルに近い設定かな?
不細工さんに惚れられて気持ち悪く思うのですが、、。
続編を読んでみたいです。

1

かわいくてやさしい話多め

「アイツの大本命」
イケメン吉田父×不細工母カプがかわいいです
「花降る地下街」
美人だけでガサツで弟思いの姉テミスンがいい味出してます
「あらかじめ消える世界」
これだけだと意味が分からないかな
孝志がかっこいいです
「美しくなりたい」
不細工攻めなのかな?これは不細工受けが良かったです
「またいつかここで」
不細工アンソロでまさかの感動もの!良かったです
「二度目の恋」
元不細工×B専
ギャグ要素が強くて面白かったです

1

萌え萌えの不細工特集号です!

国枝さんの不細工がまた拝めると聞き、もう待ってました♪
再びあのブサイクに再会できるなんて☆
題名は『君よ知るや南の国』なんてゲーデですよ♪♪でも・・・
今度のブサイクは”アドニス”(爆!)しかも乙女なんで~悶えてしまう!
対する美麗は旅人のエルリク♪狩人ですわ!
アソコが蛇の鎌首もたげたデフォルメで、本人もメデューサさながらの狙った獲物は逃がさない風な変身ぶりが見事!
ここではユニコーンさえもブサイクで、このエルリクはブサイク萌えの人だったんですね♪
しかもアドニスエルリクの子供を生んでしまうっていうのが何ともファンタジーで、、、笑えておかしくて、幸せでした☆

そして池玲文さんの『花降る地下街』はまた新たな魅力です♪
池さんの絵というとCGを使った背景とか直線的な背景が特徴だったりするのですが、これは宮崎アニメのような手作り感あふれる背景。
絵も相応にちょっと柔らかめのあったかい感じで、この作家さんのバラエティの豊かさがうかがえてそれが満足。
勿論、ストーリーも可愛らしかったデス♪
コデブのベトがキュートです。

草間さかえさんの『あらかじめ消える世界続き』は「されど美しき日々」の続編。
委員長が山口君が大好きなのはよーくわかりました、、ごちそうさまな感じ。

遥々アルクさんの『ここは、愛の惑星』
ここに登場したデブ眼鏡の葉加瀬さん(頭もくるくるの長髪だったらタロウみたいだったのに、、)
これね、すごくこの後がきになるんです。
葉加瀬さんひょっとして痩せた?ハンサムになっちゃったの?
続きが読みたいと思わせる結末でした。

日高ショーコさんも「知らない顔」の続編になっていて楽しかったデス
藤原が超デブになっていた新谷に整形したのかな?ってハート飛ばしてるところが爆笑してしまいましたww

他作品も自分の不細工と言う部分に引け目を程度は違えど感じていて、というのは共通でした。
新田さんのは性格がネカマという性格不細工という部分を表わしていたのかな?と思います。
とってもかわいかったのが、高野イコさんの『ヘヴィースゥイート』も登場するぬいぐるみみたいなデブちゃんです♪
二段重弁当とかもう、ほっぺたとか、自分で着やせするからとかいう発言がもうカワイクて~♪♪

不細工って本人にとっては欠点かもしれませんが、愛する人にはチャームポイントなんだって愛にあふれていました。

3

待ってました

この特集を待っていたのです…!
Libre編集部に有難う。

B-BOY phoenixの不細工特集がBL界を震撼させましたが、今回はその第二段。流石に前回が神がかっていた為に今回は『萌』評価に落ち着きました。

本誌も全体的にレベルが高いです。こういうアンソロジー形式は良い作品が1、2個あれば良い方なので、そう考えれば好みの個人差はあれど大変充実した内容です。


ただ…何故に国枝先生のあの作品を巻頭カラーに持ってきたんだLibre編!不細工大好きの私もあの内容はどぎつい。
本来の国枝先生はシリアスもギャグも両方上手い作家さんなんですが、今回はちょっと空回りしていた感じがします。悪い意味で醜悪な絡みを見せつけられ、しょっぱなから気分が悪くなってしまいました(..;)受攻両者の間に愛を全く感じないのです。

草間さかえ、田中鈴木、日高ショーコ先生は不細工特集第一段の続き。お三方は上手く綺麗にまとまっていて面白かったです。ただ前回を知らないと楽しめないかも?

そして予想外に良かったのが遥々アルク先生と池玲文先生。今までそんなに注目していた作家さんでは無かったのですが、両者上手くまとまっ続きた話で満足です。

新田祐克先生は…元より不細工が好きな方では無いみたいなので、無難な感じでまとまりました。


こうやってみると多少難アリ?なアンソロジーですが、不細工がお好きな方は是非。

そういえば、BL界で不細工萌の古株は門地かおり先生だと思っているのですが今回は参加してませんでしたね。残念!

3

あばたもえくぼというよりも、あばたもあばただからイイみたいな?

不細工特集です。
デブ、チビ、にきび、オタク、キモイ・・・いろいろいました。

△『君よ知るや南の国』は、ギャグすぎてもはや私にとっては
BLですらない領域でした。
国枝さんは不細工のよさを本当の意味で理解して描いてないのか
国枝さんの不細工のレベルが高すぎるのか・・・私には萌えが
まったく伝わらなかったよ><

○『アイツの大本命』は、いつもどーり。
私の中ではサザ○さんとかのノリで、可もなく不可もなく・・・。

◎『ここは、愛の惑星』
デブで眼鏡の存在の薄い男に告白された若いイケメン。
もちろんお断りで、振られてしまうデブで眼鏡の存在の薄い男。
彼は、いったい何だったのか?
もしくは、イケメンのいた“世界”が変わってしまったのか?
短いのにクる!さすが遥々アルクさんといった感じ。

◎『花降る地下街』
地下都市というファンタジー設定。
地上から落ちてきたイケメンを拾うしゃべれないデブでチビ。
イケメンに恋するデブでチビの気持ちはわかるのは当たり前だけど
デブでチビに恋するイケメンの気持ちがわかるように描けてるのが
本当に素晴らしいと思続きったんだよ。つか、このデブでチビがかわいいv
単なるB専じゃなくてもこのデブでチビの魅力が伝わる!

◎『あらかじめ消える世界』
“前の友達”が記憶喪失になって戻ってくるお話。
いじめという問題を下地に敷いてあるので
けっこう重いんだよね。でも読後が明るい。
読後明るいから、なんとなく過去はもうどうでもいいというか
前を向いてる感じはいい。

△『ヘヴィースウィート』は、うーん好みの問題かな・・・。
私は、デブでもいいと思うけど、このデブの性格も
あまり好きになれないというか・・・いい奴なのはわかるけど
恋愛に発展するようには思えなかったよ。

○『美しくなりたい』
これは、にきびに悩む不細工なんだけど
にきびはさー、たしかに不細工の材料だけど
不細工としてはハンデが低い部類だからさ
悩む必要なんかないわけで、気にしてるのは本人だけっていう
パターンは本当に多いと思うよ。
これもラストの描き方がすごく笑えてほっこりした。

◎『またいつかここで』
正直、琥狗ハヤテさんの神様と人間モノって
だいたいこんな展開とオチなんだよw
毎回ほぼおんなじパターンなんだけど、泣ける。
日本昔話だって、展開やオチは一緒だけどいい話って
いっぱいあるじゃん?もはや琥狗ハヤテさんはその領域にはいってるw
オチがわかっていても、惹かれるわぁ。
守り神のお姿すごくよかったです。

◎『二度目の恋』日高ショーコさん登場です。
これはさ・・・わかりにくいと思うけど
藤原の目に映る世界は、不細工とイケメンが逆転してるんだよねw
だから藤原は不細工だから好きなんじゃないんだよwww
藤原的には、面食いなわけですw
そんで唐橋も、面食いなんだよなw

△『w劇場』
ネトゲーオタクのお話。
フレに恋するお話なんですけど、この手の話の定石すぎるオチ。
もお出オチに近いですよw
わたしに言わせれば受けよりも攻めのほうがキモいw

ずらずらっと個別感想を書いてみましたが
かなりレベルの高い特集モノでしたよ。
酷い作品が1つもなかったです。

3

綺麗≠カワイイ……しかし不細工=カワイイ!

そもそも不細工ってすごく愛すべきキャラだ、と思いました。このアンソロに出てくる不細工さん達はみんな、自分のいまに満足はしていないんですよね。「好きな人に見てほしいから、美しくなりたい」 と思っているんです。まぁ中には、ブサ好きの彼の為にもっとブサになりたい…という人もいましたが!笑……そういった努力を見ていたら、こちらとしても応援せざるを得ないんです…。「好きになってほしい」 って頑張る姿が本当に健気で、何度も何度も泣きそうになりました…!

池玲文先生の 「花降る地下街」 にはそういった傾向はありませんでしたが、不細工でも優しくて可愛いペトを抱きしめたくってたまらなくなりました…!
喋ることができないペトと気性の激しいお姉さんの絆や、黒野のヘタレっぷりがいちいちキュンとするっ!ほんとうに玲文先生は多才だと思います。HONEYの1号から先生の作品は掲載されていますが、受ける印象が全然違う。ヘンタイだったりド変態だったり、今回みたいにキュンとしたりします。各テーマにすごく沿っていながら、これだけ魅力を発揮できるのだから恐ろしいです。千の仮面…持っているんでしょうか? (恐ろしい子…続き

「ヘヴィースウィート」 も大好きです…!
イケメン?高校生がぽっちゃり男子をからかう為にアプローチするわけですが、ぽっちゃり男子のピュアに触れてグッときてしまうんですよね…。とにかく田中くんがすっごく可愛い!おべんと独りで食べて平気…とか、みんなから敬遠されるのを受け入れてしまっているのが切ない。そんな彼を唯一理解している男へ、イケメンがまさかの嫉妬をしてしまうのも…。もうね、現実もそうだけどBLも…恋愛ってどう転がるか分からないなぁとつくづく思います。きのうまで冷やかしていたヤツが、きゅうに抱きしめてきたりするんですから。しかも触りたいって…ちょ、体育倉庫も淫らな行為に利用しないでください…!そういえばマットって意外と臭いですよね。愛の力でカバー? ←

一番衝撃だったのは 「w劇場」 でしょうか。
新田先生はすごく有名なのに、作品を拝読するのは初めてでしたが、なにあの表現力…!なんだろ…表情かな、すっごくリアルというか、良い意味で極端なんですよね。
キレ方がすごく好き。
あとやはり、私がまんがで一番大事だと思っている “間” が、スピーディだけど的確だと思う。…どんだけ知ったかぶるのという感じですが、何が言いたいかというと、とにかく読みやすかったです!もうすごく引っ張り込まれて、泣きのシーンではすごくグッときてしまった…。彼は結局、パソコンの中で会うあの人が本命だったということ…ですよね? ←
実際に彼のような恋愛が報われるかどうかはまぁ置いておいて、オタク的要素とリア充の絡ませ具合が絶妙だったなぁと思いました。あれでもっとドラマチックだったら駄目だと思うんだ…、良い生臭さがあって、それが最高におもしろかったです。

不細工は、BLが 「美しい男子」 のものだという暗黙の了解により派生したジャンルであると思いますが、美しい男子よりもなぜかカワイイ受け、美しい男子相手よりもヘタレ度の増す攻めに萌えツボをぐりぐりされました。
不細工は素敵だ…!(噛み締め

2

萌えと爆笑てんこもり!

日高ショーコさん目当てで買いましたが、全体的にめちゃくちゃ面白かったです!!
なんというか…どの作品もギャグ要素が高かったですね。
それでもちゃんとボーイズラブでしたw

日高ショーコ『二度目の恋』
これはコミックス「知らない顔」収録の「初恋のひと」の続編です。
元ブサイク今イケメンの美容師・唐橋×ブサ専美形デザイナー・藤原。
高校時代、藤原の初恋の相手だった唐橋に久しぶりに再会した藤原は、
藤原がかっこよくなってしまったことにショックを受けつつも、無事二人は結ばれて――
というのが前回の「初恋のひと」。
ちなみに藤原は美的感覚が極端にズレていて、ブサイクな人を本気でカッコイイと思ってしまう人なのです。
今回は二人が高校の同窓会に行くお話。
唐橋は、藤原が以前のブサイクな自分のことが好きだったことを知っているので、(藤原の美的感覚を知っている)
今の自分のことはあまり好きではないんじゃ…と気にしています。
で、同窓会で再会したイケメンだった同級生が見事にデブでブサイクに返信していて、
藤原はフラフラ~っとそっちに誘われてしまいます(笑)
もうこの同級生が続きめちゃくちゃブサイクなんですよ!!www
デブでテカってるし七三分けだし、あの美しい日高作品でこんなブサイクを見るなんて初めて!
そして藤原のキャラがバカでビッチでとんでもなくて、見てておかしくておかしくてたまりませんでした!
日高作品でこんなに笑ったのは初めてですww
でもちゃんと二人はラブラブでエッチシーンもあって、大満足です!
あー続きも読みたい!
藤原はこれからも自分好みのブサイクが現れたらフラフラ~っと行っちゃうんだろうけど、
二人の間にはそれなりに絆もできてるし、大丈夫だと思う!
唐橋の苦労性なところも萌えですねw

国枝彩香『君よ知るや南の国』
国枝さん、酷いですwwwww(いい意味で)
どこを見てもブサイクの園!しかもブサイクレベル高すぎる~!!www
魅惑のブサイクの国へとやってきた美形の旅人・エルリク。
エルリクの美貌と優しさに、ブサイクの国の住人たちもしだいに心を開いていきます。
しかし、ブサイク中のブサイク・アドニスはなかなかエルリクに心を開かず…
エルリクの中にある感情が芽生えます。
もう本当に酷い酷い!
こんなブサイク最近のギャグマンガでも見たことありませんwww
中でもアドニスは脇毛も胸毛も鼻毛も脛毛もモジャモジャ、しかもバーコード。
もう言葉では言い表せないくらいのブサイクなんです。
そんなアドニスを蛇のように落としていくエルリク。
エルリクにドキドキして乳首も股間もモッコリしてしまったアドニスの
脇毛をクリクリしてみたり、毛むくじゃらなアソコをレロレロしてみたり、
あれれ、不覚なことに萌えてくるのはナゼ??ww
合体シーンも爆笑wwwwエルリクはアソコまでもが大蛇でしたwwwww
もう本当に爆笑なんで、呼んでください!ほんと是非!!
これだけでも1000円の価値ありますよ!!
国枝さん…センシティブな作品を描かれる方だと思っていたのに、まさかこんな引き出しがあったなんてwwww

田中鈴木『アイツの大本命』
まぁこの作品は、佐藤が吉田を好きで好きでイジメたくって…ないつものごとく。
今回は吉田・父が登場!気になるその顔は…?!

草間さかえ『あらかじめ消える世界』
コミックス「夢見る星座」収録の「されど美しき日々」の続編。
ネズミ顔でいじめられっこの山口と、そんな山口の味方だった委員長。
委員長は事故で記憶を失い山口との記憶を忘れてしまいますが、
紆余曲折の末二人は恋人同士になる…というのが前回。
今回は委員長の記憶喪失になったいきさつが明らかになります。
相変わらず山口のことが可愛くてしかたのない委員長です。
エロはスマタ!!太股にかかる白濁がエロいです…!!
これも続きがありそうな気がしますね。

ほかにもおデブちゃん、オタクなどいろんな“ブサイク”が出てきます。
しかしやはり群を抜いていたのは国枝彩香さんですね。
もはやブサイクの域を越えていますからww
日高さんも笑えて萌える、素晴らしい作品でした!
全体的にどの作品も面白かったですよ!

4

ミドリ

菊乃さんこんばんは~!
確かに日高先生のは前の読んでなかったらちょっとわかりづらいかもしれないですね!
私も慌ててコミックス読み返してからコチラを読みました。
でも読んだ当時からなかなか強烈な話だったから覚えてましたがww
草間さかえさんも前作読んでるほうが萌えられると思います!
あれも今回のだけだったらちょっとわかりにくいかな…。

国枝彩香さんは、あのカラー絵のような作品を描かれる方です、まさしく!
でも「耳たぶの理由」のような可愛いコミカルな作品も描かれたりと、とっても振り幅が広いんですよね!
どちらかというと、あぁいう絵柄も心理描写も繊細な作品が多い気がしますが。
しかし今回のはさすがにビックリしましたwww
新たな才能が明らかになりましたよね~もうますます大好きです、国枝さん!ww

菊乃

ミドリさま、こんにちは~!
いや~。日高先生の作品の予備知識を教えてもらえてよかった~!
早速『初恋のひと』を読み返してから『二度目の恋』を読んだんですが
萌え倍増でしたよ!!ありがとう!!
国枝さんって読んだ事なかったんですが
イメージとしては
あのカラー1ページ目の様な美しい作品を書く人って認識だったので
次のページをめくってぶっ飛びました!w
あそこまで行くと潔いですよね~。

他の作品もなかなか面白かったし、これは買って正解でしたよね!

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ