いっぱい腰振って俺も気持ちよくして

ファントムドッグ

phantom dog

ファントムドッグ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神6
  • 萌×23
  • 萌15
  • 中立4
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
91
評価数
28
平均
3.4 / 5
神率
21.4%
著者
吉田屋ろく 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
コスミック出版
レーベル
キュンコミックススパイシーホップコミックス
発売日
電子発売日
価格
¥680(税抜)  
ISBN
9784774732091

あらすじ

俺・篁は広告代理店に勤務する営業マンだ。自分で言うのもなんだが、ヤリ手だ。
そんな俺のリフレッシュ方法は
ゲイ専門の出会い系サイトで見つけた相手とのセックスだ。
だが、最近そのサイトの話題を独占している男がいる。

``ファントムドッグ''

——ふざけた名前だが、彼との一夜は天国のように気持ちいいらしい。
ある日、いつものようにホテルに向かった俺を出迎えたのは
裸にドッグマスクを付けた男で——!?

表題作ファントムドッグ

篁凛太郎,広告代理店営業マン
伊吹 京,新人芸能人

その他の収録作品

  • ファントムドッグ-田舎暮らし編-

レビュー投稿数8

思う倍以上に良かった…

これは、かなり良かったです。
カバーデザインは、もうエロスの世界へようこそって感じなんですが、お話の構成がなかなかドラマチックでした。
正直、読み始めと終盤ではかなり違うのですよ!

広告代理店のやり手、篁凛太郎。
口紅のCM作成を任されて、昂る気持ちをワンナイトで解消しようとしたら!
ゲイコミュニティでは、ちょっと有名人のドックマスクを着けた男とマッチングしてしまう。噂のファントムドックで、めちゃくちゃすごいセックスをする人。

ドックマスクにファントムドックと言うワードだけでも、素晴らしいなぁと思いました。

まあ、ドックマスクの男はCMの出演が決定していた京だったんですね。
あれやこれやについては、お読みいただき、京と凛太郎の2人について。

凛太郎と京のどちらとも、何かを埋めてくれる、愛してくれる存在が必要だったんです。
凛太郎が、京に自らの過去や京に贈る真剣な言葉がかなり良かった。
この2人がちゃんとパートナーとなっていくのですが、いちいち凛太郎の言葉が泣ける。
いや、真面目に涙出てしまった。
カバーデザインから想像出来なかった、吉田屋ろく先生の伝えたいことが沁みましたね~

もちろん、しみじみ感動するだけじゃなくてエロもがっつりとございます。
えっちなんですよね!ほんと、エロいと思います。

カバーデザインに惹かれたけど、実は深い愛も有る。不思議な魅力が有る作品でした。
読み進めると話の構成にも、ぐいっと引き込まれると思います。

2

思ったのと違う

電子で試し読みをして紙で購入しました。

攻めてる表紙カバーとact.1や篁の前に現れた新人タレントの京の破天荒さにドキドキしたものの、篁と同居してからの京が別人のように可愛くなってしまいました。

京に段々と惹かれて行く篁までは良かったけど、社長の神林の京を利用した理由がありがちで陳腐過ぎて失速して残念でした。しかも篁まで性接待に使おうとしてたので、お前それ安易過ぎ!って悲鳴を上げてしまいました。

絵も綺麗だしドッグマスクも良かっただけに残念過ぎる〜。

篁の父親が歩み寄ってくれたのは良かったけど、2人が仕事辞めていきなり農業してたのもアッサリ解決し過ぎて何だかなと…。

青姦でくれぐれも捕まらないでくれと心配してしまいました。

中立寄りの萌です。

2

途中が暗い!

絵は綺麗でよかったのですがストーリーがありがちで、途中から話の流れが予想できて、さーっと読めて物足りなく感じました。

1話目の、受けの京が幻の存在的な感じで謎のドッグマスクをつけたセックスがめちゃくちゃ上手いファントムドッグと呼ばれる男という設定がミステリアスな感じで面白いなと思ったし、誘い方から最後までえろくてとてもよかったのですが、1話の終わりにはファントムドッグの正体が芸能界の新人 伊吹京とわかりその後からは話の流れがこうなるだろうなとか、社長が飼い主的な人物だろうなとか予想できて期待を上回る展開がなくサラッと終わった印象でしたし、上回るどころか同じ男と二度目はないと言われていたファントムドッグがあっさり攻めの凛太郎に懐いたのが展開が早いなと思ってそこらからイチャイチャラブラブを期待していたら、枕営業とかゲイに対しての偏見とか社長や凛太郎の過去が暗めで、リアルな要素がでてきてそこが自分の好みと違うなと感じました。

最後はハッピーエンドで、田舎で農家をしながらイチャイチャ幸せそうでよかったです!

2

表紙とは方向性が違うかも

表紙絵ですごくアブノーマルな雰囲気を感じて、たまにはこういうの読んでみたいな〜と思って手に取りました。
ちょうど気になってた作品の作家さんだったこともあり、期待値は高めでした。

表紙のドッグマスクを着用したスタイルでのエッチは最初の一度きりで、あとは割と普通のBLって感じなので、倒錯的なプレイを過剰に期待すると肩透かし感があるかもです。
本編中のドッグマスクというアイテムにまつわるエピソード(カバー下にも情報あります)を思うと、あまり積極的に使いたい感じのアイテムではないのかもしれませんが……。

ストーリーは、良くない言い方をすると「ご都合」感がちょこちょこあるので、いやこんな都合良く事が運ぶ訳ないだろー!! と思ってしまう方も居るかも……?
当方はハッピーエンドが好きなので、こんな展開もまあアリかなあとは思うのですが、ハピエンにしつつご都合にならない話運びって難しいんだなあ……と。

エッチシーン自体は絵が大変好みかつ線が美しいのもあり、満足度高めです……!!!
シチュエーション的には多少人を選ぶ(人前とか野外)ものもありますが、その辺も個人的にはサラッと楽しめる感じだったので良かったかな〜と思いました!

1

ビジュアルがとんでもない

単話でドッグマスク姿のビジュアルを見た時、とんでもないな、と衝撃的だったのを覚えています。
顔半分を覆うマスクから覗く扇情的な瞳、しっかり耳もついていて、ツンとしたしっぽはもちろんアレで、形の良いおしりに食い込むベルト…
めちゃくちゃどエロいやん…とよだれをたらしていたのですが、どストライクなドッグマスクでのエッチは1話だけ(涙)

出会い系サイトで最高のセックスができるがその存在は都市伝説のような扱いの『ファントムドッグ』と偶然出会い、噂以上の体験をした凛太郎。
その謎だらけだったファントムドッグの正体は売り出し中の新人タレント京だった…、と拍子抜けするほどサクッと明かされ、京の素行を心配した凛太郎と監視も兼ねた同居生活をすることになりますが、この京がかなりの訳アリで…。

狭くならざるを得なかった京の世界を広げてくれた凛太郎。
そして、大人びているのに実は無邪気で、良くも悪くも素直な京に凛太郎の気持ちが動いていきー…。

京と凛太郎、ふたりのお話しとしてはまとまっているのかな、と思いましたが、キーパーソンだった神林や京の母親、父親のことで引っかかるところがちらほらとあって、神林サイドで考えるとモヤりが残ってしまいました。

でも、先生の繊細なタッチで描かれる濃厚なエッチシーンはとても好きで、京のしなやかな身体と美反り腰がたまりませんでした。

2

不完全燃焼

作者さん11冊目の今作。
なんと初読みということに気付き自分にビックリです。
表紙のドッグマスク、攻め視点で進む物語ということで気になり手が伸びました。
が・・・結果、撃沈です。

なんだろう、なんだろう~
絵は綺麗だし読みやすいけれどうしても萌が出てこなくて。
何度か読み直してみたものの中々しんどいものが。
全体的に新鮮味にかけるのかもしれません。
なんとなくどこかで見た、読んだことあるな~という印象です。
表紙にどーんと描かれているドッグマスクも活躍するのは序盤のみで、もったいない気がします。

キャラ萌できなかったのも一つの要因かもです。
色々とそれはどうよ?!っと思う部分が・・・
よく言えば自分に正直に生きていました。
モデル仕事があるのにキスマ、仕事中にセックス、そのセックスを見て見ぬふりのマネージャー。
社長の神林は伊吹に枕仕事をやらせ、わざと記者に篁とのスクープ写真を撮らせたりと中々。
プロ意識が感じられなかったです。

神林の過去はおっ?っと食いついたのですが、話の流れで一気に軽く見えてしまってショボン。

どこかリアルな感覚を入れたかったのかな?と思えるお話しでした。
そこを楽しめたら面白いと思えるのかもしれないけれど、
私には合わないリアルでした。

エロはとてもエチエチだったのでもっとドッグマスクプレイ見たかったな~~と尾を引いちゃいます。
マスクをつけていることにより奉仕に限りがあるのがよき。
今作でのドッグマスクの意味を考えたら付けないほうが正しいのかもしれませんが。
それはそれ、これはこれと言うことで。

修正(紙)
短冊







2

ドッグマスクの意味

表紙…ッッ!!!!!
ドッグマスクにリーマンの表情。
関係が気になるしマスクのインパクトも◎
方や真っ裸、方やキッチリ着込んでる対比ってすごくエロくないですか!?
とてもそそられまくって表紙買いです♪

感想はーーー…うーん、難しいな。。。情報量が多いストーリーだな~と思います。全キャラクターに何かしらあって、人と人が関わることで良い方向へ化学反応していく展開ながらも、人の表と裏が陰を落とす仄暗い余韻もあり。残念ながら情報量の多さに少々拾い切れていない設定もあるな…と引っかかる部分もありました。でも前向きなお話ですし、グッとくる展開もあったのは良かったですヾ(*´∀`*)ノ


以下ネタバレ含む感想になります。ご注意を。


【ファントムドック】と呼ばれる謎の男。ドッグマスクをつけめちゃくちゃ気持ち良いセックスをしてくれるネコとして界隈では話題になっています。

攻め:篁凛太郎は、広告代理店に勤めています。能力があって自信家。着実に出世コースを歩み周囲からも認められています。実は隠れゲイで特定の恋人は作らず、ネットで相手を探して発散を繰り返してきました。

いつものように相手を探しホテルへ向かうと、そこに居たのは噂のファントムドッグ。書き込み通りのエロさっぷりに翻弄され搾り取られタップリ極上のセックスを楽しみました。その後日、仕事の打ち合わせで出会った新人俳優には見覚えのあるキスマークがついていてーーーと展開します。


ファントムドッグの正体を明かさずに進むものだと想定してたらビックリするほどアッサリ。ですが正体が判明した後の方が不可解な点が増えていくのです。(そもそもファントムドックの名も勝手に名が一人歩きしていただけで、本人は無自覚でしたしね~;)

というわけで受け情報も書きます。すみません。

受け:伊吹京は、無名の新人俳優。性に奔放で、物怖じしない性格。明るくて甘えたがりでワンコみたいな可愛さもみられます。しかし訳ありな空気も持っていてアンバランスさがすごく気になるんですよね…。凛太郎が絆されていくのがわかる。うんうん。

正体がわかってからがどんどんわけわかんなくなるんですよね…。凛太郎が担当した広告に京がキャスティングされていることもあって、ファントムドッグを止めろと。で、セックスはするのは俺だけにしろと。その提案に京が飛びついてすぐに一緒に暮らし出すんですね。(展開めちゃ早) 事務所の社長もアッサリ許可を出してて。

で。一緒に暮らしていると京の裏の仕事などが明らかになって、糸を引いている人物も明らかにーーーとなるんですが、京のキャラが掴みづらくなっていたなと感じました。飼い犬は飼い犬なんですけど従順さに一貫性を感じないというか…。大人しく言うこと聞く割に、強気に言い返したりもする。凛太郎への愛ゆえといえばそれまでなんですけど、展開が早いせいかアレ?ってなりました;

裏で糸を引いていた人物の闇は深そうですね。(全てを語っていないせいか意味分からんことも多々ですが…;)ドッグマスクは復讐の象徴だったのは…個人的に嫌いではないかな。表紙のインパクトからも何かしら仄暗い理由付けがあるといいな~と思っていたので。最後まで読んで表紙を見直して複雑な気分になるのが好きです!(我ながら変な所に萌えを感じておるわ…)

色々書いちゃいましたが、本来の京の性格はきっと凛太郎と居るときの素直で明るい部分だと思うので、嬉しそうにパッと笑ったり、幸せそうにしているのを見るとキュンキュンしました。最初はビッチ属性満開だったけど凛太郎一筋になってからはビッチっぽさも消えて良き良き(﹡´◡`﹡ )

「世界は広い」
京が"飼い犬"と知った時に凛太郎が伝えた言葉です。過去の凛太郎にとって救いの言葉でもあり、絶望した思い出でもあり。後ろ暗さを抱えたキッカケになる言葉を前向きなものとして口にしたのも良かったし、ラストに心に引っかかっていた部分が解消出来た展開はグッときました。意外な終着点でしたが良き良きですヾ(*´∀`*)ノ

8

エロは文句なし!

素敵なところもあるしラストも良かったと思うのですが、なんせ設定が粗い!
なんか惜しい感じがしました。


広告代理店に勤める凛太郎のストレス発散法は、出会い系で見つけた相手とのセックス。
田舎育ちのゲイである凛太郎には、自分を〝異端〟とみなす狭い世界が嫌で飛び出してきた過去が……
そんな凛太郎が出会ったのは、巷で噂のドッグマスクを着けた男・ファントムドッグ!
アグレッシブで気持ちいいファントムドッグとのセックスに溺れる凛太郎ですが、翌朝同じ男とは二度と寝ないという彼の存在は跡形もなく消えていました。
しかし、諦めの凛太郎が仕事で出会った新人タレント・京がファントムドッグの正体でーー…!

性に奔放すぎるほど奔放な京。
裸の撮影でもキスマーク全開で現れ、マネージャーの前で休憩中に凛太郎とH。
プロ意識とは?

挙句、中出しされたお尻をガムテープで封印して撮影に臨むという……破天荒にも程がありませんかと;
そして、こんなに簡単に凛太郎に正体を晒しよて良かったのか?

羞恥心も常識もない京に翻弄されていく凛太郎ですが、自分が担当したCMタレントの不祥事を恐れ、1年契約で京のHの相手を申し出て……という展開。

凛太郎と毎日のようにHしながらも、京には別の男の影もーー
それを感じながらも、甘いHで自分の方をむかせようとする凛太郎が切ない。

実は京には飼い主がおり、それが事務所社長。
社長の神林は、母親が亡くなって孤独になった京を引き取った恩人でもあります。
だけど神林が京にしてきた事は、男を喜ばせる方法を仕込み、京に枕をさせること……

凛太郎の過去も京の過去も重くて切ないのです。
そして、周りの大人たちが情けない。
子どもたちに、こんな事しかしてやれないのかと憤る。

そんな神林と京との関係に納得できない凛太郎は、京に広い世界を教えます。
惹かれあっているのに神林に引き裂かれる二人が切なく、京の神林への気持ちには洗脳のようなものさえ感じました。

そして、神林の予想だにしない過去が明らかになり急展開!

京と神林の捻れた関係も見方を変えれば面白いのですが、京の父が生きているのに母親が後見人に神林を指名したのはなぜ?(しかも神林は父の愛人)
それほど父親が酷い男だったのか?
京のマネージャーは何者?

……と、まぁ疑問がいっぱい。

こういう所が残念で仕方がなかったです。
せっかく面白くなる要素たっぷりの作品なのに、作中から汲み取れない部分が多過ぎました。

それでも、京の告白も田舎に帰るラストも素敵でした。
マスコミに追いかけられ「人を好きになる気持ちを制約する権利なんて誰にもない」と、言う京がカッコ良かった!

世間が決めた「普通」に収まるのではなく、個性は十人十色でいいと思う。
社会においても「寛容さ」は必要だし、京のセリフには考えさせられるものがありました。

ただね、ちょっとだけ残念さも残った。
もう少し長い話にするか、京と神林の背景描写を詳細にして欲しかったと思います。
ドッグマスクも、飼い犬の象徴でしかなかったと思う。

Hシーンは、大変エロくて良き♡
京がめちゃくちゃエッチなのに、表情は可愛い!
ろく先生の描く乳首がポチっといしていて好みです^^


※シーモアトーン+短冊修正

9

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う