さくら

さくら
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
8
評価数
2件
平均
4 / 5
神率
50%
著者
  
イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
大洋図書
発売日
付いてきた作品(特典の場合)

あらすじ

『デコイ』『交渉人は疑わない』連動小冊子

表題作さくら

若頭 兵頭寿悦 /関東侠和会鳩 加賀谷
交渉人 芽吹章 /関東侠和会鳩 那岐

その他の収録作品

  • 水面に花  榎田尤利
  • ノスタルジア 英田サキ
  • 筆者対談

評価・レビューする

レビュー投稿数2

緊迫した作品だからこそ楽しめるささやかな日常風景

交渉人シリーズ、デコイのファンなら読んで損はありません。
そして奈良さんの漫画が2ページずつあるしで、すごく幸せになれます。
漫画には兵頭×芽吹とキヨ×智紀、加賀谷×那岐と火野×安見が登場します。
漫画も小説も、本編ではあまりないほのぼのした日常のとある風景を覗いているような内容です。
個人的にはキヨ×智紀のめちゃくちゃ可愛いやり取りと火野の本編ではありえないような一面に、買って良かったああ!!と思いました。
デコイ読んだあとのもやもやは何だったんだろうかというくらい、火野安見二人がほのぼのしています。

1

それぞれキャラがリンクして登場の贅沢本です

「交渉人シリーズ」と「デコイシリーズ」の連動小冊子は、本来さくらの季節に発送されるものでしたが、遅れた為にもう花も終わった初夏の頃に届いた記憶があります。
しかしテーマを”さくら”にして、それぞれの作品のカプが、それぞれの作品のカラーのまま登場し、しかも微妙にリンクして登場している部分、何とも粋な計らい。
しかも中ページに共通の絵師・奈良さんによる、兵頭と火野の着物2ショット絵があって、ニヤニヤ・・・加賀谷入れてもらえなかったのか、かわいそうにww

『水面に花』は交渉人カプ
隅田川で屋形船を出して兵頭とその舎弟達と花見を楽しむ芽吹き。
こんなショートストーリーの中にもちゃんと、一人の青年をクローズアップして、その人物を絡めた話の展開ができているところがスゴイ!
ヤクザになるには余りに不器用すぎる青年の目の前で嫌がらせのように兵頭が芽吹きに迫るので、芽吹は川に落ちてしまう!!
それを橋から見ていたのが、仕事明けの加賀谷と那岐・・・という上手さ♪
ちゃんと、川に落ちて濡れた芽吹の世話は兵頭が風呂場でwww
兵頭、イイヤツだよ、本当に!
そして、エンドに奈良さんのショ続きートのマンガが2P♪
一編は兵頭の舎弟に関する疑惑・・・あれですよ、あれ!絶対突っ込みの中に変なこと言う奴が一人いる、それは誰だ!?っていうのです。
そして、SSには出てこなかったキヨと智紀デス♪
キヨのわんこぶり、尻尾と耳が付いてました、そして智紀はツンデレww

『ノスタルジア』はデコイの加賀谷と那岐のカプ話
冒頭は、芽吹が船から落ちるのをみているところから(ナイス!)
芽吹は那岐に「おじちゃん落ちた」とか言われてます、、、聞いたら怒るだろうな、芽吹(笑)
仕事上がりの二人はラブホへ行かないでそのまま温泉へGO!!
相変わらず、那岐に加賀谷は弄り倒されてるんですが、寝室では別(?)
いつも那岐に負けてる感じの加賀谷ですが、ちゃんと那岐がフォローしてあげてるんです♪
「お前の勝ってるところは、マメ・優しい・気がつく・セックスが上手い」って、やっぱり口に出して言ってる時点で那岐勝ってるよね?絶対って思ったですよww
そして旅館の窓からの桜を見ながらのエチ・・風流ですね~
そして中国で火野と見た桜に似た花に思いを寄せる那岐、ちゃんともう一方のことも忘れずに入れてあります。
そこからまるで画面がターンするように外国に逃避行中の火野と安見の二人へ・・・やはり、この二人は加賀谷・那岐のように甘甘とはいきませんね、何か切ないんです。
そして奈良さんのショートマンガは2P
火野×安見編は、脅威の暗殺者だけあって、お笑いの突っ込みにも厳しい火野・・・な一面が見られて笑った!安見はドキドキして愉しめないかも?
そして、おかーさんな加賀谷とドラ息子な那岐編です♪

榎田さんと英田さんの対談も載っていて、人気作家二人の小冊子ということで、大変に読み応えのあるものでした。

4

茶鬼

ぴかりん1976さま

コメントありがとうございます☆
そうですね、こうした小冊子は入手を逃すと切ないです。
特に人気の榎田&英田コラボだと・・・これは実に面白い本でしたのでお役に立てて幸いです。
オークションや古本で出てたりしますが、ほとんどただのものをその数倍、もしくは十倍近くの値段でというのは悲しい限りです。
こうした逃したものを、腐友と貸し借りなどして読んだり、スキャンしてデータに残したりして自分のものにするという手段もありますよ。

ぴかりん1976

今となってはもう手に入らない作品だけに、レビューだけが頼りです!
ありがとうございます。

あとは妄想で、イメージ広げます(泣)

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ