春ナオミ

春ナオミ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
メディアックス
シリーズ
CLAPコミックス(コミック・メディアックス)
発売日
価格
¥900(税抜)  ¥972(税込)
ISBN
9784862017147

あらすじ

師弟愛 積もり積もって 本ができました(字余り)
「君と歩く空の下なら いつだって旅日和」

「ギャグマンガ日和」個人傑作選登場!
曽良×芭蕉のおいしいところをギュッと収録★ (出版社より)

表題作春ナオミ

弟子 河合曽良
師匠 松尾芭蕉

その他の収録作品

  • 剃捨て黒髪山に衣更
  • 寝ても醒めても
  • 序 -jyo-
  • 子曽良でGO!
  • 旅の道草
  • ポッキーゲーム
  • 火恋 -ヒレン-
  • トレジャー☆ハンター 曽良
  • 蝶の舌
  • 現パロ曽芭
  • おきつねさまのおんがえし
  • ごめんあそばせ
  • 雪見遊宴
  • 御意
  • SOBAQUE
  • 縁の糸
  • 影追い(描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数1

可愛さ余って手も足も出る

春ナオミさんの”曽×芭”同人を集めた一冊です。
この方のも、曽良くんの芭蕉さんに対する不器用な愛情表現と、思うままにならないもどかしさが前面に出ていて切ない!
『ギャグマンガ日和』の二次ですが、実在した芭蕉と、彼が後年西行のように、愛する弟子を連れて二人旅をした史実があるだけに、他の二次作品より入りやすいのだと思います。

究極のツンデレ曽良は相も変わらず芭蕉をいぢめていますが、芭蕉もへこたれない人なんで、朝になれば「チューしてくれたら起きるかもしれない」とか天然全開してます。
これには、曽良が芭蕉に弟子入りしたエピソードの『序』が入っていて”雪まろげ~”の句が読まれています。
こんな話しも入って、曽良の執着の裏付けのような話しになっていて、奥深さを感じますね。
そして何より『御意』が凄まじかったです。
”僕が死んだら骨を拾ってね”という芭蕉に、折檻する曽良、泣いてもやめないその修羅は、憎しみではなく深い愛ゆえなんだとわかるから、より一層のせつなさがこみあげるのです。

曽良がダークサイドなら、芭蕉は光。
この方のは突き抜けた明るさよりもシリアス路線で、痛さも半端続きない感じでものすごく自分の方向へ膨らませている感じの作品だなと思いました。
でも、こういうシリアスも大好きです。

3
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ