そばにいるだけでよかったはずなのに

最も美しい嘘のこと

最も美しい嘘のこと
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×26
  • 萌15
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
13
得点
82
評価数
26件
平均
3.3 / 5
神率
7.7%
著者
 
媒体
コミック
出版社
大洋図書
シリーズ
ミリオンコミックス HertZ Series(コミック・大洋図書)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784813052555

あらすじ

美大生の黒須景一朗はある日、電車に傘を忘れた男を追いかけ、終電を逃してしまう。
その男は同じ大学に通う、新進気鋭の芸術家として有名な弓狩呼人だった。
黒須は弓狩に誘われるまま、弓狩の部屋に泊まる。
依頼、弓狩に興味を持った黒須は頻繁に弓狩の家を訪れ、絵以外には無頓着な弓狩の世話を焼くようになる。
しかし、黒須は次第に弓狩に対して特別な感情を抱き始め・・・。

表題作最も美しい嘘のこと

美大生 黒須景一朗
新進気鋭の画家 弓狩呼人

評価・レビューする

レビュー投稿数13

「嘘」とは何か?

作家さん買いです。

タイトルにも惹かれました。
「最も美しい嘘のこと」って謎めいてて、綺麗な言葉。
嘘って何?、と思いつつ、読み始めました。

   ◆◆   ◆◆   ◆◆

美大生の黒須景一朗(攻め)はある日、
新進気鋭の芸術家として有名な弓狩呼人(受け)と出会います。

黒須は、大学に飾られている絵に毎日ひきこまれるように
見入っており、その弓狩が絵を描いた張本人だと知って
驚きます。
ある偶然から、弓狩に興味を持った黒須は
頻繁に弓狩の家を訪れるようになります。

まずね、弓狩がカワイイ!!
格好いいトコロや、男らしいトコロもあるのに、
生活能力ゼロだったり、天然ボケなところが
なんともいえず、魅力があります。

黒須は、主人公なんですが、何てかフツー??な感じ。
弓狩の絵にはベタ惚れ。
そして、弓狩本人には、どんどん複雑な思いが……
溢れてきちゃって、うーん、どうしよう…みたいな。
まさに、大学生の健全な男の子!ってトコロですかね。


絵は、とっても綺麗で、丁寧です。
久しぶりに金井さんの絵を見たのですが、
続きこんなに成長してたのか!」←上から目線でスマン。
というほど、上手になってる! 
前作では、硬いなーと思っていた表情が、
今作では表情豊かになってきている気がします。
人物もそうだけど、特に背景。ひきこまれるほど、巧い!


ストーリーは、二人の奇妙な関係性は続いていきます。
ちょっとしたスキンシップがあったり、
偶発的に、手コキがあったり……。
弓狩が天然ボケだから、余計こういうエッチなシーンは
萌え萌えします♪

そして、物語のクライマックス。
新進気鋭で高値の絵を描く弓狩は、監禁されてしまいます。
そこに大怪我をしながらも、助けにきた黒須。

しかし、弓狩は罪悪感を抱きます。
あんなに大怪我を負った黒須に対して、
「なんて鮮やかな赤い色なのだ」と思ってしまった、と。

「自分は、狂っている」
「でも、おまえ(黒須)を手放すのは嫌だ!」

そんな弱い弓狩を黒須は、そっと許すのでした……。

   ◆◆   ◆◆   ◆◆

結局、「嘘」とはなんだったのか、ということが
明確にされませんでした。

何回か読み返しましたが、「どれが嘘なんだ??」と
正直ハテナマーク。

ひょっとしたら、「嘘」の意味なんて、
最初からなにもなかったのかも、とさえ思います。

エロいシーンは少なかったのですが、
逆にソレが天然無垢な弓狩の良さを引き立てていたかなぁ
なんて思います。


ずっと一緒にいると決めたふたり。
弓狩の成長をどのように黒須が見守るのか、と思うと、
暖かい気持ちになりました。

1

絵も雰囲気もきれい

初読み作家さんです。

芸術系学校の天才と凡人というわくわくするモチーフで、ギャグやエロに逃げることなく最後まで雰囲気を大切にしていて、余韻の残る作品でした。
ほかの方もレビューされている通り、ストーリーや心情を想像で補わせる部分が多いため難解な印象は否めません。さらっと雰囲気を楽しむ、もしくはとことん妄想してはまり込む、そういう読み方にさせたかったのかな?
私自身は、これが作者の意図したところのど真ん中ではないんじゃないか?という印象を受けました。のびのびと描きたいことを書き切った、という感じはなかったです。とても雰囲気のいい作品なので、そこがもったいないなぁと思ってしまいました。
キレイな部分とバイオレンスな部分、唐突にやってくるふり幅も小ぢんまりした印象。個人的には、どうせならその表現をもっと振り切って欲しかったなぁ。ドラマチックで沸騰したと思います。
難解なままでいいので、もう少しページを増やして大ゴマ増やしてイメージを絵でダイレクトに伝えてくれたら神評価だったかも。

絵はもちろん、とてもきれいな作品。

1

天才と狂人は…

初読み作家さんです。
好きですね、こういう作品。
主人公の2人は芸術大学に通う学生なんですが、一方は既に天才と言われる程の才能の持ち主、もう一方は図工の成績で中の下以上取ったことはないという美術の技術においては平凡な生徒。
作品制作の過程が描かれていたり、周囲の生徒の服装がみんな独特だったり、とてもアートな雰囲気漂う作品でした。
特に天才の子の感じがとても良く描かれていたと思います。天才って、こんな感じだよな~って(笑)。
本人もそれは自覚していて、対人関係に関しては普通の人のようにはいかないから、自分には特別な存在はいらないという、ある意味もう悟っていて、それが潔いというか、男前というか、覚悟が出来てるのはカッコイイと思いました。
そんな天才を好きになる凡人の黒須も、天才がどういうものなのか理解していて、受け入れる器を持っています。
攻め様も受け様もそれぞれの役割の中で、男前だなと思った作品でした。

0

繊細な愛の色。

不思議な話でした。 なんと説明したらよいものか…
なぜタイトルが、「最も美しい嘘のこと」なのでしょうか。
私の想像力の問題かとは思いますが(汗

ストーリーに引き込まれましたね。
絵も綺麗ですし… 表紙の色使いも美しい。

弓狩の繊細さと、天才的な感性。
黒須の豪快そうで、人をいたわることができるやさしさ。
この組み合わせがいいです。

若干、最後の方(血まみれで立ってる黒須)が狂気じみてて好きです。
守ってやる…!っていう気迫とか。 自分も怪我してるし。
隻眼ではないけど、傷が残ってて… みたいな! ←完全に個人的趣味です。

1

不思議な余韻

絵がとても好きです・・・^^;

1冊全部、1カプでのストーリーです。
内容としては、美大生二人の印象的な出合いから話がはじまり、遡っての事象がところどころに入り交じりながら、衝撃の事件をはさんで、お互いがかけがえのない存在であると、確認しあって終わる・・・ってとこでしょうか・・・

絵がとても綺麗なのと、独特な描写の雰囲気で、ふきだしの言葉よりも、絵を読むと言う感じがします。
ただ、ストーリーとしてはどうなんだ?って感じが否めない・・・ってか、絵がとても良かっただけに残念さが際立ってしまう感じがしましたし、表題がしっくりとハマらない・・・

とは言っても、私の記憶には凄く残る作品です。注目したい作家さんです。

1

絵で読ませる漫画

帯『すべてを覆すほどの衝撃的な出会い 非凡な才能に心酔し、そして恋をした-』

これは絵で読ませる漫画ですなー。
台詞はぎりぎり最低限までそぎ落とされていて、読み手に託される部分も多い。それだけに難解と感じる人もいるかもしれない。
けれど、その分を語るのが絵です、絵で語り読ませる漫画。
黒須〔攻〕は以前からその絵に魅了されていたその絵の描き手である、同じ美大に通う、学生ながら既に画家として絵を描いている弓狩〔受〕とひょんなきっかけで知り合いになります。
天才画家にありがちな精神的不安定さ、そして天才が持ちえる刹那的な力。
対する黒須は、平凡な分かりやすいそして真っ当な精神の持ち主なので、弓狩との対照的な、けれどそれ故に彼を支える事が出来るんだろうなと思う。
ともかく最初から最後までとことん絵で読ませる作品でした。

2

あとちょっと。

前作が面白かったので楽しみにとっておいた作品なのですが。
うーん、微妙。
多分原因は解釈の少なさかなぁ。
(弓狩のセリフはもちろんのこと、お金を放置してたり、電池を一発で見つけたり、唐突に脱げと言ったりする行動やら)、弓狩の変わった物言いや態度は、『天才と変人は紙一重』的な部分を表現したかったんだろうな~とは思います。
でもちょっとわかりにくい・・。

作中一言でも「コイツ変な物の言い方するな」とかいう黒須のセリフでもあれば「ああ、弓狩が変わってるだけなんだよね」ってこっちも理解するんだけど、弓狩の変わった言い回しを黒須が普通に理解して返答してるから、作品自体が変わってる感じに見えてくる。
弓狩のセリフや行動をスルーして読んでみると黒須はまともなのが分かります。
弓狩のセリフや行動を解釈してくれる黒須のモノローグでもあれば読みやすくなったんじゃないかなぁ。
ただ、体温の差とか過去のトラウマの内容やその他設定は意外と繊細に、考えて書かれてる気がします。
あとこの作者さんの絵やカットは綺麗だなと思います。

2

絵全体の雰囲気はとても好きなのですが……

表紙の雰囲気と『天才画家』という設定にときめいて買いました。
特徴的な絵柄の作家さんかなあ、と思います。目とか特に……。

理論派美大生 黒須と天才画家 弓狩のお話です。

天才君の変わりっ子ぷりに振り回される黒須……なんだか、可愛かったです。心が和みました(*´Д`)
普通とは変わっているけれど芯がしっかりしている弓狩は本物の芸術家オーラむんむんで、こんな天才型芸術家がどのように恋に落ちていくのか…!と、期待に胸を膨らませて読みました。
結論から言いますと、もっと進展が欲しかったです。弓狩と黒須は付き合うことになったみたいですが、私は感性豊かな芸術家弓狩の変わった愛情表現を期待してたので、あれ?普通の人と変わりなくない??みたいな感じになっちゃったんですよね。もうちょっと二人の間に時間が経てばそんな弓狩が出てくるのか、も?とかおもったわけです。
あと、もうちょっとエロシーンが欲しかった…。突然のエロシーンってわけでなくって、二人が付き合ったその後の中にそういうシーンがあればいいなっていう願望です。絵の雰囲気がとても綺麗な作家さんなのでとても気に入ったのですが、進展の無続きさにうーん…。ってなっちゃいました。でも、途中をカットしてその後をこの一冊にまとめたらまとめたて説明不足な漫画となってそれはそれでうーん…。ってなっちゃいますかね…?………でも、やっぱり私はその後が気になります。むしろその後が見たいです。天才君が恋におぼれていく様子が見たかったわけで……。

動きを綺麗に表現する作家さんだと思います。雰囲気はとても好きなのですが、ストーリーは私的に好きとは言えないです。そんなわけで今回は中立で…。

2

過去の断片を繋ぐのは読み手の想像

萌えより惜しいと思う所の方が多いかもしれませんが、
それでも素通りできない引力を感じた作品です。
まず、2人でいる時に片方が相手を見るアングルの切り取り方に
見入ってしまいます。距離と視線を意識していて無性に気になるし
好きだと思う表現でした。

人を寄せつけず絵の世界に生きてきた弓狩の世界に
唯一温度のある人間が、黒須が入ってくる。
足が冷たい、というのが弓狩の閉じた世界を表しているようです。
黒須が弓狩の突出した才能と、その反動のような未熟な姿に
惹かれるのは理解の範疇だとして、弓狩にとっては恐らく
初めて出会う黒須の様な存在に、引き寄せられてはいるが
そこに確たる愛の情があるかと問われると疑わしいのです。
彼の世界は結局絵を中心に回っていて、その視線は
黒須を素通りしているのではないかな。

所々に入る黒須や弓狩の回想は、断片的で読み手の想像に
任せる部分が多く、説明不足かもしれません。
荒んでいた高校時代に、黒須は弓狩の父の絵に何を思ったのか。
奔放な父との関係や才能に対する周囲の反応に、
幼い頃から晒されてきた弓狩の本心はどこにあるのか続き

関係性と人物像をもっと掘り下げて描いたのなら、
弓狩の絵にのみ傾けられる情熱や黒須の内なる狂気など
感情の対比が明確になったことでしょう。
そして、黒須がいくら弓狩とその才能に惹かれていても、
愛情のベクトルは一方向という構図も見たかった。
詰まる所、報われないお話も好きという勝手な願いなのですが(笑)

また、惜しむらくは人物と背景の線がほとんど変わらない為、
ページが単調で画一的な印象になっている事。
トーン使いにもっとバリエーションがあると映えると思います。

それにしても、これだけ「もうちょっとなあ」と思いながらも
何故だか気になってしまうのは、台詞の無いコマや心ここあらず
といった無表情に雰囲気があったからなんです。
綺麗にまとまらないで混沌の欠片を残すようなお話を
読んでみたいと思う作家さんです。

2

妄想で補えということですね

この漫画は難しい・・・!文学的すぎて頭が悪い自分ではどう解釈すればいいのか・・・
ただ確実に言えることは、背景がとても丁寧!!
こんなに絵がうまい人がいるんだー!と感動しました。
蛇口にしても本にしても細かいところまできれいに描かれています。

この話はちょっとグロいところがあるので苦手な方はご注意を。
最初はけっこう明るい雰囲気で始まったのに、最後に近づくほどに、弓狩が
壊れていってるようにも見える・・・
こういう弓狩のような才能がある人は考え方が違って、人と違う感覚を持っていることで苦しんでるのかなと思いました。
金はたくさんあるのに、大事なところは死んでいるような気もしました。
でもそんな弓狩にも友達ができたというところはよかったのかなと思います。
と、なんか自分の想像になってしまいました。
う~ん難しいよ・・・!誰か解説を!(殴

0

映像的!

初読みの作家さん。
モノローグや会話が少なめの、フィルム映画を観た感覚でした。
写真(背景)と漫画(人物)が融合した、リアルな漫画世界の。
デジタル処理の成せる技、だけじゃなく、カメラワークもイイ!
人物のポーズや構図などが、「静」と「動」と「音」を感じさせます。
カーテンの揺れ具合もいい演出。
(うまく説明できないのですが、雰囲気伝わるでしょうか^^;)

読む、のではなく、 じっくり 観て 感じる 作品!

小難しいセリフが少しあって、理解しにくいところもあったけど、日常会話は普通だし、2人が引き寄せられるように近づいていく様が、キレイに表現されてました。
あま~い雰囲気が少なくて、ラブが物足りないのが残念。
強盗犯が妄想したような、エロいところをもっと拝みたかった(笑)
受が「オッパイ星人」って拗ねてツンとしながらも、攻の洋服を無意識に掴んでるところにきゅんきゅん♪
何度も読み返すと、じんわりクる話でした。

0

芸術家のお話

 BLに限らず、芸術家と普通の人がからむお話は好きです。突出した部分が大きいほど、へこんだ部分も大きくて、それを埋めるかのように相手がいる。
 けど、ちょっと狂気もかいま見えたりして。

 作者さんの漫画に対する真摯な思いも感じました。

 お話としては少しいぎこちない感じもしましたが、美大芸大モノ大好きなので楽しめました。

0

簡単だけど、難しい、だけど美しい。

この作品も雰囲気系です。
登場人物達が多くを語りません。
その行動の裏に隠れた心を読んであげないといけないという、ちょっとやっかいな構成になっています。
でも、それが苦にならなければとても余韻の残るきれいな話として印象づけられると思います。

黒須は美術が好きでも得意でもないのにある日、突然に美大を目指して美大生となります。
そこで学内に飾られた絵にくぎ付けになり、毎日眺める。
偶然、最終電車を乗り過ごした時に出会った弓狩の部屋に泊まった時から、絵を書いている時は全く生活能力のない弓狩の元へ出向くようになり、惹かれていくのです。

黒須が好きな絵を書いているのが弓狩。
その絵を見つめていた黒須をまた影から見ていたのは弓狩。
二人の出会いは偶然にして必然だった、という元から惹かれあうものがあったという前提ありきです。
弓狩の絵を通しての二人の触れ合いと生活の中で黒須の気持ちの推移はまだわかりやすいのですが、弓狩について、断片的に入った過去のトラウマが謎を呼び、何だかそれがややこしくしている気がします。
しかし、誰も寄せ付けない弓狩が、最初の出会いの時から黒須を引続きき入れた理由というか、背景というのがぼんやりと見えはするのですが、はっきりと告げられているわけではないので、やはり読者がそれを察するという作業をしなくてはならず、それが正しいかどうかは不明なのです。
多分、最初から黒須は絵を通して弓狩を好きで、それを見ている黒須を弓狩りは特別に思っていて、だから恋愛が成立した。
という単純な話だったのだとは思うのですが、ちょっと小難しく表現してしまっている点が気になるか?

この中で唯一現実味を帯びて、一番普通の人々なのが、黒須の友人達です。
彼等のおかげで、かろうじて、お話がアッチへ行ってしまわずにいるのでしょう(苦笑)

全体を通して、そんな難解な部分もあるものの、雰囲気はとてもきれいです。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ