ディフェンスライン ターニングポイント

defense line

防御线上的转捩点

ディフェンスライン ターニングポイント
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
スーパービーボーイコミックス(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784862638205

あらすじ

「半端な気持ちで人を愛したりしない」体を張って命を護るボディガードの三条と吾妻。常に危険と隣り合わせの仕事の中で、愛と信頼で結ばれた二人の絆は深い。そんな折、吾妻に危機が忍び寄る。それは三条が吾妻への想いを自覚する「ターニングポイント」となった事件に繋がっていて!? 大人気のボディガードシリーズ、永遠の愛を誓う描き下ろしエピソードも収録!

表題作ディフェンスライン ターニングポイント

ボディガード 三条鷹都・29歳
ボディガード同僚 吾妻尋臣・29歳

その他の収録作品

  • ジャイブの華麗な日常<sideA>
  • ディフェンスライン~Game is up~
  • ジャイブの華麗な日常<sideB>
  • オーバーワーク!!
  • squall
  • ディフェンスライン~Last Promise~
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

シリーズ最新

まさか続きが読めるとは思ってなかったので、読めてとってもうれしく思っております。
どっちかって言うと、所長のところのカップルが読みたかったのが現状。
だってさぁ、だってさぁ、プラトニックもいいのだけど(;´Д`A ```

お話は、攻さんの兄ちゃんがやってきた!?
さぁさてどうするか。なお話ですね。
良くあるお見合い話。ラブをはぐくむカップルの行方やいかに。
忘れかけていた設定も思い出してました。
なんだかんだで落ちたノンケ攻なわけですが、このね、愛っぷりが好き。
受の一途な愛が好きです。なんていうかさぁ
好きな相手に向けるやわらかい笑顔がたまらずキュン。

後半の新婚さんモードも甘くて良かったです。

□オーバーワーク
これも刑事ものですね。
設定とか、キャラクターはわりと好きな感じなのですが、最初から最後まで青姦ってどーよとwww
強引に強姦(だよね)されたのに結局あーーんな展開もどうよと思ってしまいました。
本人たちがよければ私はいいんだけど

0

まだ続いていたの!

施設警備会社のボディガードのお話続編。
新装版が出ていてそれから随分経つと思うのですが、思わずの最新刊にまだ続くのか?と驚きもあったり。
しかし、雑誌掲載を見ると04、08、09年だから、ネタがあったのね、、ということですね。

今回も吾妻は平気で暴漢の前に身をさらし、怪我してます。
恋人の三条もヒヤヒヤもんですよ。
この~無自覚フェロモン垂れ流し男めっ!!
そんな自分の身をいとわない吾妻に愛を再び誓い、三条のお兄ちゃんに吾妻を永遠の伴侶と認めさせるまでの話になってました。
っていうかーーー吾妻に花嫁姿って(汗、、、)
もう、このカップルは何の問題もなく、ラブラブバカップルなんで、安心して見られます。
ただ警察より危ないSP仕事っていうのが、命を縮めそうですが・・・
そしてボルゾイのジャイブ目線の短編が2本。
そうかー、ジャイブって貴族風おじさまキャラだったのか!
三条は問題外の吾妻ラブの様子が面白いです。

それより何より、自分的に所長と皆川の年の差カップルの行方が一番きになっているので、そっちを進展させてほしかったですっ!!
一応<sideB>で過去続きを暴いて決着を見せているものの、やはり皆川君には攻めをしてもらって、おじさま受けを~というのが熱い希望なのです♪
それだったらもっと面白かったのに、、と残念でなりません。

間に『オーバーワーク』というリーマンものが入っています。
これはおやじ攻め。
部長に貞操を狙われているきれいどころ社員を、何気にけん制してあげている日和見な感じのオヤジが、屁理屈な説教で喰ってしまうのですが。
何故に全て青姦なのか!?
最初なんかビルの屋上でフェンスに貼りつかせて・・・次は公園の土管の中・・・
オヤジは見た目もワイルドですが、シチュもワイルドということですかね。
それにしても、受けはかわいそうだな~

まとまりが上手くて見やすいのはいつものこと。
この単巻だけだと、やはり人物関係がみえづらくて前の巻を知っていた方が、より楽しめるとは思います。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ