恋を知る日

恋を知る日
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×22
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
41
評価数
11件
平均
3.8 / 5
神率
36.4%
著者
イラスト
作品演出・監督
本山哲
脚本
酒井克彦
原画・イラスト
麻生海
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
フィフスアベニュー
収録時間
79 分
枚数
1 枚
ふろく
メーカー通販特典フリートークCD(野島健児・間島淳司)
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

自他共に認める女好きの大学生・鳴海雅臣がある朝目覚めると、横にはゼミの助手である滝川雪哉が寝ていた。
酔っていたとはいえ、こんな真面目な男にまで手を出してしまったと焦る雅臣に対し、雪哉は自分から誘ったのだし、遊びで構わないと告げる。
一度きりの関係のはずだったが、従順な雪哉の反応に楽しみを見い出した雅臣は、その後も関係を続けるが……。

表題作 恋を知る日

鳴瀬雅臣 → 間島淳司

滝川雪哉 → 野島健児

その他キャラ
大田国彦[浜田賢二]

評価・レビューする

レビュー投稿数5

女好きの浮気男が恋を知って…

原作未読ですが全然問題なく聴けました、
というか未読の方が、
女好き浮気男の心情の変化に、胸が打たれて満足度が高いかも。

付き合ってても罪の意識なく浮気する、
女の扱いは上手いが恋を知らないノンケ大学生の攻めを、
このCDで初の攻め役をされた間島さんが、
嫌な男ぶりも、揺れる心も、変わっていく様子も、
とても上手く演じてくれていました~

受けに恋をしていると気付いて、これまでの言動を後悔して、
初の恋の自覚に戸惑いながらも向き合っていく感じが、
初攻め役の初々しさと上手くマッチしてとてもよかったと思います。

そして、そんな言ってみればサイテーな男を、
一途に健気に控えめに想ってる大学のゼミの助手役を、
これでもかーーというくらい野島弟さんがいじらしく演じてます。

好きだから、相手には何も求めない…そばにいれれば幸せ…
そういう控えめで純粋で健気な役、野島弟さんは本当にお上手。
「好きだよ…」のたった一言が、
こんなにも胸に響くとは……すごい破壊力…流石です…

最初は攻めが、優しい所もありながらも考え方がすごく尊大で、
絶対こんな続き男は嫌だ!!とイラッとしましたが、
攻めが自分の気持ちと向き合って、
受けにどれほど想われていたかを実感して、
後悔して…反省して…切実に受けを想って求めて…
という気持ちの描き方がとても丁寧。
攻めにガツン!と喝を入れてくれる役もいたりして、
聴き進めるうちにこっちの気持ちもいい具合に晴れていきました☆
そして、
受けがなんで攻めを好きになったのかもちゃんと納得できるし、
攻めが受けに気持ちを伝える!と意気込んでも、
すんなり上手くいかずで、リアル。
その時の、
スマートに事を運べない年下攻めのヘタレ姿や
時々敬語になるのが、可愛い。

最後は、攻めが愛情ゆえに我慢もできて、
これから受けの事をちゃんと大事にしていきそうで、きゅん♡

声優さんの演技も、お話の流れもとてもよかったな、
聴けて良かったです~神寄りです☆

3

野島(弟)に激萌えした結果。←

これさ…
ほんと攻めの人(鳴瀬@間島くん)最低ですよ。笑
終始いらいらいらいらいらいらしてました…(´;ω;`)
何この人。最悪だよ…笑
最悪、としか言いようがない…。←
好きな人に一生懸命になることを知らない攻め。
そして女遊び大好き♡そして恋をしたことない♡←
そのせいで、受けの子(雪哉@野島(弟))に辛く当たって…。
ほんと最悪です。人の気持ちを考えろぉぉぉぉ(((
なぜこんなことを私が言うのか知りたい方は是非本編を♡笑
それに引き替え……//
ゆっっきっっやっっくぅぅぅぅぅぅぅぅんっ♡♡
本当に可愛すぎ//可愛い可愛い可愛い//(*´∀`*)
この子が私の理想です。まさにこの子。//
自分の気持ちをひた隠しにしようとする内気な男の子。
相手に好き、って思われてなくても、自分が好きだから好きでいよう。
好きでいて、迷惑かけて、ごめんなさい。
…そういう男の子です。
なんというか…鳴瀬くんに雪哉くんはもったいない…。
もったいなすぎます。←
収拾が付かなくなるのでこの辺で。
【まとめ】
雪哉くんが可愛すぎます。野島(弟)が可愛すぎます。
続き
内気で可愛い彼が好きなアナタ。ぜひ聴いてみてください(/-\**)
野島(弟)が好きな方には聴いてほしいですね//
【フリートーク】
いちゃこらしてます。可愛い。可愛い。
ところどころにある野島(弟)の可愛い相槌。ぜひご堪能ください。
**

2

新鮮な攻め視点

これ、たぶん受け視点だったら、
相当、鳴瀬にイライラしてたな(笑)鳴瀬のような、
遊び人タイプが、こういう一途に狙われると
そりゃあ、ぶんぶん振りまわされてしまいますよ(´v`)

しかし人は恋をすると謙虚ですね~。

恋をすると、こんなに人は変るんだ、愛する人ができると、
人の想いに気付き、感じられるようになるんだ。という部分を
とても上手く伝えてる作品だとおもいます。

そして、おそらく初めて聴いた、間島淳司さん、
攻め役が、初めてだったらしいけど、違和感なく上手かったと思います。
野島さんは、相変わらず健気が上手い。

1

恋のモヤモヤした感情がメイン

この作品は、恋愛感情の心情描写がメインのお話です♪
好きだから、言えない。言わないでおく。
好きだから、求めない。
相手を思う故に、恋は彼らを苦しめます。


珍しい攻め視点のお話だったので、新鮮でした。
雪哉のキャラ設定だと、受け視点の物語もありだと思います←たぶん世にはこっちが多い。
敢えて攻め視点なのがよかったかも。。。

恋は自覚してからが恋!!鳴瀬くんが自分を振り返り、堕ちていくところが聴きどころです♪
鳴瀬の心の動きのモノローグが多いです。


逆に、雪哉のモノローグはないので、彼のひたむきで、健気な心情を思うと、きゅんとしました。

初めて恋を知る鳴瀬役を、初めてBLを演る間島さまが演じる!
ぴったりだと思いました。ちょっとぎこちない戸惑う感じとか、うまく出ていたんじゃないかなと思います。

雪哉役のノジケンさま!!!ほんわりあったかい声で、耳触りのいいトーンでした★
あーーー。ノジさまはどんな役も、乗りこなすなーと。
改めて尊敬!!Hシーンの恥じらう感じも神。

Hシーンは1回
フェラシーンが1回

恋がしたくなる1本続きでしたーー♪



1

すっごいよかったですvv

間島さんの初攻作品。
っていうか、私的には間島さんメインのBL聞くの自体2回目くらいなんですが。
だから、そのせいなのか声の印象があまりなかったのですが、今回はすっごいよかったですvv
かっこよかったですv
お話も未読だったので、どんなお話か知らず、公式サイトのあらすじ程度しか知識がなかったので遊び人が恋をして変わって…くらいの知識しかなくて。
そのせいもあってか、どんどんどんどんお話に引き込まれていって。
この作品のテイストがすごく自分好みにせつなくてせつなくて「うわーうわー」ってなりました(笑)

BLモノには珍しい攻視点で進むお話だったのですが、気付かないうちにどんどんハマっていってる感じがなんとも。
それで元カノからの指摘で自分が恋してることにやっとこさ気付くに至るんだけども、気付いた時の感じとかなんというかこっちが恥ずかしくなるようなボッと顔に火が付いた感じで。
最初から雪哉は鳴瀬のこと好きだから、「好き+好き=両想い」ってことで簡単に落ち着くのかと思いきや。
それまでのいろいろを見守ってきた准教授・大田の口から聞かされる雪哉の様子には鳴瀬の知らないこと続きがいろいろあって。
それまで興味本位から始めた関係の、鳴瀬が雪哉に対してとってきた態度がどれほどのものなのかとかいろいろダメージを受ける部分もあって。
もちろん、それはちゃんと好きだと自覚した今となっては全面的に鳴瀬の非に値する部分で。
とにかく、そこで語られる雪哉の様子がひどくせつなくて。
雪哉は最初から鳴瀬に少しも何も求めていなくて。
鳴瀬が優しくしようとしてもそれを振り払ってきて。
それは決して優しくしてほしくないわけではなく、ただそれを自分が勘違いしてしまってはいけないからという自制であって。
ただ何も望まなければそばにいることだけは許してもらえるのではないかという想いであって。
もう、とにかくなんだか雪哉の完全に諦めてるような恋がせつなくて。
苛立ちから発せられた鳴瀬の言葉に従順に従うように姿を消して。
さすがにそれには「ええーっ!!」と思ったのですが。
まあ、実は…ということでもあったのですが。
その雪哉の居場所にも驚かされたし、最後の方で打ち明けられたその場所にまつわる休暇の話にもドキッとさせられました。
雪哉はなんでもないことのように言うけれど、本当はすごい負担とか命懸けのことではなかったんだろうか?とか深読みしたくなったり。
ただ心配かけまいと安心させるようなことを言ってるだけではないのかって。
そうじゃなく、本当に簡単な些細なことでしかないのかもしれないけれど、そうじゃないかもと思うと余計に胸がしめつけられるというか…。
それだけ鳴瀬が好きなんだな、と。
ま、鳴瀬には嘘はつかないと言っていたので、本当に些細なことだったのかもしれないのですが。
最後の最後まで目の離せない展開でした。
会いに行ったはいいけど、臆病になって自分の気持ちを素直に告げることが出来なくなってしまう鳴瀬とか。
恋に振り回されてそれまでの自分が嘘のようにとっちらかっちゃってる感じがとても素敵でした。
のじも抑えた感じの、どこかちょっとズレたところもあったりするんだけども、自分の想いを噛みしめる感じというかそういう秘めた感じがすごく似合ってました。
あとハマケンさんもかなり素敵でしたー。
男前~☆
これはかなりリピりそうな予感です。

本編フリトはサラッと短く。
通販特典のフリトはまじとのじで。
間島淳司と野島健児は音の並びが似てるとか。
間島さんが初攻でのじが「お初頂いちゃいましたv」とか。
のじはつい炬燵とかで飲んでて朝までそこで寝てることが多いとか。
突然意識がブツリと切れるらしい。
間島さんはちゃんとベッドに入って寝る体勢を作らないと眠れないとか。
ただし、間島さんはほぼ昼夜逆転で朝になったら寝るらしい。

SS「恋を知る日番外編」
その後の2人。
空気感が甘いです。
やっぱちゃんと恋人になると違うものですね。
というか、鳴瀬の接し方が全然違うんだろうな。
雪哉は相変わらずのノリだと思うのに。
なんだか鳴瀬がかわいく見えました。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ