あめの帰るところ

ame no kaeru tokoro

あめの帰るところ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神50
  • 萌×21
  • 萌3
  • 中立4
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
14
得点
267
評価数
61件
平均
4.5 / 5
神率
82%
著者
イラスト
作品演出・監督
阿部信行
音楽
オンリード
脚本
大熊環
原画・イラスト
テクノサマタ
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
ascolto
収録時間
80 分
枚数
1 枚
ふろく
特典:小冊子付
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

「離れたくないって想ったら、寂しくなったよ」そう告げたのは、飄々として不躾で、どこか寂しげな予備校講師の能登先生だった。高校生の千歳は、優しすぎる彼の恋心に翻弄されながらも、幸福な時間を積み重ねた。ふたりきりの教室、一緒に見た花火、朝焼け……。けれど、それは一瞬にして千歳の中から消失した──…。恋を初めて知った能登と、恋を忘れた千歳の抗えない想いは……。

表題作 あめの帰るところ

能登匡志 → 日野聡

椎本千歳 → 梶裕貴

その他キャラ
秋津先生[東條加那子]

評価・レビューする

レビュー投稿数14

何度聴いても泣ける

原作が朝丘戻さんの小説で、今まで何冊か読みましたが合わない感じで萌えよりも疑問や焦ったさが溢れてくる作家さんで苦手な方でした。
でも、記憶喪失ものは気になるジャンルなので聴いてみました。
最愛の人に忘れられてしまった人と最愛の人を忘れてしまった人のそれからの物語には惹かれます。

能登は、年相応の知性もない未熟で劣った人間だと自己評価の低い予備校講師なのですが、なんともつかみどころのない不思議な人です。コミニュケーション能力が極端に低く他者に興味がない人でした。

先生があめちゃんに語った『月曜の朝は嫌い、…でも今はあめちゃんへの時間へ届いていると思えるからすきになった』というのと
ちいさんに語った『一週間が始まってまた大好きな人と一緒に生きていける
朝焼けを見るとこの子のために自分の人生があるんだ頑張ろうと思えるから月曜日は好き』
というセリフが好き。月曜日の憂鬱さが少し軽くなる気がします。

サランサラン揺れるまつ毛、ぽろんぽろんとこぼれる涙、という表現が独特で能登先生らしくていいと思いました。

思いが通じて、あめちゃんとエッチする、触っていい?、抱き続きしめていい?
一緒におじいちゃんになって長生きしてあめちゃんを看取って死ぬと約束する。お風呂入ろうね、チューチューしようねエッチしようね、とはしゃぐ先生が可愛いったです。
そして初めての夜に男の体でも大丈夫かと問う先生にあめちゃんが、大丈夫だよ先生、抱き合うのって気持ちいいね、…キスしてもらうのも気持ちいいと、俺が触ってるのわかる? 抱きしめてるのわかる? 愛してるのわかる? の答えの『わかる』と一生懸命うったえるところが先生のことをどんなに好きでこうしたかったかがわかるいいシーンで、梶さんの言い方がすごくよかったです。

もう二度と一人にしないと言っていたのに先生のことを忘れてしまうなんて酷いって思いました。
好きで事故にあってわすれちゃった訳じゃないけど、ちいさんの言葉が先生を傷つける残酷さが痛かったです。

幸せでいてくれることに喜び支えてくれる人がいて良かったと言えるせんせいの強さに救われますが、「事故にあっても教えてもらえない関係の僕たちは、壊そうと思えばチリになって消え、生かそうと思えば永遠になる、ならば僕は秘め続けて墓場まで持って行こう」というセリフに泣けてきました。

大切な人を失うということは、思い出を振り返ってくれる人がいない悲しみや孤独感なのですね。

あめちゃんがいないと泣く先生の悲しみが胸に迫る。

ちいさんの胸の中に向かって語りかけるところが一番泣けます。
俺と2年間も一緒にいてくれて過ごしてくれてありがとう。
あめちゃんとの記憶は俺が全部持っておく。
あめちゃんが恋人でいてくれた日々の全て大切に胸にしまって生きていく。だからゆっくり眠ってと呼びかける声が哀しいです。

普通ってすごいことだと改めて思いました。
大好きな人が普通に存在して寄り添ってくれるのは尊い奇跡なのだと。

この作品の中で語られる『愛してる』という言葉の多くが哀しく切ない響きに聞こえます。
喜びや幸福感よりも。

先生が引っ越すまでの一ヶ月を一緒に過ごしてほしいとちいさんにいったとき、一緒に過ごして記憶を呼び起こそうと思っているのか、あるいは思い出づくりのためかと思いました。
けれどそれは、いなくなってしまったあめちゃんとの約束を果たすためだったのだと知ったらここでも涙か止まらなくなりました。
一緒におじいちゃんになれなかったけれど、千歳の中に眠るあめちゃんの最期を看取っりたかったのですね。先生の一ヶ月間の心情を思うと泣けます。

京都に旅立つ先生を見送るちいさんがホームで泣き崩れ、走り出した電車の中から先生が小声で涙ながらにサヨナラねと言うシーンは映画の場面のようでした。

恋する相手とであえることが稀少で貴重なことを知りました。
追い返すために、ちいさんとは価値観が違って全然話にならない、あめちゃんとの思い出を汚さないでと言いながら先生の心がボロボロに傷ついているのが目に見えるようでした。

こんな別れのために君と出会って恋をしたわけじゃないのに。

最後のシーンでブレーキ音を聞いた先生がまた今度は、ちいさんまでも事故で失うのかと思ったときにおもわず千歳といい直したときに、あめちゃんでもちいさんでもなく二人を魂の中に持っている『千歳』として受け入れる心が決まったとわかりましした。

記憶はなくしても、きっと何度出会ってもこの二人は恋をするのだと思いました。

宇宙一好きだといいながらキスで終わるラストシーンがいいですね。

トークの部分で、梶さんが水彩画のようなイメージで演じていたといっていましたが、その通りだと思いました。
ふんわりとした透明感のある空気感が心地よかったです。

7

初めてのBLCD

初めて聴いたBLCDです。
今まで原作のイメージが壊れるのが嫌でCDは避けてきたのですが、あるきっかけからこの作品を聴く機会があり、すっかり開眼してしまいました。

原作がとても大好きなので、はじめは不安な気持ちだったのですが、再生してみると驚くほど違和感なくあめちゃんと能登先生が入ってきました。
小説をCD1枚に収めているので構成が少し変わっていましたが、聴き終わってみるとまるで2枚組だったんじゃないかと思うくらいの充実感です。

物語の冒頭、留学先からあめちゃんが先生に入れた留守電ではじまるのですが、その後を知ってる分、初っぱなから涙腺が刺激されて参りました。
あめちゃんと先生の出会い、惹かれあっていく部分は少し唐突な印象ですし、先生が普通の大人としてはどうかという性格なので、苦手な方はこのあたりで挫折してしまうかもしれないのですが、諦めずに聴いていただきたいです。
付き合いはじめたふたりの初々しい交際の模様から、ふたりで見た鴇色の朝焼けと、あたりまえの幸せな日常を重ねていく姿が、これから襲い来る出来事への伏線となっていて、音声になるとそれはもう切なかったです。
続き
物語後半、記憶をなくして先生のことも忘れてしまったあめちゃんを【ちいさん】と呼ぶことにし、ちいさんの幸せのために、先生が【あめちゃん】にお別れをする旅館でのシーンで嗚咽が止まらなくなりました。
迫真の演技にティッシュではとても追いつかず、ついにはタオルで涙を拭く始末。
そこからもうずっとタオル片手にぐずぐずになりながら聴いていたのですが、ちいさんが駅で先生に対して想いをぶちまけるシーンでまたも号泣。
押しかけ女房顔負けの行動力で先生を追いかけてきたちいさんに、「あの台詞」を言った時には全身が総毛立ちました。
役者さんって本当に凄いと思った瞬間です。
これを聴いてからというもの、先生は日野さん、千歳は梶さんでしか考えられなくなりました。
何度もリピしてるのに、しつこく何度でも泣けます。

最初に出会ったBLCDがこの作品で本当に良かったと思いました。

6

宝物


BLCDで嗚咽しながら聞いた作品は後にも先にも
この作品だけです。

原作未読だったのですが、この世界観にどっぷりはまってしまい
最初から最後までずっと泣きっぱなしでした。

記憶喪失になる前、千歳がまだ「あめちゃん」だった頃は
二人の幸せそうな会話ややりとりを聞いて
勝手に涙が出てきてしまい、

記憶喪失になってしまい「ちいさん」になった時には
切なさ、もどかしさに胸が締め付けられ
涙が止まりませんでした。

特に旅館で先生がちいさんの中のあめちゃんにお別れするシーン
先生の気持ちと、千歳の気持ちと、二人のことを考えると
切なくて切なくて胸がとても痛かったです。


あめちゃんも、ちいさんも、すべてが千歳で
千歳には先生しかいなくて
先生にも千歳しかいなくて。

こんなに綺麗で切ない作品を書いてくださった
朝丘先生、そしてすばらしい演技をしてくださった
梶くんや日野さんに感謝したいです。

5

原作が好きな人限定かも…。

腐友達と交換で入手。原作は未読です。

これは!ストーリーうんぬんではなく、日野さん&梶さんのポエティックな朗読日記風に聞くべきだという結論に達しました。
雰囲気は悪くないので…。

どうしてもキャラに感情移入できない…。
こんな予備校講師いやだーーーーー!
授業やらないわ、生徒の名前覚える気ないわ、教え子に手出しするとか、二次元にツッコミ入れるなって話なんですが、あまりにファンシーなキャラ設定がひっかかってしょうがない。

突如、記憶喪失とか?え、え、えぇー!?

そこまではまだいいです。
ですが、なんで記憶喪失前と後でこうもアプローチが違うのか、理解に苦しみました。
最後の最後で、あめちゃんでもちいさんでもない千歳が好きですって、いや、当たり前でしょー、早く気づけばいいのに…同一人物なのにちいさんパーソナリティを完全スルーされていた千歳がカワイソウに思えてきた。
原作の世界にハマれる人向けですね。まあ、ジャケ通りのふわっ、とした世界でした。

9

ん~

原作読んでから、これ聞いたほうが良かったかもしれません…
まだ原作よんでませんが…ドラマCDだけ聞いたかんじ
シチュエーションが、なんていうか、
韓ドラ?ヒルメロ?昔のトレンディードラマ???
みたいにおもってしまいました
ドラマCDで限られた時間のなか、原作の雰囲気をってなって
かいつまんだ感じやから、かな?
はっ??っと思うところがなんぼかありました。
グジグジした感じの人間が個人的に好きじゃないので
ちょっとうけつけないかな~
っま。たまには、こんな感じもいいかもしれません。

6

感動しました

私は、あめちゃんの声については朝丘先生ご本人もおっしゃっていたとおり、もう少し高めだと思っていました。ですが、朝丘先生が梶さんを指名したのだからと思い、購入しました。

結果、原作では泣かなかったシーンで大号泣。音声で想いを伝えることのすごさを感じました。真摯にこの作品に向き合って、私達によいものを届けたいと尽力してくださった朝丘先生に本当に感謝です。朝丘先生はあとがきでいつも読者に感謝を述べていますが、私こそこんなすてきな物語に出会わせてくださってありがとうございますと言いたいです。

もしも購入するかどうか迷っている方がいらっしゃいましたら、まずは原作のほうを読んでみてはどうでしょうか。

7

涙。。。

ストーリー、そして日野さんと梶さんの演技と声、
そのすべてに全力で号泣しました。

とても穏やかで優しくて、それゆえに切なすぎる物語でした。

前半は、あめちゃん視点のモノローグ。
留守電で始まる冒頭がとても印象的で、
あれがあめちゃんとしての最後の電話だったのだと思うと、
とても切なくて、涙がこみ上げてきました。

後半は、先生視点でのお話。
この先生視点の後半は本当に切なくて、涙が止まりませんでした。
皆さんが書かれている通り、本当に現実にいたらまさにと思えるほど
日野さんは先生で、梶さんはあめちゃんでした。
なので、セリフの一つ一つが胸に響いてとても切なく苦しかった。

後半の京都旅行の夜、先生が最後にとあめちゃんにバイバイを
言うシーンは酸欠になりそうなほど号泣してしまいました。

ドラマCDを聞いてこんなにも号泣したのは初めてでした。
とてもすてきな作品に出会えたことに感謝です。

9

涙があふれてきました

原作は未読ですが、シナリオがしっかりとしていて読んでいなくともストーリーが分かりる、とても丁寧な作りをしています。

聞き進めている内に自然と涙があふれてきて、涙が流れるまま静かに聞き入っていました。映画を一本観ているような気持ちだった。

いろいろと印象に残っているシーンはありますが、一番心に残っているのは、京都に引っ越した先生の元へ追っかけてきたちいさんが玄関先で言う「ただいま」です。千歳の決意と想いが分かる一言だと思うのですが、先生にはあめちゃんではないと拒否をされてしまう言葉です。
挨拶が挨拶にならない切なさはとても辛く、紆余曲折を経てふたりはお互いの居場所に帰ってきたので、今後はたくさんの「おかえり」と「ただいま」を繰り返して欲しいと思いました。
幸せになってほしい。

小冊子は物語の間の小さな日常を描いています。
すごいなーと思うのは、この小冊子でまず文字で楽しめます。そして期間限定ですがストリーミング配信で音声でも楽しめるんです。すごい太っ腹。幸せなころのあめちゃんと先生のストーリーを、ドラマCDを聞いた後に読んで聞くと、こんなにも幸せだったのに!とまた続き涙が…ぜひドラマCDとあわせて読んで(または聞いて)もらいたいです。

6

買ってよかった!

原作が素晴らしかったので、発売前からドラマCDもとても楽しみにしていました。
しかし、あの内容をCD1枚でか…と少し不安もあったものの、なんのその!
はしょっている部分も当然ありますが、うまーく脚本が作られていて、大満足の内容でした。
そしてなんといっても、キャストが素晴らしい。
日野さん演じる先生・梶さん演じるあめちゃん。文句なし!
朝丘先生が指名されたとのことでしたが、もう先生とあめちゃんそのままでした。
息遣いまでもが上手い!

冒頭はあめちゃんの留守電メッセージから始まるのですが、結末を知っているためもう
ここからじわじわーっときました。胸がきゅーっとなり、切なさMAXです。
そして場面は進み2人が出会い、恋に落ち…。

前半はあめちゃん目線で、話はさくさく進みます。
あめちゃんの予備校最後の日の場面は、思わず巻き戻ししてしまいました。
すごく幸せな場面で、聴いていて思わず「あぁこの2人大好きだなぁ…」とどっぷり
世界に浸ってしまいました。先生からの確認ラッシュに返すあめちゃんの小さな
「うん」に悶えました。かわいすぎだろ!

後半は、ついに続き先生目線で話が進みます。
幸せな2人だったからこそ、切なくて胸が痛いです。
こうなるのはわかっていたけれど、それでもやっぱり切ない!
あぁもう黙っていても目から汗が…!
帯にもあります『こんな別れの為にキミと、恋をした訳じゃないのにーー』という
先生のセリフには、先生とあめちゃんの恋、思い出、そしてちいさんと過ごしてきた
僅かな日々が頭に浮かび、こう、なんと表現したらよいのか…静かにぐわーっとこみ上げてくるものがありました。

2人とも、幸せになって!という気持ちでいっぱいです。
買ってよかったと心から思える作品でした!涙なしでは聴けません。
本棚にしまってある原作を、もう1度ゆっくり読み直したいなぁと思いました。
原作ファンの方、未読の方も、ぜひぜひ聴いていただきたい作品です。

7

とても感動しました。最高の作品です。

イラストの雰囲気が好きだったことと、ここの評価を見て購入してみました。
とても感動しました。
強い愛の力を感じました。
いろんな方に聞いていただきたいと思いました。

5

梶さんの演技が泣けた~

原作既読。
これ、原作が大好きなので本当は2枚組にして欲しかったなー、1枚で収まるのかなーと危惧しつつ聴いたんですが、良かった!
脚本が上手いこと原作を1枚にまとめてます。

最初の留守番電話に千歳が留守禄を残すとこからもう名作な予感がひしひしと!
予備校講師・能登〔攻〕(日野さん)と、その生徒・千歳〔受〕(梶さん)との話なんだけど、この2人の会話シーンがともかく良かった!
2人共良かったんですが、特に梶さんの演技に涙腺がやられました……。
原作のあの優しい空気感をよく再現していたと思います。

能登は千歳の事を千歳飴から「あめちゃん」って呼ぶんですがそのあめちゃんっていう単語の響きが凄く愛おしさがいっぱい詰まってて聴いてて胸にキュンと来ましたですよー。

脚本の上手さと、お二人の演技の上手さで心にじーんと来る名作に仕上がってました。
確かにちょっと音楽が大きすぎる部分はあったけどまあ許容範囲です。

7

何度でも泣ける!

待望の「あめの帰るところ」
冒頭の留守電のあめちゃんのメッセージから始まるのですが、この時点で原作の感動がすでに甦って来て胸がしめつけられるようです。
それほどまでに、このキャスティングはピッタリでした。
日野さん演じる、ひょうひょうとした能登先生が、「革命だ」と言ってあめちゃんに恋に落ちた瞬間。
それからどんどんと、原作の能登先生とキャラがオーバーラップして能登先生の何ものでもない様に聞こえてきます。
一方あめちゃんは、梶さんしかいない!と思えるほどにあめちゃんでした。
少し鼻にかかった声と、かすれた声具合が、最初はとまどいと遠慮がちで先生におされぎみだったのが、お話の進行と共にあめちゃんが実在していたら絶対こんな声!と思うほどにあめちゃんで。。。
まるで、そこに二人が生きているような錯覚を覚える感覚は、どのドラマCDを聴いても思えることではありますが、この作品は群を抜いて素晴らしかったと思いました。

また、脚本についても随分と原作を思うとはしょってはありますが、朝丘さんがCD1枚に収まるように、自ら手を加え、前半はあめちゃんの回想、後半は能登先生の、という具合に続き、上手い具合に肉をそげ落として、すまされた選別と剪定で、的確に必要なシーンのみを、セリフのみを多少変化させながら表現されている部分に、物足りなさは感じません。
原作がきちんと表現されてはいるのではないでしょうか?
原作既読の方には、その世界を更にイメージをふくらませ、
未読の方にもわかりやすく、それで原作も読んでみたいとおもわせるような
丁寧に作られたんだな、という印象も受けます。

前半部分、能登先生とあめちゃんの出会いから始まり、それが恋に進展して恋人になるまでの中、やはり一番印象的なのは、あめちゃんが予備校を辞める日の出来事です。
ここであめちゃんが先生に返事をして、初めての夜を迎えるのですが、
梶さんのあめちゃんの吐息、健気な具合の小さな声、思わずゾクゾクくるのです!
思わず能登先生になってあめちゃんを抱きしめたくなるほどの・・・ww
そして、何よりも印象的な朱鷺色の朝焼けのシーン。。。
音なのに風景が目に浮かぶんです!

そして後半・・・あめちゃんが渡英中に事故を起こして記憶喪失になります。
ここからはもうティッシュが手放せません!
能登先生の切ない気持に同化して、彼等の事を知っているだけに、切なくて切なくて、、
あめちゃんが昔通った予備校を見たいとやって来た時に見せる能登先生の涙にウルウル、、、
京都へ行くと言いだした京都へ千歳も行くといってついてきた夜の旅館での、あめちゃんへのさよならの言葉。
涙腺が決壊して思わず目の前がかすみます。
先生を追いかけてきてそれを拒絶する激しい二人のやりとり。
どれもこれも、一つ一つのシーンがまるで画面で見ているように頭の中に絵が流れます。
感情も、イメージも、双方を刺激すされるのがCDの醍醐味なら、この作品はそれを充分にクリアしていますね。

やはりキャストは勿論のこと、脚本も優秀だったと言わざるを得ないかもです。

フリートークでは、分数は短いですが声優さんも作品を好きになって演じてくれたんだという気持ちが伝わってきて、嬉しくなりました。
本当にいいCDでした。

10

ああ、ふたりはここにいるんだ、って

朝丘先生の言うとおり、“ここ”にあめちゃんとちいさんと先生はいました。
もし小説が実際にあめちゃんや先生が書いた日記だとするなら、このCDはすでにただの物語なんかじゃなくて、実際に存在する椎本千歳と能登匡志という人間の日常をそのまま切り取ってきて、私たちはそれを聴いているような、そんな錯覚をしてしまうほど、“ふたり”は生きていました。

吐息も、呼吸も、話し方も、そして泣き方も、なにもかもが文章の中でしか想像できなかった本当に彼らそのもので、最初の『あめちゃんであった時の最後の留守番電話』を聴いた瞬間、「あぁ、あめちゃんだ…」と思わず感動して涙がこぼれました。
これを何度も覚えてしまうほど聴いたであろう先生の気持ちを想像すると、さらに胸がぎゅっと締め付けられます。

こうして、原作で言えば『先生へ』は始まり、ゆったりとあめちゃんの回想で進められていきます。
かなり端折られてます。しょうがないといえばしょうがないですが、できることなら二枚組みにして、もっと細かなところまで聴きたかったです。それでも“ここは”というところは絶対に外しておらず、どこまでもふたりの幸せさが伝わって続ききました。
花火を見るシーンも、吐息たっぷりの先生の告白がたまりませんでした。
このときに限って千歳と呼ぶとこなんかがもう…っ
キスも余計ないやらしさが一切ないからこそ、いっそう艶かしくて際立っていてドキドキしました。
特にあめちゃんの喉声が想像以上に色っぽくてニヤニヤw
そして思いが通じ合った後のえっちシーン。どんなものになるかと思いましたが、本当に想像以上によくて、ただふたりがお互いを好きな気持ちだけが伝わって、ほんわかしました。よかったね、と思わず言いたくなるほど、甘い幸福感に満ちていて。ちなみに喘ぎ声は一切なく、時折漏れる吐息だけ。
ですが「抱き合うのって気持ちいいね」というあめちゃんの台詞にはズキューーンとwwwぜひ聴いて実感してみて下さいw
その後朝焼けを見るシーンも透明感と鴇色のせつなさに満ちていました。
そうしてあめちゃんは無事大学に進み、渡英が決まり、あの留守番電話の部分で、原作どおり、あめちゃんは眠りにつきます。前半部分はここで終了。

そしてついに、先生視点の物語が動き出します。後半がスタート。
記憶をなくしたあめちゃんに…いえ、ちいさんに出会い、話して、どこまでも表面だけはあめちゃんそのものなのに、どこにも自分が愛した千歳がいない、そんな先生の戸惑いと苦しみと悲しさが、痛いほどに描写されています。文章よりも圧倒的に訴えてくる感情の波に、後半がスタートしてからは涙がポロリと。
特に予備校で泣き崩れてしまうシーンは私も一緒に泣いてしまいました。
どこにも、いない。
そこであめちゃんがいないことを初めて実感した痛さ。
なのに何も知らないちいさんの声だけが耳にどこまでも残ります。

きっと原作はここで泣かされた方がいちばん多いんじゃないでしょうか、京都旅行。
もうこれは聴いてくれとしかいいようがありません。実際に聴かないと、この部分の切なさはわからないです、私の拙い言葉などでは到底伝えられません。
ただふたりの泣く声が、耳から離れない、涙が止まらない、としか。
どこまでも先生はあめちゃんを愛していて、あめちゃんはもう、いなくなってしまったんだ、と。

そんな旅行を終え、先生は着々と引越しの準備を進め、ふたりは別れへと。
新幹線、あめちゃんになるからと先生に追い縋るちいさんの涙とそのまま訴えられる激情は秀逸。梶さんの泣きの演技にまた感心、そして涙が止まらない。
そして先生はひとり京都の部屋に着き、荷物とともにちいさんが。
言い争い、追い出し、あの台詞が。

『こんな別れの為にキミと、恋をした訳じゃないのに━━』

涙と一緒にこぼれた先生のこの言葉で、涙が今度こそ滂沱のごとく溢れました。
そのまま飛び出したちいさんが車に轢かれかけ、先生は、今度はあの子の心だけでなく身体もなくしてしうまのかと慌てて飛び出し、最後はお互いに気持ちを確かめ、物語はエピローグへ。
あめちゃんでもなくちいさんでもなく、千歳自身を愛すと。
そうしてゆっくりと、私たちが見られるふたりの物語はここで幕を閉じていきました。

その余韻に浸ったまま、その後のフリートークでゆっくりと目が覚めていきます。このトークでどれだけ日野さんと梶さんがこの役を大切に演じたのかがよくわかって、最後まで幸福感が続いたまま、CDは終わりました。

CDすべてを通して私が伝えられることは、朝丘先生のおっしゃるとおり、ふたりは日野さんと梶さんだけでした。
特に個人的には梶さんが……あめちゃん…っ!!!
本当にどこまでも丁寧に作りこまれていて、役者さんだけでなく、この作品に関わった人の愛情が伝わるようです。
原作が好きな方にはぜひ聴いてみることをおすすめします^^買って後悔することはないかと。どちらかというと買わないことの方が後悔すると思います。
私ごときがこのCDのよさを伝えられのはここまでです。

…まぁ少しびっくりしたのがちいさんが助けたのが原作では男の子だったのになぜかCDでは猫になってたことが……ププっとwww
私事ですみませんが、私小冊子はゲットできなかったのでどなたかどんな内容だったのか書いてくれないかなぁ……どうしても知りたい><

どうかこんな拙いレビューを読んで、この作品のよさが誰かひとりにでも伝わりますように……
長文レビューに最後までお付き合いいただきありがとうございました^^

…朝丘先生、大好きだぁーーーーッ!!愛してますっ!!

8

これで泣け

原作既読です。
このCD,シナリオがすごくいいです。
原作の中から、切ないエッセンスを抽出して、純化してあります。
原作を読んで結末を知っていると、冒頭の千歳の携帯留守電メッセージからもう涙。
千歳役の梶さんがまた、可愛くていいの。
日野さんの能登先生も、すごくイメージ通り。
CDはストーリーを純化しているので、全編ほぼこの主役二人だけの世界。
演じている方も、聞いている方も、どっぷり作品世界に浸れます。

シナリオも声優さんの演技も文句なく良かったけど、強いて言えば音楽がちょっとじゃまだったかな。
せっかく浸っているのに、音楽が聞こえ過ぎちゃう感じだった。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ