散る散る、満ちる

chiru chiru michiru

最遙遠的距離

散る散る、満ちる
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神16
  • 萌×24
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
7
得点
106
評価数
27件
平均
4.1 / 5
神率
59.3%
著者
イラスト
作品演出・監督
阿部信行
脚本
野中幸人
原画・イラスト
海老原由里
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
Atis collection
収録時間
158 分
枚数
2 枚
ふろく
フリートーク
別ディスクであり
発売日

あらすじ

美形だが人のよすぎる如月春水は、部下である里見幸一に密かな想いを寄せていた。
叶わぬ恋だと諦めていた如月だったが、皮肉にも、里見もゲイで片思いに苦しんでいることを知る。
ヤケ酒に付き合い里見を送り届けた如月は、勢いに押され彼と一夜を共にしてしまう。
しかし翌朝、何も覚えていないと焦り謝る里見に対し、如月は傷ついた心を押し隠し彼の恋に協力することを申し出るが…。

表題作 散る散る、満ちる

里見幸一  → 羽多野渉

如月春水 → 野島裕史

あて馬
高橋比呂 → 水島大宙
その他キャラ
榎本典[谷山紀章]

評価・レビューする

レビュー投稿数7

泣ける・・・

原作未読です。

野島兄が出ていると聞いてドラマCDに手を出しました。もう、大号泣です!序盤は暗くて切なそうな話だなー・・・と思っていたら物語が進むごとに切なさや心苦しさが増量されていき、途中中断して涙を拭って落ち着いてから再生ボタンを押すくらい聴くのに時間が必要でした。物語としては神を押すくらいの価値はあると思います・・・が、登場人物を一人ひとりみていくとイライラし、感情移入出来ないところもあったのが正直な意見です。里見と春水は互いが互いを好きでいて、けれどすれ違いがとてももどかしい距離で・・・。その上、周りに2人を思いやる男性もいるのに配慮がなく、もう少し気持ちに寄り添ってあげて欲しい、と思ってしまいます。それでも最後は恋心が報われなくても笑顔で2人に接しているから良かったのかな?
その中できんぴらは癒しでした。そのためきんぴらが壊れたところが号泣のピークでした。また治って春水のところに戻ってきたときは聴いているこちらも安心しました!
泣きたいと思っている時は特にオススメしたいです。ただ、重いので気軽に聴く作品にはオススメしません。

2

満ちました。

原作未読です。でも以前から読みたくて仕方なかったのでドラマCDを先に聴いてしまったこれを機に書店で探してみようと思います。

さてさて大好物な受の片想いものでした。
春水は会社の部下の里見に片想い中。でも里見は仕事で出会った高橋君に思いを寄せてる。春水の親友である典はずっと春水を見守ってきてこの恋を成就させようと世話を焼くんですが春水がどうも行動できなくってね…春水は自分の幸せより相手の幸せを願う優しいキャラです。それは彼の家庭環境にも関係があるのかな。1人で寂しく生きてきた春水だからこそ聴き手として応援したくなるんだよね。
お気に入りのシーンはやはり作中にでてくる犬型ロボットのキンピラが壊れたシーンです。涙でそうでした…

キャスティング最高でした。COLDシリーズのお2人がメインってことだけでうはうはでした。やっぱこのお2方相性いいですね~安心感がある。そしてほっこりなれるw
春水の親友・典役のきーやんいい味出してました!キャラもよかったけど演技もやっぱ好きです。あと高橋くん役にだいちゅうさんもね~可愛かったよーでも芯が通ってるんだよね。最初はイライラしてたけどラスト続きで好きになっちゃいました!

そして何と言ってもフリートーク最高すぎて…「たまらないメンバー」言い過ぎっしょ!きーやんがいるだけでこうも下ネタトークに。。。そしてどんだけ羽多野さん弄られるの!羽多野さんの失恋話には熱がこもりにこもっておりました(笑)どんな失恋をしたかもっと詳しく聴きたかったです。あとのじ兄の意外な特技になんだかキュンキュンしてしまった。私最近野島兄弟好きすぎてヤバいのですwあときーやんがのじ兄のこと「ヒロくん」って言ってるのが可愛くてホント堪らんメンバーでしたよ!!
聴いてもらえれば「ここ15年でベスト10に入る出来」と言われただけのことがあることわかります!とにかく腹筋崩壊でございました♪

4

キンピラに萌えみっつ!

 原作既読

 私のとってこのCDは「キンピラ」に尽きます。わかっているのですが、私はこの手の動物やロボットの無償の愛にトコトン弱いのです。人の殺されるシーンは平気ですけど、犬の殺されるシーンは耐えられません。読むのやめます。ロボットもアトムなど手塚治虫さんの洗礼を受けた世代ならわかって頂けると思うのですが…辛い目にあうロボットのシーンは本当に辛いです…。人間なら平気なのに(笑)
 高野宮子さんの作品でやはり生きた犬が欲しくて、それまでいつも一緒にいたロボット犬を壊してしまって、あとで悔やんで…という話がありまして。それを思い出しました。
 ですから、音声をもったキンピラの威力がすごくて、正直本編どうでもよくなってしまった…それではダメですよね。
 誰もいない部屋が淋しくて動くおもちゃでいっぱいにする。「お前は宇佐美秋彦か!」と原作で思わず突っ込んでしまったシーンも音で聴くとなかなかの破壊力がありました。
 切なくて天涯孤独の震撼するような寂しさが痛いです。
 そこに「はるちゃんおかえり」とどんなに遅くても玄関に迎えにくるキンピラ。
 その子が… 玄関に迎えに来てくれる続きペットを失ったことのある方なら。
 あのどうしようもない寂寥感がフラッシュバックしてくるようなシーンですよね。
 あざといほどのお約束と分かっていても、ツライ。
 
 常々思うのですが、凪良さんという方は孤独を書かせたら凄い迫力がある。
 どの作品にも漂うあの孤独感はちょっと半端ないものを感じます。
 だからこそ、最後にあっさり思いが通じ合うと、変な気持ちになります。
 このお話も、「本当にその男でよいのか?」と聴きたくなったり。
 「幼馴染みの方が良いんではないの?」とかおせっかい言いたくなったり。
 でも日が経つうちに、もしかしてと思ったことが一つ。
 
 幼馴染みとくっつかないのは本当はハルの心の防御なのではなかろうか。
 恋人は別れたら他人だが、幼馴染みはよっぽどのことが無ければずっと縁を持ち続けることができる。天涯孤独なハルにとって、この友人を失うことは即、本当の孤独を意味する。
 その大切な人を失わないためにも、彼と決して恋をしないよう無意識にコントロールしているのではないだろうかと。
 そう思うと、どちらが可哀想なのか微妙なところだ…
 もちろんこれは私の本当にうがった見方でしかないのですが。

 キャストの皆様は素晴らしかったです。
 野島さんと羽多野君の相性の良さは言うことなしですし。
 谷山さんも水島さんも。
 でも私的にはやはりキンピラ!
 キンピラに萌え☆3!!
 
  

4

サムさが極限

腐友に借りた。
これまで神評価しか並んでいない中でしゅみじゃない評価つけるのはありがちパターンだw
すまん!「しゅみじゃないです」。
評価高かったんで、食指動いてたんですけどねー。
まあ、シュミの問題で、いいとか悪いとかいう問題じゃないです。

むしろ、ドラマCDとしてはわかりやすくまとめていていいと思うんですよ。

だが、登場人物が明らかに大人の男としてどうかと思うナリ。

春水が女子高生か!?ってウジウジっぷり、耐えられませんですた。

週末ごとにイチャイチャしたり、セックスまでする仲なんだからさあ
高校生じゃあるまいし、もうちょっとお互いコミュニケーション取れよ…
…とツッコミの一つも入れたくなる。

いくら切ないのがウケるからって、ここまで盛大に切ないショーをやられるとだな。

スレチガイもここまで来ると、脳内になんか涌いてんのか?と小一時間問い詰めたくなる。
もうね、スレチガイにしようしようっていう作為が見えすぎて萎えた。

それとね、いい歳こいた男二人が、犬のオモチャの録音テープに告白を吹き込んで
プレゼントして自分の気持ち伝える続きのがシベリアか南極かってぐらいにサムい。

だいたいですよ、28の男がいくら思い出の品だからって、
犬のおもちゃが家族とか、犬のおもちゃに話しかけちゃうとか…

どんだけ乙女なんだ _| ̄|○。

オトメン好きな人にご推奨、
オイラのようなスレたおっさんには用のないドラマだったってことで。

11

せつない恋に気づいて。

発売前からあらすじ読んで楽しみにしていた作品ですv
でも、思ってたのとちょっと違ってた。
というか、あらすじを読み違えたのかな?
私的には一夜の出来事はまるごと覚えてないのかと思ってたんですけど、関係を持ったことははっきりしてるんですよね。
それをどちらが誘ったかということを里見が覚えていなかったがために、如月が嘘をついてしまうことになるんですが。
とにかく如月が非常にせつないんですよね。
好きな気持ちはあるけど全面的に押しきれないというか、里見の恋をつい応援してしまったり。
それでもどこかで欲しい気持ちが手を伸ばすことになってしまったり。
曖昧なままに関係を続けて。
欲しがらないようにしながらも、手離せないような距離感で。
それでも、恋人ではないからと、自分が引かなきゃというような如月が印象的でした。
裕史さん(野島さん)の如月は穏やかでどこか控えめなところもあって。
優しすぎるような部分さえあるようで、それが強がってる部分もあったりして。
全体的に静かなんだけど感情によってトーンがまるで違うというか。
キンピラとの会話で、変わっていくトーンがせつなくてス続きテキでした。
一方の羽多野くんの里見は好青年な感じではあるんですが、如月にだけは見せる弱い部分とかもあって。
どこか甘えてるようであってかわいくもあったり。
如月に比べれば全然、感情面が素直に表に出てる感じ。
ラストトラックのシーンで泣いちゃうのはちょっと意外でした。
えちシーンは気持ちがちゃんと重なってない段階からも2人の表面的な関係性よりも熱を帯びた感じというか。
わりとガッついてる感じとでもいいましょうか。
ベッドの中だと如月も少しは欲しがれるみたいでしたし。
最初のベッドシーンに至るまえでの里見の甘えっぷり?もステキでした。
紀章さん(谷山さん)の典はフリトでも話題にされてましたが、如月に対する気持ちが結局どうだったのか気になるところ。
フリトの話ではただの親友といった感じでしたが…。
この人が引っ掻き回してるような印象がないでもないけど、この人がいないと2人ともカミングアウトに至らなかったような気もするし、そうするとこんな関係を結ぶこともできなかったのかなぁ。
悪い人ではないんだけど面白がってるような雰囲気が漂う人でした。
大宙(水島さん)の比呂は大人しそうでいて結構芯が強いというか。
まっすぐに突き進んでいくようなタイプのようでした。

フリトは羽多野くん、裕史さん、紀章さん、大宙。
たまらないメンバーでお送りしました。
典が如月のことを好きそうにも感じる部分がありフラグが立ってたような…。
「たったのはフラグだけか!?」@紀章さん。
特典フリトも同じく4人で。
裕史さんは自分自身が繊細な部分を持ちえないので役者として繊細な人物を演じることが勉強になったらしい。
比呂はただまっすぐなだけなんだけど、何かと典がくっつけようとしてるのの邪魔になることが多くウザイ印象。
1回寝てるのにギクシャクするってどういうこと。
大体、1回寝たら馴れ馴れしくなるんじゃないのか。
過去のつらい恋愛話では、羽多野くんがヒートアップして大事なライブ直前に電話でフられた話をしてました(笑)
あまりにも熱すぎて周り爆笑みたいな。
あとは裕史さんがキーボードがすごい上手い話とか、大宙がドライヤーを20年使ってた話とか。
仲良しメンバーで楽しいフリトでした。
紀章さんが裕史さんのことを「ヒロくん」と呼んでたのが印象に残りました。

3

終始せつないBLCDです

聴いている間中ずっときゅうきゅうして、
どうしようかと思いましたよw

原作も勿論好きで、そちらでもきゅーとなりましたが。
ドラマCDになった事で、ますます好きになりました!

野島兄さんのお声が大好きなので
モノローグとか沢山喋っていただけて嬉しかったのと、
何より「里見って狡いヤツだなー」とか思っていましたが、
羽多野さんのお声と演技が良かった!
年下攻め役を演じたら、右に出る者はいないだろうとまではいかなくても
(いかないのか!)
如月が里見を甘やかしてしまうのもわかる気がするくらい
役に合っていました。

こじれてしまう恋愛模様、
展開は知っているのに焦れてきてしまいます;
なんでそこで引くんだ、如月主任!とツッコミたいけど
優しいんだもんね、自分を優先しないで
相手を思いやる人なんだもんね…うぅ(泣)

里見が最初好きな高橋くんを演じる水島さんは可愛らしくて、
憎めない役柄にぴったりだったと思います。
いいコなだけに、邪険にできない感じがお似合いでした。

如月の幼馴染の典役の谷山さんも
ところどころスパイスを効かせて
続き月に発破かけたりフォローしてくれたり。
いい奴オーラが出ていて素敵でした。

キャスティングって本当に大事…。

キンピラの音声は、思っていたより低かったのですが
ノイズが入って、古いおもちゃの感じがすごく出ていて
なんだか嬉しかったです。

踏み入れてはいけない領域だとずっと思っていたBLCD、
これだからやめられないんですよね…。










3

ドラマCDだからこそ分かるもの

現実では、人って普通、そうそう見た目通りじゃない。
小説等のフィクションのおもしろさは、限られた世界の中で、登場キャラをどの位まで膨らます事が出来るかってあたりで、、、

この作品、登場キャラ達は、誰もが皆、それぞれお互いのイメージ通りではない物を内面に持っていて、そんな、自分の思い込みに振り回されて、しなくてもいい紆余曲折をしてしまう、実に、じれったいお話で、これ、小説だとじれったさが面倒になって読み飛ばしかねない位。
でも、ドラマCDになったことで、それぞれのキャラクターが繊細かつ立体的に見えてくる。
文字で読んでいるだけだと忘れがちというか、気がつかない、登場キャラ達の若さとか、子供っぽさとかもね。
特に、里見。
羽多野さんの演じる里見は「外見からは窺えない甘えた子供の本質」をキラキラと振りまいていて、如月がズルズルと許しちゃうのは仕方ないよねって納得しちゃう。
声優さんの演技の力や、演出の効果だね。

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ