ウツボラ(2) (完)

utsubora

ウツボラ(2) (完)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
27
評価数
7件
平均
4 / 5
神率
42.9%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
太田出版
シリーズ
F×COMICS(エフコミックス・太田出版)
発売日
価格
¥680(税抜)  ¥734(税込)
ISBN
9784778321642

あらすじ

※BLではありません。

◆中村明日美子初のサイコ・サスペンス、 描きおろしエピローグ22pを加えて、ついに感動の完結!
◆誰が『ウツボラ』を書いたのか?
謎の死を遂げた美少女「朱」。 入れ替わるように作家・溝呂木の前に現れた、「朱」とそっくりな美少女「桜」。 溝呂木の最新作『ウツボラ』が盗作であることに気づく編集者の辻と、少女の正体を追う刑事達。 それぞれの思惑が絡み合い、物語はクライマックスへ。 「顔のない死体」とひとつの「小説」をめぐる物語。 すべての謎が、いま明かされる――。

(出版社より)

表題作ウツボラ(2) (完)

評価・レビューする

レビュー投稿数4

非BL、官能的作品。

ウツボラで初めて中村明日美子先生の作品を手に取りました。
表紙は1巻は赤が基調で、この2巻は青が主です。
表紙に描かれている女性にぴったりの色をチョイスされていますね。

「ウツボラ」という1つの作品を巡るお話なのですが、
緻密なストーリーで一気に惹きつけられました。
このウツボラは中村明日美子先生だからこそ、描ける物語だと思います。

BLではなく、男女での行いの描写もありますが、
いろいろな作品を読んでみるのもいいかもしれません。

1

鳥肌

どうも受けが女っぽいのが嫌で読んでなかった中村さん

非BLですが、矢田部+溝呂木、辻→溝呂木の関係性はラノベBLよりよっぽど「ヤオイ」してると思います
※ただし男女の性描写がかなりあるので注意して下さい

1

語らず、されど鮮やかに、終幕

冒頭で自殺する正体不明の美女と、その「双子の姉」を名乗るもう一人の美女、
そして往年の人気作家溝呂木とその新作「ウツボラ」を巡る物語。

誰が生き、誰が死に、誰が「ウツボラ」の本当の作者なのか?
この二巻では、これらの謎を巡って周囲の人々が動き始め、謎が解き明かされて行く…
のだが、むしろ真実はどんどん分からなくなっていく。
表現者として生きる苦しみ、人を愛する悲しみ、そして希望はどこに…

ラストシーンが鮮やかに印象的。
墓参りを終えて帰り道を行くコヨミは、長い黒髪の喪服姿の妊婦とすれ違う。
ただ、すれ違う。
それだけのシーンだが、この作品の総てを象徴しているようなシーン。


5

ウツボラ

読み終わって、『ヒャイイイっ…』って叫んでしまいました。
感想、難しいのです…拙い表現になります。すみません。
中村明日美子先生の描いた『ウツボラ』じゃなくて…作品の中の『ウツボラ』を読んだ気分です。溝呂木舜が書いたウツボラなのか、藤乃朱が書いたウツボラなのか…誰が書いたウツボラなのか分からないけど、『ウツボラ』っていうお話を読みました。っていう…。
そもそも藤乃朱って何だったんだろうって思いました。それを知るために読んだのにね!
そして、二巻は桜のメッキがどんどん剥がれていきます。それが手に取るように分かって、破綻に向かって進めば進むほど桜が人間の女になっていきます。
溝呂木舜が藤乃朱にも三木桜にも狂おしい程愛されていて、狂気にさらせるようなの作品を産み出せなくなったから今度は女の狂気である『ウツボラ』が出来上がって、ウツボラの周りで沢山の人生が少しずつ狂っていって…あああ、ウツボラって何なんだ~ってなりました。
これは、読んだ方が良い。改めて『中村明日美子』の幅広さに驚嘆します。
読んだらどっと疲れました。時間も掛かった。正直読後感の『爽やかさ』なんて欠片も無いです。けど、まさに『続き貪り読むように読んだ』作品です。
あ、爽やかさは『空と原』で供給するために同時期に出したのかもしれない!
面白かったです。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ