ノンケをおとす、甘い法則。

相原主任はストロベリークリームパフェが好き!

aihara shunin wa strawberry cream parfait ga suki

相原主任はストロベリークリームパフェが好き!
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×26
  • 萌7
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
61
評価数
17件
平均
3.6 / 5
神率
17.6%
著者
 
媒体
コミック
出版社
ふゅーじょんぷろだくと
シリーズ
POEBACKS ~ポーバックス~(コミック・ふゅーじょんぷろだくと)
発売日
価格
¥660(税抜)  ¥713(税込)
ISBN
9784893937537

あらすじ

厳しいと評判の相原主任が、隠れスイーツ男子だと知ってしまった井野田くん。
それまで特に意識していなかったのに、何故か無邪気な笑顔でケーキやパフェを頬張る主任が可愛くてしかたなくなってきた!
甘いもので主任を釣って、どうにかお近づきになりたい井野田くんの、恋の駆け引きが始まる。

(出版社より)

ネコ耳が生えたヤクザのドタバタ萌えコメディなど短編も収録♪

表題作相原主任はストロベリークリームパフェが好き!

イケメンの部下 伊野田
実はスイーツ大好き主任 相原

同時収録作品甘党派辛党派

県内一の進学校に通う双子 海・陸
双子が飼ってた兎に似ている他校生 浩介

同時収録作品幼い頃

昔から受けを振り回す高校生 桐谷
昔は女の子のようにカワイカッた転校生 神野

同時収録作品魔法少年レディバード

コッキネリア国の王子 天人(アマト)
誤って魔法少女レディバードにされた被害者 七星

同時収録作品やくにゃん

大の猫好き 狗島組の若頭
鬼猫組の若頭 仁太

その他の収録作品

  • ストロベリークリームパフェ その後
  • 伊野田くんはゲイなのかどうか
  • 囚われて
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数8

可愛いんだけど、これBL?

毛色の異なる短編が集まっているため、正直、少し苦手なものもある。

◇「ストロベリークリームパフェ」
厳しい人が実は…という設定は好きです。
主任がとっても可愛いし、天然なのがよくわかるのだけど、その対比として普段の仕事熱心な姿ももっと見たかったかな。
井野田くんの努力が実ったのかどうなのか、結末が不明なのは残念。

◇「甘党派辛党派」
描き方によってはエロエロ方向に行ってもおかしくないのにそうしなかったため、あまりにも爽やか。
顔はそっくりなのに、性格は全然違うという設定の活きたエピソードが工夫があって面白い。

◇「幼い頃」
設定はすごく好きだし、エピソードは可愛い。
でも、会話の内容とか意味がわかりづらいところがあり、思わずツッコミを入れたくなる。

他、魔法少年になってしまった話や、ネコ耳ヤクザの話が収録されている。
前半はまだしも、後半はBLなのだろうか?
せっかくのタイトルなので、それに関連する短編をもう1つぐらい欲しかった。

1

あともう一押し欲しい

元はWEBサイトに載せていたこともあり、基本的には短編集です。
また、全体の作風もどちらかというと4コマ漫画の様なテンポの良いものが多い傾向です。
そのためか、コメディ色が強く、ラブの部分がいまいち物足りない印象で、本当だったら、この掲載されている部分の更に先が読みたいところ。

でも、設定やシチュエーションは、基本私の好みにハマっていたので、萌えはしたかな。だからこそ更に先が読みたいという結論に達しました。

これからに期待の作家さんです。

1

なんだか気になる…w

厳しい上司が実は甘党でギャップに心をもってかれるという
なかなか良さげなお話…♪と思って読み始めて、
何故か何度も読み返したくなって…w
特に粗探ししたいわけじゃないのに、
最初伊野田に見つかる前はスプーンを右手で持ってたのに
その後は左で食べてますよ、主任!とか
女子社員から差し入れをもらい、
主任にあげようとしたのになぜ自分で食べちゃったのかなとか
会社の廊下で堂々と「Tokyo Sweets」の本をチェックして
女子社員が頬を少し染めてちらっと見てましたが
一体いつの間に甘党を公言してたんですか?とか
些末なことが気になって気になって……;;
主任の可愛らしいところを知ったからといって
急に強気になりすぎじゃないかな?とか、
主任は厳格さが無くなりすぎだし、流されすぎだし…なんて
なんなんだ私は!クレーマーか!!

しかし、『伊野田くんはゲイなのかどうか』で
主任にクリームがかかり、一瞬で妄想が花開いたシーンはすごく好きだ!!w
「見えた!!」って表情がなんとも言えない!!

『甘党派辛党派』は、双子攻めものって好きなのですが
ヤンキー続き受けはそれほどでもないのでした…すみません。
しかも受けが飼ってたウサギに似てるって、どうなの?というかw
猫とか犬に似てるっていうなら可愛いかもだけど
ウサギ…。あれはお顔に癒されるというよりは
あの姿とか動作に、だと私は思うのですが。(また妙なところが気になる)

『幼い頃』は
仲よしでちゅっちゅしてた幼馴染が転校することになり、
いくら「女の子になって帰ってくる宣言」をしたって
転校先で女子の制服はないだろぉぉぉとまたツッコんでしまうのでした…。
そして結局
「もし女の子っぽくなってても、やっぱり付きあえない!男同士やし」とか
「これからは友達同士としてやっていけるよな!」とか言いながら
また過度な接触が増えそうな感じって…よくわかりませんでした…;;

『魔法少年レディバード』
変身ギャグものなのですが……
完全においてきぼりをくらってしまいました…orz
笑いどころが…どこなの…!!
『囚われて』も、萌えられなくて…
(笑えなくて?かな)どうしよう…!!と落ち込んでいたその時!!

『やくにゃん』…っわぁぁぁぁぁぁ!!!!♪
ヤクザものも普段そんなにぐっと来ることが無いのですが
これ!!なんで猫に!!とまた思いそうになりながら
若が自ら刀で耳を切り落としそうな姿に笑い、
狗島組へのりこんで怒りと共に耳を押さえていたピンが弾け飛ぶのが可愛くて!!!
そして、赤ちゃん言葉って萎えるんですが
この狗島のギャップは何故だか良かった……。
自分のツボがわからなくなってしまいましたよ…(るるるー)
必死に可愛がりたい気持ちを抑える狗島の葛藤と
それを手玉にとり、取引を持ち出す虎岡のしたたかさ!
虎岡が若の頭を撫でつつ「若、そろそろ帰りましょう」と言った時の
虎岡スマイルと対照的な若の目つき!!ww
14ページでしたが、とっても楽しかった!!
この作品の為、手放せないほどに…。

あああ、この作品で1冊全部だったら「萌×2」だったかもしれない……。
でも、他の作品が「うーん」だったので、おまけの「萌」です。
小うるさく、随分な言いようですみませんでした;;

3

BL風のギャグ漫画集。

初めて読んだ作家さん。
サイトで掲載のものを再録した作品集とのこと。
なので、商業用に作られたわけではないということを了承の上で読むことをオススメします。
たぶんジャンルはラブコメですが、コメディ色が強いので、BLって感じはあまりしないかも…?

■相原主任はストロベリークリームパフェが好き!/その後
(ラブコメ率…ラブ5:コメ5)
表題作で、もっともBLっぽい作品。
主任が実は甘党だけど社内に隠していることを知った後輩が、甘党を隠して強がってるのを見かねていろいろ手を貸してくうちに、ふだんとのギャップに萌えて惚れる話。
主任のためにお店リサーチしたり、自分でお菓子作ったりと必死。笑
そんな部下の下心を知らずに、どんどん罠にハマってく主任と、下心ありつつも甲斐甲斐しく尽くす部下がコミカルに描かれている。
コミカルだけどBLといって差し支えないくらいのラブが含まれてるので、ちゃんとラブコメとして楽しめました☆

■伊野田くんはゲイなのかどうか
表題作の続きのショート。
ゲイではないのに主任で目覚めてしまい、この先ちゃんとエッチできるか危惧してる部下(攻)が、続き自宅に招待した主任のちょっとした粗相などをネタに脳内でエロシュミレーションする話。
完全にコメディ路線だけどめっちゃ吹いたwくだらないが面白い!

■甘党派辛党派
(ラブコメ率…ラブ3:コメ7)
頭のいい高校に通う双子(海くんと陸くん)×双子が飼ってた頭の悪い兎に似ているヤンキーキャラの高校生。
エロはないけど3P。
ひとりは優しい口説き方で、ひとりは強引な口説き方、という飴と鞭みたいなタッグで迫ってくる双子にいいように振り回される受が面白い。
まぁでも、コメディ色が強いからあんまBLって感じはしないですが…笑

■幼い頃
(ラブコメ率…1:9)
高校で再会した幼なじみ同士。
人の話をきかないやんちゃ系キャラ×押しに弱いメガネキャラ。
攻めとの子供の頃の約束を守ったことで恥をかいた経験のある受けキャラが、偶然転校先で攻めと再会し、昔の口約束はなかったことにしようと話をするも、なんかうまくいかず、告ってもないのになぜか攻めにフラれたりする話。
エロ無しのコメディ漫画。
当然狙ってのことだけど、そうは知っててもとにかく人の話をきかない攻めがムカつく!笑

■魔法少年レディバード
(ラブコメ率…0:10)
完全にコメディ作品。
なんとかって国のエロ王子の策略で、「パンチラ」ポーズを必殺技とする魔法少女にされてしまった可哀想な高校生が悪戦苦闘するギャグ漫画。
魔法少女にエロいポージングをさせるために、国宝をパンツの形に変形して必死に守らせたりする変態王子に振り回される硬派な高校生が不憫。
サイト掲載漫画というのがすごく納得できる代物というか…作家の趣味オンリーの作品だし、もはやBLとはいえないのでどうでもよかった。。。
サイトで掲載するならご自由にって感じですが、BL商業誌としてはどこに需要があるのか謎…。

■囚われて
(ラブコメ率…1:9)
盗賊団の右腕×お頭。
二人して敵に捕まって檻に閉じ込められたが、頭にとって一番怖いのは右腕だった…という話。
エロはないよ~。

■やくにゃん
(ラブコメ率…0:10)
敵対する組の若頭同士。
エロ無し。
危機が迫ったときに借りられる組の守り神の力によって、ネコ耳と尻尾がはえてしまった若頭がかわいくて、敵の若頭が惚れてため、一件落着…??みたいな。

BL風のギャグ漫画がいっぱい入った作品集といったかんじ。
この作家さんのギャグセンスは嫌いじゃないけど、いかんせんBL色が弱すぎるので萌えは少なめ。

《個人的 好感度》
★★・・・ :ストーリー
★・・・・ :エロス
★★・・・ :キャラ
★・・・・ :設定/シチュ
★★★・・ :構成/演出

1

んんー!続きが気になる!!

タイトルとジャケットで一目惚れ!!
やっとこさ購入しました『相原主任はストロベリークリームパフェが好き!』

ショートストーリーがいくつも入ってるのですが
どれもこれもこれからって感じで物足りなかったです正直(*´ω`*)!!
でもお話は面白くて萌えました~☆
当分保存版ですね!!

相原主任は厳しく堅物キャラで有名な上司!
そんな上司が小さな喫茶店で
パフェを食べながら顔をふにゃ~っと崩すところを見てしまいー・・・!

いやー可愛かったww甘いもので毎回毎回釣られる主任も主任ですが
そんな主任に萌えてしまってお菓子作りまでしちゃう主人公も可愛かったww
この二人はこれからが恋模様なので陰ながら応援しています☆笑

他にもなーぜーかー変態と戦う羽目になった
魔法少女コスに返信しなければならない体育会系の普通の少年のおはなしやら
ちょっとよく分からない展開で終わった幼馴染のおはなしなどなど。

ユーモアたっぷり萌たっぷりの一冊です!


・・・でもあの幼馴染の話はちょっとよくわからないなあ・・・
けっきょくあのふたりはくっつくとかそういうフ続きラグではなかったなあ・・・

2

面白い!

甘党という事を隠したおしながら隠せてない相原主任といい、
双子にまるっきり違う視点で愛されてしまうヤンキー浩介といい、
ちょっとした間違いでフリフリヒロインにされてしまう空手部主将、七星といい

基本線男としてカッコいい系に入りそうでありながらそれでも
「あー、こいつ愛されて当然だな」
と思わせてしまうかわいらしさ、魅力を感じさせる本です。

でもそれ以上に思うのは爆笑系の「そうくるか!!」な展開。
一番顕著なのは味方と一緒に檻に入れられることを何より恐れる棟梁ですが、
ねこみみヤクザの若頭とねこにからっきし弱い対抗組織の若頭の話・・・アホかwwwと思わせられてしまいました。

ふゅーじょんぷろだくとってこういう甘さよりも笑い取ること重視なBL一杯ある気がするんですがその中ではこれは「一発ギャグ」っぽさが漂うかな・・・。
このトーンで同じ主人公で1冊読みたいなーと思う作品ばかりで、分量が足りない!感覚がするのでそこそこで。

2

読み切りほんわかコメディ

オリジナルBL漫画サイト「niwani」に掲載されたウェブ漫画の単行本化です。
http://www.k5.dion.ne.jp/~niwani/
いつも通ってたサイトの作品がまた書籍化されて嬉しいです……!
「ドーナツタウン」の『友人が勇者』もウェブ漫画の単行本化でしたが、ふゅーじょんぷろだくとさんはこれからもウェブ漫画を書籍化していくんでしょうか?
本で読みたいな!って思うBLウェブ漫画って結構あるので、今後も期待してますv
(書籍になっても、ウェブ上でそのままめるのもありがたいです)

収録作品は、『ストロベリークリームパフェその後』のさらにその後になる、『伊野田くんはゲイなのかどうか 』(5ページ)と、『囚われ前の話」(1ページ。『囚われて』前日談)の2つが描きおろしで、他はすべてサイトに掲載されたものです。
ただし、『ストロベリークリームパフェその後』と『やくにゃん』は、サイトのMEMO絵漫画(お絵かき掲示板を使って、1コマずつ描いた漫画)を、通常の漫画形式に描き直されていて、話の内容はほぼそのままで、読みやすくなっています。
サイトと単行本で、セリフ回しや続きキャラの表情が変わっているところをチェックして、二重に楽しめましたv
『やくにゃん』はサイト掲載時と単行本では虎岡の企みっぷりがちょっと雰囲気変わってたので、その辺の違いが個人的に面白かったです。
他の収録作品も、よく見ると背景が綺麗に描き直されたりしてました~。

今回単行本に収録された漫画は、どちらかと言えば糖度(お菓子成分的な物じゃなくて、ボーイズラブ的なww)は低めで、コメディ度高めなものが中心です。
エッチはなく、頑張ってキスも、ハプニング的に起こるのみになっています。
表題作のスウィーツ主任のお話も、先に作者サイトの単行本化告知ページで、
『かき下ろしは、はりきってガチBLかくぞと思ったのですが…妙に主任がふびんで無体できませんでした。』
とあったのを見ていたので、読む前からわかっていたのですが、それでもやっぱりガッツリくっつくところも見てみたかったです……!
でもこのまま、スウィーツで順調に餌付けしていったら、かき下ろしの妄想シミュレーションが現実になる日も近いのではないかと言う気がしますw

『魔法少年レディバード』はBL度は限りなく低いのですが、硬派な空手部主将が手違いによりファンシーな魔法少女になってしまう、その姿だけでも十分おかしいのに、元凶の王子が変態過ぎてさらにおかしさを増幅させています。
単行本で改めて読んでもやっぱり笑えましたww
BLにならなくてもいいから、これだけでシリーズ化して1冊で読んでみたいなと思いました。

再会幼なじみものの『幼い頃』は、この続きのMEMO漫画がサイトに掲載されていますが、残念ながら単行本未収録です。
単行本で初めて読んだ方は、続きはWEBで……!
たぶん、この後このふたりくっつくんじゃないかという気がします。

双子と三角関係な『甘党派辛党派 』は、今(2012年5月現時点)ちょうどサイトのMEMOで続きがヒトコマずつ描かれているので、やっぱり単行本で初めて読んだ方は、続きはWEBで!
せっかくならこの続きのMEMO漫画も描き下ろしで単行本に入れて欲しかったです……!!

サイトには、単行本には収録されていない、ほのぼのしたラブコメや甘酸っぱいお話が多数掲載されています。(全体的にコメディ率高めですがww)
今回単行本にならなかったものも、いつか単行本化して欲しいです!

3

お!おもしろい!!

思わず作家さん名を”石野マコ”と空目しました(爆)
右野さんでした(汗)
どちらかというとお笑い系の作品です。思いっきり笑っちゃいます。楽しいです。
そして、こんな楽しさが自分は大好きです♪
楽しい&面白いと萌えとはちょっと違うかも?というのはなく、これは充分にどの作品にも萌えがありました☆☆☆

厳しいので有名な相原主任を喫茶店で見つけてしまって「しまった!」と思った伊野田くん。
ところが、相原主任はパフェを頼んでいて、とっても嬉しそうに幸せそうに食べるから、そのギャップに伊野田くんはかわいいと思ってしまうのでした。
伊野田くんに甘党を知られた主任は、これは二人の秘密ということになったのですが、主任のかわいい顔見たさに、スイーツ巡りにお供することになって・・・

鈍感で甘いもののことになると判断がそっちへいってしまって大いなる勘違いをする主任もかわいければ、スイーツで主任を釣ろうとする伊野田くんも愉快。
『伊野田くんはゲイなのかどうか』という話において、彼等を簡単にくっつけるのではなくて、検証するとこがリアルで面白いのです♪
どちらかというとギャップ萌えという続きより、餌付けが面白いのです。

『甘党派辛党派』は、一日に同じ顔に二度こくはくされた男子高生。
実は相手は双子!しかも一人は優しくて一人は鬼畜でwまるで飴と鞭♪
彼等がどうして同じ男子を?という理由が飼っていたウサギにそっくりだと(爆)
かわいそうというか、面白いと言うか、、、でもやっぱり面白い。

『幼い頃』クラスにやってきた無愛想な転校生は、その昔仲良くて女の子になってよ~というリクエストに女装してやってきたためにクラス中の笑い物になった過去がトラウマになっている相手だった!?
この結末が・・・えっ!?そうなん!?ビックリしたwww

一番笑わせてもらってツボツキまくられたのが『魔法少年レディバード』
何か、魔法少女が流行りの昨今、魔法少年がちょっと自分の中でキてるんですよw
それは美少女戦士の少年版でもいいんだけど(余談)
手違いでえらばれてしまった美少女の妹を持つ兄の七星。
水玉パンツはその証w
最近出没する変質者を見つけ、やっつけようとするのだが、それには・・・
全然に合わない魔法少女のコスが、面白くて笑いまくりましたwww
詳しくは、本誌にて(爆)

『囚われて』捕まってしまった海賊二人、だけどどうしても仲間だけどこいつとは一緒の檻に入りたくない!
その理由は・・・www

『やくにゃん』ある朝、組長とその息子に突然猫耳と尻尾が!?
それは組に危機が迫る時、鬼猫様が降臨してこの危機を救ってくれると言う~
この先の展開がバカバカしくて、笑う笑う!
どこがBLだよ!と突っ込まないで笑ってくださいまし。
猫好きすぎる敵ヤクザでよかったよねwww

すっごい楽しかったので、相原主任の話も、双子高校生の話も、魔法少年の話も続きがみたいな~♪
特に魔法少年は、、、面白過ぎた♪
バカバカしくて、とってもいい本でした~!

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ