同人誌セレクション はらだ(2)

doujinshi selection harada

同人誌セレクション はらだ(2)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神16
  • 萌×26
  • 萌7
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
9
得点
127
評価数
33件
平均
4 / 5
神率
48.5%
著者
 
媒体
コミック
出版社
東京漫画社
シリーズ
同人誌ベストセレクション(コミック・東京漫画社)
発売日
価格
¥917(税抜)  ¥990(税込)
ISBN
9784864421737

あらすじ

★東京漫画社様よりお知らせ★10/23

10月下旬に発売を予定しておりました『同人誌セレクション はらだ(2)』は、諸般の事情により発売が延期になりました。発売は11/10頃を予定しております。
HLBですでにご予約いただいているお客様にはご迷惑をおかけいたしますが何とぞご了承ください。

**********


人気作家の描く銀時×土方傑作選、待望の第2巻が登場!
今回もはらだ節全開、アダルト満載でお届けしますv

表題作同人誌セレクション はらだ(2)

坂田銀時
土方十四郎

その他の収録作品

  • 週刊江戸(2013.3.17)
  • 若返り篇(2012.12.30)
  • 壁(2013.5.3)
  • 暮らす(2013.10.27)
  • 繰り返す(描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数9

愛があってほしい

1はすごく好きだったけど、こっちは微妙。ちょっとフォロ方さんかわいそうだし、ショタは正直しんどいし、なによりここまでゲスな銀さんは、ちょっとやだ。
商業でも下衆ッ子が特徴なはらださんだけど、もっとひねりと愛があるんだよなあ。
なので愛のある、写真スッパ抜きの話と、学生ものは好きでした。
この喧嘩ップル、もってあと2年だなとは思ったけども(笑)。
原作の銀さんの腕の肉付きが好きなんだけど、はらださんはそこが忠実でとても良し。
あとどうにかしてほしかったのは修正。これ、作品を冒涜してるレベル。

0

パライソ・パライソ2両方の感想だよ。(^.^)

私、「やたもも」以降、重度のはらだ病に冒されまして…。
既存のオリジナル作品4作はくたくたに読み倒してしまい……「はらだ~…新しいはらだくれ~…」とついに二次創作に手を出してしまいました。orz
…が…原作の「銀魂」は一切知りません。
BL以外も読みますが、脳内のイメージを大事にしたいので原作が好きな場合には二次創作やアニメ化、映画化、CD化には敢えて手を出さない主義です。だから読めたのかな。

そんな私が「はらだ」を堪能するために読んだ感想です。

「パライソ」「パライソ2」両方読みました。
現在のはらだ作品が出来るまでの「発展途上中」といった感じがしました。
作品の順番の時系列がバラバラな様で、急に荒っぽい絵柄になったりします。作品自体がやや荒っぽく感じる作品も少しありましたが、題名のセンス、台詞、コマ割り、表情、体位(アングル)、love、エロ、えげつなさは「あ~…はらだらしいわ~…。」と思いました。
特に同人誌だからか二次創作だからか、えげつなさ度・エロ度はオリジナルより濃い目…。私コレクションの「収納に困るコミックランキング」1-2に躍り出ました。続き(まぁ…3位もはらだだけどね…。)(^o^;)
同人誌発だから修正は甘かろうと思いましたが…どうか…と申しますと、そこはしっかり……白抜きです。白いシルエットのみ。作品によって一部黒線というのもありました。なんかプリプリしてます。(^.^;)
一冊1000円とお高めではありますが、厚くて読む所もギッチリ。お得感はありますよ。(^.^)

1巻の「 隣人がヤリチンでウザイ」2巻の「暮らす」は銀魂キャラたちが大学生で同棲したり解消したりまた同棲したりというベタ設定なので入りやすかったです。ベタとはいえ、もちろん「はらだワールド」は堪能できます。

しかし注意すべきは2巻の「壁」。
これは酷い。作品として酷いのではなくて、壁穴プレイ後を放置する銀時が酷いし、放置された尻を発見したモブキモオヤジらが輪姦する様が酷い…。土方がプライドの高い男らしいのでされるがままになっちゃってて…まぁ…。
オェェ…完全にアウトです。orz
絵柄は「変愛」に近く完成されてるだけに…。私は再読の際には飛ばしますね…。
「壁」←この作品だけは男性向けの下衆エロマンガに近いです。ご注意を。

5

レビュー3年めにして初の【しゅみじゃない】

楽しむには大きな【壁】が立ちはだかった。
モブレ(モブ輪姦)が地雷の方はお気をつけください。

過去にこの作者さんの同人誌を1冊だけ購入したことがあり、その1作がトラウマとなりまして…それ以来この作者さんの銀土は読んでません。

痛々しいSMも鬼畜も大概のものは美味しくいただけるワタクシ。
また、この作者さんの描写がただのエロで終わらないテクをお持ちなのも知っています。
芯には『愛情』があるのがわかりますし。

でもダメでした。
どうしても【壁】という作品が私にはうけつけられなかった。

同人誌は作者が『描きたいものを描きたいように』描くことが原点だと思います。

それが合わなかっただけ。

私が土方十四郎が大好きな分だけツラかった…それがこの評価に直結しています。

私はプライドが高くて意地っ張りな土方が大好きで、そのために窮地に陥っても助けを求められず凌辱されてしまうのが読んでいてツラかった。

でも、私がこの話で何よりツラかったのは銀ちゃんがそんな土方を放置したことです。

今作に収録されている他の作品には土方と『ヤる』ことだけでなく土続き方本人に執着する銀ちゃんが描かれていましたが、この作品にはそれを感じることがなかった。

作品としてはこれが正解でしょう。
中途半端な救済が入れば、この作品が壊れる気すらします。

でも作者さんの描くキャラの行動が私の思うものと異なっていた。
私の脳内の坂田銀時が土方十四郎に対してとる行動とズレていただけです。

収録順は良かったです。
【暮らす】でのほのぼの加減はせめてもの口直し…になるでしょう。

下衆と純の二律背反をこの作者さん独特の感性が際立てている作品集でした。

主に【壁】という作品に対しての感想のようになってしまい申し訳ないのですが、それだけインパクトが強い作品なのでご容赦ください。

銀土じゃなければ異なる評価だったのかもな~。

5

問題作「壁」ですね。
他の作品の内容忘れるくらいのインパクトでした。
苦手な方も多いでしょう。
ですが、何度も読んでいるうちに見えてきた事を書かせてもらいます。

「壁」に関しては例の白抜き修正があるおかげで少しぼやけてて
読みやすかった気がします。
銀時が途中で横道する描写が、あーあ、そんなことしてる間に、、、という切羽詰まる感じが読者をハラハラ(イラッ?)させたのではないでしょうか。
タイトルも最初の壁穴の穴の形に沿って「壁」と書いてあるところからして力が入っているというか、こだわりを感じました。
最中のモブがコンドームを使うところにちょっと「ホッ」としました。
セーフセックス大事ですね。そういう問題ではないかもしれませんが(笑)
最後のコンドーム10個散らばっている絵が、また衝撃です。
よくこの画面を一枚でかでかと持ってこれたなと。一枚絵だけに他の絵と比べると立体的です。
やはり、はらださんのこだわりを感じる作品でした。

個人的には銀時が壁を壊したあとの展開が気になります。
どんな怒り方をしたのか、制裁はしたのか、、、
なにより土方さんの療養が続き一番ですね。
銀時は土方さんを大事にして下さい。お願いします。

2

修正…

はらだ先生、大好きで、このジャンルがあまり詳しく無くてもつい作者買いしてしまいました。
はらだ先生が素晴らしいのはいたしてるシーン。
情事の描写がとても上手なのです。
ですが!!!
アソコが真っ白…。・゜・(ノД`)・゜・。
こんな修正初めて見ました…!泣きそう…。
しかも全編通してこの修正。
他の方のレビューを見ると、同人誌ではちゃんとしていたんですね。
更に残念。
話はおもしろかったですし、キャラの描写が良かっただけに残念でなりません。
情事のシーンは真っ白のアソコに萌えられず、流し読みしてしまいました。
発売日が伸びてワクワクしていたので悲しくなりました。

2

何か違和感が…

こちらに収録されている作品はほとんど同人のほうで読ませて頂いていたので、描き下ろし目当てで買いました。

■【週刊江戸】…危険度★(イラマチオ&尿道攻め)
■【若返り篇】…危険度★★★(幼児貫通)
■【壁】…危険度★★★★★MAX(モブ輪姦蹂躙)
■【暮らす/繰り返す】…危険度0(少々殴り合いがある)
各話の危険度はこんな感じです。

* * *

読み始めてしばらくして何か違和感を感じました。

あれ?
なんか……
ティンコが白い気がする。
はらださんのティンコってこんなツルッとした描写でしたっけ???
と。

いや、おかしい!
こんなんじゃなかったはず!!と思い、
同作の同人誌のほうをひっぱり出してきて見比べました。

やはりでした。
こちらの作品集では、
性器の部分は完全白抜き修正になっていました。
見えない…ビキビキ具合が見えない…!!
。・゜・(/Д`)・゜・。うわぁぁぁぁん
なんてひどいことをするんだーーー!!!

ちなみに前回のセレクションを読んだ時はそんな違和感を感じた記憶がなかったので、
前回のセレクション続きも出して見比べましたが、
やはり白抜き修正は今回からでした。

この修正具合、
はらださんの既出の商業誌より酷いです;
なにこれ白く光ってる?ライトセーバーなの?状態です。

う~ん。
今後もこのセレクションがこの白抜き状態で出されることを考えると…。
はらださんの本気ファンです!
という方には、これからは、
一度は本物の同人誌のほうを買うことをお勧めします。
修正が気にならない方は別として、です。

はらださんはストーリーの良さも兼ね合わせた作家さんだとは思いますが、
そうは言ってもエロ抜きでは語れない作家さんだと思うんです。

そのはらださんの作品なのに…
同人は商業より修正がゆるいからこそ!
という所ありますし、こんな修正されると、
チーン…(沈)

しかも同じセレクションで前回と今回でなぜこんなに修正が酷くなったのかが謎です。この差は一体…。

同人誌をこうして作品集としてまとめて出してくださるって、
好きな方からすれば本当、ありがたい話ですけれどもね。

同人誌は高くて買い集められない、でもはらださんの二次読みたい!
という人もいらっしゃるでしょうし、
同人誌のほうは買い逃したけど作品集になって読めてうれしい!って言う人もいるはずで。
そういう人たちにとってはありがたい作品集だと思うんです。

でも。
どうせなら同人の良さをそのまま読者にお届けするのが一番だと思うんですけどもね。

何やら規制が厳しくなってきているので、
出版社の何かしらの保身なのか、
何か全くよく分りませんが、
きっと大人の事情なのでしょう。


さて全然話は変わるんですが、
こちらのセレクションは厳選してこの作品が収録されているんだと思うのですが、自分的推し作品は入っていなかった…;

このラインナップを通して読んで思ったことですが、
はらださんの同人って激辛作品と甘口作品と、
振り幅が激しく出されているイメージがあります。
なので「辛口作品集」と「甘口作品集」
に分けてセレクション出すっていう手もあるなと思いました。


■【繰り返す】描き下ろし
「暮らす」が好きだったのでこの描き下ろしは嬉しかったです。
その後の二人はまだモダモダやってるんだなと。
永遠にやっとけ(照)という感じですが、
土方が怒るとすぐうろたえる銀さんが可愛い~です!!
作品集は甘い締めでハッピーに終わりました。

13

土方さん犯られまくり

土方さんが気の毒になるほど犯されています。
しかも銀さんだけじゃなく、汚いモブオヤジ共にも輪姦されまくっているお話もあるので、そういうのが苦手な方はちょっと…な作品です。

『週間江戸』は、はらださんお得意の尿道責め。
帯の「俺が満足するまで腰止めてやんねぇ」宣言通り、怒った銀さんドS発動で、強制フェラからの尿道プラグで射精せき止めて掘りまくり。イキそうになるのを何度も寸止め地獄です。その後、尿道プラグ抜いてからは前立腺狙ってガンガン突いての連続射精で、土方さん前も後ろも精液まみれの頭の先からつま先までびっしょびしょです。
失神するまでひどいことされてるのに、やっぱり銀さんが好きで、この後の土方さんの行動が男前すぎ!プレイは激しいけどラストはあまあまでした。

『若返り編』
某イラストコミニュケーションサイトでもはらださんの他の同人誌で土方さんが子供化したのを読みました。私はショタには全く萌えないハズなんですが、はらださんのショタはなぜかイケる…むしろちっちゃい土方さんが可愛くてヤバイレベルです。

宇宙人により身体が若返ってしまうようになった土方さん。
ここでは続き4タイプの土方さんとのエロが見れます。まずは、普通の大人の土方さんとのエロ。その後、十代に若返った土方さんに銀さんがムラムラしてエチ突入。身体が小さくなって、あそこの穴も縮んだせいか、土方さん痛い言いながらも尻でイってます。
次は見た感じ小学校低学年くらい?の土方さんとのセックス。いたいけな子供に顔射する銀さんの表情ゲスすぎww
ついには幼児になっちゃった土方さん。頭の中まで幼児化して天使すぎます。この時点で挿入はもう無理で親指一本でギチギチです。怯えるチビ方さんにフェラ強要してほっぺにtnkなすりつけてチロチロさせて口の中に発射する銀さんもはや犯罪者www
最後はもとに戻って、やっぱ今のお前が一番いいなってことで落ち着きます。

『壁』
こちらが問題のお話。壁の穴にハマって身動きのとれない土方さんが銀さんにハメられた後、他の男たちに容赦なく犯されまくる話です。輪姦の場面ではなじられまくりのスパンキングもアリで、終わり方も救いようがなくひたすら土方さんがかわいそうでした…
あ、前立腺の構造については勉強になった。

『暮らす』
銀土現代バージョン。酒の勢いでセックスして同棲し始めたふたりが喧嘩して家出してぐるぐるして仲直りエチ。エロ内容は特筆すべきことはないですが、朝まで一晩中ヤッてたそうですw
んで、また喧嘩して家出というループww


以上、エロにのみ絞ってレビューしてみました。はらださんらしいゲスエロ満載の一冊でした。

5

私のツボをついてくれる

まちに待ったはらだ先生の新刊!これ発売延期になってしまって、そのことを知らなかった私は何度も本屋巡ってははらださん売ってない〜!と悶えたものです(笑)

さて、やっと届いて即読みした感想ですが、
エロい!!の一言につきます。前回のはらだよりも格段にエロくゲスくなってる気がします。
と、いうのも、「壁」の影響でしょうか(笑)
壁尻、モブ攻め苦手な方は注意!と話の冒頭にも載っている通り、けっこう容赦ない描写が多かったです。
個人的にはゲスいの大好きなんで、イケイケ状態でした。女性向けでここまでやってくれるのは珍しいですね。この話、あと2.3ページ多かったらその後どうなったのか気になりますww

あと、「若返り篇」が個人的に凄く萌えました。10歳以下の幼い子に手を出すのもなかなかにゲスくて普段幼児受読まない私としては美味しかったです。

他にも、最初の「週刊江戸」も導入としては良い選択な気がします。期待しすぎるとあんまりだった…という経験がよくあるので、最初構えてページ開いた私の心境を、前半の雑誌のページでぶち壊してくれて、すんなりとはらだワールドに引き摺り込んでくれまし続きた。

最後の「暮らす」は前回のはらだにあった読み切りの続編です。この現代ものに感動したので、続編があって嬉しかったです。


というわけで神評価です!けっこう分厚いのに時間を忘れて読んでしまいました(笑)ゲスくてエロいBLが好きな方には凄くオススメです!!

7

流石はらださん、濃さがすごい…

同人誌4冊分と描き下ろし1話が入っています。
エロエロなのは勿論のこと、その内容やシチュもかなり濃いです。


■「週刊江戸」
外でキスをしている銀さんと土方の写真が週刊誌に載ってしまう。
鬼の副長がホモ!?
そんな真撰組隊士たちの驚きと揶揄にいたたまれず、
ホモ疑惑を払拭しようと、土方は近藤たちと一緒に吉原へ。
しかし、
吉原にたまたま仕事に来ていた銀さんとバッタリ。
勢いで「失せろ!!!」と恋人の土方から言われ傷つき怒った銀さんは、
その後謝ってきた土方に、普段嫌がるようなエッチを執拗にしまくって…

縛ってフェラさせて、尿道プラグ使いながら何度も何度も繰り返し寸止め、
その後は激しく突きまくりで気絶するまで~~…
ちょっと土方大丈夫かな…と思うほどだったけど、最後は優しい銀さん。
そして、そんな銀さんに土方も決意を決めて……
激しいエロだけじゃなく、笑いと切なさと温かさが絶妙でした~♪

■「若返り篇」
天人に改造されて身体も精神もどんどん若返っていく土方。
そんな土方と一緒に住んで、面倒をみてくれるよう頼まれた万事屋。
幼くなる土方続きに欲情し、銀さんは好き放題にその身体を弄って挿れて…

中学生・小学生くらいの身体の大きさになった土方にも、もちろん挿入~
さすがに幼稚園児くらいになると挿れるのは無理、
でも触ったり、しゃぶったり、指を入れたり、フェラさせたり~~
コレいいのかな…?と思っちゃうような、ショタH満載でした☆☆☆

無謀なことをさせても、根底は優しかったり、
いつもの土方を恋しがってる銀さんもちゃんいて、キュン。
万事屋の面々とのからみも楽しかったし、最後のオチもいい♪

■「壁」
銀さんの仕事を手伝って(というか、そそのかされて?w)、
壁に嵌まってしまった土方。
ちょうど腹部が壁にしっかり固定されて抜けられず、壁尻状態。
調子に乗った銀さんに土方はヤられ、中を弄られまくり中出しされて…。
その後あろうことか、
事後の土方の尻を丸出しにしたまま、
土方を助けるためにその場を去ってしまう銀さん、そして途中で道草。
その間に、
土方はモブ達に見つかって抵抗むなしく次々に犯されまくってしまい…

これ、読んでてギリギリさせられて、すごく苦しかったです……
最初の「週刊江戸」で、
他の奴と寝るなんて嫌…という姿勢が見えているから余計かな、
嫌で嫌でたまらないのに、モブ達にヤられまくる土方が不憫で哀れで、
イってる土方を見ても、わたしの気持ちは全然高まってくれなかった…。
あと、最後の終わり方が、
どん底に突き落とすようなダークな感じで、後味がすごく悪かったです。
どうせなら、
銀さんの後悔する顔や、
銀さんの悲しみや憤りで少しは救われる土方の顔が、見たかったな。

■「暮らす」
これは現代パロ。
同棲して2ヶ月、お互いに嫌なところがいっぱい見えて~というCPの話。
互いにゆずらない言い合いのシーン、ふと後悔する表情、
離れて募っていく寂しさ、なのに意地をはっちゃう…どれもすごくリアル。
個人的には銀さんが、居ない土方の分も食事を作るシーンが好きだったな~

■「繰り返す」(描き下ろし)
「暮らす」のその後。
タイトル通り、その後もケンカしては出て行くを繰り返しているらしい2人。
そんな時の避難先である、沖田と高杉を交えての4人の会話から始まり、
強がって心にもないことを言ってしまう銀さん、表情なく場を去る土方。
いつものとおりまたケンカ?と思いきや…
どの時代でもお似合いなふたりです☆


「壁」がなければ神本でしたが、
その衝撃が強すぎて萌え×2には出来ませんでした。
非常に長くなってしまい、すみませんm(__)m

10

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ