肉食獣の甘い指

nikushokuju no amai yubi

肉食獣の甘い指
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
徳間書店
シリーズ
Charaコミックス(キャラコミックス・徳間書店)
発売日
価格
¥630(税抜)  ¥680(税込)
ISBN
9784199606137

あらすじ

幼少時に母を亡くし、父の暴力に晒されて育った彰貴。心を殺して耐えていたとき、
小さな優しさをくれた青年がいた――一瞬の邂逅を忘れられないまま成長し、
親戚の小さな洋品店を継いだ彰貴。傾いた店をなんとか切り盛りしていたある日、
ヤクザまがいの金融会社が貸し付けの話を持ちかけてきた!
ところがそこにいたのは、なんとあの日の青年で…!?

表題作肉食獣の甘い指

来島 借金の取り立て屋 昔飴とマフラーをくれた人
彰貴 洋品店店主 幼い頃虐待を受けていた

評価・レビューする

レビュー投稿数1

痛い・・・

シリアスです。
幼い時に父親から受けた暴力でたくさんの痕が体中に残っている彰貴。
寒さに震える幼い彰貴に飴とマフラーをくれた男。
その男との再会を夢見て大人になった彰貴を待っていたものとは・・・

不幸を絵に描いたような人・・・
まさにその言葉がぴったりな彰貴の人生。
全体通して「痛い」「居た堪れない・・・」というのが感想です。
自分を引き取って育ててくれた叔母が他界してから
残された洋品店をほそぼそと営んでいたが借金を抱えていたところに
高利のサラ金から貸付の話がでる。
その高利貸が飴をくれた男、来島で・・・
来島との再会で、サラ金からお金を借りてしまう彰貴。
恐いだけど来島にどんどん惹かれて行く彰貴。
なぜこんなに気になるのか・・・惹かれるのかわからない。
その微妙に揺れる彰貴の気持ちが、痛々しく可愛かった。

幼い頃の悲しい記憶と、飴とマフラーをくれた大切な思い出の人。
そんな対照的な感情が大人になった彰貴の心の中にあって
辛くて悲しい忘れてしまいたい記憶の中に
忘れたくない大切な人の記憶が残っている。
SEXの時昂奮し体が火照ってくると続き浮かんでくる昔の傷。
それがひどく痛々しく、悲しい。
しかしその傷を見て、あの時の子どもだと来島が気づくことになる。

正当防衛とはいえ、人を傷つけたり警察沙汰になっても逃げ回って
逃亡生活を送る来島と彰貴。
来島にも辛い悲しい過去があり、彰貴が自分と重なる
・・・と、彰貴を見捨てきれなかった来島と
両想いになれたのは良かったけど
やっぱり犯罪者が楽しい逃亡生活送っているようで
最後はなんとなく、うーんとなってしまいました。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ