両想いなんて冗談じゃない!!

ryouomoi nante joudanjanai

両想いなんて冗談じゃない!!
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神18
  • 萌×28
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
123
評価数
27件
平均
4.6 / 5
神率
66.7%
著者
作品演出・監督
鳴海希
音楽
高桑一
脚本
マスヤマ
原画・イラスト
カサイウカ
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
フィフスアベニュー
収録時間
69 分
枚数
1 枚
ふろく
●フィフスアベニュー通信販売特典:フリートークCD(森川、てらそま)●中央書店コミコミスタジオ特典:カサイウカ先生描き下ろしペーパー●ホーリンラブブックス通信販
フリートーク
なし
発売日
価格
¥3,000(税抜)  ¥3,240(税込)

あらすじ

神田時造、42歳。
高校生の時から親友の芝隆次に片想いを続けて25年が経った。
芝からは一番頼りにされているものの、
ノンケの友人にその想いを伝えられる筈もなく、いつしか
「親友として側で支えられればそういう一生も悪くない」
と腹を括るように。
しかし42歳になった今、ひょんな事がきっかけで
二人の関係に変化が……!?

<CAST>
神田時造:森川智之
芝隆次:てらそままさき 他

表題作 両想いなんて冗談じゃない!!

芝隆次 → てらそままさき

神田時造 → 森川智之

その他キャラ
宇田[村田太志]

評価・レビューする

レビュー投稿数8

恐々再生ボタンを押したけれども・・・

本来はおじさん系苦手です・・・
しかも、原作本が話題の一冊で、人気もあったことは知っていたものの、大変失礼ながら絵の感じがどうにも萌えを呼び起こさないので特に興味も示していませんでした・・・むしろ苦手感が・・・

しかし、御贔屓の声優さんがご出演との事で、取りあえずCDを入手。

恐々聞き始めたのですが・・・

んっ!?!?

何これ、凄く面白い・・・

と、一気にひきつけられてしまい、あっという間にお気に入り作品に仲間入り!リピートしています。(絵で判断しちゃってごめんなさい。)

原作未読であっても、展開に迷子になることもなく、すごくシンプルなのだけど、じわじわくるストーリー展開で・・・
声優さん達の技術も高く、とても聞かせる一枚になっていると感じました。

何よりも、高校時代からの片想いをこじらせている・・・という展開自体は元々大好きな私・・・

こじらせているのが42歳のおじさんであろうが、ある意味純情な展開にとても萌えましたし、意外な展開にもおぉ!!!と感動すら覚え・・・
こじらせているおじさん達を淡々と、且つ野次馬根性で楽しく見守る(!続き?)バイト君の存在も良いアクセントになっていて、本当に面白いCDでした。

こうなってくると原作も読みたくなってくるもので、さっそくネット書店で購入!!
これから読みます!



2

帝王…マジ帝王……………

ごめんなさい、もう帝王に殺されました。
イ○ローが野球をするために生まれてきたように
声優になるために生まれてきたのが帝王だと思うのです。
(いえ、ご本人の努力も勿論おありでしょうけども!)
前から常々そう思っておりましたが、
今作の42歳の恋をこじらせたおっさん役、
もおおおあああああああああああ愛しいいいいいいい!!!
個人的に原作を超えてしまったドラマCDです。
なんかね、喜怒哀楽の幅!!
物語上、ほんっとめんどくさい時造なんですけども
帝王が演じることによってここまで健気で情けないなんて!!
(めちゃくちゃ褒めてます!!!!!)

てらそままさきさんの芝は、
どうしようもねぇなコイツ!!っていうのがすごくわかる
ダメさが伝わるようなおっさんでしたww
村田さんの宇田くん、
予想ではもう少しクール全開かと思っていたのですが
情の厚さがそこかしこに覗ける感じが可愛らしかったですw
すっごくいいキャラで原作でも好きでしたから
巻き込まれて気の毒だと思いつつGJ!!!と言いたい!!
「まさかの…彼氏だと思われている!!」と
「時造さん!三年し続きか隠せてない!!」は
迷惑さが出まくり&呆れてる感満載で大好きww
「なーに急展開してるんですか‼」が一番声張ってて
リピしたすぎるwww
ホント好きだな…。

時造が芝に「結婚、おめでとう」と言った帝王の演技が
一瞬だけだったしその後コメディタッチなのに
落差で涙が……。

水族館行って酔って絡む帝王!!!!!(いや、時造)
可愛すぎて抱きしめたいのになんで目の前にいないのかなって思う←
「祝儀返しやがれ」の巻き舌最高…。

満を持してのHシーンは、他作品の濡れ場よりは若干尺短めで
エロいのとはちょっと違うかもですが
逆に「ぅお…っ」みたいなのはリアルな気がしてしまいましたし
とにかく時造……良かったね…っていう…。

実は私、アワードで帝王に投票していたんですが
やっぱり自分の中で間違ってなかった。大好きです。
作品に対する真摯な姿勢も毎度たまらない。
私の(ではないけどww)永遠の帝王!!!!
まだまだ現役でこれからもおねがいしゃす!!!!!

10

至福の一時

ベテラン声優お二方の会話劇を
じっくりまったり堪能できる貴重な一枚。
BGMはほぼなく、必要最小限の生活音のみ入っているため(ビールジョッキをテーブルに置く音など)、すごくリアルな雰囲気です。


★芝隆次役:てらそままさきさん
予想以上に良くて感動しました!!!

「掛け値なしに心配してくれんのは
 お前しかいねぇもん」
とか、
「あいよ!行ってきま~す……
 なんかこれ…再婚したっぽくね?」
とか、
人タラシっぽい魅力が伝わってくる
ノリの良さに惚れ惚れ。

照れると若干早口になるところや、
Hの後に腰やっちゃっての情けない叫びとか、
おっさんのカッコよさと可愛さが
存分に伝わってくる好演でした♪


★神田時造:森川智行さん
元々の声がお若いせいか、原作イメージよりだいぶ爽やかで可愛い印象。

「だって頼りにされたいもの!」
とか、
酔っ払いやさぐれ演技とか、
すごく健気でヘタレ可愛いくてグッとくるんですが、
原作と比べるとやや小綺麗すぎる感も??

贅沢なお願いですが、
てらそまさんがすごくナチュラルに
渋カ続きッコ可愛いおじさんを演じていらっしゃるだけに、出来ることなら、時造役も
もっときったない声の出せるリアルおじさん演技がハマる方で聞いてみたかった気もします。

でもてらそまさんとの声のバランスや、あまりにリアルすぎてもそれはそれでBLCDとして売れないかもしれないことを思うと、森川さんで正解なんだろうなと思いますし、
実際聴いていくうちに段々違和感は薄れていきました。
特に後述の、喧嘩シーンに始まるクライマックスの一連の演技は素晴らしいの一言でした☆


★バイトの宇田くん: 村田太志さん
二人がくっつこうが何しようが
どーーーーーでもよさそうな(でも取り持つ)
テンションの低さが本当にツボで、
原作のイメージぴったりでした。
「し~ばりゅ~うじ~」の言い方がかなり好きw


こんな(ほぼ)三人芝居で、聞き所はやはり
クライマックスの大暴露大会~ラストまでの
一連の流れだと思います。
おっさん同士の喧嘩は迫力抜群だし
(いい歳して恥ずかしすぎる喧嘩内容なのに、無駄に大迫力というギャップが素晴らしいですw)、
Hシーン前後の会話の生っぽさは聞いてて気恥ずかしくなるほどの破壊力でした!

50代ver.の隆次と時造もCDで聴いてみたい。
二人のどうでもいい日常会話を
あと100分くらい聴き続けていたい。
そんな癒しと萌の詰まった素敵な一枚でした。
神寄りです☆

6

これならいける!

次は、ぜひ還暦リバで!

高校時代からの長~~~いつきあいの二人が、25年目にしてようやく恋愛関係を始めるお話。
原作既読です。
42歳のおじさん二人が恋にジタバタする原作は、絵のオッサン臭さが飛び抜けて個性的でしたが、このドラマCDも帝王森川さんのお相手に、BL本格デビューのてらそまさんがガッツリ絡んで、異色の大傑作になりました。
これだけ、笑えて泣ける作品って滅多にお目にかかれない。

原作絵がかなり男臭いので、このCDでのお二人も、作品上の42歳設定よりは実年齢に近い感じでしたが、ここは原作のカサイ先生にぜひ5年後10年後の二人も描いていただいて、アラフィフ、アラカンの続編が聞いてみたいです。

3

好演も好演!

原作未読でした。

でもこちらのCDを聴いて、面白い~!疲れた脳が癒される~!原作が気になるー!とあれよあれよと原作をその日に買い、読んでいました。

何がいいって、出てくるのが普通のオジサンです。
それも、高身長のもの凄いいい体でも、どこかの大富豪の社長さまでも、何か特別な能力があるわけでもない、普通のオジサンが出てきます。

攻めのてらそまさん演じる芝が、BLCDに出てくるいい声の攻め様じゃない本当に普通のオヤジをもの凄い!好演しています。
その芝がノンケだったクセして、時造の職場の宇多にヤキモチ焼いて宣戦布告したりして。
なんだー!これ!萌える!!って感じでした。

そして普通に飄々と生きてきての、もういい年のオヤジが終の棲家を掴み取るが如く腹を括る姿がまたいい!!
芝、本当にいいキャラだよ。

森川さん演じる長年の片思いをこじらせた時造も良かったです!
あの一筋縄ではいかない、いろいろ年齢を重ねると面倒臭いことになってしまってるんだよなあと、「時造ー、ビバ!面倒臭い男!(涙)」という感じでした。

宇田君のフラットな感じも、原作を読むとまたいい続きです。
宇田君はこうだよー!!と読めば読むほど、聴けば聴くほど面白いというか、宇多感で溢れてました。

本当にオヤジに癒されたい方、是非聴いて欲しいです。

5

たまゆまま

江名さん、こちらこそご無沙汰しております。

本当にこのCD良かったですよね!!
私は江名さんのレビューを読んで時造の「本当だよ」を聴きなおしましたよ!
てらそまさんの芝に注目してしまっていて、森川さんの時造のいいところを聴き逃していました。(汗)
聴いて「おお~!本当だ!何とも情緒あるセリフになっていることか~」と思いました。

芝と時造、演者さんたちの年季の入ったパワーに本当に、楽しみ癒された作品でした!
共感して下さり、嬉しいです。

江名

たまゆままさん、お久しぶりです!

このCDほんと、すごく面白かったですよね~
>いい声の攻め様じゃない本当に普通のオヤジをもの凄い!好演
そうそう!そうなの!
>いい年のオヤジが終の棲家を掴み取るが如く腹を括る姿がまたいい!!
あぁ、上手い言い回し~~♪
オヤジの癒しパワーってこんなにすごいんだぁ!って、
わたしもこのCDには驚かされましたw
是非たくさんの人に聴いてほしいですね(*^_^*)

激しく共感!で、思わずコメントしちゃいましたよ☆

「普通のおじさん×普通のおじさん」の金字塔CD

ついにBLCD界に「普通のおじさん×普通のおじさん」のCDが出てしまいました!
黎明期には誰もこんなCDが出るとは想像だにしていなかった事態です。すごい時代がきたもんだ。
原作はコミカルな作品ではありますが、よくあるオヤジをネタにした、いわゆるイロモノではありません。
しっかり、真面目におじさんの恋愛を描いている作品です。
そんなこじらせおじさん達のモダモダ物語は、
一体どんな風に仕上がったのでしょうか…!?

【キャスト】
■芝隆次@てらそまさん(攻め役)
キャスト発表の時、てらそまさんが隆次役だと知って、そのまんまじゃないか!と思ったのですが、聴いてみてやっぱりそのまんまでした!!
てらそまさんはガチでおじさんボイスです。
確か女性向けのおじさまボイスCDみたいなのに出演されていた気がする。
素敵にほんっとーにタダのおじさんです!!(褒言葉)

■神田時造@森川さん(受け役)
森川さんが受けということで、聞くのを楽しみにしていました!
あの帝王様が普通のおじさん役、しかも受け(!)をする日が来るとは…!
聞いてみてさすが森川さんだ~ちゃんと普通のお続きじさん声になってる~!!と思いました。
ダンディおじさんでもハイテンションおじさんでもなく「普通のおじさん」に徹しているところが本当さすがとしか…!

気になる内容ですが、
●ほぼ原作に忠実に音声化
●絡みのシーンもカットせずに収録!

ということで、
てらそまさん、初絡み!
BLCD本格デビュー、おめでとうございました!

実は絡みのシーンは正直、聴くのが怖かったです。
オットセイがオッオッ絡み合ってるみたいな野太い感じだったらヤだなぁとか、未知すぎて変な想像をしておりましたw
森川さんが受け役ならおかしくなるはずもないですがw

それにしても、ちゃんと原作の通り、
お互いを思いやっている感じがしっかり出ていた所が良かったです。

二人が腹をくくって付き合うだの付き合わないだのとモダモダしているシーン、
とっても微笑ましかったです!!

ケンカしていても仲良が良い感じがすごく伝わってきました。
も~お二人とも可愛いぃ!

そしていよいよ絡みだしたらちょっと恥ずかしくなってしまった。
森川さん受け…たぎる…!
どうしよう…おじさん×おじさんボイスでたぎれるなんて!
「時造」「隆次」と名前で呼び合ってる二人がやばばばばば…震
何これ何これ胸キュンです!
抑え気味な、声を押し殺したような吐息がとても雰囲気ありました。
あぁぁついに「おじさん×おじさん」の階段を上ってしまった…(遠い目)

原作のイメージ通りにコミカルで素晴らしいおじさん×おじさんモノに仕上がっていました!
楽しみに待っていたのですが、本当聴けて良かったです。

カサイ先生には次回もがんばっておじさんだらけの作品を作って頂いて、
第二弾はR45以上のおやじだらけのCDを作って欲しいです。
待ってます!

6

めっちゃオジサン!!

25年の片想いが実り、42歳の親友同士がくっつくお話。

原作コミックはアワード1位に推したほど大好きな本なので、
このCD、ものすごーーく楽しみにしておりました~♪

時造も芝もさすが42歳役、
めっちゃオジサン!!でしたよ~
BLCDだもの、イケメン声じゃないと萌えない~って人は、
正直ツライかもしれない…
いやでも、このCDでイケメンを求めている人はいないかな?w

森川さんもコチラのCDでは、
格好良さを封印して情けなさ大全開のオジサンでした~
それがものすごくイイんですけどね☆
特に情けなさがよく出ていて好きだなぁと思ったのは、
トイレに立てこもってる時造に、
バイトくんが、芝が離婚してほんとに嬉しくないのか聞いた時。

芝の離婚が嬉しいくせに、その気持ちを誤魔化して、
(離婚を喜んでないのは)「…本当だよ…」と言うところ。
原作では、そこはサラッと過ぎて、
その後の「15も年下の小娘に持ってかれたのは腹立ったんで…」
の方に気を取られていたけど、やっぱり帝王がやると違います~
ちょっと声を震わせて「…ほぉんとだよ…」って、
続きぅ! 情けないオジサンのなんて可愛いことよ!!

もちろん原作でも好きなポイントでしたが、
音になると特に、時造がバイトくんに問い詰められるシーンは、
森川さんの自然だけど細やかな演技が際立って、ものすごくいいです~

バイトくん役の村田さん、
バニラリゾートでも、なかなか存在感のある脇役でしたが、
今回も嫌味のないイケメン風ながら適格なツッコミ役、
とてもハマっていました。
これからもっと色んなBLCDに出てくれるといいなぁ。

そして芝役で初の攻め役を演じてくれた、てらそまさん、
ざっくばらんな感じで、ちょっとガラの悪さもうかがえるところ、
すごく芝らしいのですが、
お声に耳馴染みがないせいか、42歳より更に歳が上な感じの印象でした。
プラス10歳くらいに聴こえるよ?と思ったら、
それじゃてらそまさんの実年齢w
高校生や20歳の役の時は、ちょっと違和感があったかも?
いやいや、でも、
この作品の素敵なところはオジサンたちのモダモダなので、
てらそまさんが演じられることで、オジサンぶりが際立っていて、
やっぱりナイスキャスティングだったと思います。


後半の時造と芝の激しい言い合いのシーンでは、
気持ちをぶつけ合う迫力と臨場感が素晴らしかったし、
その後の初エッチは、思ったより長めで、
正直わたしはエロさはあまり感じなかったのですが、
オジサンたちの緊張や、驚きや、熱が、ひしひしと伝わってきて、
他で聴くエッチとは違う感動がありました。

エッチ前の、
後ろ洗った方がいいのか?って考えるちょっと乙女声の時造とか、
時造「…25年…遅いんだよ…っ」
芝 「……すまん」のやり取りとか、
ぎゅーーってくるポイントも沢山ありました。
事後、グキッとやった後の、
「俺のこと好きなんだろぉお??」の、芝の裏声も堪らなかったな。

本当はまだまだ全然言い足りないくらい、
面白さと萌えがたっぷり詰まったCDで、本当に買ってよかったです!

オジサン、万歳!!

7

原作よりも大爆笑!!

いやあ、笑わせてもらいました。
原作より、笑いました。
皆さん、グッジョブです。

帝王森川さんが受けってことで、
そのことも密かに楽しみにしていたんですが、
その事以外でも作品全体が素晴らしかった!

-------------------

原作は既読です。

主人公の時造(受け・cv森川智之さん)は42歳。
高校時代から親友である芝(攻め・cvてらそままさきさん)に
25年間片思いをしている。

ある日、時造は芝から飲み会の誘いを受け、
フリーの仕事をしている時造のところでバイトをする
宇田(cv村田太志)を連れて行きます。

ははは、初めの出だしからニヤニヤが止まりませんでした。
好きな森川智之さんの声ですからね!
パソコンの前で正座してきちんと聴きたい気分でした。
あー、耳が幸せ♪

最初から原作に忠実でした。
森川さんは言わずもがな、宇田役の村田太志さんが
いい仕事してくれてます!
あー、この声いいわ。
「宇田くん」ってキャラを良く解ってる!

時造(受け)は、飲み屋の席で芝(攻め)から
離婚したことを告げられ続きます。
そして、住む家がないから、
時造の家に居候させろと頼み込まれ、
結局、時造は同居を了承してしまいます。

うわぁ、芝役のてらそままさきさん、いい声してる!
森川さんも勿論渋い声していますが、
てらそまさんもまけずおとらず、渋い声!
なんでも芸歴はかなり長いのだとか。
森川さんを「攻める」にはこのくらい渋い声がいいですねー。
そして、芝役も難なくこなすその演技。
素晴しいです。
これからの展開に、期待でニヤニヤしちゃいます。

一途に25年間も芝(攻め)に片思いをしてきた時造(受け)。
同居をして、その想いがバレないか、
ハラハラドキドキ状態。
そんな一途な時造と芝を、宇田は冷たい視線ながらも
暖かく見守ります。
あー、もう宇田のツッコミの声、サイコー!


回想シーン。
芝が結婚する際、時造にそのことを報告します。
時造は笑って、「結婚、おめでとう」というが、
実はここで芝に時造の恋心がバレてしまうのでした。

この「結婚、おめでとう」の声は、
勿論、時造役の森川智之さんが出されるのですが、
これがものっっすごく、イイ!!
切ない感じがたっぷり含まれていて、
間のとり方と言い、声音と言い、最高です!
ホントに聴いているこちらが切なくなります。
この切ない声をこれから、回想で何回も聞かなければ
ならないなんてー!!
涙で泣き殺す気かー!ちくしょー!


背景音楽も、コメディの音楽と切ない音楽が
しっかりと分かれていて、
間のとり方も良くて、いいんだよなぁ…。
構成も素晴しい。
だからこそ、笑いも涙も一緒に物語に入り込んでしまう。

ああ、もうはめられましたよ!
スタッフさんに完全にはめられてます、私!><


そしてストーリーは、あのキスシーンへ。
時造は、いきなり芝にキスされ、
あまりにもびっくりしすぎて、芝を殴り飛ばし、
ビジネスホテルに逃げ込んでしまいます。

その後の二人(ホントは宇田を入れて3人)の話し合いの結果、
二人は両想いであることが判明。
この時、後ろで笑いを堪えている宇田役の村田さん、
サイコーの演技です♪



そしてエッチシーン。
本番に雪崩れ込む前の二人のやりとりに爆笑です。
芝は、なんの知識も準備もないので、
完全に男同士のセックスの仕方を勘違いしまくり。
笑えます。
結局、なんとなくで時造がゆるやかにリードしながら、
エッチは始まるわけですが…

もう二人共喘ぎ声がエロい!!
森川智之さんもてらそままさきさんも渋い声なんで、
高い声であえぐわけでなく、抑えたような渋い声で
喘ぎます。
間に入ってくる時造のモノローグも切なくて、
喘ぎ声とともに一層心に入ってきました。
ああ、もう萌える!めっちゃ萌えます!!
この萌えをどうしてくれよう!!(笑)


このエッチシーンの後がまた笑えます。
芝がぎっくり腰になってしまい、時造が看病することに。
そこにやってきた宇田が冷たい声で
「どんな激しいプレイを(したんだよ)…」
という声が、もう激しく笑えました。
ああ、もう笑いでお腹痛いです。

結局、芝が離婚したのも全ては時造のためで、
時造と一緒になるために離婚したということも判明し、
ハッピーエンドに。

宇田の結婚も添えて、更に大団円。

-------------------

もう、ずーっと笑わせてもらいました!

爆笑するトコロはいつのまにか声を上げて笑ってましたし、
それ以外のところは宇田の態度が可笑しかったり、
期待いっぱいでニヤニヤしたりで、
笑いっぱなしでした。

勿論、帝王森川さん受けも
予想通りとっても良かったですよ!!

スタッフの皆さん、声優さん方、
ホントにお疲れ様でした。

良いコメディの音声化だったと想います!°+(*´∀`)b°+°

7

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ