憧れのろくでもない人

akogare no rokudemonai hito

憧れのろくでもない人
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×27
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
43
評価数
12件
平均
3.7 / 5
神率
8.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784403665103

表題作憧れのろくでもない人

真子末信,運送会社の配達ドライバー,23歳
ヒロ(深町妃呂),クラブで出会った派手な男,28歳

同時収録作品ぼっちゃんと裸の王子様

羽田文吾,山で裸で道に迷っていた勤労青年
式守かおる,引きこもりニートのお屋敷の坊ちゃん

その他の収録作品

  • 憧れのろくでもない恋人(描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数4

裏表紙は必見(笑)

配送会社で働く真子(攻め)は、クラブで露出度高く踊りまくっているヒロ(受け)という男に出会う。最悪な出会いだったが、なぜか酔ったヒロを家に連れて帰る羽目に陥り、朝になったら腹の立つ置き手紙をされて逃げられていた。翌日ムカつきながら仕事をしていたら、配送先の担当の深町という地味な社員に一目惚れ。しかし実はヒロと深町は同一人物で、深町は真子が現れたことをストーキングだと思い込み…。


全体的にシュールなコメディです。受けのヒロは調子はいいのに口は悪く、読んでいてもムカつくタイプで、攻めは寡黙で真面目なタイプ。攻めが良かれと思ってしたことをヒロがすべて誤解し、脅されていると思ったり貶したりするのはかなりイラっとします。
でもゲイバレが怖かったり、人を信用できないヒロはちょっとかわいそうで、まぁ仕方ないかなとも思ったり。くっついたあとのヒロは、いい感じのツンデレで、割と萌えました。


同時収録作が1本。こちらはバイトを詰め込んでる働き者の貧乏アルバイター×引きこもりニートな御曹司、というカップリングです。
こちらもシュール系ギャグなのですが、すごい面白かったです。初対面がま続きた面白くて、受けの屋敷の庭に全裸で現れた攻め、ゲイの受けは攻めの全裸を見て勃たせちゃって、それを見た攻めがお口で2発抜いてあげて…という出会い。ちなみに本の裏表紙が、この受けと攻めとの初対面のシーンです。もちろん攻めは全裸。

攻めも受けも天然で変人で、なぜこうなる⁉︎ と思うような調子で話がどんどん展開していきます。最後の最後までツッコミ不在でした。
ギャグのツボが合う人には面白いと思うんですが、ツボが合わない人にはとことん受け入れられないだろうな、と思ったり。でも西田東さんのギャグとかお好きな方には面白いんじゃないかなぁ、と思います。

3

ホントにろくでもないw

あー(*^^)面白かった!!!!!

誠実なお付き合いのできる相手を求めて、宅配員真子が訪れたクラブで出会った印象最悪のヒロ。
いきなりの悪態と世話になったお礼どころか・・・ほんとろくでもないわ

そして、宅配先で出会った深町さんはそんなヒロとは真逆で、憧れの人に。
クラブで踊りまくるヒロはカラダがやわらかくてコスチュームも個性的(←どこで調達するのか気になる)
リーマンな深町さんはメガネで七:三のキレイで真面目そうなひと。
この二人は同一人物なんですが昼夜のギャップが楽しくて
まず持って行かれました^^


髪型でキャラの印象が変わる設定が大好きなのですが、ヒロの場合は深町さんの時のモノローグが別人のようで、ろくでもない印象が薄まりました。

二人が出会ったクラブ『Dancing Cosmo』の入り口のドアは
必見です!!!!!
踊ってる時にハイヒールから浮いてるヒロの踵
脅しに使おうと撮ったけれどブレた写メw
間宮先生はコマの細部までいろんなお楽しみがちりばめられているので
何度読んでも飽きません。
エロもエロい
そして、先生のお人柄なんで続きしょうか
読後にほっこりするんです。
きっと疲れたとき淋しいときにも笑って癒されるお話です。

2

変人を受け入れられるかどうか

なんだかんだで、作家買いです。

が、いつもギリギリのラインを行くなーという感じです。
すごい綱渡りをしている感覚で読んでます。いつ、無理だ!っていう方に転がるかなーと思いつつ、毎度ギリギリを保ってます。

表題作の受も、だいぶ「無理」寄りでしたが、なんとかギャグとして楽しみました。

どちらかというと「ぼっちゃんと裸の王子様」の方が好きでした。ぼっちゃんのお金持ちっぷりに引きそうになりましたが、攻もだいぶ変人だったのでバランスが取れました。

……つくづく、変人ばっかり出てくる作品を描かれる作家さんですね。これからも、これは大丈夫だろうかとドキドキしながら買い続けると思います。たまにはドンピシャの変人に出会いたいですが。

1

ヒロさんの、コスチューム姿は必見!

表題作含め2つのお話(どちらも3話ずつ)が入っています。

【憧れのろくでもない人】
第一印象「最悪」同士の二人の、想いが通じ合うまでのお話です。(もちろんエロもあり)

真子(攻め)は友人に連れられ、渋々入った(ゲイの人達の社交場的な)クラブで ヒロ(受け)に出会います。
真子が躓いた拍子に思わず掴んだのがヒロの足で、真子は「チカン野郎」呼ばわりされるなど お互いの印象は最悪です。

クラブでのヒロが とにかくオモシロい!!
何故か いつもカウンターで、きわどいコスチューム姿で変な踊りを踊っています。
毎回その キメ顔と、変な決めポーズに「プッ」と吹きだしてしまう。
そして、顔(だけは)キレイで目立つヒロは、クラブで凄くモテるのです。

一方、真子は仕事(運送会社勤務)の取引先で、真面目でカタくて でもどこか色気の漂う理想の男性、深町妃呂さんと出会います。
深町さんと お近づきになりたい真子は、彼がいるタイミングを見計らって荷物を届けたり、何かと頑張るのですが・・・

ヒロと深町さんが同じ人だと、本人にバラされるまで(バラされても、あまりの違いっぷりに続き信じられない)気付かなかった真子と、彼の事を 自分と「寝たい」が為に 脅し目的で職場まで追いかけてきたストーカ(正体にも気付かれている)と思い込んでいるヒロ。

最初から二人の言い分が食い違っている上に、ヒロの ろくでもない人ぶり(想像のナナメ上をいってます)が、それに拍車をかけ 物語はなかなか思いがけない方向へすすんでいくのです。

とにかく(主に夜バージョンの)ヒロに振り回される真子が 気の毒で、気の毒で。
それなのに、ヒロの会社の人に 彼がゲイだとバレてしまうかも…という場面では、ヒロに自分と同じような痛みを味わってほしくないと、精一杯フォローしたり 健気な姿にヒロもいつしか・・・

描き下ろしも この二人のお話です。
本編より、ヒロさんの可愛気が増しています。二重生活のストレスから解放されたヒロさんの、生き生きとした日常が(夜の営み込みで)描かれています!

【ぼっちゃんと裸の王子様】
作者さんが「勤労青年」が大好き という事で、文吾くん(攻め)はとにかくバイトしまくってます(なのに、ネカフェ住まい)。
ぼっちゃんこと、かおるくん(受け)は就職は一回したものの失敗してしまい、今は ひきこもりのニートです。
そして、家が お金持ち。
二人は偶然出会い(この冒頭シーン、面白いです)かおるくんが文吾くんに ひと目惚れし、文吾くんと一緒に居たいが為に 同じバイト先で働き始め、割と早めに二人は恋人同士になります。

その後は、かおるくんが世間知らず故の 誤解をしたり させたりで、多少のすれ違いはありますが、終始 安心して読める ほんわかストーリーでした。

かおるくんは、お金持ちのぼっちゃんらしく常時サスペンダー着用なんですが、それのせいか二十歳前後には見えず、エロいシーンでは ドキドキさせられてしまいました。













8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ