なびかないにもほどがある

nabikanai nimo hodo ga aru

なびかないにもほどがある
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神10
  • 萌×29
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
6
得点
99
評価数
25件
平均
4 / 5
神率
40%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥639(税抜)  
ISBN
9784832290044

あらすじ

バイトと遊びで留年危機の俺は、廃部寸前の地学部に島送りになった。
そこで、いけ好かない部長の沓間が、顧問をオカズにオナる姿を目撃し
興味本位で脅して何度もセックスした。

────────求められれば応じるくせに絶対なびかない
クソ真面目で、一途で………不器用すぎる沓間。
気づくと俺は本気の恋におちていたのだ。
クズ問題児×堅物優等生「なびかないにもほどがある」

義兄弟の絶対言えない片恋事情「この花は神様にだってあげない」
問い合わせ殺到「ここのつヒロ」鮮烈デビューコミックス!
大量描き下ろし24ページ

表題作なびかないにもほどがある

蒲原 チャラい高校生
沓間 高校生 地学部部長

同時収録作品この花は神様にだってあげない

三橋康生 義弟 高校生
三橋一太 義兄

評価・レビューする

レビュー投稿数6

初コミックス!?魅せ方上手すぎでしょ!!

表題作のみのレビューです。
本作、攻めの脅迫から体の関係が始まりますが、心の通じ合ってないセフレ関係は一瞬で終わります。かなり早々に攻めが受けに恋し、恋愛がスタートします。体だけの関係が長いこと続く話がお好きな人には物足りないかもしれませんね。
2人が『恋人』として仕切り直して関係を深めていく話がメインなので、全体的にトキメキ要素が多いです。
攻めが初めチャラ男として扱われてるんですけど、受けに恋してからはどんどん受けのことを大切に扱っていき、最後はイケメンさと包容力が半端なかったです。個人的に攻めが受けのために更生したり変わる話が大好きなので、その点には花丸贈呈したいです。攻めの『受けが好きだから』という原動力でどんどん変化していく様に胸キュンします。
受けは気が強く、でも守られてるばかりの人間ではなかったです。攻めも変化するけど受けも『攻めが好きだから』という原動力が爆発してます。
どちらも能動的なキャラで物語の進むテンポが良く、気持ちよく読めました。
あ、あと『石』をキーワードに2人が近づき、惹かれ、変化して恋していく様子の描き方が見事だと思いました。キャラの書き方分続きけも、美形からコミカルなおじさんまでいて素晴らしい。ほんとに初コミックス?ビックリです!!

0

表紙のイメージよりもかわいいお話でした

表題作はちょい悪イケメン×真面目な文科系で体からはじまる関係
あらすじに「クズ問題児」って書いてあるけど、そんなにクズじゃないですよ
佐田先生の顔が気持ち悪すぎる
政治家? ニュースキャスター? 思い出せないけどなんかこんな意地悪そうな顔の男性いるよねw

ちなみにゲジゲジはGをやっつけてくれる益虫だよ
みんなも見かけたら倒さないであげてね

同時収録は同い年の義弟×義兄
貰われっ子のイケメン野球部員×天然いい子です
ブサかわ受が好きな人にもおすすめ

0

期待の新人作家さん!

かっこいい攻め様の表紙に魅かれて購入しました。

とにかく絵がとてもお上手!
初コミックスとは思えません!!

攻めはオレ様っぽくてメガネがとってもお似合いだし、受けは
どんどん色っぽくなっていくし、受けの憧れの先生はどんどん
2頭身になっていくし・・・(笑)

なんだか味があって好きだわ~
他にも嫌味な先生とか、とにかくモブオジサン書かせたら最高ですね^^

やることやってるくせにココロの方はなかなか進まない、そんな高校生同士の
モニュモニュしたカンジが良かったです。

キャラそれぞれに味があって魅力的だし、絵もとてもお上手だし、今後の
さらなる活躍を期待します!
できれば長いお話を描いてもらいたいです♡


0

色気のある絵柄と個性的な作風に惚れ!

色使いの綺麗な表紙に思わず目が止まってお試し読みしたら、中は中で色気たっぷりの綺麗な絵!
そしていざ読んでみると青年誌ノリのデフォルメ絵もお得意そうで、絵柄の幅が広いです。
すてき╰(*´︶`*)╯♡
この絵柄の綺麗さと幅を活かして王道からギャグまでオールマイティーに活躍されてほしい!

2カプ入りです。
ページの割合は半々くらい。
表題作は、沓間(受)の顔と身体がエロいわ、蒲原(攻)の顔がカッコいいわで、眼福の1作。
特に沓間の造形素晴らしいぷっくり乳首は時間を忘れて魅入れるレベルです!
しかしここに先生(沓間が元々片想いしていた人物)が加わると、一瞬にして画面がギャグ漫画化してしまう不思議。なんなのこれw 先生の存在感恐るべし。
同時収録作は、同い年設定の義兄弟モノなのにお兄ちゃんがちみっ子過ぎておにショタにしか見えないミラクル体格差カプ。
しかもお兄ちゃんはちみキャラ化もするので、最終的には「幼児(兄)と年の離れた兄(弟)だったかな?」とMy脳混乱。
これなに、読者の目を眩ましながらショタ描く新たな手法?笑

表題作も同時収録作も、ストーリーだけなら高続き校生モノらしく甘酸っぱくて可愛らしい王道な感じのお話なんですが、ここのつさんの個性的な作風がタダでは終わらせてくれない、なかなか今までにない読後感を得られる1冊でした。
ギャグ漫画では決してないですよ。お話のトーン的にはどっちかというとシリアス寄りです。
好き嫌いは分かれそうな気もしますが、面白かったです。

個性的な作家様の誕生ですね!今後もチェック決定です!

【電子】シーモア版:修正○、カバー下○(漫画等ではなく柄模様です)、裏表紙○
電子限定特典(1p)+シーモア限定特典(1p)付き(どちらもお礼メッセージ付きイラスト)

2

これが初コミックス…だと?!

先にレビューされている方が詳しく解説されているので感じた事だけ。
帯にあった「問い合わせ殺到の鮮烈デビューコミックス!」という文を見て
購入してみました。
私はよく表紙買いして後悔する事があるのですが
この本は中身も表紙と同様綺麗で、背景までちゃんと手を掛け
どのページも手を抜いてない感じがすごいです。
中身を読まずめくった時には“エロ少な目?”と思いましたが
読みだすと“これはこの量で合ってるな”と思い直しました。
まぁその代りチューはいろんな所でしています(笑)

表題作・同時収録作共、攻めがカッコ良く
受けの事をすごく好きで、真っ直ぐに向き合っているのに好感が持てましたし
受けもピュアで可愛い部分があるんだけど芯は強いという印象を受けました。
でもどちらの作品も共学の設定なので
モブで話しが広がらなさそうなのが残念かも…。
今後続きがあるとしたら、進学か就職でもめるとか
やっぱり女の子がいいんじゃないか、とかしか浮かばない…。

掲載された雑誌に合わせての内容だと思うのですが
私は何回も読み返す位好きな1冊です。
たまに出てくる三頭身のキャ続きラも可愛かったです。



2

同時収録の義兄弟カプがよかった

表題作は、チャラいイケメンモテ男攻めと、教師に片想いしている真面目な地学部生徒受けという、高校生同士のカップリングです。

攻めは素行不良の罰として地学部に入部する羽目に。そこは顧問の教師と部員1人(受け)だけの小さな部。やる気ゼロの攻めだったが、部室で顧問教師をオカズにオナっている受けを目撃し…。


受けが顧問の先生を好きなんですが、この先生がまったくBLの当て馬になりそうにないチビデブちょびヒゲのキャラ。もう絶対受けになびく感じじゃないので、三角関係的な楽しみはないです。
メインの萌えは、真面目な鉱物マニア受けのエロエロオ○ニーと、最初は興味本位だったのにだんだん受けにハマっていくイケモテ攻め、というもの。似たパターンの、鯛野ニッケ先生の『君香シャーレ』をちょっと思い出したりしました。

『君香シャーレ』と比べて、というわけではありませんが、個人的にそれほど突出したものがあるようには思いませんでした。
評価が高かったし、注目度が高いらしいことが書かれていたので期待していたけれど、期待ほどではなかったかな…という感じです。


表題作以外に、もう一つ中編が入続きっていました。ページ数で言えば表題作と同じくらい。
こちらは、幼い頃に攻めがもらわれてきて兄弟になった、義弟×義兄の体格差義兄弟カプ。

表題作よりこちらの方が好みでした。鬱屈した愛情を兄に抱いている弟と、性的に幼くて「運動部では仲間とこれくらいする」と言いくるめられて抜きっこしている兄との両片想い。体格差がすごくて、体格差大好きな私としてはもうそれだけで萌えられました。
内容も可愛らしかった。野球部エースで長身イケメンのスーパースターな弟が、チビで垢抜けない兄に強い執着を抱いているのが何とも萌える。抜きっこばかりで挿入なしの2人ですが、一度後ろに指挿れたら兄に避けられて、この世の終わりみたいにダメージを受けている弟がすごくおかしかった。

こちらが萌×2で、表題作が萌。平均してどちらを付けるか悩んだのですが、表題作が体格差義兄弟の方だったら萌×2を付けたかな。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ