ゆとり部下になめられています

yutoribuka ni namerareteimasu

ゆとり部下になめられています
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神12
  • 萌×24
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

4

レビュー数
1
得点
76
評価数
17件
平均
4.5 / 5
神率
70.6%
脚本
茶乃原ゆげ
原画・イラスト
ゴゴちゃん
オリジナル媒体
オリジナル
CD発売会社
montblancrecords
収録時間
58 分
枚数
1 枚
ふろく
ステラワース特典・アニメイト特典: ミニドラマCD
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

製薬会社の営業マンとして働く梶山(上司)と坂巻(部下)。

2年前から梶山に片想いしている坂巻だが、開けっ広げな性格の梶山には何をしても響かない。

ある日の接待帰り、坂巻は衝動に任せて梶山にキスしてしまう。

その後も普段通り接してくる梶山に、坂巻の想いは暴走して……

「どうせ辞めるつもりでしたし、最後に美味しく頂くことにしました」

表題作 ゆとり部下になめられています

坂巻悠晴 → 白井悠介

梶山隆 → 興津和幸

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ゆとりのハートはヤワなんです(笑)

片想い拗らせ粘着質部下・坂巻(白井さん)×性に奔放なクズ上司・梶山(興津さん) です。

朝の挨拶に乗じて上司のお尻を触る坂巻、それを甘んじて受け入れる梶山さん。そんなシーンでの幕開けです。こんな事をされても、心のうちは誰にも見せない坂巻が、自分にだけ懐いてくるのが可愛いと梶山さんは思っています。
そんな彼は週一で風俗通いするほどのセックス好き。そしてキスも好き。でも「女と付き合うのは面倒」と酔っ払って合コンで女の子をドン引きさせ、坂巻曰く「仕事以外、ほんと何も出来ない。クズすぎる」クズだけどニクめない興津さん…じゃなくて、梶山さん。
白井さんは「これだから ゆとりは…」と何かにつけ言われる事に嫌気がさしていて、普段も飄々としていて、でも繊細さが見え隠れする感じの高スペックな部下を好演。

ある日の接待帰り「最近いつキスした?」の会話の流れから、衝動に任せて梶山さんの口唇を奪ってしまった坂巻。彼はそれを思い悩んで辞表まで用意していますが、梶山さんの認識は『酒飲んでたし、事故チュー的な?』噛み合わない二人!
当然、怒る坂巻。梶山さん ここで一回タオルとネクタイで拘束され襲わ続きれます(笑)

「乳首ダメなんだ・・・」と、そこが開発済みなことが坂巻にバレて嫉妬され噛まれ「坂巻、ほんとヤめて・・」と言いながらも気持ち良さに抗えない梶山さん。彼の裸を見て「腰とか細いのに、脱ぐと想像以上にエロい体」と、いろいろ感想を述べる坂巻に漂う変態性が、私は好きだ。
坂巻が梶山さんのを口に含み、
「喉まで突っ込んで吸い上げてあげる」
興津さんの「でちゃう…」がエロくて可愛いくてエロい…
そして、チ〇コ丸出しの梶山さんを放置して帰る坂巻。好きな相手にひど過ぎる仕打ち・・・

そして二回目もすぐ次の日に。
上司に注意されヘコんでいるだろう坂巻を梶山さんが飲みに誘う→梶山さん酔っ払う・抱きつく・甘えるのコンボ技を繰り出し「誘ってきたのはアンタですよ」と襲われます(笑)
「抵抗しなくていいんですか?ゆとり調子に乗らせると怖いですよ」と坂巻が言うほど、梶山さんは されるがまま。…むしろ誘ってる?この辺で、ぽつぽつと梶山さんを好きになったエピソードが語られます。梶山さんが坂巻にしたアドバイス、最低だけど最高!
「坂巻、続きはしないのか?」と梶山さんは受け入れる気まんまんなのに、流されてんだよっ!!と、どうしたらよいか分からず戸惑い、会社を三日続けて休んじゃう坂巻はガラスのハートの持ち主だね。

ここで梶山さん、男前っぷりを発揮します。「あいつちょっと変態入ってるし(笑)ほっとけねぇだろ。俺が受け止めてやんなきゃ…」と、また襲われると分かっていながら坂巻宅を訪問。
俺はもう こんなに苦しいのはイヤ。あんたを嫌いになりたい。とゴネる彼の下半身に「試させろ」と突撃する梶山さん。
「思ったより全然 抵抗ねーわ。むしろ舐めやすい」と何だか楽しそうな興津さんの台詞に ついつい笑ってしまう。
でも、ゆとり君に反撃されてしまうんですね(笑)しかも「俺が入れられる方なのか…?」って、え゛~~~梶山さん攻めるつもりだったの!!?
白井さんの「大人しく俺に抱かれて下さい」の台詞から、一気に甘くなる雰囲気。
中と外を一緒にいじられて、ぐずぐずになる梶山さん(←興津さん本領発揮!!)
これで最後かもしれないから、アンタをむちゃくちゃに抱きたいと、いじらしいんだか 開き直ってるんだか分からない、年下っぽさが好きだなぁ。

最初は後ろからだったけど、やっぱり顔見てシたいと急にひっこ抜かれ、ひっくり返されて「好き好き」言いながらガンガンに突かれる、後ろ処女に ちっとも優しくないエッチなんだけど、安定の興津さんと、白井さんの好演で幸せな気分に浸れました♪

二年分の片想いを拗らせちゃってる坂巻は梶山さんからの好意を素直に受け取れず、許容量を越えてパンク寸前ですが最後には、
「俺けっこう執念深いですよ」と梶山さんをガチガチに愛していく決意表明をしてくれます。興津さんの
「そんなに愛されたことないからドキドキするわ」の言い方が、とびきりキュートで好き!










8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ