ホライズン

ホライズン
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神10
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
50
評価数
10件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
媒体
コミック
出版社
徳間書店
シリーズ
Charaコミックス(キャラコミックス・徳間書店)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784199601958

あらすじ

「神の子になりたい。汚い過去を洗い流して…」 故郷を離れ、神学校に入学したジョナサンは 悪魔祓いの助手をしている少年ナサニエルと 同室になる。大人びた容貌、印象的な瞳── その強い個性と意外なやさしさにひかれてゆく ジョナサン。ところがそんな時、ジョナサンが昔 関係していた男が新任教師として現れて…!?

表題作ホライズン

悪魔払い助手・ナサニエル
神学生・ジョナサン

評価・レビューする

レビュー投稿数5

悲しすぎる〜

とっても辛い1冊でした(;_;)
もぅラストが辛くて私的にな
モヤモヤだったのですが
ジョナサンの心も救われた
形だったのでコレはコレで
よかったのかな?

シーナの番外編で、私はこちらから
読んでしまったので、シーナが
物凄く気になりました!笑

快楽に弱く、体の関係が続いてた
事で、好きな人にバレたくないという
ストーリーは多いですが、
コレは神学校が、関わっている為か
より重く感じますね(-。-;

そこに藤たまきさんの繊細な絵と、
どこか危なく、不安定なキャラ達の
ストーリーの構成などが合わさって
ハラハラドキドキします。
予測が着かないストーリー展開なので
シーナを読んでない私にとっては、
最後の最後は、マジか‼︎‼︎って感じでした。笑

藤たまきさんの繊細な絵と若者の不安定感、
同性愛に対する罪悪感などの表現が
ピッタリな1冊だったと思います。

0

感動・・・

私にとって、BL枠を超えた作品になりました。
この本はずっと置いてます。
ほんと、過去のこと全部言ってしまえばいいじゃないか
ジョナサン!!
ナサニエルなら受け止めてくれるよ・・
そんな苦しんでる姿見せる方がかわいそうだよ・・って
思うんですが、
やっぱり当事者にとっては辛いことですものね・・

0

鼻セレ○必須

とにかく、泣けます

神学校に事情があって転入した主人公、ジョナサンが少々破天荒なところもあるナサニエルと出会い、ぶつかって、お互い惹かれあうけれど…というストーリーです。

トントン拍子に二人を上手くいかせてくれないのが、
さすが藤たまきさんでした。
二人はある事件を通して、自分たちの関係を深く
問いかけることになるのですが、ここでジョナサンがじれったい。
本当にかわいそうで、そりゃあ言えないよね、うんうん
と思うんですけど、二人がお互いをちゃんと思い合ってるのを
知ってるから切なくて涙が止まりませんでした。

そして、過去と向き合ったジョナサンのこころがどんどん澄んで
いくあたりからはもうラストまでページをめくる手が止まらなかったです。
読み終わってからしばらくは呆然としました。
本当にラストが!

全編を通してナサニエルとジョナサンの持つ静謐な雰囲気が
モノローグや二人のやり取りの中に散らばっていました。
他にも季節折々が描かれているのですが、
なかでも冬のシーンは読み手まで寒くなってしまうような
描写で本当に美しい画を描かれる方だなあ…続きとうっとり
します。

0

号泣

父親からの手紙を読む場面からラストまで、涙が止まらなくなりました。
悲しすぎる。
切ないラストが苦手な方は気をつけてください。
ヤバいです。

神学校で出会った二人の少年の物語です。
罪を背負い、救いを求めて神学校にきた少年の心を救ったのは、悪魔払いをしてる少年だった。
上手くいくかに思えた二人だったが、少年の過去を知る人物の登場によって歪みはじめる。
醜い自分を隠し、大事な友人を失うことの恐怖に震える少年は、脅迫者に自らのカラダをさしだして、秘密を守ろうとする。連鎖反応のように、ずるずると罪の淀みは増え続けていく。
脅迫者とセックスしながら少年が心のなかで呟く言葉が胸にズギューンときた。王道BLにありがちな「心はイヤなのにカラダはメロメロ」みたいなパターンに食傷気味なもんで、新鮮だった。
素晴らしい作品でした。

0

清い者、美しい者とは?

汚れた己を嫌い、美しい者になりたくて神学校へ入ったジョナサン。
彼はそこで奔放な悪魔祓い(見習い)のナサニエルと同室になります。

カリスマ性があり、強引なようで意外と優しい。
そして健全な精神を持つナサニエルに、
ジョナサンはどんどん惹かれて行きます。

ナサニエルとの友情と穏やかで清浄な学校生活に、
かつてないほど幸せを感じ、満たされるジョナサンでしたが。
暗い過去が、彼を追いかけて来るのです。

人を愛したいだけなのに、どうしてこんなに上手くいかないのか。
ジョナサンに残された父親からの手紙は、美しくて。
読んでいて胸を衝かれます。

そして悲しいラストに、ただ涙。
切なくて悲しいけれど、ジョナサンはきっと救われたのだと思います。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ