デザート・ムーン 2

デザート・ムーン 2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
2
評価数
2件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
コアマガジン
シリーズ
drapコミックス(ドラコミックス・コアマガジン)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784877347093

あらすじ

正義のヒーロー・スーパー天使、砂月の伴侶となった陽介は、砂月との同棲生活(だけど両親付き)を満喫中(!?)そんな中、爆破テログループ「炎舞の鷹」の出現に、事態は思わぬ方向へ進み!? スペクタクルラブ、完結編!!

表題作デザート・ムーン 2

カメラマン
高校生

評価・レビューする

レビュー投稿数2

完結巻

2巻で、完結巻です。
陽介が婿入りして、両親公認で同居生活が始まります。
やっぱり、この公認設定が個人的にどうもムズ痒いです。

新聞社のフリーカメラマン・座間陽介 ヘタレ硬派攻め×スーパー天使・間宮砂月(高校2年)強気受け
女の子の戸籍も持っていた砂月と陽介の結婚話が持ちあがるが、陽介は乗り気じゃなさそう。
ついつい、その事で陽介とケンカしてしまって。
痴話喧嘩は解決したけれど、砂月は新たな問題に気付いてしまって。

今更ながら、陽介との電話Hで自分の精液でもよかったということに気付いて、伴侶は別にいらないんじゃないかと悩むことに。
意外な盲点で、砂月は真剣に悩んでいるのですが、なんだか笑えてしまいます。
陽介は陽介で、今更ながらずっと砂月の傍にいて砂月を守っていた榊に嫉妬してしまって。
互いを思いあうが故の思いのすれ違いが切なかったです。
一族としての重みがあるはずなのに、それを顔に出さずに頑張る砂月の底抜けの明るい性格がいいと思いました。
砂月の幼少期のエピソード『my angel』が収録されていて、砂月が変質者にさらわれて初変身という悲惨なものでした続き
天性の明るさもあるとは思いますが、この時の榊のフォローがよかったからいまの明るい砂月がいる事を考えると、報われなかった榊が不憫でした。榊の方と一緒になって欲しかったです。

嶋田尚未さんの俺様攻めとのカップルが好きなので、性格がいい攻めではあるのですが、攻めの魅力がいま一つ物足りなかったです。

0

ひとりでできるもん

一族が女性ばかりなため知られていなかったが、自慰をしたときに自分の精液での変身できることがわかった砂月。相手が必要なくなったと思い、攻の座間が不幸にならないよう遠ざけ始めるけど、結局、自分の精液では力が弱く元に戻っていくという感じの話です。

シリーズ通して、設定上、Hして変身してすぐ出動とかで慌ただしかったり、変身すると治癒力も上がるのでけがしたときに中出して治したりもします。
設定は悪くないですが、いまいち乗れず、萌えというまでに至りませんでした。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ