月と狼男

月と狼男
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
7
評価数
2件
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
三和出版
シリーズ
サンワコミックス D−コレクション(コミック・三和出版)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784883562930

表題作月と狼男

望月
京二

その他の収録作品

  • 恋する武道家
  • 月と太陽
  • 月と狼男
  • 声をかけた理由
  • 恋愛の公式
  • ファインダー越しの君に
  • 猛獣使い

評価・レビューする

レビュー投稿数1

狼男

櫻野なゆな先生の、即物的短編集www
昔は、こういうタッチ好きだったんだけど、やっぱり好みって月日でかわるものえすね。
もちろん嫌いじゃないんですが。
表題作「月と狼男」
月は受である京二。京二にはそっくりの兄弟:京一がいる。
昔から京一は明るくまるで太陽のように明るい。そんな京一の影に隠れていたのが京二。
京一とは正反対に静かでまるで太陽の光にかくれる月のようだといわれいた。
そんな京二は、京一にたいして、禁忌の思いをはせていて・・・!?
まぁ、結局のところ近親相姦。やっちゃうところまではいかないんですが、つくりてきにはうまいかな~とおもいます。
京一が好きな京二が好きだからと月をめがけた狼男がやってくるという賭けかたがうまかったかな。
太陽にあこがれる月。月をみて狼男に変身するおとこ。
案外おもしろい。
この話の前に、京一さんのお話もえがかれています。
こちらとしては、ちょっと熱血な攻に、わりとすんなり受け入れてしまう受。
それでいいのか京一さんorz

その他短編。
わりと、攻を肝要に受け入れる受が多かったきがしますね。
そこにもちろんラブはあ続きるわけで、ちょっとしたコメディ・・なの。かも

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ