鉄砲玉と必然の恋

teppoudama to hituzen no koi

鉄砲玉と必然の恋
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×23
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
23
評価数
6
平均
3.8 / 5
神率
16.7%
著者
蝶野飛沫 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ハーパーコリンズ・ ジャパン
レーベル
ビズ.ビズ.コミック
発売日
ISBN
9784596586612

あらすじ

この快楽からは逃れられない――

八代組組長の間槐人は、ある夜馴染みのバーで不思議な青年に出会う。バーボンに口もつけず、すぐに化粧室へと立ち上がった青年――。挙動不審な振る舞いを見せた彼の手には小型ナイフ。その刃は間に向けられていた。彼は間を仕留めるためライバルの組から差し向けられたヒットマンだった。介抱する様子で外に連れ出した間は、ネオン街の路地で詰問を始める。「ボスを売らないのは気に入った」間は青年を監禁し、快楽を帯びる甘く酷い行為を与えていく…。ヤクザと命を懸けた、せつない恋が交錯する溺愛任侠ストーリーついにコミックス化!

表題作鉄砲玉と必然の恋

間 槐人・八代組組長
クロ(深井 匠・ヒットマン)

その他の収録作品

  • 相関図
  • 描き下ろし
  • あとがき

レビュー投稿数2

一途な任侠ラブ

八代組組長・間とヒットマン・クロとの任侠ストーリー。

間をよく思っていない創成会会長の浅野が仕向けたヒットマンがクロだった。
間はクロを家に囲い、密かにクロについて調べ始める。
間には自分を慕う弟分・絢を守れなかった過去があり、鉄砲玉のように自分の命を顧みず向かってくるクロをその絢と重ねて見ていた…。
人望が厚く、クロにも優しく接する間といることが、徐々に心地よくなってくるクロ。
いつしか、間が大切に思っていた絢にジェラシーを感じるようになり…。


任侠ものですが、実はラブストーリーです。
間はずっとクロが好きだし、甘やかして大切にしています。
クロも浅野との関係を清算して間と向き合い、やっと2人は結ばれます。
触りっこはしていたものの、間が無理に最後までしなかったのは、クロを大事にしていたからだと思いました。
クロが間に出会い、間の腕の中に納まるのは必然だったのだと思える内容でした。

蝶野先生にしてはエロ少なめだったと思いますが、今回もストーリーがしっかりしていて楽しめました。
blogやTwitterでのイラストなど、今後の2人も期待しています。

2

可愛さ強めな任侠もの

「ヤクザ」と聞いて、先生の他社前作の「恋獣たちの任侠道」のイメージで読み始めたけど、今回はうって変わって「可愛さ」が強かったです。

八代組組長の間と、その兄弟分である浅野のイロで鉄砲玉として寄越された匠のお話。
BARで飲んでる間に襲い掛かるもあっけなく抑えられた匠は頑なに浅野と自分の事を喋らなかった為、間の自宅で「クロ」と呼ばれ軟禁される。
軟禁と言っても大事に囲われてるイロのような扱い。
一緒には寝るが本番までの行為は手を出してこないし酷いことも一切しなし!
間に守られてるかのような生活。

結構甘さ強めの任侠BLでした♡

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う