暗夜奇譚

anya kitan

暗夜奇譚
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
7
評価数
2
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
玉木ゆら 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
海老原由里 
媒体
小説
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイデジタルノベルズ
電子発売日
ISBN

あらすじ

祓い屋の冬弥と密かに冬弥に思いを寄せる幼馴染で助手の光太郎。冬弥に無能扱いばかりされる光太郎はなかなか素直になれず…!?

表題作暗夜奇譚

鬼島冬弥、祓い屋、公爵家出身
岩崎光太郎、冬弥の助手、作家

レビュー投稿数1

祓い屋は女嫌い

ホラーBLという事でポチリ。

設定は明治時代?でしょうか。限られた金持ちの生活の中に洋風なものが入り始めた頃のお話です。

主人公は売れない作家・光太郎。
作家が本業だが、幼馴染の公爵家の庶子・冬弥の仕事の助手をしている。
冬弥は、祓い屋。
今回の依頼は、田舎の大地主・倉本家に女の幽霊が出る、というものなのだが…

という冒頭。
なんというか、あまり捻りは無く、倉本家には訳ありで死んだ女性が何人かいて、彼女たちが想いを残しているわけです。
倉本の死んだ妻が光太郎の知り合いだった…というのはちょっとこじつけ?
その因縁で光太郎があっちの世界に引きずり込まれそうになったり。
いつもは光太郎を馬鹿にしたり文句ばかり言っている冬弥が、焦って光太郎と幽霊を引き離そうと奮闘します。
幽霊騒動が一段落して、物語のラストに急にBL展開がブッ込まれる…という印象ですね。
光太郎は冬弥が好きだったのでアワアワです。冬弥は好きな子をいじめるタイプで、冬弥なりに好意は表してたらしいけど…
ジャイアンと鈍感、ですね。
あ、ところで表紙のスーツ男が祓い屋、和服が助手ですよ。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う