夏の庭に、あたたかい雨

natsu no niwa ni atatakai ame

夏の庭に、あたたかい雨
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×25
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
1
得点
55
評価数
14
平均
4.1 / 5
神率
50%
著者
野原耳子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
桝目の助 
媒体
小説
出版社
イーデスブックス
レーベル
電子発売日
ISBN

あらすじ

兄に抱いていた恋心を手酷く拒絶され、孤独に生きてきた棋士の本田 雨瑠(ほんだ あまる)。兄が妻とともに亡くなり、兄そっくりの甥っ子・夏樹(なつき)を引き取ることになる。
 最初は、他人との生活に苛立ちを覚えるものの、天真爛漫な夏樹と暮らすうちに、雨瑠は次第に自身の孤独が癒やされていくのを感じる。
 だが、夏樹は叔父である雨瑠に対して恋心を抱き、その想いを打ち明けてくる。夏樹の将来を思い、雨瑠は夏樹を拒絶する。だが、かつて雨瑠が兄に恋心を抱いていたことを夏樹に知られてしまいーー

表題作夏の庭に、あたたかい雨

わんこ系高校生の甥っ子・夏樹(なつき) 17歳
偏屈で孤独な叔父・棋士・本田 雨瑠(ほんだ あまる) 35歳

レビュー投稿数1

切ない

『花嫁のカヤ』はAmazonで、『傭兵の男が女神と呼ばれる世界』はちるちるランキングで評価が高いけれども、設定が大好物とまでいかなくてなかなか手が出ませんでした。作者の作品を読むのはこれが二冊目なのですが、すっっっごく良かったです…!!!

そういえば最近、小説の新作で親戚とか義理の兄弟ものを読む機会がなかったかな、と。本作の電子書籍刊行は2019年なので、(創作期間は直近とは限らないけれど)最近では思いがけない個人的ヒット作になりました。

ストーリーは伯(叔)父と甥ものの王道。訳があって家族になって、愛され慣れない者同士がお互いに寄り添い、惹かれ合っていくような…。

雨瑠(あまる)はプロ棋士。兄夫婦が火災に遭い、一人息子を遺して亡くなったために高校生の夏樹を引き取るところから物語は始まります。

棋士としての雨瑠の描写が度々出てくるのですが、お仕事的に全然浮いていなくて、むしろ棋士じゃないと雨瑠のキャラが生かされなかっただろうと思えるくらいに自然でした。雨瑠の辛辣で天邪鬼な性格、ギリギリまで追い込まれた人生観、不器用だが芯の通った生き様が棋士キャラにピッタリで。

17才の夏樹は、両親と住む家をいちどきに失う不幸に見舞われたにも関わらず、辛い時こそ泣きそうな笑顔を湛えているような少年です。親戚の中でも雨瑠と暮らすことを選び、世話になる代わりに家事を全て引き受け、高校生活を続けることに。雨瑠は当初、夏樹との同居は煩わしいばかりで、夏樹の気持ちを汲んでやれるような余裕は全くありませんでした。

口元をふにゃりとさせて笑う夏樹は、年齢の割に気丈で大人びています。雨瑠と出会った頃は未だ頼りない幼さが残っていたのに、いつのまにか雨瑠より背が高く、手も大きくなっていることに気づく頃。雨瑠の兄に生き写しの面影が、夏樹自身を深く傷付けることになります。

棋士仲間の花村親娘や雨瑠の対戦相手など、サブキャラクターも人間味があって読了後は読んだ〜!っていう満足感でいっぱい。ラブもエチシーンも萌えたし、相手を思うがゆえの切なさも堪能しました。少しだけ背徳感もあり、かつBLの優しさも感じられる、人生のままならなさがギュッと凝縮された良作です。

1

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う