誰を抱くって? 抱いて“ください"の間違いだろ

αがαを抱く方法

alpha ga alpha wo daku houhou

αがαを抱く方法
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神14
  • 萌×220
  • 萌7
  • 中立4
  • しゅみじゃない2

41

レビュー数
8
得点
175
評価数
47
平均
3.9 / 5
神率
29.8%
著者
ときしば 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
三交社
レーベル
デイジーコミックス
発売日
価格
¥670(税抜)  ¥724(税込)
ISBN
9784815550196

あらすじ

α階級のキャストのみを集めたタチ専高級出張ホストクラブ『alpha』(アルファ)。
その頂点に君臨するNo.1ホスト・流華が危惧するのはNo.2のレオの存在。
生まれ持ったセンスだけで全てを難なくこなし、他人を見下すレオの舐めた態度が気に入らない。

そんな時、常連客に同時指名される2人。
丁度いい、こいつのお手並み拝見といくか――と思ったのも束の間、
客からの要望は「2人のセックスが見たい」という難題で…! ?

黒髪強気受のカリスマ・ときしばが描く、
過激エロティックな発情オメガバース!

表題作αがαを抱く方法

南条レオ(α) タチ専高級出張ホストNo.2
北海流華(α) タチ専高級出張ホストNo.1

同時収録作品お前の好みの俺はどれ?

日野陽一 マッドサイエンティスト/クローン
冴島吹雪 サラリーマン

同時収録作品秘事恋慕

大和壮一 大学2年
晶 良隆 大学2年

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数8

続編期待しています!

ずっと気になっていた本だったのですが、やっと読めました。
大好きなオメガバースです。
α×αの組み合わせで、当て馬にΩです。
αといえば運命の番を思い浮かべるのですが、今作は攻めのα・レオが受けのα・流華の運命の番が現れたら、そいつの目の前で流華を抱いてやる…という熱烈な攻めです。

タチ専高級ホストクラブ・alphaのNo. 1の流華とNo.2のレオのお話。
流華はαの中でも努力で登りつめてきたため、弱いものの味方であり、相手の努力を認め、相手を正すためなら自分が疎まれることも厭わない。
そんな流華に惹かれるのは、なんでもそつなくこなすNo.2レオ。
αとしてではなく、レオ自身を見てくれる流華は、レオにとって大切な存在になっていた。
ある日、客の要望で2人がセックスすることになり…

タチ専2人のタチネコ争いが始まりますが、結局は流華が抱かれてしまう。
当て馬Ωの空真も絡み流華が寝取られそうになりますが、レオが流華を奪還するべく現れます。
この時のレオ、カッコ良かった!
最後まで流華は本当にいい人で、レオが惹かれるのが分かります。
2人は結局両思いになるところまでいかずに終わってしまうので、ぜひ続編が見たいです。
皆さんおっしゃっていますが、表題作だけで一冊読みたかった…。
alphaの面々が魅力的なので、他のメンバーのスピンオフにも期待します!

0

オメガバースの可能性

オメガバースでもBLの御酸味を味わう方法といえば、α×αやΩ×αですよねぇ〜
自分が抱かれる側になるとは考えたこともないαが受けになるシーンは、BLはこうでなくては…!と心震えます。
Sっ気のある作者様が多いせいか、α×α作品は最近よく見かけるようになりましたが、
Ω×αは新鮮でした!NTR苦手な人は多いかもしれませんが、個人的にはめちゃめちゃアリでした!
新たなオメガバースの可能性を見せてもらいました。
オメガバース苦手と言ってきましたが、そろそろ一括りにできないくらい多様化されてきましたね。
この先どうなるのか楽しみです。

メインのお話がまだまだたくさん広げられそうなのに、一冊まるごと読めなかったのは残念でした。
まだ2人が両想いになりかけ状態なので、もっと続きが読みたかったです。

0

1冊まるまる描いて欲しかった

これってお互いに運命の番が現れたらどうするんでしょうと心配になりました。レオは流華に運命の番が出来たら目の前で流華を抱いてやると言っていました。
レオに現れたらそれでも流華を選べるのでしょうか?
発情したΩを前に堪えるエピソードはドラマティックで2人の絆を読者に伝えるには良いです。
結局は2人がはっきりと恋人同士になる前にお話が終わってました。
絵が綺麗で勢いのある作品で面白かったですが、オメガバースである必要はあったのか疑問なので萌でした。

0

これぞα×αの極み!

ときしば先生の作品はほぼ拝読していますが、今回も負けず劣らずパワフルでした!

受けの琉華はαなのでとてもプライドが高く、えちシーンでもそこが肝ですね///
α×αの萌え要素のひとつです!
はじめは高飛車だった受けを屈服させる感じがとてもよく描かれています。
ギャップと言う面では、琉華の普通の時の顔とえちの時の顔の変わりようが、もうハンパないですっっ(*´﹃`*)

今回のお話は、ホストに来たお客様の要望に応える形で2人の関係が始まったのですが、その後付き合ったりなどの展開はありませんでした。
先生も最後に書かれていましたが、付き合ったあとの2人も見てみたいので、ぜひとも続編をよろしくお願いします!!

残り2つの短編も面白かったですよ!
2作目のクローンのお話は1対3の4Pです。
そのパターンははじめてだったのですが、あまり違和感なく読めました。
クローンである攻めの3人の顔がクローンと言う割には違っていて、ほんとにクローンか笑、って思っちゃいました( ̄∇ ̄*)

3作目の昭和感漂うお話は、萌えまくりです(*´ω`*)
こちらも表題作同様ギャップが結構激しめです!
途中にすれ違いっぽい展開が少し挟まりますが、全体が短いということもあり、すらっと読めました。
最後のえちシーンの受けの顔はたまりませんな~( *ˊᵕˋ)
思わず長時間眺めてしまいました…///
お話の長さ的にしょうがないのかもしれませんが、ちゃんと完結した感じがしないです。
それでも可愛いので良しっ!

アニメイト特典のリーフレットも新鮮で面白かっです。
(おまけ漫画ではなく、雑誌風で)


読み返すこと間違いなし!最高の1冊です!

0

ケツで抱く男

あいかわらず、ときしば先生の絵は超絶イケメンエロですね!常時キュンキュンでした!!

タチ専高級出張ホストクラブのNo.2レオがNo.1流華に惚れて太客に協力してもらってセックスにこぎつけるが、勿論タチ専No.1ですからね!抱こうとしますわ!
あの「自分が抱く側」だと信じて疑わないのに簡単にベッドでマウント取られちゃう流華がエロ可愛かったぁぁぁぁ!!
1話2話3話全て抱こうとして抱かれる流華が番外編で遂に
『俺が抱いてやってんだから、尻でね』って(爆笑)
こちとらウンウン♪そうだね♪ってなっちゃいますよね♡

0

新たな受け像

アンソロジー「タチネコ争奪BL」で初めて読んだ「αがαを抱く方法」。
「タチネコ争奪」ということで攻め受けは伏せられての刊行でしたが、絶対黒髪が受けだと信じていました。

その通り黒髪受けだったのですが、これまでは元々受け側だったり、強気でも受け入れる方であることに特に疑問を持つ様子のない受けが多かった中、今回の受けの流華さんはタチ専ということで、お馴染みの黒髪受けでもまた新しい感覚でした。
そんなタチ専の流華さん、見た目や振る舞いからして「いかにも受け」というキャラクターではないのに、とても色っぽくて、ある意味誰よりも受けらしさを感じる不思議な人です。

攻めのレオは年下ながら強引で、でも流華さんのことを尊敬しているので敬語。
経験豊富なタチ専の流華さんをあっさり組み敷いてしまうポテンシャルに、彼への強い執着が垣間見え、全体的に性行為が性急な印象があります。
このくらい強引でないと流華さんは抱けないかとは思いますが、もうちょっとゆっくり愛し合うのが見たかったかなーと。

レオも流華さんも好みで、ウキウキと電子配信を読んでいましたが、3話で完結というのが残念すぎます。
完結していない中で単行本化が発表されたので少し早いと思ってはいましたが、まさかの最終話の配信と単行本発売が同時で、その短さに愕然…。

番外編のハメ撮りは、アンソロジー「ポルノBL」に収録されたものです。好きなカップルだけに、描き下ろしがないのはやはり寂しいです。
単体配信の3話にはおまけ漫画が1ページ特典で付いていて、勢いで進んできた二人のちょっと甘めなその後が見られるのでおすすめです。

ちなみに、「タチネコ争奪BL」と、単体配信及び単行本では一部セリフが変わっていて、一話目最後の流華さんの「こんな表情でイくなんて」のところ、アンソロジーだと「ケツで感じるなんて」なんですよ。後者の方がよかったなーと思うのですが、先生のこだわりかもしれないので仕方ないですね。

空真も幸せになって欲しい。抱きたい側というのが本当ならそのまま攻めで見たいです。
「抱かれたい本能」があるというΩの攻めは、その本能はどうなっているのか不思議で若干の違和感が伴ってしまうのですが(個々で差があるのかな?)、空真攻めは見たい!

ちなみにこちらの単行本、物足りないのは表題作の「αがαを抱く方法」だけではないのです。
「複数・モブレBL」に収録された「お前の好みの俺はどれ?」も、「レトロBL」に収録された「秘事恋慕」も、どちらもアンソロジーで読んで好きな作品だったので続きを待っていたのに、単行本に収録されてしまって、もう連載化はないのかな…とちょっと寂しい思いがしています。
ただ、読み切りとして単行本に収録された作品が、その後続くのを何度か見たことがあるので、希望は持ち続けたいです。

3

raraららら

表題作はリバでしたねー。商業には載ってないけど作家さんご本人が描かれてますのである意味公式かな、ということで。
固定カプって感じのときしばさんでしたが、この二人は何となくそういう雰囲気がありましたし、流華×レオもいいんですが、リバ苦手なのでちょっと残念です。レビュー修正できないのでここで。

黒髪受けへの愛を貫く姿勢が大好きです!!

表題作+短編2作品が収録されています。

1冊まるっと作者さんの萌えがこれでもかと詰められて
すごく楽しんで描いたんだろうなぁというのが伝わりました♪
黒髪強気受けを貫き続ける姿勢も私は好きですヾ(*´∀`*)ノ

やっぱね、書き手の萌えがあってこその作品だと思うので。。。

個人的には3作品の中で短編作品が+゚。*ド性癖*。゚+でした。
ああ、めちゃくちゃ萌えた////
ときしばさんは萌えがハマるとガッツリくるの大好き(∩´///`∩)


◆αがαを抱く方法 (3話+番外編)

「α」だけが在籍するタチ専門の高級出張ホストクラブ
No.1ホスト(受け)と、No.2ホスト(攻め)のお話です。

なので一応『タチ×タチ』です…!( ´艸`) ♪

αは元々優秀な資質を持っているとされていますが、
受けは自分に足りないモノを勉強して取り入れていく努力の人。
α特有の上に立つオーラを醸しだしながらも心根は優しく弱者には手を差し伸べる。
(でもただの甘ったれには制裁を加えるw)
お顔は勝ち気な美人さんですが、情のある優しい人です。

攻めはαの資質とセンスだけで世渡り上手な年下攻め。
人を見る目も空気を読む勘も良い。
ある意味、受けとは正反対のタイプのαです。

ストーリーは太客から「2人のセックスが見たい」と要望されたところから始まります。
出張ホストなので行為をすること自体に壁はない。
けれどここで発生するのはタチネコ問題ーーー…!!w

天賦の才能 vs 努力とNo.1実績。
今、戦いの火蓋が切られたぁぁぁ!

…いや、もっと色っぽく描かれてますが端的に言うとこんな感じです。(え←)
最初の導入こそ受けはタチとしての経験を活かして頑張るのですが、
年下攻めは簡単には負けないッッ╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !
以前から受けを抱きたくてしょうがなかった欲望をギラギラさせてて萌えました////

受けは弱いとこをガンガンに攻められて気持ち良さに流された部分もあるけれど
情に弱く・厚いタイプの性格も作用したのかなと個人的には思いました。
年下攻めの「受けのことが好きで好きで抱きたいッ!」という願いに抗えなかったというか。
強気なとこもあるけど男前受けでカッコよかったです…!

攻めは受けを好きすぎて拗らせてる部分が年下っぽくて(∩´///`∩)萌
受けのピンチに乗り込んだ時の表情はゾクゾクするぐらいカッコよかったです///

オメガバースとしてはちと弱めかな?
発情を利用した行為が多いという印象が残りました。

◆お前好みの俺はどれ?(1話)

3人の天才マッドサイエンティスト×幼馴染みリーマンのお話です。

ずっと幼馴染みに片想いしていた攻めは、受けの好みを探るためだけに自分のクローンを作成w
自分とは違う系統でチャラ男タイプとインテリタイプの2体を用意します。

攻めが目的を告げるとクローンは快諾。
しかし「本人に直接聞いた方が早いから」と受けを拉致してきます。
直接聞いた方が早い、というのは"身体に"という意味。
クローンは受けに愛撫を始めてーーーと展開します。

あああ!最ッ高!!!
こういうのファンタジー大好きです!!!(*/∇\*)
(余談ですが、ときしばさんの既刊「ドSおばけ~」
康祐(本体&生き霊)×雄二の3Pが好きな人はハマると思います♪)

性格は違うけど元は同じ人間で同じ顔した3人が話してるのをみるだけでニマニマする…!
んで、3人×受けでセックスへと流れるのですが、
キスと挿入だけはクローンに許さず「本体だけ」というのがめちゃくちゃ萌えた。
ここがもぉぉ良きポイントなんですよ…(;///;)

受けの本音もすごく可愛くて幼馴染みの両片想いが最高でしたッッ!好き!!!

◆秘事恋慕(1話)

学生運動が盛んな大正ロマンな時代モノです。
ファンタジー要素がないのはこの作品が始めてなのだそう。
おお、言われてみればそうですね。

この作品は学生寮内で人目を忍んだ秘めた恋が描かれていました。

萌え的な要素で言えばやはり時代背景。
詰め襟・マント・学帽・部屋着が浴衣。
そしてチラッと見えた褌。(ほんっとーにチラッとですが;)

時代モノの良さがこれでもかと詰められてます。
欲を言えばマント姿が少なすぎる…もっと見たい…(;ω;)
どうしても寮内のシーンが多いので浴衣率が高めでした;


個人的に萌え満足度が高く、評価は神寄りです。
オメガバースを期待して読むと神にちょい足りないかな?と悩むところでして…;
マッドサイエンティストのお話は個人的にドツボなので+゚。*神*。゚+
これはもっと読みたかったッッ。゚(゚´Д`゚)゚。

12

こんなに【強気な男】が感じさせられて【そんな表情】を…♥

ときしば先生の絵はエッチなシーンの感じてる表情が素晴らしいと思うのですが、、、
今作の受けは強気度が今までの比ではなく、こんなに【強気な男】が感じさせられて【そんな表情】をしちゃうのかーっ!と、”絵” でおもいっきり魅せてくれます♥

オメガバース(α×α):3話+描き下ろし
サイエンスファンタジー:1話
大正もの:1話

お題アンソロ掲載の3ストーリーが収録されています。


●「αがαを抱く方法」…『タチネコ争奪BL』1話のみ掲載
「二人でセックスしてくれない?今ここで」
男二人がいきなりセックスをリクエストされるはじまり…
このシーン、予告で見かけた時からワクワクしてました♪

二人は、完璧なαだけを集めたタチ専門の高級出張ホストクラブのNo.1とNo.2。

No.1の流華はオラオラ系も入ってるけど、客をけなすホストは許さず仕事に全力で取り組んでる人情派で、”αだから” ではなく ”努力してきたから” 自信があるタイプ。
私は強い受けが好きだから、流華はタイプど真ん中ですが、どんな客にも真摯に接しているところが本当にかっこいいなーと思います。

No.2のレオは、入店したばかりなのに、客が喜ぶ雰囲気を自然に作ることができる天性の人たらし。(流華に仕事ぶりを嫉妬させるほど!)

そんな二人が客から
「二人でセックスしてくれない?今ここで」と言われて…
No.2「やさしく抱いてあげますね」
No.1「抱いてくださいの間違いだろ」
うわー、イケメン男のタチ対決もすっごく好き♥

流華がレオのを咥えだして、最初のイニシアチブは流華が握っていたのだけど、レオはMAXで流華を抑えつけ、この勢いのまま逆転?と思いきや、二人はケンカを始めてしまい、客からαの発情を促す香水を吹きつけられて…

実はレオは流華のことが好きで、この茶番もレオが客に頼んで仕組んだこと。
発情香水は予定外だったけど、好きな男を目の前にしてレオは欲望の暴走を止められず…
流華は「なびくはずないだろ」と口では強気なこと言ってるけど、レオに抱かれてる表情が、表情が、表情がぁぁぁ、めっちゃ感じさせられてるんです!
しかもイキ顔を鏡で見せられるって…

強気な男が、さらに強気な男にねじ伏せられて感じさせられるってたまらないシーンを、ときしば先生の官能画力が魅せてくれてます♥
この表情見れて良かったー♪もうこの表情だけで ”神” です!


2-3話はひとつのお話。
流華とΩ客・空真とのデートに、レオが雑用係(パシリ)として付いていくと、空真から発情の匂いはしないものの、怪しい何かを流華に飲ませようとしたり、様子がおかしくて…

空真はΩだから相応の差別を受けてる中で、流華を指名できる財力を持つまでになった。
ただの流華大好きな軽い客じゃない、それまでの鬱屈をαに復讐してやりたいと画策して…

空真に騙されて、発情させられた流華とレオ。
そんな極限状態なのに流華はレオだけを外に出して助け、自分が犠牲になろうとするところが本当にかっこいい!

発情でおかしくさせられた流華を抱き、その醜態をネット配信して、さらに番になろうとする空真…
そこまで復讐心を持つことが悲しい。
でも被害に遭おうとしていても、空真のこれからのことを考える流華って本当に良い男だなぁって惚れ惚れします!

本当の強さって相手を思いやれることだと思うんですよ。
流華は強気なだけじゃなくて、本当の強さを持っているところが本当にかっこいい。
絵に加えて、流華のキャラも ”神” です!


描き下ろしは「二人でセックスしてくれない?」again♪
今度はハメ撮りのリクエストです。
流華がスマホで撮影して、イニシアチブを取っているかのように見えて、やっぱり挿れられる側なんですよね~♪
そしてレオに形勢逆転されてからのツンデレがかわいいの。
レオは今だけのデレだと思ってるっぽいけど、意外と漏れちゃってる本心かもよ?
だって、これだけの強気な良い男が簡単にデレるわけないじゃん?

ハメ撮りで感じさせられてる流華も見物です♥

私はこれだけでじゅーぶん満足してたましたが、あとがきによると、二人はくっついてないそうで…
そういえばそうだった!満足しすぎて、そんな考えどっかいってたw
また素敵な流華と、流華を乱れさせるレオに会えたらいいな♪


●「お前好みの俺はどれ?」…『複数・モブレBL』掲載
冴えない科学者の陽一は、インテリとチャラ男の自クローンを作り、振り向いてくれない幼馴染・吹雪の男の好みを探ろうとする。
するとクローン達が、陽一の前で吹雪を感じさせはじめて…

吹雪くんの隠していた本音がかわいいのに、陽一+クローン二人で吹雪を攻めるという、複数エッチが描かれてます!


●「秘事恋慕」…『レトロBL』掲載
ときしば先生には珍しい大正ストーリー!
電子単話のレビューでも書きましたが、ときしば先生の絵柄っぽくないのが新鮮!

学生寮で同室なのをいいことにエッチしまくっていた大和と晶、でも晶が学生運動で忙しくなり、大和は自分はいらないのかと思っていたけれど、晶の真意は…

それまで欲望を抑えていた分、仲直りエッチは激しめ。
和服のエッチがとってもなまめかしくて素敵です♥

ただ、あとがきでときしば先生が「ふんどしもっと描けばよかった」と後悔しているのですが、紙本だろーが修正まったなしの某社だと、白棒が目立って、せっかくのふんどしの良さがぜんぜん伝わってこない…泣いていいですか?


一冊通して、いや既刊もすべてひっくるめて、ときしば先生の画力を台無しにしてる某社への恨みが募ります!
ぶっちゃけ、この素晴らしき強気受けの感じさせられるところも、同じ顔した三人の複数攻めも、大正和服エッチも、大洋図書くらいの修正で読みたかったよぉぉぉ…涙

某社、ときしば先生のスケジュール押さえてる気がしますが…
ときしば先生が修正の甘い出版社からのお仕事を受けられることを心より祈ってます。

7

ayaayac

graziaさま

ご指摘ありがとうございます。
同出版社のレーベルを勘違いしておりましたため、修正いたしました。

grazia

細かい話ですが、読み切り収録アンソロジーはデイジーコミックスさんのもの収録だったと思います。
コミックスのレーベルもデイジーコミックスとありますし…
シャルル?? となりました。

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ