獣シークに囚われた宝石

kemono sheek ni torawareta houseki

獣シークに囚われた宝石
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×27
  • 萌7
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

209

レビュー数
6
得点
66
評価数
20
平均
3.5 / 5
神率
15%
著者
鳥海よう子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~
発売日
価格
¥670(税抜)  ¥724(税込)
ISBN
9784796412841

あらすじ

両親の死により財産目当ての叔父へ弟妹とともに引き取られた碧海。
暴力から弟妹を守る毎日を送っていたある日、
叔父に連れられた豪華客船でシーク・アランを紹介された。
彼は逞しく優美であったが、側近を“宝石"と呼ぶ男で、叔父の借金の形に碧海を買ったという。
抵抗するも、妹の治療費援助をちらつかせ「俺の持つ宝石達の中で一番になったら、
なんでも願いを叶えてやる」と条件を出してくる。
碧海は了承せざるを得ず、夜ごと抱かれることになり…!?
堕ちた人気俳優×従順な褐色サーバント…客船内でのもうひとつのラブストーリー
「寡黙なサーバント」も同時収録!

表題作獣シークに囚われた宝石

シーク・アラン(大富豪サラード家六男)
早乙女 碧海(借金の形にアランに買われる)

同時収録作品寡黙なサーバント

市川 鉄次・ゴシップ中の人気俳優
クラウス・市川の部屋付きサーバント

その他の収録作品

  • 宝石の約束(描き下ろし)
  • あとがき2Pおまけマンガ

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数6

勿体ない

絵は素晴らしいんですが…アランは言葉は足りないし、碧海は意固地過ぎるしでちょっとだけモヤモヤしてしまいました。
褐色イケメンを楽しむには良かったですが、内容がスカスカだった気がします。
アランはハイスペックなのに魅力が描き切れてないように思えました。
碧海もセックス以外に頑張る事が出来なかったの?
何よりアランが碧海に固執する理由が弱かったような気がします。
むしろストーリー的にはもう1組の市川、クラウスの方がまだ良かったんではないですか?
アランの兄も中途半端だったし、一冊のコミックとして出すならじっくりとどちらかの作品で読みたかったです。

0

褐色攻め受け楽しめます

表題作は王家の末裔のアラン(褐色)×
アランに買われる名家出身の碧海。
同時収録はスキャンダルから逃避中の人気俳優の市川×
市川付きのサーバントのクラウス(褐色)。

豪華客船を舞台に
アランの褐色攻め、セレブ、兄弟の確執、媚薬、
碧海への執着…
碧海の不遇、身体の傷、弟妹への家族愛、
アランへの反発からの情愛。
市川の人間不信、嫉妬、誤解、クラウスに満たされていく気持ち。
クラウスの褐色受け、市川への献身、足舐め!!
仕事スマート、ポーカーフェイスでふと見せる
笑顔のかわいさ、綺麗な瞳、不慣れな日本語、
えっちの時の挑発的な艶っぽい表情…
寝顔めちゃくちゃかわいい♡

と、いろいろな設定、見どころが盛りだくさん
でした。(クラウス多め(笑))

褐色攻め→好き
褐色受け→大好物〜!どストライク!!

の性癖なため、アランより断然クラウスのお話に
食いついてしまいましたが。
褐色は攻めも良いが受けはもっと良き…!
どちらの褐色も堪能できる一冊でした。

2

同時収録が最高!

評価は同時収録も加味したものです。


表題作は、叔父に引き取られた青年が叔父に売られ大富豪に買われるお話。

親を亡くした後、両親の財産目当てだった叔父に兄弟と共に引き取られたが暴力を受けていた碧海は、就職が決まり弟と妹を連れて叔父の家を出ようとした矢先、叔父に無理やり豪華客船に乗せられる。
そこで借金の形に自分が売られたことを大富豪のアランに知らされるが船は出港していて戻れず。。。

アランに「宝石の中でいちばんになったら何でも言うことを聞いてやる」と言われ、そこからアランを夢中にさせる為に碧海は誘惑三昧。
攻めが褐色イケメンなのでエロ度は高めでした。

ですが、最終的にアランに惚れた碧海はアランとの生活をとったのが・・・なんとも。
暴力をふるう叔父の元に弟と妹を残してるのに!?
妹は体が弱くて入院してるのに!?
と、ちょっとラストだけは冷めちゃいました。
結果、カバー下漫画で兄弟の件は解決しましたが。


個人的には同時収録がドストライクでした。
同じ豪華客船に乗っていたガセゴシップで騒がれ休暇をとった俳優とサーバントのお話。
こちらは表題作と逆で褐色受けでした♪

2

豪華客船で褐色美男が2組…。

同じ豪華客船でタイプの違う褐色美男、褐色攻めと褐色受けの2カップルです。

表題作のシーク…
王族の末裔大富豪六男である黒髪褐色のアランに、鬼畜叔父の借金の形に売られた碧海。
妹弟を守るために叔父の虐待に耐えてきた碧海は、今度は妹弟を救う為にアランに抱かれ、
アランの一番の宝石(麗しい男子)に選ばれて自分の望みを叶えるべく、強気な誘い受けに変貌する。

碧海の背中全体には叔父にベルトで打たれた痕があり、アランは毎日その痕に薬を塗る…。
アランに抱かれる度に叔父から受けた虐待を思い出し、精神的に辛い状態なんですが、
性処理の道具ではなく、優しくされ、大事にされていることを感じる碧海は、アランに惹かれて…。
背中の傷痕と共に、心の傷もアランが消してくれるように…バックハグするアランが温かいです。

宝石をはべらせる傲慢で非道なアランと始まりますが、実は人道的で碧海への想いは特別…。
更にはシークといえど末弟、幼少時から兄たちのおもちゃとして扱われ、絶対的服従関係がえげつない。
兄達に会う前から身体が震えるアランなんですが、身体に刷り込まれた恐怖心がけっこうリアル!
そんなアランが碧海との愛を貫く…暇つぶし感覚の兄達が静かにこわかった><

絶対的な力にいたぶられ抑圧された二人が、求め合って愛し合い傷を癒すお話。

アランと碧海は幼い頃に出会っており、助けられたアランはずっと碧海を…という実は再会ものでした。
せつなさや痛みも描かれたエロ多めの作品…シリアスで豪奢な世界観もいいですね。

同時収録「寡黙なサーバント」
ゴシップ人気俳優の市川と、部屋付きサーバントであるクラウス。
この作品はクラウスの魅力が炸裂です…褐色金髪ワンコ受けだけでなく、つたない日本語に萌える><
ゴシップを鎮火させる為に乗った豪華客船で、本当のゴシップを堂々と引っ提げて帰国する市川…
クラウスは日本で暮らすのね~日本語はつたないままでいて欲しいなぁ。

※電子シ〇モア購入ですが、修正があまくてビックリでした。ほんと修正の基準がわからないわ。

2

シークものなら、それはもぅ‼︎もっともっと酔わせて欲しいのに。

鳥海よう子先生の作品は、岩本薫先生の原作モノ「発情シリーズ」がやはり秀逸なので。
それ以外ですと、やはりパワーに欠けるのかなぁ、と失礼ながら思ってしまう。
しかも、アラブ・シークものという定番なれば、その異国情緒な世界観、ゴージャスなスパダリ、ロマンティックな気分に大いに耽溺したいと、期待値も上がるので。よっぽどじゃないと‼︎っていう。
定番の王道ほど、難しいお題は無いよねー。なんて思いながらも読んでしまう。

セレブな家庭に生まれたのに、両親の早逝によって傲慢な叔父に引き取られた碧海は、弟と病気の妹を守って生きてきた。ある日、叔父の事業の再生の為に、シークに売られてしまう。
妹の治療にかかる莫大な費用も肩代わりしてくれるというシークの誘いを信じて、抱かれる事になる碧海。子供の時から傲慢な叔父に打たれ続けてきた碧海の身体は、傷だらけなのですが、その傷痕をいたわしく思い、薬を塗り、キスをするシーク。
果たして、叔父は性的な暴力はしていなかったのか? そこもややモヤります。そして、入院中の妹はともかく、残して来た弟は無事なのか?出て来ません。ちょっぴりモヤります。碧海を安心させて‼︎
また、シークは実は碧海にしか執着して無いんだけど、側近が全員麗しく、シークも側近達を「私の宝石」などと呼ぶものだから、当然 碧海は全員抱かれてるんだろうと思っちゃうし、シークの取引先も良からぬことを考えてしまい、碧海はピンチになったりします。全く。
シークは末弟で、優秀なのに。意外にも国に帰れば、兄達には逆らえず、そのせいで碧海はピンチになったりします。どんなけ⁈ そうは言っても、兄達もエッチな碧海を見たかっただけなので、まぁまぁ早めに退散します。ホッ。
実は幼ない頃、シークとは豪華客船の旅でセレブの子息として出会っていた碧海。
碧海は忘れていたけれど、その頃からずっと、シークは碧海が好きだったというオチなんですが。
色々盛り込み過ぎて、回収がままならない感じでした。せめて傲慢叔父には天誅を。

同時収録は、シークたちと同じ豪華客船に乗っているであろう、別の客人とお世話係の話。
「寡黙なサーバント」
ゴシップから逃れる為に日本を離れ、豪華客船で寛ぐ市川。日本語が拙い 美しいサーバントに献身的に尽くされる内に、彼を抱きたくなってしまう。
サーバントのクラウスのたどたどしい「甘えろ」「すみませぬ」が可愛くて萌え♡

両作品とも、さっさと身体を繋げるので、エロいはエロいですけど。
想いの丁寧さには欠けると思いました。

3

褐色の傲慢で逞しい異国の男に抱かれる…。

傲慢な異国の男に買われてしまった碧海が、その褐色の肌と魅力的で逞しいカラダを持つアランに抱かれて惹かれあってゆきます。
碧海が割ときかん気が強くて、アランとの賭けに勝つために自分の身体を使って煽る場面もあれば、実はふたりは…的な場面もあったりして欲情と純情の間でドキドキしました。

同時収録の、偽りのゴシップに追われて疑心の塊だった俳優と、彼のサーバントのお話も切なさや誤解に心が痛くなる場面がありましたが、ふたりの笑顔にホッとした内容でした。

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ