薫-くゆる-

kuyuru

薫-くゆる-
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神49
  • 萌×239
  • 萌25
  • 中立3
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
14
得点
479
評価数
119
平均
4.1 / 5
神率
41.2%
著者
ミギノヤギ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス Qpaコレクション
発売日
ISBN
9784801966086

あらすじ

過去のトラウマから、男の匂いがダメになってしまった七々瀬は
セックス中でさえマスクを外すことが出来ずセフレに飽きられ逃げられる日々。
消化不良の性欲を持て余した先で適当にひっかけたのは、
元彼によく似た香りを纏った男。

名前も知らないその男との行為中、自身の"内"に踏み込まれ
思わず拒絶し逃げ出すも、数日後 良い香に誘われ入ったお香屋にいたのは
店のオーナーである先日の男・桂で――…!?


いくら突き放し拒絶しても懲りず傍にあるそのぬくもりに、
過去に閉じたままの心が絆され融けていく――。


包容力のある掴みどころのない優男×傷を抱えたマスク美人
「匂い」の"克服セックス"

"トラウマ"が、"発情"にかわる――

抜群の世界観と圧倒的センスで描く
期待の新人ミギノヤギ、待望のデビューコミックス!

表題作薫-くゆる-

香焼 桂,33歳,お香専門店オーナー
白椛 七々瀬,27歳,植物園職員,トラウマを持つ

その他の収録作品

  • 薫-かおる-
  • カバー下漫画

レビュー投稿数14

雰囲気も世界観も好きでした。

雰囲気買いです。電子版を購入しました。

過去のある出来事がきっかけで、男の匂いがダメになってしまった七々瀬。偶然知り合ったお香屋さん店主、桂と関係を持ったことから、色んなことが動き出して…。

まず、トラウマを持つ七々瀬は、きれいで淫乱で強めの性格…と私好みの受けでした(笑)攻めの桂さんも、とっても包容力があって、魅力のある方ですね。

七々瀬の過去の出来事の真相がわかってくると、極悪人と思っていた元カレくんも、ああ、そういうことか、と見方が少し変わるし、桂さんの店のスタッフと七々瀬の同僚が兄弟だった、とか…実は優しい世界でした。

桂さんに会って、トラウマを克服して、今度は桂さんの匂いで欲情してしまう七々瀬が可愛くてエロくて最高です。

私の好きな作風で、今後も追いかけたい作家様になりました。


5

ちるちるのインタビュー記事で知った作品です。

初めて知った作家さんでしたが、絵もストーリーもキャラクターもとても好みでした。

徐々に桂に心を開いていき、最終的には桂の香りに反応するようになってしまう七々瀬が可愛かったです。

後書きや電子限定の書き下ろしも素敵でした!
今後も楽しみな作家さんです。

4

じんわりと染み込むような優しさと温かさです。

元彼からの酷い仕打ちで男の匂いがダメになってしまった七々瀬が、その彼に似た匂いの男、桂と出会い、そして再会してその優しさに絆されてゆきます。
トラウマに対してだけでなく、どこか全てにおいて諦めたように儚げな七々瀬が痛々しくて、そんな七々瀬の安らげる居場所を増やしてあげたいと思う大人の桂の落ち着いた雰囲気がすごく素敵でした。
元彼、水斗と再会してしまうところはヒヤッとしましたが、描き下ろしで明かされた水斗の想いと真実には切なさが溢れました。

他の匂いに対しても完全に克服したわけではないけれど、この先はずっと穏やかに過ごしてゆけるんだろうなど思えるカプでした。
脇役の楓ちゃん兄弟…いや、姉弟(笑)の大らかさもとても心地よかったです。

3

【マスクをした美人受け】"トラウマ"の真実は……

タイトルにある通り『薫り』をテーマにした作品。ミギノヤギ先生のデビュー作。元彼のトラウマによって「男の匂い」がダメになってしまったゲイの七々瀬と元彼によく似た匂いのする桂。

「男の匂い」がダメということでマスクをしたままのセックスが新鮮でミステリアスな七々瀬の魅力を更に際立たせています。(着衣とはまた別のエロさがあっておすすめです。)

薫りをテーマにしているだけあってミギノヤギ先生の絵柄と物語のマッチ具合が最高です。(デビュー作ということですが、表紙詐欺ということは決してなく表紙そのままの作画で物語が進んでいくのでストーリーと作画の相性はかなりレベルが高いと思います。)

また、彼は「男の匂い」がトラウマとなった元凶である元彼の水斗がいるのですが最初は本当にコイツクズだなーさっさと七々瀬もコイツのことを忘れてしまえと思ってましたが、読み進めていきトラウマの先にある真実を知った時にまた彼への印象が変わりました。

個人的になぜ「桂の匂い」だけが克服出来たのかが最後までは分かりませんでしたが、絵柄とストーリー構成の相性はとても良いと思います。

【美人受け】が好きな人はぜひ!!

5

忘れたいのに忘れられないのがしんどい!!

元カレによって輪姦されたトラウマで「男性の匂い」がダメになってしまった七々瀬。
セックス自体は好きなのでセフレとセックスはするがいつもマスクを着けたまま。

ある日、街で元カレに似た匂いの佳に出逢いセックスをする。
後日、桂がオーナーのお香屋に偶然立ち寄り再会。
トラウマ克服のために荒治療だけど敢えて匂いが似てる桂とトラウマ克服するまでセフレになる。


もぉ~デカくてコワモテな桂の懐のデカさに終始キュンキュンでした!!
だんだん桂に惹かれていくも、心を許した好きな人に裏切られる恐怖がある七々瀬が自分の好きという気持ちに素直になれないのが切なかったです!

後半にはトラウマ元カレ水斗も登場でドキドキしましたが、桂の懐のデカさが災いして水斗サイドの切なさもぎゅんっぎゅんに詰め込まれててもぉ~たまらなく爆萌えでした。

カバー下の「会うようになった二人」は可愛かった!!!

4

いわゆる、キレイおしゃれ系?

おしゃれでキレイ!ってかんじですね。
表紙の雰囲気に惹かれたなら買いじゃないでしょうか?
漫画の絵柄もすごくキレイです。

あらすじは既に他の方が書かれているので割愛しますが、テーマのわりにサラッとしてた印象です。
後半、当て馬というか…元彼が登場するんですが、もうちょっと掘り下げてほしかったですね。
ただ、雰囲気強めな絵柄にありがちな「意味わかんない」「読んだあとすっきりしない」感はないです。

ので、キレイな感じの話が読みたいけど、病んでて閉鎖的な愛情!ヤンデレ!監禁!猟奇的な愛!みたいなのは胸焼けするわ…って方にオススメ。
病んでて重い話が読みたい。むしろバドエンorメリバがいい。って方にはちょっと違うかもしれないです。

あ、エロは割と多い?ですかね。絵柄に(いい意味で)癖があるのでエロエロドスケベ!ってよりは色気があって綺麗だな~ってかんじでした。個人的には。

3

元カレと今カレ

このカバーイラスト、肌色率ほぼ100%なのに、モノトーンっぽくて肉々しく見えない。
中の印象でも、全体のページ数に占めるセックスしてるシーンの割合で言ったらかなりな分量で、汁気もたっぷり書き込まれている方だと思うけど、あんまり肉っぽかったり、汁っぽかったりしない。
ストーリーがトラウマの克服みたいに重いものだからというより、この印象は、主に絵からくるのかな。
私はこんな風に水分の少ない雰囲気の絵が好きだけど、ストーリーとしては、全く同じストーリーでも、絵の雰囲気が違ったらもうちょっと評価になりそう。

カバー下の元カレと今カレのお話。
今カレ最強じゃん。

2

雀影

セルフツッコミ
作者さん、対象を光の面でとらえる訓練を積んだ系なのかな?
これがマンガの、線による単純化された絵になると、もっと見やすくて、もっと良くなりそう。

読後の余韻がとてもいい

なるほどー
高評価の理由がわかりました!

包容力のある人好きモテメン×トラウマ持ち美人

元カレに裏切られたことで男の匂いが苦手になった・七瀬と、
七瀬のトラウマごと優しく包み込んでくれる桂が出会い、
二人でトラウマを乗り越えて結ばれるストーリーです。

七瀬は男の匂いがダメなのにゲイだという難儀な青年です。
桂がとても優しくて思いやりのある男で、
次第に桂の匂いだけを克服していくーー
という流れが素敵でした。

元カレが七瀬を輪姦したことに理由がありましたが、
そんなの許せますか?
今でも七瀬を大切に思っていることを匂わせていましたが、
七瀬を守るためだったとしても間違っていたと思うし、
決して許されることじゃないと思う。
何故か桂が懐いちゃうんだけど、正直それはいらなかったかなぁ。

ただ、桂の優しさが心に染みる素敵な作品でした。
トラウマを克服した後は、
桂の匂いにムラムラしちゃう七瀬がエロかったです^^

こういう100%のハッピーエンドいいなぁ♡

2

愛した人にしか生まれない感情

七々瀬は恋人から裏切られ輪姦されてしまうというツラい過去の経験から、男のニオイがダメになってしまった‥
という、かなり重ための題材ですが
とてもリアリティーがあるなと感じて
かなり引き込まれ、一気読みしました。

冷めたような諦めたようなそんな表情を浮かべていますが
七々瀬のもつトラウマは本当にツラいものですよね。
だからこそ桂と出会えて本当に良かった!!
というか、桂のあたたかさが最高にしみます。

そして
あんたはどこにもいなくならないで
と、すがる七々瀬にかけた桂の言葉にすごく感動しました。

七々瀬の元カレとまでなんだかんで仲良くなってしまう桂の
良い意味での好奇心の強さ、憎めなくて好きです(笑)
七々瀬の憂いの表情も色っぽくて良かったです。
また次の作品も読んでみたい作家さんでした。

0

あたたかく幸せなストーリーと世界観

表紙の儚い雰囲気に惹かれて購入しました。表紙とあらすじから結構しんどい感じのお話なのかなと思っていましたが、あたたかい気持ちになるようなお話でした。

とにかく攻めのスパダリ感がすごかったです。包容力すごいし、こんな人がそばにいたらきついトラウマが解消されていくのも納得でした。これまでいくら言い寄られても色恋沙汰にならなかった攻めが受けを溺愛してるのも一途さと本気さが伝わってきてすごく良かったです。エロいシーンも甘々で最高でした。
また、受けのトラウマの元凶である元カレも彼なりのやり方で受けのことを想っていて魅力のあるキャラでした。一通りことがすんだあと、普通に元カレに会いに行く今カレ(攻め)のメンタルにはびっくりしましたが(笑)

全体を通して、人に大切に思われるってとても素敵なことだなあと思わされるあたたかい作品でした。絵も美しくて大満足です。要所要所にでてくる植物や海などの自然が更に良い世界観を演出していると思いました。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う