愛せよバケモノ

aiseyo bakemono

愛せよバケモノ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×28
  • 萌7
  • 中立2
  • しゅみじゃない3

279

レビュー数
8
得点
90
評価数
27
平均
3.5 / 5
神率
25.9%
著者
つきづきよし 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
大洋図書
レーベル
H&C Comics CRAFTシリーズ
発売日
価格
¥722(税抜)  ¥780(税込)
ISBN
9784813032250

あらすじ

金持ち進学校から、ド底辺ヤンキー校に転校してきた礼司はその高校で一番強く、つかみ所のないバケモノ
──アキラに目を付けられた。
「顔が好みだから」
と、訳のわからない理由からアキラにつきまとわれる礼司。
殴られ、殴り返し…ただの喧嘩好きな変わり者かと思いきやいつもの殴り合いの最中、アキラが勃っていることに気付き!?

表題作愛せよバケモノ

久世礼司 高校生(転校生)~医学生
大原耀 ケンカ好きの高校生~社会人

その他の収録作品

  • 後日談(描き下ろし)
  • あとがき・アキラについて

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数8

きっと出会うべくして出会ったふたり

毎度つきづき先生の画力の高さに圧倒されます。礼司(攻)がイケメンすぎる!!!!!そしてアキラ(受)の毛髪量にも圧倒されました。とっっっっっても可愛い…どこがバケモノ?

イケメンインテリヤンキーと不思議ちゃん最強ヤンキーが拳を交えながら友情・愛情を深めていくボコり愛です。

基本的にぬぼーっとしていて何を考えているのかわからないけれど、どこか儚げで危ういアキラを放っておけない礼司の気持ちすごく共感できます。仲間が言っていたとおり正に猫。そりゃあ「お前みたいなバカは絶対俺のところに戻ってこいよ」て言っちゃいますよね…しかも4年経っても2人ともその約束を覚えているなんて!!たった1年しか一緒に過ごさなかったけど、すごく濃密でお互いを尊重しあった時間だったんだなと…

「約束はなくても引き寄せられたように少し探せばお前を見つけられたようにいつでも会える気がしてたんだ」という礼司のモノローグで涙腺崩壊しました。だからアキラが教えた居場所が間違っていてもすぐに見つける事が出来たし、2人は魂が結びついているから本能的にお互いの存在を求め合っているんだろうな…。もう大丈夫だと思いますが、もしいつか再びアキラが姿を消しても礼司セコムが速攻で見つけてくれるでしょう。男の友情って本当に眩しい……

手に取ったとき本の細さに正直驚いたのですが、内容は大満足です!もっと礼司とアキラを拝んでいたかった………

1

記念すべき初読みでした

つきづきよしさん、何度もお名前を拝見していて気にはなっていたのですが、なかなか本を手に取る機会がなく。
表紙しか見たことがなかったので、受けちゃんは可愛い系というイメージを勝手に抱いていたのですが、まあもちろん全く違っていて先入観は怖いなと改めて思いました…二人とも大変男らしかったです。

本の厚みで見れば薄いほうかもしれませんが、個人的にはとても濃密なお話だと思います。
映画を見ているようでした。
この瞬間、このアキラの一言にどれほどの想いが乗っていたのか…とか、卒業後の話でよく分かります。
というかアキラが何も言わず礼司の前を去ったのって、わりと礼司の自業自得だよなぁと思うんですよね。
あれこれ構っておきながらアキラの想いには答えないし、何聞いても「お前には関係ない」の一点張りだったし、そりゃあ…頼れんでしょう。
アキラの裸見たときから礼司にも何か思うところがあったのかもしれないし、礼司が医者目指すのはアキラのためなんだろうなぁとは思ったけど、言葉にしなきゃ伝わらんのよなぁ…。
でも最終的には言葉にせずとも以心伝心できるようになっていて何より、安心しました。

その後、二人はお肉食べに行ったのかなぁ。
ずっと見ていたい二人です。

1

何気なく交わした彼の元に戻るという約束が時間を経て守られます。

バケモノ・・・というほどではなかったですが、頭の良い学校から底辺の学校に転校しきた礼司が喧嘩の強いアキラとボコりボコられた挙句に気に入られてしまってボコり愛・・・?と思いきや、他のヤツラに絡まれたりして喧嘩するも、他の男に中出しされたりするアキラと仲が進展するわけではなく、どうなってゆくのかなーと期待しながら読んでいました。
そしたら、相棒みたいだったのに卒業して行方をくらませちゃったんです、アキラが!!!
四年後、医学部に進んだ(らしい)礼司が後輩たちから聞いたアキラの近況はヤクザに飼われる身まで落ちぶれていて、偶然再会する2人だったけれど、自分と一緒にいてはいけないと思っていたアキラと、アキラのことを特別だと思っていた礼司はすれ違ってしまって万事休す。
それでも、本当はもう一度会いたいと思っていたアキラが高校時代に交わした約束を守ったことで、ようやく言葉で気持ちを伝え合うことができます。
実はヤクザを裏切っていたアキラがそのまま礼司のいる東京に逃げてからの二年後の様子が後日談で読めます。アキラが変わらずにアキラらしかったのでホッとしました(笑)

5

意外にシコいですよ!

つきづきよしさんの作家買いです。
つきづきよしさんの作品には、出てくる子達の抱えている想いが伝わって、あと熱感のあるエロが好きなんです。
今回は、高校生時代から話がスタート。
バケモノみたいに、喧嘩強いアキラに出会う礼司。アキラとはマブダチになるのに、本質的なことが見えないで卒業します。月日が経ち地元に帰省した礼司。
意外なアキラの現在を後輩から聞いてびっくりします。アキラどうしたんだ、となりますよね。
高校卒業したアキラはバケモノじゃなくてもがいて、でも裏社会から脱けられない苦しさ。アキラは、どんなにツライことがあり、また心を誤魔化しながら生きてきたんだろうと切なくなりました。
礼司と再会して、礼司の実は真っすぐな誠実さにアキラは救われたんだよね…
きっとアキラは礼司とこれからも生きて行くんだろうな~!アキラは気を許しちゃうと、礼司に甘えて。エロさもあるアキラから礼司は離れられないな!

1

自分は特別だと思ってた。。。。。

二人の関係性を何と言い表したらいいのか・・・って感じのふたりが良かったです。

高校3年で進学校からバカ高に転校してきた礼司と、学校でいちばん強いが”頭”ってわけではない、何とも不思議な猫のようなアキラ。

喧嘩が強く顔も良かった礼司を気に入ったアキラは何かと礼司に引っ付いて回るけど、あくまでも・・・いつでも・・・気まぐれ。
ふと居なくなってしまう儚さのような不思議な男でしたね。

卒業して姿を消したアキラに4年ぶりに会いに行ったけど、
目の前にいるのに捕まえる事も出来ず傍に留めておくことも出来ず
そもそも自分たちの関係は何だったのかを考えちゃう礼司が切なかったー!

東京に帰る前に礼司がアキラに送ったメールは胸アツでした♡

2

シリアスが苦しい。

サンプル読んだ段階では、かなり期待してたんですけどね~…。
最初こそ受・アキラの猫感というか、謎の不思議ちゃんキャラもあってコメディタッチだったものの、物語が進むにつれどんどんシリアスになっていくのが読んでてキツかったです。

進学校からバカ校に転入した攻・礼司は、転入早々、頭である受・アキラに目をつけられてしまいます。
頭といえど、アキラは一匹狼で、慕ってくる舎弟は数人いれど、アキラを良く思っていない不良達も多くいるような状態です。
ただ強いから、表立ってアキラに楯突く輩は校内にはいないという感じ。
「何でこんなボーッとした不思議キャラが、うちで一番強いんだよ」って感じの不満を持ってそうな。
ただ猫みたいな気まぐれな不思議ちゃんなので、男子でも慕ってる舎弟もいるし、女子とは仲が良いです。
モテるとかじゃなく、イケメンが載ってる雑誌を借りたり。

そして攻・礼司は目をつけられたというか、気に入られたというか。
イケメンで強くて頭も良い。そこがアキラのお気に入りポイントみたいです。
序盤はもうボコリ愛というか…アキラにとっては一種の愛情表現なのかな?
他の奴は弱いけど、礼司は強いし、殴られてケガしてもイケメンだし。
ただ礼司が「もういいだろ」と、そろそろ殴り合いするのをやめようと諭すシーンは、礼司に同情します。
だよね、喧嘩する意味ゼロだもん。痛いだけだもん。

慕ってくる舎弟や女子とも平和にやってるし、何だかんだ平和にくっつくのかと思いきや。
ラストに向かってシリアス加速…!
読んでで苦しい。
あんなにマイペースだったアキラが、なぜそんな仕事?に手を染め、悪い奴らのいいなりになっているのか。都合の良い物のように扱われているのか。
ラストハッピーエンドとはいえ、途中キツいです。

せっかく絵も上手いしテンポもいいのに、物語の展開がちょっとありふれているというか。
あんなにラストに向かってシリアスにする必要があったのかなと。
今後に期待ですね。

2

ストーリーが……

試し読み&カバーに惹かれてお迎えしました。
ヤンキーBL好きな自分。
「コレは当たりかも!!」と、手に取ったのですが……
結果、ストーリー展開にモヤモヤが残りました。

コミックスを手にしたとき「この本、薄いなぁ……」と感じましたが、やはり……
卒業式(?)の場面の辺りから、「もう少し掘り下げて頂きたい!!」と思う部分が増えた印象があります。

とはいえ……絵柄の雰囲気は好きな為、次回作があればお迎えしたいと思います。
また、既刊の『俺でいいの、水戸くん』が少々気になる為、機会があれば手に取ってみたいと思います。

0

⋯⋯薄かった

こちらの作品が初読みの作家さんで、カバーに惹かれて購入。手にした時にあまりの薄さに「ん?」と思ったんですが、「薄くてもぎゅっ!と詰まってんのかも」と思って読み始めたのですが⋯個人的には中も薄かったです。ストーリーも絵も「どこかで見たような⋯」感じでオリジナリティが⋯⋯⋯サラ〜〜〜っと終わりました。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ