天才CGデザイナー×後輩CGデザイナーのアンマッチLOVE!

先輩、断じて恋では!

senpai danjite koi dewa

先輩、断じて恋では!
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌5
  • 中立4
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
31
評価数
12
平均
2.9 / 5
神率
0%
著者
晴川シンタ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA(メディアファクトリー)
レーベル
フルールコミックス
発売日
価格
ISBN
9784040658469

あらすじ

「俺はどうやら、この新人に距離を置かれている」――CGデザイナーとして経験豊富な柳瀬は、新人の金田の扱いを持て余していた。ちょっとしたスキンシップを図っても「できるだけ触らないでいただきたいのですが」と拒否されてしまう。そんなとき、ある大型企画が動き出す。金田とコミュニケーションを試みる柳瀬だったがうまくいかない。そして金田は金田で思うところがあり…?

表題作先輩、断じて恋では!

柳瀬淳,CGクリエイター仕事が出来るチャラめな先輩
金田優希,新人CGデザイナー,常に真顔な後輩

その他の収録作品

  • 描き下ろし

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数6

表紙の可愛さMAX

CGデザイナーの仕事が大好きでカナダにまで行っていた柳瀬
大好きだった仕事が段々「作業」に変わり
”楽しむ”事ができなくなった時期に帰国。
そんな柳瀬に憧れてこの仕事についた金田の教育係となる。
金田の仕事へのまっすぐな気持ちに感化され
柳瀬もCGデザインへの仕事に変化が出る。

お話はほぼ職場で仕事との流れのままなので
いわゆるお仕事BLってやつかな?


BL的にはもぉとにかく金田がかわいかった!!
柳瀬に憧れて「神」と崇めていて
柳瀬の距離が近いと「離れてください」って真顔で言うの
可愛かった♬

柳瀬が自分自身を”落ちこぼれ”扱いし
金田に憧れられるような人間ではないと
金田の気持ちを否定した際に
興奮して反論する金田が方言になるの最高に可愛かった!!

0

疑問ばかり

晴川シンタ先生のキャラデザが以前の作品から変わっていたので、興味を持って読んでみました。

ーーーーーーー感想とネタバレーーーーーーー
CG題材でお仕事BLかな~とわくわくしていたのですが、恋に発展する間もなく終わってしまい拍子抜け。
徐々に気持ちがわかってきてこれから?!というあたりでブツっと終了。本編だけだとかなり短いなと思ってしまいました。
これで終わり?!とびっくり。かなり消化不良です。

お仕事の内容ばかりに焦点が当てられていて、それはそれで面白かったのですが、あまりに登場人物の感情がわからなくて困りました。
とくに攻めはなぜ好きになったのかが一番わかりません。受けは前提に、攻めへの憧れがあるので理解できます。

でもそんなに二人の間では盛り上がる要素があったの?!ってくらい本編での接点がない。
仕事で顔を合わせるので、同じ空間にいるとかの距離はあります。でも恋に発展する要素が本当にわかりませんでした。
これはBL距離感に耐性がついてしまっているから、そう感じるのか...?と読み直してみたのですが、やはり”なぜお互いに好きになったのか”が全く分かりません。

描かれているページが短いからなのか...
お仕事方面へ風呂敷は広がり、ラブは香る程度でした。

少ない接点から行間を想像して萌えられるたちなのですが、それができないくらいに萌えがありませんでした。
これは正直、買ったのを後悔しました。

1

CG制作会社の恋

Renta!
修正…見えない描写
カバー下、カバー折り返し部分など全部あり。

0

晴川シンタ先生の新境地?と、楽しみにはしていたんだけど。

晴川シンタ先生は、「全員起立!私立BL学園高等学校」が大好きでして。何度も読み返すほど好きで。
こちらはアホアホなラブコメディなんですが、今は晴川先生的にチャレンジかと思われる、「ラスト・オメガバース」という、切なげなオメガバースの連載を楽しみに追っかけています。
晴川先生のその他の作品にも言える事なんですが、攻めと受けのキャラデザインがいつも同じ。
同じなんです‼︎ …何というバリエの無さよ。と、いうことも出来るのですが、否!同じお気に入りの役者さんが、別のキャラクターを演じている、という見方も出来るんですよね。私はそういう見方をしていたんです。『この2人、また共演してる‼︎ 可愛い〜。』みたいな。
ところがですよ⁈ 本作の受け、金田くんは新キャラ。ヘアスタイルも、目つきも違う。新しい‼︎
けれど、別の作家さまのキャラにも似ている様な…と、ややモヤ。まぁ、いいか。攻めもいつもの人じゃない‼︎ この2人は新人さんか⁈ おお、新境地か⁈ と、まずその違いにすんごい期待が高まったのです。
内容もCG制作会社ということで、よほど取材を重ねたと見えて、得た知識を全部披露したい‼︎ したいんだね⁈ っていうくらい丁寧で。丁寧過ぎて、説明的になってしまっている。というか、もう説明。それは漫画の中に落とし込まないと‼︎っていう。物語のメインが2人の心の近づくさまや、仕事を通して成長するさま、よりも、CGの制作現場って、こんなだよっ‼︎ ねぇ見て見て‼︎ と、言われてる様な気がしました。だとしたら、お仕事漫画にしちゃっても良いわけですし。
もちろん、ドキュメンタリーという程では無いですし。
お仕事BLの難しいとこかもしれません。お仕事BLという割に仕事をきちんと描いていない作品も多い事を思えば、良心的な作品なのやもしれません。
役者さんもトーンも新境地。新たな作品ではあるかと思います。

3

専門職のお仕事BL

表紙の赤面男子に惹かれ、かなり期待して電子購入しました。

CGデザイナーの専門職が、けっこう色濃く描かれていますが、
説明書のような感じにはならず、解りやすく興味が持てる感じで描写されているのはスゴイ。
個人的に好きな分野なので楽しく読み進めましたが、お仕事BLって興味ないと萌えないですよね。

やっぱり、表紙の赤面男子がカッコイイ!
新人CGデザイナー金田の教育係で、カナダで実践を積んだ経験豊富なCGデザイナー柳瀬。
距離の近さで嫌がられているのか、何かと金田に距離を取られて落ち込む柳瀬。
実際に「できるだけ触らないで頂きたいのですが」と金田に冷たく言われているのに、
もっと距離を近づけていこうと、グイグイ攻める柳瀬とやりとりがなかなか笑えます。

実は柳瀬は金田がこの業界に入る動機になった憧れ、神レベルの存在。
触れられるなんて恐れ多いという意味の「できるだけ触らないで頂きたいのですが」だった。
あの無表情の下でそんなことを考えていたとは…直ぐに戻って読み返してしまった。

新人歓迎会でやっと柳瀬への憧れを伝えることができた金田ですが、
金田よりも柳瀬のドキッとした表情がよかったな。
酔った金田に質問攻めされ、オレの事好きみたいじゃんと返した柳瀬に、そうです…。
冗談でキスした柳瀬に、赤面返しの金田…一気にぶわぁっと赤くなるようすが堪らん!
もちろん、堪らないのは柳瀬もでした。
チャラいバイの柳瀬、思わず裏道に金田を連れ込んで壁ドン状態ですが、金田が吐いてなにかを断念。

経験を経て現実を知り失った情熱と創作意欲の楽しさ…
カナダでの経験で挫折を味わい、どこかで逃げていた気持ちが、
以前の自分に金田を重ねて辛くなる柳瀬。
まだ向き合えずに逃げてしまう柳瀬に、アツくぶつかる金田…スポ根みたい。
お仕事BLによくある展開ですが、仕事を通じて関係を深める感じですね。

個人的には新人歓迎会後までがピークな感じで、
柳瀬のお仕事色が強くなった途端にテンションが下がってしまいました…。
カナダに一年戻ることになる柳瀬と、気持ちを通じ合わせた金田が最後は追いかける。

カナダ同居で初Hの二人、最後まで金田が可愛くて、顔を隠して「いやや」…方言萌えでした。
どこの方言か解らなかったのが残念です。

※シーモア:修正はトーンですが、描き下ろしに少し絡みがあるだけです。

2

攻めを+゚。*神*。゚+ と崇める無表情受けの可愛さ爆発♡

受けがッッッ!!!
可愛かったッッッ!!!(∩´///`∩)

インタビュー記事見てズキュンときたら是非♡
攻めへの対応が無表情+態度の硬さから誤解されちゃってるけど、
実は…という内面がブワッと出る瞬間にキュンキュンしました。
こういう受け大好き…!!!

また、CG業界を舞台に専門的な要素もあって
お仕事BLとしてもとても良かったです。

ただ読み終えて思ったのは、あれ?タイトルおかしくない?と。
下で後述しますがストーリーと矛盾してるようで少し気になりました。
内容には問題ないし、私が気にしすぎなだけで些細なことなんですけどね;
タイトルってけっこう重要だと思うのですよ…(;´Д`)


さてさて。CG業界を舞台とし、
その分野では知名度もある優秀な先輩攻め×新人CGデザイナー後輩受け のお話です。

金田(受け)は常に無愛想で態度も硬く。
柳瀬(攻め)は教育係として少しでも仲良くなれるよう働きかけるけれど
金田:「すみません、できるだけ触らないで頂きたいのですが」
と、一刀両断w(このシーン、面白くて好き!)
そんなこんなで柳瀬は金田から嫌われていると思っています。

けれど実際は柳瀬の作ったCGを見てCGデザイナーになったほどの柳瀬ファンだったのですね。
金田にとって柳瀬は+゚。*神*。゚+にも等しい存在。
無愛想なのも緊張で上手く話せず距離感が掴めなかっただけという可愛さが爆発してます…!

そんなある日、飲み会をキッカケに2人の距離が縮まりました。
ずっと嫌われていると思っていたけど誤解は解け、
金田の素の可愛さを垣間見た柳瀬はキュンとして思わずーーー。

金田はそれまで柳瀬を神として崇めていたのですが、
その一件で一気に意識するようになり……と展開します。


前半の温度差が好きです!(∩´///`∩)

柳瀬:「俺、嫌われてる…?」
金田:「(神と喋っちまった…)」(歓喜)

↑これですよ、これ。
この温度差が金田の可愛さを底上げしてパワー放ってる気がします♪

ぐっと眉間にシワ寄せてるから(あ、また誤解されてる…かわい…)ってなるし、
ふいに顔を真っ赤にさせると(お?今度こそ伝わるか?あー無理だった!かわいい!)ってなるw
金田の表情ひとつひとつと柳瀬の反応が良くてニヤニヤと楽しみましたヾ(*´∀`*)ノ

そんなこんなで金田の恋愛物語としては、
『憧れから恋の芽生え』といったピュアでキュンキュンする面が見られます。
けれどピュアな感情を向けられた柳瀬はちょっと息苦しくなっちゃうのですね。

周囲から評価を得ている柳瀬は実は挫折感情を抱えていました。
金田が見ている柳瀬は過去の自分であって、現在の自分ではないとーーー。

そんな柳瀬に対して喝をいれる金田がカッコ良き!!です!!

ただの"憧れ"なのか、"恋"なのか。
”過去の柳瀬"を見てるのか、"現在の柳瀬"を見ているのか。
金田の裏表のない真っ直ぐな視線にグッときます。

で、ここでタイトルの違和感ですよー(;´Д`)
金田は「断じて恋では!」と誤魔化すようなキャラじゃないし、そんなシーンもなし。
うーん?タイトルの意図が読めぬ…。
山場の良いシーンで引っかかって少しモヤっとしました。

ちなみにエッチは描き下ろし部分でようやくですw
金田がめっちゃドキドキしててすっごくかわいいー!!!ヾ(*´∀`*)ノ

過程に重点が置かれていて
恋人らしいシーンがほぼ無かったのは甘々スキー的には残念かな。
柳瀬の恋人になってアワアワしてる金田がもっと見たかったよー!。゚(゚´Д`゚)゚。

7

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ