先輩さまの言うとおり

senpaisama no iutoori

先輩さまの言うとおり
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×210
  • 萌10
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
83
評価数
25
平均
3.4 / 5
神率
8%
著者
晴川シンタ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
一迅社
レーベル
gateauコミックス
発売日
価格
¥679(税抜)  
ISBN
9784758078108

あらすじ

松本勇太は大学時代から憧れていた先輩・伊東英を追って同じ職場に就職した。
また先輩のそばでいられる喜びを感じていた矢先、突然伊東に誘われセックスしてしまう。
真意がわからず戸惑っていると、実は伊東が重度の制服フェチであることが発覚。
小柄で童顔な勇太には制服が似合うと確信し、ずっとエロいことをしたいと思っていたらしく、半セフレ状態に…! ?

表題作先輩さまの言うとおり

伊東 英(大学時代の先輩,制服フェチ)
松本 勇太(大学時代の後輩,先輩と同じ会社に就職)

その他の収録作品

  • 描き下ろし [後輩さまの言うとおり?]
  • 描き下ろし [弟さまの言うとおり]
  • あとがき

レビュー投稿数3

表紙買いでした。

童顔勇太くんの先輩好き好き大好き♡って顔が堪らなくえっちです。
ちょっとショタっぽいので、ショタコンの私歓喜。

えっちの最中もお互いがお互いのこと好き〜〜〜!って感じのラブラブ甘々で見てるこっちも幸せな気持ちになれます。

伊東先輩の弟の陸も可愛いです。下まつげ!!!
のちのちお兄ちゃんより勇太くんのことを特別に思ってきたらいいのになーなんて思ってます!!

なにより受けの勇太くんがツリ目気味、攻めの伊東先輩がタレ目ってビジュアルに劇的に惹かれました。
作者のシンタ様と良い酒が飲めそう。

支離滅裂な文章ですが、少しでも皆様のお役に立てれば……!

3

「先輩の為なら、俺はなんだってできる…‼︎」健気流され愛されて。

んもー。健気で真っ直ぐで可愛い勇太に先輩はメロメロなんです〜。
晴川シンタ先生は以前SP(セールスプロモーション)デザイン事務所のお仕事をされていたとかで、割と詳しくお仕事BLです。ははん、なるほど。だから「先輩、断じて恋では!」がさらに詳しく業界モノとなっていたのですね!と、合点が行きました。けれど「先輩〜」の方はお仕事ついての説明が多すぎて。
私としては、程々にお仕事、程々に甘あまな本作の方が断然楽しめました。

伊東先輩は、カッコ良くて優しくて。そのデザインも大好きで。憧れはいつしか恋になる。大学で出逢ってからずっと先輩が大好きだった勇太は、就職先まで先輩を追いかけて来た。そんな勇太が可愛くて仕方がない先輩。先輩も勇太をめちゃくちゃ可愛がっていて。そもそも両想いなのだ。けれど酔った弾みで致してしまったと思う勇太は、恋人の自覚はない。憧れの先輩に対しては、恐れ多いとさえ感じている。それに…。先輩の「男子高校生コス」を勇太に着せたがる性癖には、まぁまぁドン引きなのだ。
勇太の男子高校生コスに興奮して、「あ〜キそう。き、きた!」とデザインのアイディアが湧いて来るという伊東先輩は、変態どころか鬼才。
お仕事にまっしぐらなその姿には尊敬してしまうので。勇太はドン引きながらも。
「先輩の為なら、俺はなんだってできる…‼︎」と、頑張っちゃう。可愛い〜。
ところが。そもそも真面目な勇太は、伊東先輩ほどデザインの仕事が好きなわけでは無い、と思い込んでいる。「仕事より先輩のことで、頭がいっぱいになっていました。」
デザインの仕事を選んだのも、就職を決めたのも。先輩が好きだから。
でもね。伊東先輩は知っている。そんな勇太が真摯に仕事に向き合ってることを。
伊東先輩は仕事を好きになるきっかけをくれただけ。それはとても大きくて。素敵なこと。

家電量販店へ先輩とリサーチに出かけるシーンが好きです。何気無く見ていた広告やプロモーションも。誰かの一生懸命の産物だということ。日常のありふれた風景をそんな風に見返してみよう、なんて気持ちになりました。そして。私の仕事も誰かの目に留まっているといいな、なんて。

あわや当て馬⁈ という伊東先輩の弟、現役高校生の陸くんはブラコン。ブラコンだけど、勇太に横恋慕するという展開にして欲しかったなぁ。
伊東先輩は弟を可愛いがってはいるものの、男子高校生コスには萌えないのか。謎でした。実は萌えてんのかなぁ。というか現役男子高校生の弟がいる、という設定要りましたかね?
身近に居れば、性癖こじらせること無かったような…。惜しい、ぬるく感じてしまいました。
描き下ろしで先輩の独占欲がほんのり描かれてるので。よしとします。

0

設定に対して物語が地味

大学時代から好きだった伊東先輩と同じデザイン会社に就職した勇太。
ある夜、先輩に誘われるまま家についていくと、あれよあれよと流され、「やっぱり俺のこと好きだったんだ」と抱かれてしまう。

冒頭、そんな事後に慌てる勇太がうっかり開けたクロゼットに、大量の制服を見つけるところから物語は始まります。
そこで先輩が重度の制服フェチだと知り、変態的嗜好にちょっと引きつつも、大好きな先輩のためなら何でもします!と健気な勇太。

先輩との曖昧な関係に悩みつつ、どんな立場でもいいから今後も会って欲しい、好きだと告げる勇太に、「俺たちつき合ってたんじゃねぇの!?」と慌てる先輩の天然な感じが面白いです。
先輩は変態だけどかっこよくて優しいし、勇太にひどいこともしません。でも制服フェチなので、当然制服エッチはあり。
女の子の恰好とかはないので、作中で言うほど変態でもなく割と普通です。

フェティシズム、デザイン会社、コンペティションと色々材料はあったけど、暴走気味な先輩と健気な後輩が割とスムーズに結ばれるだけで、設定からすると地味な展開でした。
途中で先輩の弟が登場しますが、こちらがもっと物語を引っ掻き回してくれてもよかったかなと思うほど平坦なので、もう少し山場が欲しかったです。

終盤、勇太のかわいさを引き出してしまった先輩が、年上にも年下にも狙われそうだと心配していて、描き下ろしではタイミングよく入ってきたワンコ社員にやたら懐かれる勇太と嫉妬する先輩が描かれてます。
もう1本の描き下ろしは、先輩の弟・陸のブラコン歴と、何だかんだで勇太に懐いているツンデレ具合が。弟と兄の勇太を巡るバトルを見てみたかった気もします。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う